【iPhone 11 Pro VS iPhone XS】徹底比較|どっちが買いか?その理由

  • 2019年10月5日
  • by 
【iPhone 11 Pro VS iPhone XS】徹底比較|どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 11 Proは、去年発売されたiPhone XSの後継機です。

そのため、基本的にはすべてにおいて、iPhone XSよりパワーアップしていると見ることができます。

一方のiPhone XSには、型落ちによる値下げが期待されます。

現在は一体いくらで販売されているのでしょうか。

このページでは、iPhone 11 ProとiPhone XSについて、スペックと価格の両方を比較し、今からならどっちが買いか理由と共に解説していきます。

トップ画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone 11 Proのほうが買い!

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – 仕様 – Apple(日本)

いきなり結論から入ります。

iPhone 11 ProとiPhone XSのどちらかで迷っているのであれば、iPhone 11 Proのほうが買いでしょう。

なぜなら、まずスペックでiPhone 11 Proのほうが優れていること、そして何より、iPhone XSがまだ高いからです。

むしろiPhone XSのほうが高い!?

画像引用元:機種の選択 | ソフトバンク

発売から1年が経ち、iPhone 11 Proの登場により型落ちモデルとなったiPhone XSですが、今も高価格を保っています。

iPhone 11 ProとiPhone XSの価格

販売元機種64GB256GB512GB
Apple公式サイトiPhone11 Pro115,344円132,624円156,384円
iPhoneXSなしなしなし
ドコモiPhone11 Pro124,416 円139,968 円163,296 円
iPhoneXS110,808 円122,472 円122,472 円
auiPhone11 Pro124,992円141,984円167,472円
iPhoneXS125,400円143,640円168,600円
ソフトバンクiPhone11 Pro127,200円145,920円172,320円
iPhoneXS124,320円143,040円143,040円

※金額は2019年9月末時点での税込価格です。

ドコモではiPhone XSがだいぶ値下げされていますが、それでも110,808円からです。

また、ソフトバンクでの販売価格は、iPhone 11 Proとほとんど変わりません。

auに至っては、iPhone XSのほうがiPhone 11 Proより高いという逆転現象が見られます。

総合的に見れば、iPhone XSは全然安くなっていないと言えるでしょう。

iPhone XSが安いのであれば、「高いiPhone 11 VS 安いiPhone XS」という図式が成り立ちましたが、価格が肉薄しているなら、新しいiPhone 11 Proの圧勝です。

iPhone 11 Proはどこが進化している?

au-iphone11pro

画像引用元:iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max | iPhone | au

ここからは、iPhone 11 ProはiPhone XSからどこが進化したのかについて、掘り下げていきたいと思います。

iPhone 11 ProとiPhone XSのスペック比較

iPhone 11 ProとiPhone XSのスペックを比較してみましょう。

 iPhone 11 ProiPhone XS
SoC(≒CPU)A13 BionicA12 Bionic
本体サイズ144.0×71.4×8.1mm143.6×70.9×7.7mm
重量188g177g
ディスプレイ5.8インチ
有機EL
2,436×1,125ピクセル
(458ppi)
5.8インチ
有機EL
2,436×1,125ピクセル
(458ppi)
アウトカメラ広角:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万
広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ約1,200万画素約700万画素
メモリ容量(RAM)4GB4GB
ストレージ容量(ROM)64 or 256
or 512GB
64 or 256
or 512GB
生体認証顔認証顔認証
防水防塵IP68
(水深4メートルで最大30分間保護)
IP68
(水深2メートルで最大30分間保護)
バッテリー容量3,046mAh2,658mAh
ボディ素材ステンレススチールとガラスステンレススチールとガラス
カラーバリエーションスペースグレイ
シルバー
ゴールド
ミッドナイトグリーン
スペースグレー
シルバー
ゴールド
Apple Store価格(税別)64GB:106,800円
256GB:122,800円
512GB:144,800円
なし
iPhone 11 Proの進化ポイント
  • SoC(≒CPU)がA12 BionicからA13 Bionicに進化した
  • カメラに「超広角レンズ」と「ナイトモード」が加わった
  • インカメラの画素数が700万から1,200万になった
  • 防水性能が向上した
  • バッテリー容量が増えた
iPhone 11 Proの惜しい点
  • iPhone XSより大きくて重たくなった
  • トリプルレンズカメラが「気持ち悪い」?
iPhone 11 Proのスマホケースおすすめ9選|iPhone XSのカバーは使える?

一部デザインを除けば、iPhone XSより劣る点はありません

これらについて、次の章からより詳しく解説していきます。

A13 Bionicによって処理性能が大幅アップ!

SoC(≒CPU)にA12 Bionicを搭載しているiPhone XSに対し、iPhone 11 Proは最新のA13 Bionicを使用しています。

この進化により、処理性能の総合力を示すAnTuTuベンチマークスコアでは、約45万点を記録するようになりました。

AnTuTuベンチマークスコア比較
  • iPhone 11 Pro:約45万点
  • iPhone XS:約35万点

iPhone 11 Proの性能が驚異的なだけで、iPhone XSの約35万点という数値もかなり優秀です。

「超ハイスペック」といっても過言ではないでしょう。

カメラが大幅にパワーアップ!

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhone 11 Proの一番のセールスポイントはカメラといっても過言ではありません。

iPhone XSでは広角+望遠だったデュアルレンズが、広角+超広角+望遠のトリプルレンズになりました。

カメラの比較
  • iPhone 11 Pro:広角レンズ+超広角レンズ+望遠レンズ
  • iPhone XS:広角レンズ+望遠レンズ

超広角レンズが加わったことで、より広い画角の撮影が行えるようになっています。

また、暗所に特化した「ナイトモード」という機能も新登場。

これにより、暗い場所でもよりはっきりと撮影することができるようになりました。

ナイトモードによる暗所撮影(右)

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

自撮りなどに使うインカメラも、iPhone 11 Proで進化しています。

インカメラの比較
  • iPhone 11 Pro:1,200万画素
  • iPhone XS:700万画素

インカメラの画素数はメインカメラと変わりません。

つまり、iPhone 11 Proでは自撮りもメインカメラ並にキレイに撮れるということです。

防水性能も向上している

iPhone XSの時点で、防水性能はIPX8という最高の保護等級でした。

しかし、Appleの説明によると、iPhone 11 Proではさらに向上していることがわかります。

防水性能の比較
  • iPhone 11 Pro:「水深4メートルで最大30分間保護」
  • iPhone XS:「水深2メートルで最大30分間保護」

水深2メートルまでの保護から水深4メートルまでの保護になっているのです。

使っていて差を感じる機会はほとんどないかもしれませんが、「向上している」という事実はより安心感を与えてくれますよね。

バッテリー容量が増えた

Appleはバッテリー容量を公開していません。

しかし、外部の分析によって、iPhone 11 ProではiPhone XSよりもバッテリー容量が増えていることが確認されました。

バッテリー容量の比較(非公式)
  • iPhone 11 Pro:3,046mAh
  • iPhone XS:2,658mAh

バッテリー容量が増えるということは、その分だけバッテリーが長持ちするということです。

デザインはiPhone XSのほうがよかった?

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

スペックではiPhone XSを上回っているiPhone 11 Proですが、外観については発売前から批判や敬遠する声が相次いでいました。

トリプルレンズが「気持ち悪い」「怖い」?

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhone 11 Pro独自のトリプルレンズの配置については、かなり悪く言われています。

3つのレンズが寄り添っているデザインに、拒絶反応を示す方が少なくないようです。

iPhone 11 Proの画像が公開された直後から、「タピオカ」や「蓮の実」のようで気持ち悪いという感想が続出していました。

また、人気アニメ「ボトムズ」に出てくるロボットのようだと揶揄する声も……。

装甲騎兵ボトムズの「スコープドッグ」

画像引用元:Amazon | 装甲騎兵ボトムズ 1/20 スコープドッグ レッドショルダーカスタム | プラモデル 通販

中には「ジョブズだったらこんなデザイン採用しなかった」と、元CEOの故スティーブ・ジョブズ氏を引き合いに出して嘆くユーザーもいました。

確かにGalaxy S10やXperia 1のトリプルレンズと比べても、iPhone 11 Proのものは独特の存在感を放っていますよね。

Galaxy S10のトリプルレンズカメラ

画像引用元:Galaxy S10(ギャラクシー エステン)SCV41 | スマートフォン(Android スマホ) | au

Xperia 1のトリプルレンズカメラ

画像引用元:Xperia 1 SO-03L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

【iPhone11 Pro VS iPhone11】徹底比較|どっちが買いか?その理由

次の章では、引き続きiPhone 11 Proの残念な点を挙げます。

iPhone XSよりも大きくて重たくなっている

iPhone 11 ProはiPhone XSと同じ5.8インチディスプレイでありながら、本体サイズも重量も増しています。

本体サイズと重量比較
  • iPhone 11 Pro:144.0×71.4×8.1mm・188g
  • iPhone XS:143.6×70.9×7.7mm・177g

贅沢を言うなら、よりコンパクトに、最低でもiPhone XSのサイズを維持していてほしかったところです。

この点については、劣化していると指摘されても仕方ないかもしれません。

それでも買いなのはiPhone 11 Pro

画像引用元:iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

iPhone 11 Proの残念な点も挙げましたが、それでも最初の結論は揺らぎません。

iPhone XSは今も価格が高いので、今からiPhone XSを買うくらいならiPhone 11 Proを買いましょう。

スペックよりも見た目や持ちやすさを重視したいならiPhone XSもありですが、型落ちした機種に最新機種と同じくらいのお金を払うのはかなりもったいないです。

iPhone XSの価格が下がらないのはAppleの戦略?

近年のiPhoneは、新しい機種が出たからと言って、旧機種が値下げされるとは限らなくなっています。

それは、Appleが値下げよりもディスコンを選択するからです。

例えば、iPhone XSはすでにApple Storeで販売されていません

iPhone XSを値下げしたらiPhone 11 Proが売れなくなると踏んだためでしょう。

値下げして売るのではなく、売るのをやめる

これがAppleの戦略で、iPhone Xでも同じ手法が使われました。

ただiPhone XRやiPhone 8のような廉価モデルだと、値下げして販売を続ける傾向にあります。

最高級品とその他とで扱いが分かれているのが大きな特徴です。

iPhone 11 Proで最先端を体験しよう!

以上、iPhone 11 Pro VS iPhone XSでした。

iPhone 11 Pro VS iPhone XSまとめ
  • iPhone 11 ProはiPhone XSの後継機
  • 基本的にすべてのスペックでiPhone 11 Proが上回っている
  • iPhone XSの価格は高いまま
  • iPhone 11 Proを買うのがおすすめ
  • デザインはiPhone XSのほうがいい面も

iPhone XSの価格はiPhone 11 Proとさほど変わりません

しかも、iPhone XSの後継機にあたるiPhone 11 Proは、基本的にすべてにおいてiPhone XSのスペックを上回っています。

本体のデザインや重量については、好みが分かれるところではありますが、総合的にはiPhone 11 Proの方が圧倒的におすすめです。

iPhoneの広角レンズ比較した結果おすすめはコレ!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ