iPhone 12で採用されたMagSafeって?できること・注意点まとめ

  • 2020年10月24日
  • by.araki

MagSafe

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 12シリーズでは、新たに「MagSafe」という機能が標準で付くようになりました。

この記事では、そもそもMagSafeとは何なのかという疑問から、MagSafeでできることや注意点まで網羅的に情報をまとめています。

MagSafeまとめ
  • iPhoneの本体背面に埋め込まれた磁石のこと
  • 専用ワイヤレス充電器なら最大15Wの高速充電が可能
  • 専用のレザーウォレットなどアクセサリーが発売中
  • ケースはMagSafe対応のものでなければいけない

トップ画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

iPhone 12シリーズのMagSafeとは

MagSafe

画像引用元:Apple公式サイト

MagSafeとは、iPhone 12シリーズの本体背面に埋め込まれた磁石のことです。

iPhoneから磁石を取り除いたり、磁力をオフにしたりすることはできません。

磁石でくっつくワイヤレス充電規格

iPhone 12 バッテリー

画像引用元:iPhone 12とiPhone 12 mini – Apple(日本)

MagSafeというのは、Qiに替わるワイヤレス充電規格でもあります。

これまでもiPhoneはQiによるワイヤレス充電が可能でしたが、その出力は最大7.5Wと控えめでした。

それがMagSafeなら、倍の15Wとなります。

もともとはMacBookに搭載されていた

MagSafeというアイデアは、MacBookでは2006年から採用されていました。

MacBookのMagSafeは、MacBook本体とACアダプタを磁石で接続するためのものです。

iPhoneのMagSafeとMacBookのMagSafeに互換性は今のところなく、名称と磁石を使うというアイデア以外は別物と言えます。

MagSafeでできること

MagSafe

画像引用元:Apple公式サイト

それではMagSafeが搭載されたことで、具体的にどんなことができるのでしょうか。

すでに発売中のアクセサリーの紹介を交えながら解説していきます。

MagSafeのメリット
  • 15Wの高速ワイヤレス充電ができる
  • マグネットなので位置がずれない
  • ワイヤレス充電をしながらiPhoneを使える
  • 専用アクセサリーが装着できる

15Wの高速ワイヤレス充電ができる

MagSafe充電器

4,500円で発売中の「MagSafe充電器」は、最大15Wという高出力なので、従来の2倍の出力の高速充電が可能です。

これまでワイヤレス充電器というと、どうしても充電時間が遅いのが弱点でした。

その弱点をMagSafeは克服したわけです。地味に嬉しいですね。

マグネットなので位置がずれない

MagSafe充電器とiPhone 12

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

また強力な磁力でiPhoneとワイヤレス充電器がぴたっとくっつくので、位置がずれて充電できていなかった、なんて事態を防いでくれます。

筆者はワイヤレス充電器を日頃から使っているのですが、ちょっとした拍子に位置がずれて充電がストップしてしまうことがあり困っていました。

ワイヤレス充電失敗例

そしてそういう経験が一度でもあると、ずれていない時でも「ずれてないかな? 大丈夫かな?」なんて心配になり様子を見てしまうことも……。

磁石でずれないというのは、一見地味な要素ですが、実際に使っているからこそ分かるありがたさがあります。

ワイヤレス充電をしながらiPhoneを使える

磁石でくっついているため、ワイヤレス充電中でもiPhoneを持ち上げることができます。

これまでiPhoneをワイヤレス充電器で充電している間は、充電器の上にiPhoneをそっと置いておく必要があったため、充電するタイミングが寝る前などに限られていました。

しかし、これからは気軽に充電することができます。

専用アクセサリーが装着できる

MagSafe対応iPhoneレザーウォレット

画像引用元:MagSafe対応iPhoneレザーウォレット – ブラック – Apple(日本)

MagSafe充電器以外のアクセサリーも販売中です。

例えば6,800円の「MagSafe対応iPhoneレザーウォレット」は、iPhoneの背面にくっつけた上でクレジットカードを入れられます。

ちなみに「ご心配なく。シールド機能があるので、クレジットカードを入れても安心です」とのこと。

現在はまだ出ていませんが、そのうちスタンドやハンガーリング等も登場してくるでしょう。

シールでくっつけるのと違い、取り外しが簡単で跡が残らないというのが大きいです。

MagSafeの注意点

ここまでMagSafeに関する基本的な情報と、利点を解説してきました。

今度は、注意点を紹介していきます。

MagSafeのデメリット
  • 別売の充電アダプタが必要
  • ケースはMagSafeに対応しているものが必要
  • 磁力が強いので近づけるものに注意

別売の充電アダプタが必要

20W USB-C電源アダプタ

画像引用元:20W USB-C電源アダプタを購入 – Apple(日本)

iPhone 12シリーズには、充電アダプタが同梱されていません。

4,500円のMagSafe充電器にも同梱されていません。

つまり、充電アダプタは別途用意しなくてはならないのです。

Apple Storeでの充電アダプタの価格は2,000円となっています。

ちなみにアダプタの端子はUSB-Cです。

ケースはMagSafeに対応しているものが必要

MagSafe対応ケース

画像引用元:Apple(日本)

iPhoneにケースを装着したままMagSafeを利用したいなら、MagSafe対応のケースでなければなりません。

Apple Storeでは対応ケースが5,500円で販売されています。ちょっと高い気がしないでもないですね。

ケース自体にも15W充電を可能にするためのNFCなどが内蔵されているので、単に磁力が通れば良いというものではありません。

MagSafeを意識すると自由にケースを選べなくなってしまいました。

磁力が強いので近づけるものに注意

MagSafeの磁力は非常に強力です。MagSafe充電器をくっつけたまま、iPhoneを釣り糸に引っかかった魚のようにぶら下げることもできます。

それほど強力だと、電子機器などに悪い影響を与えないか心配です。iPhoneや専用アクセサリーを置く場所にいちいち気を使う必要が出てくるのではないでしょうか。

MagSafeでよくある質問

MagSafe

画像引用元:Apple公式サイト

最後に、MagSafeに関するよくある質問をまとめました。

iPhone 12シリーズとMagSafe対応アクセサリーの組み合わせ以外でも使えるのか気になる方が多いようですね。

MagSafeの気になること
  • iPhone 11など古い機種でも使える?
  • 普通のワイヤレス充電器としては動く?

iPhone 11など古い機種でも使える?

MagSafeは、iPhone 12シリーズの本体背面に埋め込まれているものです。

iPhone 11以前には埋め込まれていないので、古い機種で使うことはできません

iPhone 12シリーズを選ばない限り、MagSafe充電器は意味をなさないということになります。

ただ「iPhone 11でも充電器としては使える」という噂もあります。

普通のワイヤレス充電器としては動く?

MagSafe充電器は、iPhone 8以降およびワイヤレス充電ケーブル付きモデルに対してはQi充電器として使うことができます

ただし磁力で正確に装着できるのは、現時点ではiPhone 12シリーズのみです。

MagSafe充電器の良さを最大限活かすなら、iPhone 12シリーズを使うことをオススメします。

iPhone 12シリーズの標準装備!MagSafe専用アクセサリーを使おう

以上、iPhone 12シリーズの目玉のひとつである、「MagSafe」についてでした。

MagSafeまとめ
  • iPhoneの本体背面に埋め込まれた磁石のこと
  • 専用ワイヤレス充電器なら最大15Wの高速充電が可能
  • 専用のレザーウォレットなどアクセサリーが発売中
  • ケースはMagSafe対応のものでなければいけない

iPhone 12シリーズであれば、どの機種でも本体背面に磁石が埋め込まれています。

専用のワイヤレス充電器やレザーウォレットをくっつけて、iPhone 12シリーズをより便利に使いましょう。

現状ではまだ専用アクセサリーの種類は少ないですが、そのうちスタンドやハンガーリングなども出てくることに期待したいですね。

【2020年】スマホ充電器おすすめ人気ランキング|iPhone/Android

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ