iPhone13は待つべきか?スマホ選びのプロが考える判断基準はこれ

  • 2021年5月21日
  • by.nuko

iPhone11-11-Pro比較

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、スマホ選びを熟知したbitWave編集部が、iPhone 13を待つべき人・待つべきではない人について解説します。

最新iPhoneの発売を心待ちにしている人が多い反面、あと4ヶ月待ってまで最新機種が必要か悩む人もいるでしょう。

「そろそろ機種変更したいけど、iPhone 13を待ったほうがいいのかな?」という人はぜひ参考にしてください。

iPhone 13を待つかのポイント
  • 指紋認証が欲しいなら待つべき
  • ゲームや写真中心なら新機能があるため待つべき
  • 上記に当てはまらないなら待つ必要なし

iPhone 13の最新情報をおさらい

iPhone 12の比較

まずはiPhone 13の最新情報で押さえておきたいポイントをみていきましょう。

基本的なデザインはiPhone 12を踏襲し、主にスペック・機能が向上されています。

リーク情報からわかる主な情報は以下のとおりです。

iPhone 13に関するリーク情報
  • iPhone 13の正式名称は「iPhone 12s」か?
  • 発売時期は9月でiPhone 12と同じ価格帯の見込み
  • 指紋認証が搭載される可能性が高い
  • ディスプレイのリフレッシュレートが120Hzになる
  • 全モデルにLiDARスキャナ搭載
  • 最新の「Wi-Fi 6E」に対応

それぞれのポイントについてチェックしていきましょう!

iPhone 13の正式名称は「iPhone 12s」か?

また、最新情報ではナンバリングは更新されず、「iPhone 12s」として発売される可能性があると言われています。

理由は単純に、「13」はアメリカで不吉な数字であるためですね。

加えて、iPhone 13はiPhone 12のデザインを踏襲し、スペック・機能を強化したマイナーバージョンアップです。

これまでもiPhone 5sやiPhone 6sのように、見た目に大きな違いがなく性能強化中心のモデルは「iPhone ○s」という名称で発売されています。

このことから、iPhone 13のデザインがiPhone 12と変わらなければ、「iPhone 12s」の名称で発売される可能性は結構高いといえるでしょう。

発売時期は9月でiPhone 12と同じ価格帯の見込み

リーク情報や噂では、iPhone 13の発売時期は例年通り9月になるようです。

2020年のiPhone 12はコロナの影響で量産が遅れ、10月〜11月の発売になってしまいました。

しかし、今回はAppleも早めに量産を始めて、例年通りのスケジュールに戻ると予想されています。

また、iPhone 13はiPhone 12と同じ4モデルが発売され、価格帯もiPhone 12と同じくらいになると予想されています。

指紋認証が搭載される可能性が高い

iPhone X以降ではFace ID(顔認証)が主流となりましたが、iPhone 13ではFace IDに加えて指紋認証「Touch ID」が復活すると予想されています。

Touch ID復活に関しては多くのリーカーが予想していることから、実現する可能性は極めて高いと考えていいでしょう。

まだまだマスク必須の状況が続きそうなので、Touch IDの復活は多くの方に嬉しい機能追加になりますね!

ディスプレイのリフレッシュレートが120Hzになる

iPhone 13では、ディスプレイのリフレッシュレートが120Hzになると言われています。

120Hzのリフレッシュレートが実現すれば、操作に対する反応が今より滑らかになります。

また、FPSで勝ちにいく人や音ゲーの高スコアを狙う人にとっても120Hzになるのは嬉しいポイントです。

実は、この話はiPhone 12の発売前にも噂されていましたが、結局iPhone 12では実現しませんでした。

iPhone 13で今度こそ120Hzのリフレッシュレートになることに期待したいですね!

全モデルにLiDARスキャナ搭載

iPhone 13のリーク情報では、全モデルにLiDARスキャナが搭載されると予想されています。

LiDARスキャナはiPhone 12 Pro / 12 Pro Maxに搭載されている深度測定機能のことです。

LiDARスキャナが搭載されることで、より正確な背景ぼかしができて、ナイトモードでもポートレート撮影可能になりました。

写真撮影が多い人の中には、この機能があるからiPhone 12 Proを選んだという人もいるので、全モデルに搭載されるのは嬉しい改善点といえるでしょう。

最新の「Wi-Fi 6E」に対応

iPhone 13は「Wi-Fi 6E」に対応すると予想されています。

Wi-Fi 6Eは、新たに6GHz帯の電波が利用できる最新のWi-Fi規格です。

最大速度は9.6GbpsとWi-Fi 6と同じですが、周波数が変わることで電波干渉の可能性が低くなり、安定した通信速度に期待できます。

しかし、現状Wi-Fi 6E対応ルーターは海外製しかなく、どの商品も日本円換算で4〜5万円と高額です。

通信速度を追求して色々試したい人ならWi-Fi 6E対応は嬉しい情報ですが、一般ユーザーにはあまり関係なさそうですね…。

新型iPhone13の最新情報|いつ発売?価格・デザイン・スペックの予想まとめ

iPhone13を待つべき人

iOS 14

画像引用元:iOS 14 – Apple

それでは、iPhone 13の発売を待つべき人はどんな人なのでしょうか。

iPhone13を待つべき人
  • 指紋認証が必要と感じる人
  • iPhoneで写真を撮影することが多い人
  • iPhoneをゲーム中心に使いたい人
  • 急いでiPhoneを購入する必要がない人

それぞれのポイントについて詳しくみていきましょう。

これから紹介するポイントをじっくり考慮し、iPhone12を待つかどうかを判断してください。

指紋認証が必要と感じる人

iPhone 13では、画面の下に埋め込みで指紋認証が搭載される可能性大です。

Face IDはマスクを着けていると利用できないため、画面ロックを解除する度に面倒に感じている人も多いのではないでしょうか。

iPhone 13にTouch IDが搭載されれば、画面ロック解除もApple Payもマスクを着けたまま利用できるようになります。

「ホームボタンは要らないけどTouch IDは使いたい」

こう感じている人は、iPhone 13が発売されるまで機種変更は我慢しましょう!

Apple WatchがあればマスクでもFace IDが使える

2021年4月27日のiOS 14.5以降、iPhoneとApple Watchがあればマスク着用時でもFace IDで画面ロック解除できるようになりました。

そのため、Apple Watchも利用している方は、指紋認証で画面ロック解除しやすいことを理由にiPhone 13を待たなくてもいいということです。

Apple Watchを持っていない人も、1番安いApple Watch SEなら32,780円から購入できます。

ただし、仕組みとしては「誰の顔でもFace IDで画面ロック解除できて、解除時にApple Watchに強制ロックできる通知を送る」というものです。

使い勝手は向上する反面、セキュリティに若干不安になる仕組みであることには注意が必要ですね。

iPhoneで写真を撮影することが多い人

iPhone 13では、iPhone 12 Proに搭載されている「LiDARスキャナ」が搭載され、暗い場所でもポートレート撮影ができるようになります。

そのため、夜間や光源の少ない室内での写真撮影が多い人は、iPhone 13を手にしたほうが撮影の幅が広がります。

「暗い場所では使っていない」

そう思っていても、オシャレなバーやカラオケなど一部のお店は少し暗い照明にしていることもあります。

単純にiPhoneカメラの使い勝手が良くなるので、写真撮影が多いならiPhone 13を待つべきでしょう。

iPhoneをゲーム中心に使いたい人

iPhoneで毎日たっぷりゲームを楽しんでいる人は、iPhone 13を待つべきです。

正直なところ、現在リリースされているゲームは、iPhone SEのスペックで十分楽しめます。

しかし、iPhone 13はリフレッシュレートが120Hzになる見込みで、FPSや音ゲーなどタイミングがシビアなゲームは今までより有利になる可能性があります。

人気のPUBGや荒野行動は通信ラグが重要ですが、加えてリフレッシュレートが上がった方が勝ちやすくなります。

iPhoneをゲーム機としても利用するなら、iPhone 13を待って今より快適なゲーム環境を手にしましょう!

急いでiPhoneを購入する必要がない人

ここまでの項目に当てはまらなかった方でも、故障等で機種変更を急いでいるのでなければiPhone 13を待ちましょう。

iPhone 13はA15 Bionicチップが搭載され、従来モデルより確実にスペックが上がります。

スペックが高ければ、それだけ長く利用してもスペック不足に陥らないということです。

最近は機種変更スパンが長くなっている人が多いので、ぜひ9月まで待ってiPhone 13をゲットしてください。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone13を待つべきでない人

iPhone 12 Pro Max

ここからはiPhone 13を待つべきではない人・待つ必要のない人についてみていきましょう。

iPhone13を待つべきでない
  • 故障などですぐに新しいiPhoneが欲しい人
  • ハイスペックなiPhoneが必要ない人
  • 指紋認証など新機能に魅力を感じない人

上記に該当するなら、iPhone 13の発売を待つ必要はないでしょう。

どこに注目すべきかチェックしていくので、ぜひ参考にしてみてください。

故障などですぐに新しいiPhoneが欲しい人

今利用しているスマホが故障やスペック不足など、何かしらの理由で早く新しいiPhoneを購入したいと考えているなら、iPhone 13を待つ必要はないでしょう。

iPhone 13は9月中旬から発売される見込みです。

特に故障の場合、程度によってはiPhone 13の発売を待たずに使えなくなり、データ移行に支障をきたす恐れがあります。

今すぐiPhoneが必要な人は、我慢せず現行モデルを購入するようにしましょう。

ただし、予備のスマホがあり、iPhone 13の新機能に魅力を感じるならこの限りではありません。

ハイスペックなiPhoneは必要ない人

iPhone 13ではスペックが向上していますが、人によってはハイスペックを求めないこともあるでしょう。

そうした人は、あえてiPhone 13の発売を待つ必要はありません。

ブラウジングやビデオ通話、動画視聴やゲームまで、現行モデルで十分です。

実際、現在リリースされているアプリのほぼ全てが、iPhone XやiPhone SE(第2世代)でも全く問題なく使えています。

特にiPhone SE(第2世代)はコスパも最強なので、現行モデルでiPhoneを購入するならおすすめですよ!

指紋認証など新機能に魅力を感じない人

画面埋め込み型の指紋認証やLiDARスキャナなど、iPhone 13の新機能に魅力を感じない人もいるのではないでしょうか。

実際、著者の周囲にも「最近はテレワークが多く、家中心だからFace IDに不便を感じない」という人もいます。

iPhone 13でスペックも向上しますが、新機能が不要なら現行モデルの購入がおすすめですよ!

iPhone13を待たない人におすすめの機種

ここまでの解説で、iPhone 13を待たないと結論付けた人もいるでしょう。

そこで、今のうちにiPhoneを購入する人に今おすすめのiPhoneを紹介します。

おすすめiPhone
  • iPhone SE(第2世代)
    コスパ最強で人気のiPhone
  • iPhone 12
    5G対応の最新モデル

iPhone SE(第2世代)

iPhoneSE2

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

iPhone SE(第2世代)は、2020年4月に発売された小型iPhoneです。

4.7インチのディスプレイを搭載し、小型で持ち運びやすいサイズ感です。

また、スペック面ではiPhone 11と同じA13 Bionicチップを搭載し、非常に高い処理能力を有しています。

また、Face IDがない代わりにTouch IDを搭載し、マスク着用時の使い勝手は最新モデル以上です。

最新の3Dゲームもサクサク快適に遊べて、価格も49,280円からと非常にリーズナブル!

いますぐiPhoneを購入したい人は、まずiPhone SE(第2世代)を検討してください!

iPhone SE(第2世代)の価格

iPhone SE(第2世代)64GB128GB256GB
ドコモ通常57,024円62,568円75,240円
スマホおかえしプログラム38,016円41,712円50,160円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常55,270円61,250円75,215円
かえトクプログラム28,750円31,970円39,215円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常57,600円64,080円78,480円
トクするサポート+(特典A)28,800円32,040円39,240円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
Apple通常49,280円54,780円66,800円
詳細Apple 公式サイトを見るApple 公式サイト

iPhone 12 / iPhone 12 mini

iphone12-blue

iPhone 12のスペック

iPhone 12
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ162 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・
グリーン・ブルー・
パープル
詳細iPhone 12評価レビュー

iPhone 12 miniのスペック

iPhone 12 mini
画面サイズ5.4インチ
本体サイズ高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.4mm
重さ133 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・
グリーン・ブルー・
パープル
詳細iPhone 12 mini評価レビュー

iPhone 12は2020年10月、iPhone 12 miniは2020年11月に発売された最新iPhoneです。

2機種の違いは本体サイズだけで、iPhone 12 miniは小さいサイズのスマホが好きな人にピッタリ!

一方iPhone 12は6.1インチの一般的なサイズです。

どちらも処理能力は現行最高峰なので、普段使いからゲームまでサクサク快適です。

また、5Gに対応した初のiPhoneです。

各キャリアの5Gエリアはまだまだ拡大途中ですが、今回購入するiPhoneを長く使うならiPhone SE(第2世代)よりiPhone 12 / 12 miniを選んだ方がいいでしょう。

iPhone 12の価格

iPhone 1264GB128GB256GB
ドコモ通常101,376円109,296円123,552円
スマホおかえしプログラム67,584円72,864円82,368円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常103,430円108,260円122,435円
かえトクプログラム55,430円57,500円65,435円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常110,880円116,640円131,040円
トクするサポート+(特典A)55,440円58,320円65,520円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
Apple通常94,380円99,880円111,980円
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone 12 miniの価格

iPhone 12 mini64GB128GB256GB
ドコモ通常87,912円95,832円110,088円
スマホおかえしプログラム58,608円63,888円73,392円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常90,065円95,240円109,305円
かえトクプログラム48,185円50,600円58,305円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常96,480円102,960円116,640円
トクするサポート+(特典A)48,240円51,480円58,320円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
Apple通常82,280円87,780円99,880円
詳細Apple公式サイトを見る
iPhone12/12 Proの在庫・入荷・予約状況【ドコモ・au・ソフトバンク】

指紋認証が必要ならiPhone 13を待とう!

iOS 14

画像引用元:iOS 14 – Apple

今回は2021年9月発売に期待されているiPhone 13を待つべきか解説しました。

iPhone 13の発売までまだ時間がありますが、正直なところスペック面では現行モデルで十分すぎるほど快適です。

そのため、iPhone 13を待つべきかは次の基準で決めればいいでしょう。

iPhone 13を待つべきかまとめ
  • 指紋認証が欲しいなら待つべき
    (Apple WatchがあればFace IDで画面ロック解除可能)
  • ゲームや写真中心なら新機能があるため待つべき
  • 上記に当てはまらないなら待つ必要なし

つまり、iPhone 13の新機能が欲しいなら発売を待つべきということです。

ただし、マスク着用でFace IDが使いにくいことだけの理由でiPhone 13発売を待つなら、Apple Watch SEをゲットした方がコスパがいいので注意しましょう。

iPhone 13の発売待ちをするか迷っている方は、ぜひ参考に待つか現行機種を購入するか決めてください!

iPhoneのおすすめ人気機種|コスパ・スペックで選ぶならどれが良い?

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!