iPhoneで広告表示をブロックする方法|おすすめアプリはコレ!

iPhoneで広告表示をブロックする方法|おすすめアプリはコレ!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneでアプリを利用したり、ブラウジングをしていたりすると頻繁に広告が表示されて見にくいことがあるかもしれません。

iPhoneを利用していて広告に悩まされている場合は、今回紹介する方法を利用して対策するのがおすすめです。

サイトによってはほとんどが広告で埋め尽くされている場合もあるので、うまく対処して快適にブラウジングをしましょう!

もちろんWebサイトに表示される広告だけでなく、アプリ利用時に表示される邪魔な広告への対処法もチェックしていきます。

iPhoneで広告対策をする主な方法

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – 仕様 – Apple(日本)

iPhoneでアプリやWebサイトに表示される広告に対処する方法には次のようなものがあります。

場合によっては複数の方法を併用する必要があるので、今回紹介する方法を一通り覚えておくのがおすすめです。

iPhoneで広告対策をする主な方法
  • iPhoneに搭載されているコンテンツブロッカーを使う
  • 広告ブロック用のアプリを利用する

基本的に、Webサイトに表示されている広告のみをブロックしたい場合はブラウザのコンテンツブロッカーを利用し、アプリ内広告もブロックしたい場合は広告ブロック用のアプリを利用しましょう。

それぞれの方法についてこれから詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

iPhoneに搭載されているコンテンツブロッカーを使う方法をチェック

Safari

画像引用元:Safari – Apple(日本)

最初にチェックするのは、iPhoneに標準搭載されている「コンテンツブロッカー」を利用した広告ブロック方法です。

Webサイトを閲覧している際に表示される広告に悩まされている人は、こちらを参考にして対策してください。

手順を一覧で紹介すると、次の通りです。

ブラウザに搭載されているコンテンツブロッカーを使う方法
  1. 設定アプリを開く
  2. Safariの設定を開く
  3. ボップアップブロックをONにする
  4. 設定画面に戻る
  5. プライバシーの設定を開く
  6. 広告をタップする
  7. 追跡型広告を制限をONにする

これからそれぞれの手順を詳しく紹介するので、順番に設定して広告をブロックしてください。

1設定アプリを開く

設定アプリを開く

コンテンツブロッカーの設定は「設定アプリ」から行います。

そのため、まずは設定アプリを開きましょう。

設定アプリは通常、ホーム画面のどこかにあるアイコンかをタップすると開くので、一通り探してみてください。

2Safariの設定を開く

設定画面からSafariを選ぶ

設定画面を開いたら、次にSafariの設定を開きましょう。

設定画面のリストに「Safari」と書かれている部分があるので、そちらをタップしてください。

3ボップアップブロックをONにする

ポップアップブロックをONにする

Safariの設定を開いたら、ポップアップブロックのスイッチをONにしてください。

これをONにすることによって、Safariを利用してWebサイトにアクセスした際に表示されるポップアップ型の広告をブロックすることができます。

ただし、これだけでは一部の広告しかブロックできないため、続く設定もしっかり行っておいてください。

4設定画面に戻る

設定画面

ポップアップブロックをONにしたら、再び設定画面に戻ってください。

5プライバシーの設定を開く

設定画面からプライバシーをタップする

次にプライバシーの設定を開きます。

プライバシーの設定は設定画面の上の方にあるので、見つからない場合は上から順番にチェックしてみてください。

6広告をタップする

広告設定をタップする

プライバシー設定画面の一番下に「広告」という項目があるので、そちらをタップしてください。

タップしたら次に進みましょう。

7追跡型広告を制限をONにする

追跡型広告を制限のスイッチをONにする

広告設定画面が開いたら、一番上にある「追跡型広告を制限」をONにしてください。

これで追跡型広告と呼ばれるタイプの広告の大半をブロックすることができます。

ただし完全にブロックしきれないこともあるので、その場合は後述する広告ブロック用のアプリを併用するのがおすすめです。

この2つの設定を行えば、ブラウジング時に出現する広告をある程度ブロックすることができるでしょう。

iPhoneに搭載されているコンテンツブロッカーを利用する場合の注意点

この方法を利用する場合に注意しておきたいポイントは以下の通りです。

うっかりしていると「広告ブロックの設定をしたのに全然ブロックされない」ということになるので、あらかじめしっかりチェックしておきましょう。

ポップアップ広告がブロックされるのはSafariのみ

ポップアップ広告のブロック設定をSafariの設定画面から行うため、Safariを利用しているときのみ有効な設定です。

そのため、Chromeを始めとするほかのブラウザを利用している場合は、この設定をしてもポップアップ広告が表示されるので注意してください。

もし、Safari以外のブラウザをメインに利用している場合は後述する広告ブロック専用アプリを利用するのがいいでしょう。

また、使っているブラウザに広告ブロック機能が搭載されている場合は、それを利用するという方法もあります。

完全に広告がブロックされないこともある

ポップアップ広告と追跡型広告のブロック設定を行った場合、ほとんどの広告が表示されない用になるものの、一部の広告は表示されたままになる可能性があります。

設定をしたからといって完全に広告がブロックされるわけではないので注意が必要です。

iOS9コンテンツブロッカー騒動にみる5つの思惑

次のページでは、広告ブロック用のアプリを利用して邪魔な広告をブロックする方法をチェックしていきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
Iris777
Iris777
スマートフォン・タブレット・PC・スマートウォッチなどガジェット好きライター。Android利用歴9年でEclair以降のバージョンは一通り利用。 日々進化し続けるガジェット類の最新情報をお届けします!他にもゲーム、アプリ、音楽関連記事も執筆中。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ