iPhoneでAirDrop(エアードロップ)を有効にする方法とできない時の対処法

  • 2019年4月10日
  • by 
iPhoneでAirDrop(エアードロップ)を有効にする方法とできない時の対処法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

皆さんは、写真や動画・Webサイトなど様々なコンテンツを共有する時、どのような共有手段を活用していますか?

iPhoneには、Apple製品にしか搭載されていない特別な共有機能が搭載されています。

それは、AirDrop(エアードロップ)機能です。

AirDropとは、写真や動画・Webサイトなど様々なコンテンツを、瞬時に共有することができる機能になります。

一般的な共有手段(メール・LINEなど)と違う点は、連絡先を知らずとも共有ができるという点と、手間が一切なく、共有スピードがとても早いという点です。

思っている以上に便利な機能ですので、これを機にAirDropを活用してみてはどうでしょうか?

トップ画像引用元:iPhone – Apple(日本)

1 iPhoneでAirDropを行う前の下準備

iPhone

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

iPhoneでAirDropを使用する場合、設定上の準備が必要になります。

以下の設定を行ってからAirDropを行いましょう。

iPhoneのAirDrop で必要な設定

  1. BluetoothとWi-Fiを[オン]に設定します。
    ※両者必須になります。
  2. インターネット共有が[オン]になっている場合は、[オフ]にします。
    ※両者必須になります。
  3. コンテンツを共有・受け取る相手が9メートル内にいることを確認します。
  4. 受け取る(受信)側のAirDrop(エアードロップ」設定が「全員」もしくは「連絡先のみ」になっているか確認します。
  5. 受け取る(受信)側のAirDrop設定が「連絡先のみ」になっていた場合、相手のメールアドレスまたは、電話番号の登録し相手との紐付けが必要になります。
  6. 相手のiPhoneに自分のメールアドレス・電話番号が登録されていない場合は「すべての人」を選択し、AirDropを行いましょう。

上記の項目は、AirDropを行う際に必要な設定・状況です。

全てをクリアにした上でAirDropを使用しましょう。

2 AirDropで共有(送信)する方法・手順

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

次に、iPhoneのAirDropで共有(送信)する方法と手順について紹介・解説していきます。

前述しましたが、共有(送信)する方法はとても簡単です!

ややこしい操作は、全く必要ではないので誰でも気軽に活用することができます。

共有(送信)したい写真や動画、Webサイトを共有する方法

では、iPhoneのAirDropで共有(送信)する手順をみていきましょう!

1共有(送信)したい写真や動画、Webサイトを開き「共有」または「共有アイコン」をタップします。
※写真の場合、選択した複数の写真を共有することができます。

iPhone AirDrop

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で AirDrop を使う – Apple サポート

2コンテンツを共有する相手をタップします。共有するデータ量にもよりますが、約1分ほどで共有(送信)が完了します。

iPhoneのAirDropで共有(送信)する手順は以上になります。

AirDropの良い点は、簡単かつスピーディーということです。

今までの共有手段はメールやLINEといったツールを用いて行ってきましたが、今後のトレンドとしてAirDropは普及していくのではないでしょうか?

AirDropで転送も可能

  • AirDropを用いて、2台のApple製品デバイス間で転送することも可能です。
MacでAirDrop(エアードロップ)を有効にする方法とできない時の対処法

3 AirDropで受け取る(受信)方法

iPhone AirDrop

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

iPhoneのAirDropで受け取る(受信)方法について紹介・解説していきます。

共有(送信)方法と同様に、上記の設定が正しくされていれば、受け取る(受信)方法も、誰でも使いこなせるほど簡単です。

AirDropでコンテンツが共有されると、受け取る(受信)側の画面は以下のようになります。

iPhone AirDrop

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で AirDrop を使う – Apple サポート

まず、共有されると「辞退」「受け入れる」の2択を選択します。

字の通り「辞退」はコンテンツを受け入れないという意味で、「受け入れる」はコンテンツをiPhoneに保存するという意味になります。

AirDropで受け取る(受信)方法は、「辞退」と「受け入れる」を選択しタップするだけです。

受け入れたコンテンツの保存先は、共有されたデータによって異なります。

写真であれば、データフォルダー(写真App)へ、WebサイトであればSafariで開き、アプリなどの情報はApp Storeなどのアプリケーションをダウンロードできるページが開きます。

自分自身に共有する場合は表示されない。

  • 自分自身に共有する場合は「辞退」「受け入れる」が表示されません。同じApple IDを使用している場合に限り、自動保存されます。

4 AirDropができない時の対処法について

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

ここからは、iPhoneのAirDropができない時の対処法について解説していきます。

主な原因は、上記で紹介した基本設定が正しく行われていないケースが多いです。
ですので、まず上記の設定がしっかりとできているか確認することが大切になります。

AirDropができない原因として考えられるのは、以下になります。

  • AirDropが有効になっていない
  • 距離が遠すぎる
  • AirDropの共有相手設定が「受信しない」になっている
  • 相手のiPhoneがロック画面になっている
  • AirDrop対応機種でない

これらの各項目に対する対処法と解説をしていきましょう。

4-1 AirDropが有効になっていない

根本的にAirDropが有効になっていないと、AirDropは使用できません。

改めて手順を確認していきましょう。

1「設定」から「一般」をタップします。

AirDrop

2すると、「一般」メニューの中に「AirDrop」がありますのでタップします。

AirDrop

3「AirDrop」をタップすると、「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」を選択する画面になりますので、「すべての人」をタップします。

AirDrop

「連絡先のみ」を選択した場合は、上記にあります通りメールアドレス・電話番号の登録が必要になります。

4-2 距離が遠すぎる

考える男性

こちらも上記で解説しましたが、改めて確認しておきましょう。

AirDropが正常に起動する距離は、9メートル内とされています。

ですので、AirDropをする相手が9メートル内にいることを確認した上で行うことを心がけましょう。

事例はありませんが、共有するデータを損傷してしまう可能性があり得ますので、注意しなくてはいけません。

4-3 相手のiPhoneがロック画面になっている

AirDropは、相手がロック画面であった場合、使用することはできません。

「指紋認証」「顔認証」「パスワード入力」でロックを解除した状態であることを確認してから、AirDropを行いましょう。

4-4 AirDrop対応のiOSでない

iPhone

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

iPhoneでAirDropを使用する場合、最新のiOSにアップデートされているか確認しましょう。

iOSがiOS 7以前のiPhoneですと、使用することができません。

これはiPad、iPad touchも同様に言えることなので、常に最新バージョンにアップデートすることを心がけましょう。

5 iPhoneでAirDropを有効にする方法とできない時の対処法のまとめ

iPhone XR

画像引用元:iPhone XR – Apple(日本)

ここまで、iPhone限定共有機能AirDropについて紹介・解説していきました。

主な内容としては、使用する方法・手順(受信/送信)についてと使用できない場合の対処法でした。

iPhoneのAirDropまとめ

  • 共有(送信)方法、受け付ける(受信)方法の手順は、誰でも活用できるほど簡単
  • Wi-fi、Bluetoothの設定を[オン]にしなくてはならない
  • AirDropの設定は「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」の3つ
  • AirDropの可能範囲は、9メートル内
  • iOSは最新版にアップデートしておこう

AirDrop機能は、革新的な共有方法と言えます。

それほど簡単で、瞬間的にデータ(写真・動画・Webサイトなど)を送受信できます。

友達や仕事の人との活用はもちろん、自身が所有しているApple製品同士での活用も可能ですので、とても便利です!

これを機にAirDropの機能を使いこなしてみてはどうでしょうか?

AirDropで表示される自分の名前を変更する方法と見えないようにする方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

メールアドレスが使える格安SIM比較!メリット・デメリットまとめ... au、ドコモ、ソフトバンクの大手通信事業者では独自のメールアドレス、いわゆるキャリアメールを提供しています。 その3社の回線やインフラを間借りしている格安SIM会社は、独自メールアドレスの提供までは行っていない所がほとんどです。 ...
お菓子・スイーツを作るならコレ!人気の無料おすすめレシピアプリ... お菓子やスイーツ好きの方の中には、自分で作ってみるという人も多く、いろいろなレシピを探しているのではないでしょうか。 数ある人気無料レシピアプリの中でも… お菓子・スイーツに特化したもの お菓子・スイーツの...
「App内課金あり」の甘い罠|後悔を防ぐアプリ内課金を制限する方法... 今回はApp内課金の甘い罠にハマって後悔するのを防ぐ「アプリ内課金を制限する方法」について解説します。 iPhoneでもAndroidでも、スマホにインストールするアプリの多くは「基本利用料金無料」ですよね。 しかし、App内課...
カメラを使って画像翻訳ができる無料の人気おすすめ翻訳アプリ【iPhone/Android】... 今回はスマホのカメラで画像翻訳のできるおすすめ翻訳アプリを紹介します。 海外旅行や出張で海外に行く時、翻訳アプリは大活躍ですよね。 ただ、サクッと翻訳したい時や入力方法の分からない言語の国に行くと、テキスト入力の翻訳アプリは使い...