【iPhone/Android】今まで4機種以上使ったユーザーはどっちを選ぶ?

  • 2018年7月10日
  • by 
【iPhone/Android】今まで4機種以上使ったユーザーはどっちを選ぶ?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

touch IDや電子マネーなどの機能で選ぶ

  • 男性
  • 31歳・会社員
  • ドコモ
  • 評価:5点(5点満点中)
  • 現在利用中の機種:iPhone 8 Plus
  • 過去に利用していた機種:Xperia Z3/iPhone 6/iPhone 5S/iPhone 4
  • Androidの利用歴:1年
  • iPhoneの利用歴:6年

Android

メリット
設定項目の自由度が高く、個人毎にホーム画面がユニークでその人の色が出る。不要な機能はOFFに出来、欲しい機能は自分で追加する事も出来る。

②FeliCaに対応しており、複数種のおサイフケータイ機能を有する事。コンビニ会社の電子マネー、ポイントカードにも対応しており、財布を持ち歩かなくても幅広い店舗で買い物が出来る。

googleアカウントと紐づけする事で多種多様な機能を利用する事が出来る。iOSでもgoogleアカウントの紐づけは出来るが、Android OS程連携は出来ていない。

デメリット
①個人的にだが、ページスクロールの動きに滑らかさに欠ける。

②設定項目の自由度が高過ぎて、本当は出来るのに使いきれない。

③キャリアで独自にアプリのインストールや設定がされており、解除出来ない機能が多過ぎる。

iPhone

メリット
touchIDの精度が高く、ロック解除が非常に楽。端末が最新化していく度に認証速度も向上しており、欠かす事の出来ない機能。

デザインがシンプルで、世代が変わっても大幅な変更も無く、安心して長期使える。

iOSについてもシンプルに纏められており、拡張性はAndroid OS程高くは無いが、十分。

デメリット
①faceIDの顔認証が、寝起きやマスク着用時反応せず、ロック解除が不便。

②日本で普及しているFeliCaでの電子マネーにSuicaは対応したが、他の電子マネーが未対応で不便。

③App Storeが洗練されており、怪しいアプリが少なく子供でも安心して利用出来る。

比較

自分としては、iPhoneのtouchID機能を重宝しております。ロック解除が非常に便利で、ストレスありません。

以前、電子マネーを良く利用しておりましたので一時期Androidをメイン端末にしようと考え使ってみましたが、ロック解除が不便や解除出来ないキャリアの設定が多くて、シンプルを好む私としては、ストレスでした。

そんな中、iPhoneでもSuicaに対応してくれ、WAONやnanacoが使用出来なくはなりましたが、iPhoneに戻りました。

まとめ

今もiPhoneを利用しておりますが、シンプルさが損なわれない限り、iPhoneを使い続けて行くと思います。

用途に合わせて両方を使い分ける

  • 男性
  • 27歳・家電量販店員
  • Y Mobile
  • 評価:5点(5点満点中)
  • 現在利用中の機種:iphone 5s
  • 過去に利用していた機種:xperia mini pro/xperiaz ultra/iPhone6s/Xperia X Performance
  • Androidの利用歴:5年6か月
  • iPhoneの利用歴:4年6か月

・Android、iPhone のメリットデメリット
この両者を比較したとき、一番わかりやすいのはAndroidは普通の海での海水浴。iPhoneは警備員がいるプールを想像してもらえればわかりやすいのではないかと思う。

Android

AndroidはGoogleが制作したAndroidというソフトが入っている。ソフトとスマホを作る会社が違うので色々な会社がAndroidのスマホを作っている。

だから比較的種類があり、ユーザーが利用できる機能も多い

iPhone

iPhoneはappleがソフトもスマホ本体も全て自社で作っている。購入できる会社がapple一社しかない。ユーザーの自由度も少ない。

iPhoneの全てをappleが把握しているため、安定性は高いという印象がある。

比較

細かいところで比較すると、iPhoneは本体のバージョンアップが携帯の会社に関係なく行われる。

そのため、サポートが打ち切られるまでは最新のバージョンのソフトウェアを常に利用することができる。

逆に、Androidは販売している会社毎にソフトのバージョンアップができたりできなかったりする。そこはAndroidのデメリットでもある。

機能面での比較をすると、iPhoneは本体にある指紋認証システムが非常に高速。touchIDと呼ばれているiPhoneの下部にある丸いボタン状の機器。

Androidの機能面は発売される会社によって千差万別。購入の際は可能な限り広く浅く情報を収集することを勧める。また、自身の利用シーンをハッキリさせること。

この機能は必要か、不要かをよく精査して考えてみることを勧める。

まとめ

私はとにかく設定など楽にしたいと考えている。そのため、一度はAndroidを利用した。現在はデジカメの代わりとしてiPhone、Androidを両方所有し、利用している。

しかし、ボタン一つで簡単に操作ができてどのバージョンでも操作が共通で簡単なiPhoneに落ち着いている。また、iPhoneは基本的な設定が変わらず、Macとの相性もいい。

携帯電話としてiPhone、その他の簡単なウェブ検索などはAndroidを利用している。利用シーンを明確にした結果、このような利用に落ち着いた。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

【Galaxy S9 VS iPhone X】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断

オリジナルさかシンプルさ、どちらを求めるかで決める

  • 男性
  • 35歳・会社員
  • ドコモ
  • 評価:4点(5点満点中)
  • 現在利用中の機種:iPhone8 Plus
  • 過去に利用していた機種:Xperia arc/Xperia Z1/iPhone6 Plus/iPhone SE
  • Androidの利用歴:5年
  • iPhoneの利用歴:4年

Android

私はSonyのXperia ArcとXperia Z1の2機種を使っていました。最初はまだiPhoneがなかったこともあり、docomoから発売されていたものの中からデザインでSonyのものを選びました。

それ以後もXperiaが気に入っていたのでもう1機種購入しました。

Androidのメリット~アプリの豊富さ

スマートフォン登場当初こそあまり多くはありませんでしたが、その後もりもりとその数が増えていき、現在では非常にたくさんのアプリが出揃って便利に使えるようになっています。

特にAndroidではアプリを探す楽しみが非常に大きいように感じました。これはiPhoneに乗り換えた後で感じたAndroidの良さでした。

AndroidではGoogleの正規の審査を受けたものがPlay Storeに並んでいますが、それ以外にもapkファイルとして比較的自由にさまざまなユーザーが作成したアプリを利用することができます。

もちろん自己責任になってくる部分はありますが「こんな便利なアプリがあるんだ!」という発見が多くありました。

Androidのデメリット~不安定な使い勝手~

形容する適切な言葉が見つからなかったので、大きな意味で不安定な使い勝手と記載しましたが、Androidは様々なアプリがあることもあり、スマートフォン1台でみた時の使いやすさに難があるように思います。

もちろんapkファイルとして配布されているようなものでもクオリティの高いものは数多く存在しますが、マルチタスクにも関わらず例えばそれを起動していると他のアプリが勝手に終了してしまったり(メモリ配分のバランスが取れないためだと思います)、アプリによって戻るボタンが右にあったり左にあったりということがありました。

iPhone

私はXperia Z1を使用中にiPhone6 Plusを購入して利用し始め、更にiPhone SEを購入したタイミングで完全にiPhoneに乗り換えました。

iPhoneのメリット~使いやすさ

正直Androidから乗り換えた時は使いやすさに衝撃を受けました。

てのアプリが独立してそれぞれかなり高いクオリティを持っているにも関わらず、全てのアプリにiPhoneらしさが感じられて、しかもそれらは特別Apple純正のアプリでなくても感じられました。

戻るボタンは常に同じところにあるし、iPhoneで使いやすいようにカスタマイズされているように感じました。

また純正のアプリのクオリティもAndroidに比べて非常に高かったです。

Androidの場合ですと、純正のアプリが使い物にならないものが多いため自分の好みのアプリを持ってくる必要がある場合が多かったですが、iPhoneはそのまま使っているものも多数あります。

iPhoneのデメリット~カスタマイズ制~

カスタマイズ制が難があるかなとは思います。もっともカスタマイズしなくても使いやすいので大きな問題ではありません。その他特に不便と感じる部分は今のところありません。

比較

たしかにiPhoneはAndroidに比べて、機種のバリエーションはほぼ1択ですしカスタマイズもできません。ですがスマートフォンとして生活を便利にしてくれるアイテムという風に考えるなら圧倒的にiPhoneがいいと思います。

まとめ

安定したシステムや便利なサービスを常に提供してくれることがスマホ選びにはとても重要だと思います。

値段と機能のコストパフォーマンスで比較する

  • 女性
  • 30歳・専業主婦
  • LINE Mobile
  • 評価:5点(5点満点中)
  • 現在利用中の機種:iPhone7
  • 過去に利用していた機種:iPhone5/iPhone5c/IS04 (Regza Phone)/Xperia
  • Androidの利用歴:2年7か月
  • iPhoneの利用歴:4年9か月

Android

Androidのメリットは、一番はiPhoneにくらべとても安価であること。後にも先にもこれは外せない。スマホを使いこなそうなんて、はなから考えてない人にはこのくらいの値段で十分である。

あとはカスタマイズが容易で楽しい事。アイコン位置を自由にできたり、着せ替えが出来たりと自分の好きな様にできるので女性は割と好きな人が多い。

画面のアイコンの位置やガジェットなども、なんだかんだ見る頻度が高いので色々あるAndroidは楽しみが大きいと思う。

説明や文字が多く、設定画面もWindowsチックなので、ガラケーとPCに慣れているとすんなり使える。

一方デメリットは、カスタマイズができる為に、動作がいちいち遅くなってしまうこと。不要な機能が多数あったりすること。

あとはアプリケーションが自由なために危ないアプリが多数存在し、子供にはお勧めできない。

また機種が古くなってくるとアクセサリーが無くなってしまう。不人気だと発売当初から全然なかったりする。

iPhone

iPhoneのメリットは、なんといっても、サクサクと軽い動きが非常によい。このスピード感はやはり制限された仕様だからこそなせる事なのだろう。

アプリもAndroidと違って審査が厳しいのでセキュリティ面で非常に安全である。またMACを使っている人にはiPhoneにするメリットが多分にあり、よりPCやスマホを快適に楽しめる。

またアクセサリーもAndroidのように人気商品でないと売り場がない、という事もないのでそういった戦略がうまい。

またSIMフリー端末を分かりやすく手に入れやすい

あとは意外と、どの機種であっても基本操作などが変わらず機種変更しても楽なこともある。スマホ慣れしてない人に説明するのにiPhone同士だととにかく楽。

PCやタブレットだったりしても、基本が一緒なので一度慣れれば便利である。

デメリットは、感覚で使える反面、感覚で使えないタイプの人には操作しずらい、という点。

昭和生まれの日本人はほとんどWindowsメインで生活してきてスマホの時代に入ってるだろうから、MACの独特な感じに慣れるのにかなり時間がかかる人もいる。

文字や説明が基本ないので、苦手な人は結局全然使えなかったりする。個人的にはデフォルトのアプリで消したいのに消せないのは結構邪魔くさい。

値段がどんどんあがって無駄に機能が強化されるはどうなんだろうか。10万以上も出すなら、ある程度カメラはこのスペック、容量はこれ、とかくらいはオーダーさせて欲しい。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

編集部まとめ

今回は今まで4機種以上使ってきたユーザーによるiPhoneとAndroidのレビューをご紹介しましたが、いかがでしたか?

iPhoneとAndroidにはそれぞれ得意分野があるので、一概にどちらが良いのか言うことは難しいです。

自分がスマホに何を一番求めているのかよく考えて、そのスペックに絞って比較することが、自分にあったスマホを選ぶ1番の近道だと思います。

ZenFone 5/5Zレビュー|最高級のスペックにAIカメラを搭載【ASUS2018】

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ