【iPhone/Android】今まで4機種以上使ったユーザーはどっちを選ぶ?

  • 2018年7月10日
  • by 
【iPhone/Android】今まで4機種以上使ったユーザーはどっちを選ぶ?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

touch IDや電子マネーなどの機能で選ぶ

  • 男性
  • 31歳・会社員
  • ドコモ
  • 評価:5点(5点満点中)
  • 現在利用中の機種:iPhone 8 Plus
  • 過去に利用していた機種:Xperia Z3/iPhone 6/iPhone 5S/iPhone 4
  • Androidの利用歴:1年
  • iPhoneの利用歴:6年

Android

メリット
設定項目の自由度が高く、個人毎にホーム画面がユニークでその人の色が出る。不要な機能はOFFに出来、欲しい機能は自分で追加する事も出来る。

②FeliCaに対応しており、複数種のおサイフケータイ機能を有する事。コンビニ会社の電子マネー、ポイントカードにも対応しており、財布を持ち歩かなくても幅広い店舗で買い物が出来る。

googleアカウントと紐づけする事で多種多様な機能を利用する事が出来る。iOSでもgoogleアカウントの紐づけは出来るが、Android OS程連携は出来ていない。

デメリット
①個人的にだが、ページスクロールの動きに滑らかさに欠ける。

②設定項目の自由度が高過ぎて、本当は出来るのに使いきれない。

③キャリアで独自にアプリのインストールや設定がされており、解除出来ない機能が多過ぎる。

iPhone

メリット
touchIDの精度が高く、ロック解除が非常に楽。端末が最新化していく度に認証速度も向上しており、欠かす事の出来ない機能。

デザインがシンプルで、世代が変わっても大幅な変更も無く、安心して長期使える。

iOSについてもシンプルに纏められており、拡張性はAndroid OS程高くは無いが、十分。

デメリット
①faceIDの顔認証が、寝起きやマスク着用時反応せず、ロック解除が不便。

②日本で普及しているFeliCaでの電子マネーにSuicaは対応したが、他の電子マネーが未対応で不便。

③App Storeが洗練されており、怪しいアプリが少なく子供でも安心して利用出来る。

比較

自分としては、iPhoneのtouchID機能を重宝しております。ロック解除が非常に便利で、ストレスありません。

以前、電子マネーを良く利用しておりましたので一時期Androidをメイン端末にしようと考え使ってみましたが、ロック解除が不便や解除出来ないキャリアの設定が多くて、シンプルを好む私としては、ストレスでした。

そんな中、iPhoneでもSuicaに対応してくれ、WAONやnanacoが使用出来なくはなりましたが、iPhoneに戻りました。

まとめ

今もiPhoneを利用しておりますが、シンプルさが損なわれない限り、iPhoneを使い続けて行くと思います。

用途に合わせて両方を使い分ける

  • 男性
  • 27歳・家電量販店員
  • Y Mobile
  • 評価:5点(5点満点中)
  • 現在利用中の機種:iphone 5s
  • 過去に利用していた機種:xperia mini pro/xperiaz ultra/iPhone6s/Xperia X Performance
  • Androidの利用歴:5年6か月
  • iPhoneの利用歴:4年6か月

・Android、iPhone のメリットデメリット
この両者を比較したとき、一番わかりやすいのはAndroidは普通の海での海水浴。iPhoneは警備員がいるプールを想像してもらえればわかりやすいのではないかと思う。

Android

AndroidはGoogleが制作したAndroidというソフトが入っている。ソフトとスマホを作る会社が違うので色々な会社がAndroidのスマホを作っている。

だから比較的種類があり、ユーザーが利用できる機能も多い

iPhone

iPhoneはappleがソフトもスマホ本体も全て自社で作っている。購入できる会社がapple一社しかない。ユーザーの自由度も少ない。

iPhoneの全てをappleが把握しているため、安定性は高いという印象がある。

比較

細かいところで比較すると、iPhoneは本体のバージョンアップが携帯の会社に関係なく行われる。

そのため、サポートが打ち切られるまでは最新のバージョンのソフトウェアを常に利用することができる。

逆に、Androidは販売している会社毎にソフトのバージョンアップができたりできなかったりする。そこはAndroidのデメリットでもある。

機能面での比較をすると、iPhoneは本体にある指紋認証システムが非常に高速。touchIDと呼ばれているiPhoneの下部にある丸いボタン状の機器。

Androidの機能面は発売される会社によって千差万別。購入の際は可能な限り広く浅く情報を収集することを勧める。また、自身の利用シーンをハッキリさせること。

この機能は必要か、不要かをよく精査して考えてみることを勧める。

まとめ

私はとにかく設定など楽にしたいと考えている。そのため、一度はAndroidを利用した。現在はデジカメの代わりとしてiPhone、Androidを両方所有し、利用している。

しかし、ボタン一つで簡単に操作ができてどのバージョンでも操作が共通で簡単なiPhoneに落ち着いている。また、iPhoneは基本的な設定が変わらず、Macとの相性もいい。

携帯電話としてiPhone、その他の簡単なウェブ検索などはAndroidを利用している。利用シーンを明確にした結果、このような利用に落ち着いた。

※ユーザーの生の声をそのまま掲載しています。

【Galaxy S9 VS iPhone X】徹底比較|あなたに合ったスマホを診断

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

スマホ・携帯料金を節約する方法|平均よりも安くする5つの技術... 携帯料金は安くはありません。 2016年の総務省の家計調査によれば、平均で約6,400円でした。しかし、これは一人あたりの平均料金ですから、家族全員がスマホを持っていれば数万円単位にもなります。 実は、スマホ・携帯ユーザーのほと...
5インチ台のスマホ最新おすすめランキング【2019春】iPhone/Android... 今回は5インチ台のおすすめ小型スマホをランキング形式で紹介します。 手が小さい方や子供用に買う方など、小型スマホが欲しい方も多いですよね。 しかし、ここ最近は6インチ以上の大型スマホが主流となり、小型スマホの選択肢が少なくなっていま...
2000年から劇的に変化した携帯電話。今までの変化とこれからの在り方... 現在はドコモのガラケーと格安SIMのスマホを2台持ち 女性 43歳、看護師 利用しているキャリア:ドコモ、イオンモバイル 初めて携帯を持った年月:2000年25歳の時 携帯を持ったきっかけ:まわりで携帯を...
【2019年】スマホ学割比較!ドコモ・au・ソフトバンクでどこが安い?... ドコモ ・au・ソフトバンクから、2019年版の学割が発表されました! これから子供用のスマホを購入する方は、どこで買うのが1番お得か悩みますよね。 結論からお伝えすると、2019年の学割は回線数によって最安値キャリアが異なります。...