自分だけ?iPhoneの電波が悪いときに確認する設定と対処法

  • 2018年9月29日
  • by 
自分だけ?iPhoneの電波が悪いときに確認する設定と対処法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneの電波が悪いときに対処すべきことや、考えられる原因について解説します。

iPhoneの電波状況が悪くなってしまった場合、うまく電波を受信するためには、一体どうすれば良いのでしょうか?また、何が原因で電波が悪くなってしまうのでしょうか。

1 iPhoneの電波が悪くなる原因は?

さっきまで普通に使えていたのに、iPhoneの電波が悪い…そんなときは、まず電波が悪くなってしまった原因を考えてみましょう。

iPhoneの電波が悪くなってしまう原因として、考えられるものは以下のとおりです。

  • 人混みでないか?
  • 電波が届きにくい場所でないか?
  • 災害の影響で携帯電話会社の基地局が利用できなくなっていないか
  • スマホの不具合

ひとつずつ見ていきましょう。

1-1 人混みでないか?

イベントやお祭りなど、狭い範囲にたくさんの人が集まるような場所では、通信が混雑してしまい、スマホが繋がりにくくなってしまうことがあります。

大きなイベントの場合、各携帯電話会社の移動基地局を配備するなど対策が取られてはいるものの、普段通り快適にインターネットを利用できるということはあまりないでしょう。

イベント会場など混雑している場所に来ている場合は、その場所から移動しないと電波の改善は難しい可能性があります。

1-2 基地局が利用できなくなっている

台風や洪水、地震などの災害の影響で、携帯電話会社の基地局が利用できなくなり、電波が悪くなっている可能性も考えられます。

そのようなときは、各携帯電話会社のホームページで「通信障害のお知らせ」を掲載しているはずですから、チェックしてみてください。

1-3 電波が届きにくい場所でないか?

iPhoneを利用しようとしている場所が、そもそも電波の届きにくい所なのかもしれません。

各携帯電話会社のエリアマップをチェックしてみて、電波が届いている場所かを確認してみましょう。

格安SIM業者を利用している方は、系列の大手キャリアのエリアマップをチェックしてみてください。

1-4 iPhone本体の不具合

最後に考えられる原因は、iPhone自体の不具合です。

携帯電話会社の通信障害が起こっているわけでもなく、利用する場所を変えても電波状況が改善しない場合は、端末の不具合が原因である可能性が高くなります。

しかし、だからといってすぐに修理に出す必要はありません。まずはできることから確認してみましょう。

次章では、iPhoneが原因だった場合にチェックすべき設定・対処方法を解説します。

2 iPhone本体が原因だったとき、まず最初にチェックすべきこと

iPhoneの不具合が考えられる場合、まず最初に次のことを試してみましょう。

  • モバイルデータ通信がオンになっていることを確認する
  • iPhoneを再起動する

ひとつずつ詳しく見てみていきます。

2-1 モバイルデータ通信の設定を確認

iPhoneの「設定」>「モバイル通信」でモバイルデータ通信がオンになっていることを確認します。

オフになっていた場合は通信できませんので、オンにしてください。

2-2 iPhoneを再起動する

iPhoneを再起動し、電波の状況が改善されるか確認しましょう。

再起動の手順は以下の2通りあります。

  • 本体のスイッチボタンを押す
  • 「設定」から終了する

本体のスイッチボタンから終了させる

iPhone XとiPhone 8以前のバージョンでは、電源を切る手順が異なります。

iPhone Xの場合

  1. 本体の右側面にあるサイドボタンと音量ボタンを、スライダが表示されるまで押し続けます。
  2. スライダをドラッグし、iPhone Xの充電を完全に切りましょう。
  3. iPhone Xの電源が切れたら、リンゴのマークが出るまでサイドボタンを押し続けます。

iPhone8以前の場合

  1. iPhone本体の右側面または上部側面にあるサイドボタンを長押しし、スライダを表示させます。
  2. スライダをドラッグし、電源を切ります。
  3. iPhoneの電源が切れたら、リンゴのマークが出るまでサイドボタンを押し続けます。

設定画面から終了させる

iOS11以降の場合、設定画面から電源を切れるようになっています。手順は以下のとおり。

  1. 「設定」>「一般」>(画面一番下の)「システム終了」
  2. 表示されたスライダをドラッグする
  3. 電源が落ちたら、サイドボタンを長押してiPhoneを起動させる
スマホの強制終了・再起動の方法|iPhone/Androidの各機種ごとに解説

2018年12月6日発生したソフトバンク通信障害まとめ

情報元:【復旧】携帯電話サービスにおける通信障害について | モバイル | ソフトバンク

発生日時

2018年12月6日(木)午後1時39分ごろ

復旧日時

2018年12月6日(木)午後6時4分

影響地域

全国

原因

交換設備の不具合

次のページでは、再起動しても電波状況が改善しない場合の対処法をご紹介します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
iton
iton
大学1年生で初めて携帯をもつ。白黒液晶の子機タイプから始まり、J-SH02⇒NOKIA6630⇒iPhone3G⇒iPhone6s⇒iPhone7と今に至る。IT系の法人営業を12年努めたあと、ライターに。関心事は5Gと自動運転、ブロックチェーン。夫にはスマホ依存症と言われる。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ