iPhoneの「充電できない」をぱぱっと解決|簡単にできる対応策

  • 2019年3月29日
  • by 
iPhoneの「充電できない」をぱぱっと解決|簡単にできる対応策

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

日頃iPhoneを使っている方ならば、一度はバッテリートラブルを経験したことがあるのではないでしょうか。

電源に挿したまま寝たのに全然充電されていないとか、充電スピードが異様に遅いだとか。iPhoneの不具合報告の中でも、バッテリーに関するものは特に多い印象を受けます。

iPhoneのバッテリートラブルは、本体の故障なのでしょうか、それとも別の原因があるのでしょうか。

このページでは、iPhoneの充電できない問題について、よくある原因と解決方法を紹介していきます。

トップ画像引用元: iPhone XRを購入 – Apple(日本)

1 バッテリートラブルの原因を突き止めよう

画像引用元: iPhone XRを購入 – Apple(日本)

「iPhoneの充電ができない」という現象自体は同じでも、その原因が毎回同じとは限りません。まずは、なぜ充電できないのかを突き止める必要があります。

iPhoneのバッテリートラブルの主な原因は、以下のどれかであることがほとんどです。

  • iPhone本体が原因
  • 充電器が原因
  • 充電ケーブルが原因
  • 内蔵バッテリーが原因

それでは1から順番に、手軽な解決方法を紹介していきます。

1-1 iPhone本体に原因がある場合の解決方法

iPhone本体が原因のトラブルというのは、ユーザーにとっては最も避けたい自体でしょうね。完全に故障している場合、修理するか買い直す他ないでしょう。

しかし、故障とまではいかない不具合というのもスマホにはよくあることです。

iPhoneもずっと使っていると、まるで疲れたかのように動作不良を起こし、充電を受け付けなくなることがあります。

そんなときは一度電源そのものを切って、再起動してみましょう。再起動は以下の手順で行ってください。

  1. 本体横の電源ボタンを長押しする
  2. 画面上部に「スライドで電源をオフ」と出る
  3. それを右にスライドする
  4. 画面中央に表示されるクルクルが消えるまで待ち、数秒放置する
  5. 電源ボタンを長押しして再度起動させる

たったこれだけで、あらゆる動作不良が解決してしまうことが多いです。内部でメモリ(RAM)をいったんリセットできるためでしょう。

メモリ(RAM)は電源が落ちると良くも悪くも「忘れる」性質を持っています。心機一転、また頑張ってもらいましょう。

iPhoneを再起動・強制終了する方法|できない時の原因と対策

再起動してもバッテリートラブルが解決しない場合は、本体下の充電ポートにホコリなどが付着している可能性もあります。

画像引用元: iPhone、iPad、iPod touch が充電されない場合 – Apple サポート

その場合はきれいに拭き取りましょう。案外こんなことが理由だったということも少なくありません。誰でも無料でできることですから、まずはここから試してみましょう。

1-2 充電器に原因がある場合の解決方法

画像引用元: Apple 製品で Apple 製の電源アダプタ、ケーブル、電源プラグを使う – Apple サポート

バッテリートラブルは、電源アダプタに原因があることも非常に多いです。特に、純正でない電源アダプタを使っている方は、真っ先にここを疑ってみてください

iPhoneの純正品は高いですし、安い代替品がいくつも出回っているので、純正でない電源アダプタで済ましているユーザーもとても多いようです。

しかし餅は餅屋。iPhoneと一番相性のいい電源アダプタは、Appleが提供する純正の電源アダプタです。

純正品の価格は税別1,800円。

100均でも十分使える電源アダプタがそろっている時代に、割高なのは否めません。それでも、純正品を買うだけで解決できるのであれば、背に腹は代えられないところです。

電源アダプタはApple Storeから購入することができるので、「すでに失くしてしまった」という方は公式サイトから買い直しましょう。

1-3 ケーブルに原因がある場合の解決方法

画像引用元: Apple 製品で Apple 製の電源アダプタ、ケーブル、電源プラグを使う – Apple サポート

電源アダプタ同様、Lightning – USBも純正品でないがゆえに不具合の原因となることがあります。

こちらもApple Storeから購入が可能です。価格はケーブルの長さによって変わってきます。

  • 0.5mのケーブル:1,800円
  • 1mのケーブル:1,800円
  • 2mのケーブル:3,500円

価格表示はいずれも税別です。最安値でも1,800円というのは、これまた強気な価格設定と言えますね。

しかし、まずは純正品を使ってみないことには、バッテリートラブルの原因を特定できません。修理代を考えればずっと安いですから、公式サイトから購入してみましょう。

1-4 内蔵バッテリーに原因がある場合の解決方法

最後に考えられるのが、iPhoneに内蔵されているバッテリーが原因である場合です。純正品で充電してもダメなら、次にこれを疑いましょう。

内蔵バッテリーに不具合が起きている場合、小手先の操作などでは復活しません。自然な消耗なのか、故障なのか、いずれにせよ専門スタッフに見てもらうことになります。

AppleCare+に加入しているユーザーなら、購入から2年間はバッテリーを交換してもらえます。また、非加入のユーザーでも、1年以内なら保証期間内です。

遠慮なくAppleに相談するのがベストでしょう。

仮に保証期間外だったとしても、有料で交換してもらうことはできます。価格は以下通り。表示は税別です。

機種バッテリー交換価格
iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR7,800円
iPhone SE、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、および、その他すべての対象モデル5,400円

バッテリー交換をすれば、トラブルが解決するだけでなく、新品同様、電池が長持ちするようになります。

まだしばらく機種変更をする予定がなく、現在の機種を使っていこうと考えているのであれば、思い切ってバッテリー交換に踏み切ってしまいましょう!

さて、バッテリー交換でも解決しなかった場合は、いよいよiPhone本体が故障している恐れが出てきます。残念ですが、修理に出す、買い直すという他ありません。

2 本当に故障?まずは慌てずに手軽な方法で対処!

以上、iPhoneの充電できない問題に対する原因と解決策についてでした。今回のポイントは、トラブルの原因が必ずしもiPhoneの故障とは限らないことです。

「iPhoneの充電ができない!故障かも」と思った時に試すべきことを、順を追っておさらいしてみましょう。

1バッテリートラブルは、再起動や充電ポートのホコリ取りといった、すぐにできる単純な作業で直ってしまうことも珍しくありません。まずはこれらのことをお試しください。

2それでも良くならない場合は、お使いの電源アダプタやケーブルが純正でないことが原因かもしれません。純正品は高いですが、単品でそれぞれ買うこともできます。

3「再起動は試した、純正品も使っている」ということであれば、内蔵バッテリーに原因がある可能性も。これはバッテリーを交換してもらうことで解決可能です。

4上の対処法を全部試してもダメな場合は、iPhoneの故障と考えざるを得ないでしょう。修理に出したり、買い直したりする必要があります。

とはいえ、実際はバッテリー交換の際、iPhoneをスタッフに診てもらうことになるので、iPhone本体に原因がある場合は、そのときに発見してもらえる可能性が高いです。

何にせよ、「とりあえず再起動」というのは色々な場面で使えることですので、是非とも覚えておいてくださいね。

iPhoneが突然落ちて勝手に再起動を繰り返し始めた…原因と対処法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ