iPhoneのカレンダーを色分け

iPhoneのカレンダーを色分けする方法|色分けできない時の対処法も

  • 更新日:2023年9月11日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2023年9月11日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

本記事では、iPhoneの標準「カレンダー」アプリのイベントを色分けする方法と、できない時の対処法について解説します。

イベントごとに色分けすれば、ぱっと見で予定がわかりやすくなり、スケジュール管理に役立ちます。

iPhoneのカレンダーの色分け
  • カレンダーごとに色分けできる
  • 色分け用カレンダーを作成しよう
  • カレンダーごとの色はいつでも変更可能
この記事を書いた人
bitWaveの校閲・編集を担当しています。 読者目線で、早く簡単にわかりやすく、有益な情報を届けることを心がけています。

カレンダーのイベントを色分けする方法

iPhoneのカレンダーを色分け

iPhoneのカレンダーは、そのままだとイベントごとに色分けすることはできません。

そのため、色分け用のカレンダーを別途作成する必要があります。

以下の手順で色分け用カレンダーを作成できます。

  1. 「カレンダー」をタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け
  2. 「カレンダーを追加」をタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け
  3. カレンダーの名前とカラーを設定して「完了」をタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け
  4. 「完了」をタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け

これで色分け用カレンダーが作成されました。

色分け用カレンダーにイベントを追加する

それでは作成した色分け用カレンダーにイベントを追加しましょう。

  1. 右上の「+」をタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け
  2. 「カレンダー」をタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け
  3. さっき作成したカレンダーを選択してタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け
  4. イベントの内容を入力し「追加」をタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け
  5. イベントがカレンダーごとの色に分けられている
    iPhoneのカレンダーを色分け

色を増やしたい時は、必要な分だけカレンダーを増やしてください。

カレンダーの色を変更する方法

カレンダーごとの色はいつでも変更可能です。

  1. 「カレンダー」をタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け
  2. 色を変更したいカレンダーの右のマークをタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け
  3. カラーを選択して「完了」をタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け
  4. 「完了」をタップ
    iPhoneのカレンダーを色分け
  5. 色が変更されている
    iPhoneのカレンダーを色分け

色分けする方法は以上です。

他に色分けする方法も、これ以外に色分けできる箇所もありません。

そのため、例えば月表示の状態では色分けされていないので注意です。

iPhoneのカレンダーを色分け

上の画像で「19」が赤く目立っているのは、単にこの日が8月19日というだけです。

色分けできない時の対処法

Appleサポートに問い合わせ

画像引用元:お問い合わせ – Apple サポート 公式サイト

もし上の正しい手順を行っても変更できないのだとしたら、iOSまたはアプリのバグか、iPhoneの故障が原因だと考えられます。

iOSまたはアプリのバグが原因なら、待っていればアップデートなどで対応してもらえるかもしれません。

iPhoneのディスプレイの故障などが原因なら、修理してもらいましょう。

こちらの公式ページからAppleサポートに問い合わせできます。

電話番号は0120-277-535です。

不便だと感じるなら他のアプリを使おう

以上、iPhoneの標準「カレンダー」アプリのイベントを色分けする方法と、できない時の対処法についてでした。

iPhoneのカレンダーの色分け
  • カレンダーごとに色分けできる
  • 色分け用カレンダーを作成しよう
  • カレンダーごとの色はいつでも変更可能

iPhoneの標準「カレンダー」アプリでは、カレンダーごとにイベントを色分けすることができます。

これ以外の方法はありません。

もし望んでいたことができないなど不便に感じる場合は、残念ですが他のカレンダーアプリを使いましょう。