iPhoneのカレンダーを共有する方法|解除方法や共有できない時の対処法

iPhoneの標準アプリ「カレンダー」には共有機能があり、使いこなせればとても便利なアプリです。ただ誤った使い方でプライベートな情報を共有してしまうこともあり、注意が必要。本記事は共有の方法や共有できないときの対処法など、安心してカレンダーを共有する情報をお伝えします。
  • 2021年9月5日
  • by.affiprecious

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

スケジュール管理に便利なiPhoneのカレンダーアプリ。

このアプリで作成したカレンダーは、特定の相手と共有することができます。

しかし、やり方によっては自分のプライベートの予定まで共有してしまうこともあるため、使用するためにはしっかりとした知識が必要です。

本記事では、iPhoneのカレンダー共有のやり方について、注意点も含めて詳細に解説していきます。

iPhoneのカレンダー共有で知っておくべきこと
  • 共有するカレンダーは、普段使っているカレンダーと分けた方が良い
  • カレンダーの共有は相手に参加依頼を送信するだけ
  • 見知らぬアカウントから参加依頼が来たらスパムとして報告

トップ画像引用元:iOS 15 Preview – Apple

iPhoneのカレンダー共有方法

iOS 14のインターフェース

画像引用元:iOS 14 – Apple(日本)

では、iPhoneでカレンダーを共有する方法を見ていきましょう。

まずは、共有するカレンダーを作成します。

カレンダーの共有は最初からあるカレンダーでも可能ですが、自分の予定もすべて共有されてしまいます。

自分のプライベートにも深く関わる予定を共有してしまわないためにも、カレンダーを別に作成しておくことをおすすめします。

  1. iPhoneのホーム画面からカレンダーアプリをタップ
    iPhoneカレンダー
  2. 画面下部の「カレンダー」をタップ
    iPhoneカレンダー
  3. 画面左下の「カレンダーの追加」をタップ
    iPhoneカレンダー
  4. 今回は共有するカレンダーの名前とカラーを作成。作成後は「完了」をタップする
    iPhoneカレンダー
  5. 前の画面に戻ると、作成した共有用のカレンダーが表示されている
    iPhoneカレンダー

このカレンダーのカラーは赤なので、共有する内容もカレンダーに赤で表示されます。

共有用のカレンダーを相手に共有する方法

次は、共有用カレンダーを相手に共有する方法です。

上の操作の続きから、カレンダーの共有を行います。

  1. 作成した共有カレンダーの右にある「i」アイコンをタップ
    iPhoneカレンダー
  2. 「人を追加」をタップ
    iPhoneカレンダー
  3. 枠内の「+」アイコンをタップし、共有したい相手を選択して「追加」をタップ
    iPhoneカレンダー
  4. 相手のiPhoneやiPadにカレンダーへの参加依頼が送信される

    参加依頼を出した相手のiPadの画面

    iPhoneカレンダー

    参加依頼を受信すると、カレンダーアプリを起動しただけで出席依頼が表示される。カレンダーを共有する場合は「カレンダーに参加」をタップ。

  5. カレンダー一覧に共有したカレンダーが表示される
  6. iPhoneカレンダー

共有カレンダーはリアルタイムで予定が反映されます。相手が予定を変更すると即座に反映されますよ。

カレンダーの共有を解除する方法

次に、共有したカレンダーの解除方法について解説します。

カレンダーの共有解除は、基本的に共有カレンダーを作成した人が行います。

  1. カレンダーの一覧から、共有カレンダーの右にある「i」アイコンをタップ
    iPhoneカレンダー
  2. 共有相手の右側にある「表示と編集」をタップ
    iPhoneカレンダー
  3. 「共有を停止」をタップ。これで相手との共有が解除される。
    iPhoneカレンダー
  4. 共有カレンダーの編集画面

    表示されていた共有相手が消えている。
    iPhoneカレンダー

    共有カレンダーに参加していたiPadの画面

    共有カレンダーが表示されない。
    iPhoneカレンダー

これまで見てきたとおり、共有相手の解除はユーザー単位で指定することができます。共有のオンオフが柔軟にできますよ。

カレンダーを共有できない場合の対処方法

iPhoneのカレンダーは簡単に共有できます。

しかし、時には共有がうまくいかない事もあるでしょう。

特に多いのは、共有カレンダーの参加依頼が来ないトラブルです。

その場合は、参加依頼を再送信してみてください。

  1. カレンダーの一覧から、共有カレンダーの右にある「i」アイコンをタップ
    iPhoneカレンダー
  2. 共有相手の右側にある「表示と編集」をタップ
    iPhoneカレンダー
  3. 「参加依頼を再送信」をタップ
    iPhoneカレンダー

相手側に参加依頼が送信されれば、カレンダーを共有することができます。

それでもカレンダーを共有できない場合

上の方法を試しても共有できない場合は、以下4つの方法を上から順に試してみてください。

カレンダーが共有できない場合に試したい方法
  • カレンダーアプリを再起動する
  • 端末を再起動する
  • iOSのバージョンを最新のものにアップデートする
  • 端末の空き容量を確認する

3つ目の方法を試した時点で、大抵の不具合は解決するはずです。

それでも共有できないのであれば、端末の空き容量不足が疑われます。設定アプリからストレージの状態を確認してみてください。

知らない人からのカレンダーの参加依頼には要注意!

カレンダーの共有は非常に便利な機能ですが、使用する際は十分に注意してください。

2020年7月頃から、カレンダーの共有機能を悪用したスパムが多数報告されています。

共有依頼に「参加」すると、カレンダー上にわけのわからないイベントがたくさん表示されるスパムです。

知らないアカウントから「カレンダーへの参加依頼」が来たときは注意してください。そのカレンダーには「参加」せず、「スパムとして報告・・・」をタップして、あとは無視しましょう。

参加依頼を送ってきたアカウントが知り合いかもしれない場合は、相手に連絡を取ってからカレンダーに「参加」してください。

いずれにしても、知らないアカウントから送られてきた参加依頼には、慎重に対処するのがベストです。

普段からカレンダー共有を利用していると、あまり深く考えずに「参加」をタップしてしまいがちですが、2021年の今でもこのようなスパムの報告は尽きません。

自分の身を守るためにも、安易な「参加」は避けるようにしましょう。

iPhoneのカレンダーはかんたん操作で便利!

本記事では、iPhoneのカレンダーの共有方法について解説しました。

iPhoneのカレンダー共有で知っておくべきこと
  • 共有するカレンダーは、普段使っているカレンダーと分けた方が良い
  • カレンダーの共有は相手に参加依頼を送信するだけ
  • 見知らぬアカウントから参加依頼が来たらスパムとして報告

簡単操作で便利なiPhoneのカレンダーアプリ。しかし、共有するカレンダーは新たに作成することをおすすめします。

また、共有機能を利用したスパムも多発しているため、知らないアカウントからの参加依頼には注意してください。

参加依頼を送ってきた相手が知人かどうか、しっかり確認するようにしましょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。