iPhone 11の予約をキャンセルする方法|ドコモ・au・ソフトバンク対応

iPhone 11の予約をキャンセルする方法|ドコモ・au・ソフトバンク対応

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 11の予約が始まり、9月20日の発売が目前に迫っています。

予約をしたものの、やっぱり購入を見送ろうと考える人もいると思います。

金銭的な問題もあれば、実機を見て「思っていたものと違う」と感じる場合もあるでしょう。

iPhoneの予約は自由にキャンセルすることが可能です。

もちろん、キャンセル料なども一切発生しませんし、余程怪しい行動をしなければ今後の購入に支障が出ることもありません

※過度に予約とキャンセルを繰り返す、一度に大量の台数を予約するなどの行動をすると、自動的にキャンセルになってしまうことがあるようです。

では、iPhone 11の予約はどのようにキャンセルすれば良いのでしょうか。

iPhone 11の予約をキャンセルするにはどうすれば良い?
  • ドコモ・au・ソフトバンクのオンラインショップで予約した場合はそれぞれで予約キャンセルが可能
  • ショップ予約もショップに連絡を入れれば良い
  • Apple Storeの場合も同様にオンラインショップでキャンセルが可能
  • 放置していても自動キャンセルとなる場合がほとんどなので、放置しても問題ない

今回は、ドコモ・au・ソフトバンクとApple Store別にiPhone 11の予約をキャンセルする方法について解説していきます。

最初に動画で『auでiPhone 11の予約をキャンセルする方法』を紹介します。

他のキャリアも同じような手順ですので参考に。

それでは、それぞれの方法を詳しく解説していきます。

トップ画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

iPhone 11の予約をキャンセルする方法【オンラインショップ編】

iPhone11

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

まず、iPhone 11の予約をキャンセルする方法について解説します。

この章では、ドコモ・au・ソフトバンクとApple Storeのオンラインショップでのキャンセル方法について紹介します。

基本的には複雑な手続きではありませんが、キャンセル時に必要なIDや番号があるので、確認しておいてください。

契約形態ドコモauソフトバンク
機種変更dアカウント
パスワード
au ID
パスワード
My SoftBank
のアカウントとパスワード
新規・MNP受付番号
ネットワーク暗証番号
予約番号
パスワード
予約番号
登録メールアドレス

ドコモでのキャンセル

ドコモの場合は下記の通りです。

  1. ドコモオンラインショップにアクセス
  2. 「申し込み履歴の確認」にアクセス
  3. 契約種別に合わせてログイン
  4. 「詳細・変更・キャンセル」を選ぶ
  5. 予約をキャンセル
  6. 完了

ドコモでの機種変更の場合には、dアカウントが必要になります。

新規や乗り換えの場合は、予約完了メールに記載されている受付番号とネットワーク暗証番号が必要になります。

予約完了メールにしか記載されていない番号なので、必ず予約完了メールは保管しておきましょう。

auでのキャンセル

auの場合は下記の通りです。

  1. auオンラインショップにアクセス
  2. 「ご注文履歴」にアクセス
  3. 契約種別に合わせてログイン
  4. 「ご予約のキャンセル」を選ぶ
  5. 予約をキャンセル
  6. 完了

auでの機種変更の場合には、au IDが必要になります。

新規や乗り換えの場合も、予約番号が必要となるので、必ず予約完了メールは保管しておくようにしましょう。

ソフトバンクでのキャンセル

ソフトバンクの場合は下記の通りです。

  1. ソフトバンクオンラインショップにアクセス
  2. 「ご利用ガイド」を選択
  3. 「ご購入の流れ・お手続きメニュー」を選択
  4. 「お申し込み内容の確認・変更」を選択
  5. 契約種別に合わせてログイン
  6. 「予約をキャンセル」を選択
  7. 予約をキャンセル
  8. 完了

実際に予約キャンセルまでの手順を操作していますが、ソフトバンクが予約キャンセルまでの道のりが複雑でした。

機種変更の場合は、My SoftBankのアカウントが必要となります。

新規や乗り換えの場合も、予約番号が必要になるので注意しましょう。

Apple Storeの場合

Apple Storeの場合は下記の通りです。

  1. Apple Storeにアクセス
  2. バッグのアイコンをタップして「ご注文」を選択
  3. Apple IDでログインまたは注文番号とメールアドレスで検索
  4. 予約をキャンセルする
  5. 完了

Apple IDでログイン、または注文番号とメールアドレスによる照会が必要となります。

アプリ版のApple Storeであれば、使っているiPhoneにログインしているApple IDで自動ログインが可能です。

手間の少なさで言うと、ウェブサイトのオンラインショップよりアプリ版の方が良いかもしれません。

機種変更の場合はそれぞれのキャリアのIDが必要

それぞれのキャリアの章でも述べましたが、機種変更の場合はそれぞれのキャリアのIDが必要となります。

それぞれ必要なID
  • ドコモはdアカウント
  • auはau ID
  • ソフトバンクはMy SoftBankのアカウント

予約する時点でログインが必要なので問題ないかと思いますが、絶対にIDとパスワードを忘れないようにしましょう。

尚、dアカウントについてはドコモユーザー以外の人も作ることができます。

ドコモを使う前に作っていたdアカウントだと、ドコモの回線に紐づいていない可能性もあるのでしっかりと事前に確認をしてください。

新規や乗り換えの場合は注文番号が必要

新規や乗り換えの場合は、注文番号が必要となります。

キャリアによっては「受付番号」だったり、発売前ですと今回の説明にあるように「予約番号」となる場合もあります。

これらは予約完了メールに記載されています。

また、予約完了後に表示される画面にも記載されていると思うので、スクショを撮って保管しておきましょう。

そうすれば、予約完了メールを捨ててしまった時にも、スクショで確認することができます。

さらに、キャリアによってはパスワードやネットワーク暗証番号の設定が必要になる場合もあるので、設定した後は必ず忘れないようにしてください。

iPhone 11予約完了の確認方法|受け取ってMNP予約番号発行はこの後

次のページでは、ショップ(店舗)でiPhone 11の予約をキャンセルする方法について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ