iPhone 13の予約をキャンセルする方法【ドコモ・au・ソフトバンク・楽天】

  • 2021年9月17日
  • by.nuko

iPhone11-11-Pro比較

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

まもなく登場すると話題のiPhone 13の予約を検討している方も多いのではないでしょうか?

iPhone 13の予約は、いつでも自由にキャンセルできます。

もちろんキャンセル料は一切発生しませんし、一般的な使い方であれば今後の購入に支障が出ることもありません。

※過度に予約とキャンセルを繰り返すと、自動的にキャンセルになってしまうことがあるようです。

また、予約した色・容量を変えたくなった場合は、1度予約をキャンセルして予約し直しになります。

そこで今回は、ドコモ・au・ソフトバンクとApple Store別に、まもなく登場のiPhone 13の予約をキャンセルする方法について解説します。

関連記事

発売日に受け取るコツを知りたい iPhone13の予約がスムーズにできるか不安 少しでもお得にiPhone13を予約したい このような人に向けて、iPhone13・iPhone13 mini・iPhone13 P[…]

iPhone 13の予約方法
iPhone 13の予約キャンセルのポイント
  • オンライン・店舗共にキャンセル可能
  • 機種変更はID・パスワードでログインしてキャンセル
  • 新規・乗り換えは注文番号でキャンセル
  • キャリアは本申し込みをしないと自動キャンセルされる
  • Apple Storeは支払い方法で自動キャンセル有無が異なる
クリックでジャンプできます

iPhone 13の予約キャンセルに必要なもの

iPhoneSE2
まずは、iPhone 13の予約キャンセルに必要なものを解説します。

基本的には複雑な手続きではありませんが、キャンセル時に必要なIDや番号があるので、確認しておいてください。

iPhone 13の予約キャンセルに必要なもの

キャリア/契約体系機種変更新規・MNP
ドコモdアカウント受付番号
ネットワーク暗証番号
auau ID予約番号
パスワード
ソフトバンクSoftbank ID予約番号
登録メールアドレス

新規や乗り換えの場合は注文番号が必要

新規や乗り換えの場合は、予約した際に発行される「注文番号」が必要となります。

キャリアによっては「受付番号」だったり、発売前は「予約番号」となる場合もあります。

これらは予約完了メールに記載されています。

また、予約完了時に表示される画面にも記載されるので、スクショを撮って保管しておきましょう。

そうすれば、予約完了メールを捨ててしまった時にも、スクショで確認することができます。

さらに、キャリアによってはパスワードやネットワーク暗証番号の設定が必要になる場合もあるので、設定した後は必ず忘れないようにしてください。

機種変更の場合はそれぞれのキャリアのIDが必要

それぞれのキャリアの章でも述べましたが、機種変更の場合はそれぞれのキャリアのIDが必要となります。

それぞれ必要なID
  • ドコモはdアカウント
  • auはau ID
  • ソフトバンクはMy SoftBankのアカウント

予約する時点でログインが必要なので問題ないかと思いますが、絶対にIDとパスワードを忘れないようにしましょう。

なお、dアカウントについてはドコモユーザー以外の人も作ることができます。

ドコモを使う前に作っていたdアカウントだと、ドコモの回線に紐づいていない可能性もあるのでしっかりと事前に確認をしてください。

iPhone 13の予約をキャンセルする方法【オンラインショップ編】

iPhoneSE2 外箱
ドコモ・au・ソフトバンクとApple Storeのオンラインショップでのキャンセル方法について紹介します。

それぞれのキャンセル手順を確認してきましょう。

クリックでジャンプできます

ドコモオンラインショップの場合

docomo tv terminal 16

画像引用元:ドコモオンラインショップ

ドコモオンラインショップでiPhone 13をキャンセルする場合、以下の3つが必要です。

ドコモのiPhone 13のキャンセルに必要なもの
  • dアカウント
  • 受付番号(予約完了メールに記載)
  • ネットワーク暗証番号

では手順を見ていきましょう。

手順1:ドコモオンラインショップにアクセスして画面左上の「≡」をタップ

ドコモオンラインショップのホーム画面にアクセスし、画面左上の「≡」をタップ

手順2:メニュー最上段の「購入履歴」をタップ

メニューから「購入履歴」をタップ

手順3:「商品予約」を選び「dアカウントでログイン」をタップ

「商品予約」を選び「dアカウントへログイン」をタップ

手順4:予約時に利用したdアカウントでログインし、「詳細・変更・キャンセル」から手続きを続ける

iPhoneの予約時に利用したdアカウントのIDでログイン

上にも書いているとおり、ドコモでの機種変更の場合には、dアカウントが必要になります。

新規や乗り換えの場合は、予約完了メールに記載されている受付番号とネットワーク暗証番号が必要になります。

予約完了メールにしか記載されていない番号なので、必ず予約完了メールは保管しておきましょう。

auオンラインショップの場合

auロゴ

画像引用元:【au Online Shop】 au製品の通販 オンラインショップ

auの場合は下記の通りです。

機種変更の場合は予約したau IDを利用しているスマホでアクセスすると、自動的にログインするので簡単です。

  1. auオンラインショップにアクセスしてカートアイコンをタップ
    機種変更するスマホで auオンラインショップの画面右上にあるカートアイコンをタップ
  2. 「ご注文履歴」をタップ
    「ご注文履歴」をタップ
  3. 契約種別を選択して「ログイン」または「ご注文番号の入力へ進む」をタップ
    「新規または他社から乗換え(MNP)で~」(赤枠)のチェックをオンにして、画面下部の「ご注文番号の入力へ進む」をタップ
  4. 「au IDでログイン」をタップ
    または注文番号とパスワードを入力して「ご注文履歴を表示する」をタップ
    予約時に取得した注文番号と、設定したパスワードを入力し、「ご注文履歴を表示する」をタップ
  5. 「ご予約のキャンセル」を選ぶ
  6. 予約をキャンセル

機種変更の場合には、au IDでログインが必要になります。

新規や乗り換えの場合も、予約番号と予約時に決めたパスワードが必要となるので、必ず予約メールは保管しておくようにしましょう。

ソフトバンクオンラインショップの場合

ソフトバンクのロゴ

画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクの場合は下記の通りです。

  1. ソフトバンクオンラインショップのホーム画面で「≡」をタップ
    ソフトバンクオンラインショップのホーム画面にで「≡」をタップ
  2. 「ご利用ガイド」→「ご利用ガイドトップ」をタップ
    「ご利用ガイド」→「ご利用ガイドトップ」をタップ
  3. 「お申し込みの確認・キャンセル」→「お申し込み内容の確認」をタップ
    「お申し込みの確認・キャンセル」→「お申し込み内容の確認」をタップ
  4. 「移動機」をタップ
    「移動機」をタップ
  5. 「機種変更」「新規契約・MNP」から該当する方を選ぶ
    「機種変更」「新規契約・MNP」から該当する方を選ぶ
  6. 予約番号やメールアドレスを入力して「次へ進む」をタップ
    予約番号やメールアドレスを入力して「次へ進む」をタップ
  7. 「予約をキャンセル」を選択
  8. 画面に従い予約をキャンセル

ソフトバンクは予約キャンセルまでの道のりが少し複雑です。

途中で「お申し込み内容の変更・キャンセル」という項目があります。

しかし、こちらに進むと変更方法などの解説中心で、申し込み履歴の表示までの道のりが長くなってしまいます。

なお、機種変更の場合は、My SoftBankのアカウント、新規や乗り換えの場合は予約番号と予約時に登録したメールアドレスが必要になるので注意しましょう。

楽天モバイルの場合

楽天モバイル
楽天モバイルのキャンセルは製品受け取り前キャンセルのお手続きを進めることになります。

  1. 製品受け取り前キャンセルのお手続きのフォームを記入
  2. 楽天モバイルにてキャンセル内容の確認
  3. 数日以内に入力したメールアドレスにキャンセル完了の連絡

キャンセルには申込番号が必須です。

予約時に受領したメールなどに書かれているので、紛失しないようにしましょう。

Apple Storeの場合

アップルイベント20209月

画像引用元:Apple(日本)

Apple Storeの場合は下記の通りです。

  1. Apple Storeにアクセス
  2. バッグのアイコンをタップして「ご注文」を選択
  3. Apple IDでログインまたは注文番号とメールアドレスで検索
  4. 予約をキャンセルする
  5. 完了

Apple IDでログイン、または注文番号とメールアドレスによる照会が必要となります。

アプリ版のApple Storeであれば、使っているiPhoneにログインしているApple IDで自動ログインが可能です。

手間の少なさで言うと、ウェブサイトのオンラインショップよりアプリ版の方が良いかもしれません。

iPhone 13の予約をキャンセルする方法【ショップ編】

ドコモショップ実店舗
次に、ドコモ・au・ソフトバンクのショップでiPhone 13の予約をキャンセルする方法について解説します。

  1. 予約したショップに連絡をする
  2. 予約キャンセルの旨を伝える
  3. 完了

ショップでの予約キャンセルは、基本的にショップに連絡すればすぐにキャンセルできます。

ただし、誤ってキャンセルをするのを防ぐために、ショップに来るように求められる場合があるようです。

筆者もキャリアショップで働いていたのでわかりますが、予約をキャンセルした方が、「何で在庫の連絡をして来ないんだ!」と怒ってきたことがあります。

さすがに理不尽過ぎますし、そのようなことは少ないとは思いますが、リスクヘッジのためにショップに来ることを徹底している場合もあるでしょう。

その場合は、予約しているショップに直接行って予約のキャンセルを行ってください。

iPhone 13の予約キャンセル方法
  • オンラインショップの場合はキャリアのIDまたは注文番号で予約状況を照会する
  • ショップの場合はショップに連絡をすればすぐにキャンセルが可能
  • 新規や乗り換えの場合は必ず注文番号が必要になるので、予約完了メールは絶対に捨てないようにする
  • Apple Storeの場合はApple IDを事前に持っていると便利

本申し込みをしないと予約は自動キャンセルされる

iPhoneSE2開封
次に、自動キャンセルについて解説します。

予約のキャンセル方法について解説してきましたが、正直キャンセルしなくても自動的に予約をキャンセルさせる方法はあります。

その方法はとても簡単で、入荷連絡が来ても本申し込みをせず、ただ放置するだけです。

「iPhone 13の購入を取り止めるけど手続きが面倒…」

そんな方は、自動キャンセルに任せてもいいかもしれません。

ただし、予約したiPhone 13の色や容量を変更する際には、予約をキャンセルしてから再度予約・注文する必要があります。

また、事前に予約をキャンセルすることで、自分に割り当てられていた在庫が予約待ちしている人にスムーズに渡ります。

iPhoneは入荷待ちが長くなりがちな機種なので、予約が不要になったら、できるだけキャンセル手続きを行いましょう。

キャリア自動キャンセルになるまでの日数
(本申込みメール受信後)
ドコモ7日
au3日
ソフトバンク4日

ドコモの場合

docomo tv terminal 16

画像引用元:ドコモオンラインショップ

ドコモの場合は、本申込メールを受信してから7日後に自動キャンセルになります。

そのため、本申込メールが届いても7日間何もしなければそのままキャンセルさせることができます。

ただ、ドコモはキャリアの中で本申し込みまでの猶予が1番長く設定されています。

その分、キャンセルしないと入荷待ちの人に在庫が渡るのが遅くなるので、iPhone 13の予約が不要になったら手動でキャンセル手続きするようにしましょう。

auの場合

auロゴ

画像引用元:【au Online Shop】 au製品の通販 オンラインショップ

auはキャリアの中では1番短く、本申込メールを受信してから3日後に自動キャンセルとなります。

そのため、自動キャンセルしたい人であればすぐにキャンセルすることが可能です。

ただし、事情があって本申込メールが届いてからすぐに本申込の手続きができない人は、期間が短いので注意が必要です。

少なくとも2日以内には本申込の手続きをするようにしましょう。

ソフトバンクの場合

ソフトバンクのロゴ

画像引用元:ソフトバンク

ソフトバンクの場合は、本申込メールに申し込み期限が記載されていますが、概ね4日後に自動キャンセルとなります。

auと同じようにかなり短めに期間が設定されているので、本申込をする予定の人は気をつけてください。

逆に、自動キャンセルをしたい人は、4日ほど待てば自動的にキャンセルすることになります。

Apple Storeの場合は支払い方法によって注意が必要

アップルイベント20209月

画像引用元:Apple(日本)

Apple Storeの場合は、支払い方法によってキャンセルの有無が異なります。

Apple Storeの場合は、ただiPhone 13を購入するだけなので、キャリアのように在庫確保後に回線契約をする必要がありません。

そのため、在庫が確保できた時点で支払い方法によっては自動決済となってしまいます。

つまり、Apple Storeで予約をした場合は、自分が設定した支払い方法に合わせて事前にキャンセルをすべきか、放置しても問題ないか判断する必要があります。

コンビニ振り込みと銀行振り込みの場合

コンビニ振り込みと銀行振り込みは、iPhone 13を購入する前に事前に入金する必要があります。

基本的に在庫確保のメールが届いてから入金となりますが、メールを受信してから14日以内に何もしなければ自動キャンセルとなります。

そのため、コンビニ振り込みと銀行振り込みに関しては、放置して自動キャンセルが可能ということになります。

クレジットカード支払いの場合

一方でクレジットカード決済の場合は、在庫確保ができた時点で自動決済となってしまいます。

そのため、予約をキャンセルしたいと思った時にはすぐにキャンセルを入れるべきでしょう。

なお、自動決済でiPhone 13が自宅に届いた場合は、14日以内であれば返金と返品が可能です。

ただし、iPhone 13の変更やクレジットカードへの返金処理待ちなど手間も時間もかかるので、できれば事前にキャンセルするべきです。

iPhone 13の予約が不要になったらキャンセルしよう

今回はiPhone 13の予約をキャンセルする方法について解説しました。

iPhone 13のキャンセルは、オンラインショップでもキャリアショップでも簡単な手続きでできます。

iPhone 13のキャンセル方法
  • オンラインショップの場合は購入履歴からキャンセル
  • ショップの場合はショップに連絡をすればすぐにキャンセルが可能
  • 新規や乗り換えの場合は注文番号が必要になる
  • Apple Storeの場合はApple IDを事前に持っていると簡単

また、キャリアでiPhone 13を予約した場合は、本申し込みメールを放置すると自動キャンセルになります。

Apple Storeはクレジットカード払いだと自動キャンセルできないので、キャンセルが必要になった際は注意しましょう。

iPhone 13の予約キャンセルのポイント
  • オンライン・店舗共にキャンセル可能
  • 機種変更はID・パスワードでログインしてキャンセル
  • 新規・乗り換えは注文番号でキャンセル
  • キャリアは本申し込みをしないと自動キャンセルされる
  • Apple Storeは支払い方法で自動キャンセル有無が異なる

ただし、色や容量を変更したい場合には、予約をキャンセルして申し込みし直す必要があります。

iPhone 13は予約順に入荷するので、予約し直す場合はいち早くキャンセルして、再度オンラインショップで予約・注文をしましょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います!