iPhoneのクイックスタートができない|考えられる原因と対処法

  • 2021年6月8日
  • by.araki

iPhone 12 Pro Max 実機レビュー8

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事では、iPhoneのクイックスタートができない原因と対処法について解説します。

クイックスタートはiPhone同士を近づけるだけでデータ転送ができる非常に便利な機能です。

しかし、特定の条件を満たしていないと使うことができません。

クイックスタートできない主な5つの原因

クイックスタート

画像引用元:クイックスタートを使って新しい iPhone、iPad、iPod touch にデータを転送する – Apple サポート

iPhoneのクイックスタートができない原因は、そこまで多岐に渡るものではありません。

主な原因としては5つ考えられます。

クイックスタートできない主な原因
  • 転送先のiPhoneが工場出荷時の状態でない
  • どちらかのiPhoneがiOS 12.4以降でない
  • 転送元のiPhoneがBluetoothオフになっている
  • 転送先のiPhoneのストレージが足りない
  • iPhoneが故障している

原因1:転送先のiPhoneが工場出荷時の状態でない

iPhone 12 mini
初めてクイックスタートする人に多いミスが、新しく購入した転送先のiPhoneの初期設定をすでに済ませてしまい、工場集荷時の状態でなくなっていることです。

クイックスタートは、転送先のiPhoneが工場出荷時の状態でないとできません。

もしすでに初期設定を済ませてしまったのであれば、リセットして工場出荷時の状態に戻しましょう。

この原因の対処法

以下の手順でiPhoneを工場出荷時の状態に戻せます。

  1. 「設定」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処01
  2. 「一般」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処02
  3. 「リセット」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処03
  4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処04
  5. iCloudにバックアップを作成する必要がないなら「続ける」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処05
  6. 問題ないなら「今すぐ消去」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処06
  7. パスコードを入力して完了
    クイックスタートできない原因に対処07

クイックスタートでデータ転送するなら、iCloudにデータをバックアップする必要はないと思います。

原因2:どちらかのiPhoneがiOS 12.4以降でない

iOS 13

画像引用元:iOS 13 – Apple(日本)

クイックスタートは、両iPhoneがiOS 12.4以降である必要があります。

iOS 12.4以降には、2013年に発売されたiPhone 5s以降の機種が対応しています。

iPhone 5sより古い機種を使っている場合クイックスタートは使えません。

この原因の対処法

もしiPhone 5s以降の機種でiOS 12.4以降にアップデートしていないなら、アップデートしましょう。

  1. 「設定」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処01
  2. 「一般」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処02
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処08

iOS 12.4以降でないならアップデートの案内がありますので、画面に従って「ダウンロードとインストール」からアップデートを行ってください。

転送先のiPhoneをアップデートした後は、リセットで工場出荷時の状態にしましょう。

原因3:転送元のiPhoneがBluetoothオフになっている

Bluetooth

画像引用元:Bluetooth – Wikipedia

クイックスタートはBluetoothがオンの状態でないとできません。

転送先のiPhoneは工場出荷時の状態で問題ありませんので、転送元のiPhoneのBluetoothがオフになっていないか確認しましょう。

この原因の対処法

転送元のiPhoneのBluetoothがオフになっているのならオンにします。

  1. 「設定」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処01
  2. 「Bluetooth」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処09
  3. 「Bluetooth」のスイッチをオンに変更
    クイックスタートできない原因に対処10

原因4:転送先のiPhoneのストレージが足りない

クイックスタートできない原因に対処11
クイックスタートが始まっても、転送先のiPhoneのストレージが足りなければデータの転送まではできません。

例えば転送先のiPhoneのストレージは64GBなのに、転送元には100GBもデータがあるような場合です。

転送元のiPhone内のデータ量は以下の手順で確認できます。

  1. 「設定」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処01
  2. 「一般」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処02
  3. 「iPhoneストレージ」をタップ
    クイックスタートできない原因に対処12

この原因の対処法

転送先のiPhoneにも収まるくらいまで、転送元のiPhoneのデータを削除しましょう。

画像などをiCloud等にバックアップしたり、パソコンのHDDやSSDに移したりする手もあります。

クラウドサービスならスムーズな移行も可能なので、検討してみるといいでしょう。

原因5:iPhoneが故障している

アイフォン画像

ここまであげたことが原因ではないのなら、iPhoneが故障しているのかもしれません。

iPhoneの故障は誰にでも起こり得るトラブルです。

この原因の対処法

Appleか正規サービスプロバイダにiPhoneを診断してもらい、必要ならば修理しましょう。

AppleCare+ for iPhoneに加入していれば料金は12,900円です。

そうでなければ、料金は機種によって異なります。

iPhoneの修理料金
  • iPhone 12 Pro Max:71,280円
  • iPhone 12 Pro:65,780円
  • iPhone 12:52,580円
  • iPhone 12 mini:47,080円
  • iPhone 11 Pro Max:71,280円
  • iPhone 11 Pro:65,780円
  • iPhone 11:47,080円
  • iPhone XS Max:71,280円
  • iPhone XS:65,780円
  • iPhone XS Max:65,780円
  • iPhone X:47,080円
  • iPhone XR:47,080円
  • iPhone 8 Plus:47,080円
  • iPhone 8:40,040円
  • iPhone 7 Plus:40,040円
  • iPhone 7:36,0800円
  • iPhone 6s Plus:39,380円
  • iPhone 6s:35,970円
  • iPhone 6 Plus:39,380円
  • iPhone 6:35,970円
  • iPhone SE(第 2 世代):33,440円
  • iPhone SE:33,440円
  • iPhone 5s:33,440円

また、Apple製品限定保証またはAppleCare+の保証対象だと認められれば無料で対応してもらえます。

転送先のiPhoneは初期設定しないこと!

以上、iPhoneのクイックスタートができない原因と対処法についてでした。

クイックスタートできない主な原因
  • 転送先のiPhoneが工場出荷時でない
  • どちらかのiPhoneがiOS 12.4以降でない
  • 転送元のiPhoneがBluetoothオフになっている
  • 転送先のiPhoneのストレージが足りない
  • iPhoneが故障している

初めてクイックスタートする人にもっとも多いミスが、新しく購入したiPhoneの初期設定を先に済ませてしまっていることです。

その場合はiPhoneをリセットして、工場集荷時の状態にしてください。

iPhoneのクイックスタート機能で初期設定を一気に終わらせる方法

ドコモ・au・ソフトバンクは公式オンラインショップを利用すれば事務手数料不要でショップ(店舗)よりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。