iPhone比較|値段/サイズ/スペックで歴代モデルを比べてみた【2021年】

歴代iPhoneの価格・サイズ・デザイン・スペック・発売日の比較表を作りました!歴代とは、最新のiPhone 12シリーズからiPhone 3Gまでです。さらにApple・ドコモ・au・ソフトバンクでの価格も表にして比較しました。iPhoneの調べ物をしてる方にも役立つこと間違いなしです。
  • 2021年4月17日
  • by.araki

iPhone 比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、iPhoneの歴代モデルを比較します。

最新のiPhone 12シリーズから古くはiPhone 3Gまで、iPhoneの歴史を一通り学べるよう構成しました。

また現在発売中のiPhoneについては、価格からスペックまで掘り下げて解説しています。

自分にぴったりなiPhoneはどれなのか、買い替えの参考としてもご覧ください!

※このページの価格表記は全部税込みです。

歴代iPhoneシリーズの価格を比較

歴代アイフォンバーガー

会社にあった歴代のiPhoneたちを重ねて写真撮ってみました。あれ…iPhone 6s Plusなくね!?

いや待て…順番的に変だぞ…これ画像にiPhone 6 Plusって書いてあるけどiPhone 6s Plusちゃうか…だから実質ないのiPhone 6 Plusちゃうか…?

謎のは謎のままにします。ミステリアス!

ドコモオンラインショップのiPhoneの価格

ドコモ

ここからは3キャリアの価格を見ていきましょう。まずはドコモから。

ドコモオンラインショップで購入できるのは、iPhone 12シリーズの4機種と、iPhone SE(第2世代)の計5機種です。

モデル/容量64GB128GB256GB512GB
iPhone12 mini87,912円95,832円110,088円-
iPhone12101,376円109,296円123,552円-
iPhone12 Pro-129,096円142,560円169,488円
iPhone12 Pro Max-142,560円156,024円182,952円
iPhone SE57,024円62,568円75,240円-

iPhone 11以下は、現在ドコモオンラインショップでは取り扱いをやめています。

すでにiPhone一覧にも表示されていません。

auオンラインショップのiPhoneの価格

au

続いてauです。

auオンラインショップではiPhone 12シリーズの4機種とiPhone SE(第2世代)に加えて、iPhone 11 Proも取り扱っています。

モデル/容量64GB128GB256GB512GB
iPhone 12 Pro Max-141,900円155,150円181,540円
iPhone 12 Pro-127,495円140,750円168,170円
iPhone 12103,430円108,260円122,435円-
iPhone 12 mini90,065円95,240円109,305円-
iPhone SE55,270円61,250円75,215円-
iPhone 11 Pro117,515円-135,140円-

しかしiPhone 11やiPhone 11 Pro Maxは取り扱われておらず、iPhone一覧にも表示されていません。

ソフトバンクオンラインショップのiPhoneの価格

ソフトバンク

今回の話とは関係ないですが、ソフトバンクは国内で最初にiPhoneを取り扱ったキャリアでもありましたね。

確か2008年7月11日にiPhone 3Gが発売されたはずです。

そんなソフトバンクですが、ソフトバンクオンラインショップでは最新のiPhone 12シリーズの4機種、iPhone SE(第2世代)と、iPhone 11シリーズも3機種すべて取り扱っています。

モデル/容量64GB128GB256GB512GB
iPhone 12 Pro Max-151,920円166,320円194,400円
iPhone 12 Pro-137,520円151,920円180,000円
iPhone 12110,880円116,640円131,040円-
iPhone 12 mini96,480円102,960円116,640円-
iPhone SE57,600円64,080円78,480円-
iPhone 11 Pro Max132,480円-149,760円174,240円
iPhone 11 Pro118,080円-135,360円159,840円
iPhone 1182,800円87,840円108,000円-

iPhone 11 Pro Maxが新品で購入できるのは、今では本当に珍しいです。

Apple公式サイトのiPhoneの価格

最後に、Apple公式サイトでの価格です。

格安SIMで運用するならApple公式サイトApple公式サイトでSIMフリーiPhoneを買うのが主流です。

ahamo、povo、LINEMOのようなオンライン専用ブランド/プランのユーザーも、これからはApple公式サイトのお世話になることが多くなるでしょう。

モデル/容量64GB128GB256GB512GB
iPhone 12 Pro Max-129,580円141,680円165,880円
iPhone 12 Pro-117,480円129,580円153,780円
iPhone 1294,380円99,880円111,980円-
iPhone 12 mini82,280円87,780円99,880円-
iPhone SE49,280円54,780円66,800円-
iPhone 1171,280円76,780円88,880円-
iPhone XR60,280円65,780円--
購入Apple 公式サイトApple 公式サイト

3キャリアでは取り扱っていないiPhone XRを、Apple Storeではまだ取り扱っているのが以外ですね

iPhone 12シリーズやiPhone SE(第2世代)などの価格がキャリアより安いことも注目ポイントです。

格安SIMのiPhoneの価格

格安SIMからもiPhoneが販売されていることがあります。

ここではその中から一例を紹介します。

格安SIM機種容量価格
ワイモバイルiPhone 1264GB
110,880円
128GB116,640円
256GB131,040円
iPhone 12 mini64GB96,480円
128GB102,960円
256GB116,640円
UQモバイルiPhone SE(第2世代)64GB43,560円
128GB55,440円
mineoiPhone SE(第2世代)64GB51,480円
128GB57,024円
256GB69,168円
iPhone 1164GB73,392円
128GB78,936円
256GB91,080円
iPhone XR64GB71,280円
128GB76,824円
256GB122,232円

UQモバイルのiPhone SE(第2世代)は、Apple公式サイトと比較しても安いですね。

ただそれ以外だと、基本的にはApple公式サイトで買うほうが安いです。

格安SIMの「格安」というのは通信費のことであって、機種代金のことではないと意識しておくと良いかもしれません。

携帯代10,000円て高くない!?格安SIMで月額を半分以下に抑えませんか?

楽天モバイルでも今後iPhoneが販売される?

2021年4月現在、楽天モバイルではiPhoneは取り扱われていません。

しかし、早ければ2021年中にも取り扱われる可能性が高いと言えます。

なぜなら、楽天モバイルの契約申し込み数が、2021年4月に390万件を超えたためです。

巷ではキャリアがiPhoneを取り扱うには、300万件以上の回線契約がないといけないと言われています。

楽天モバイルが300万名まで1年間無料という破格のキャンペーンを実施していたのも、そのためだったのではないでしょうか。

これまで契約者数が少なかったためにiPhoneに正式対応させてもらえなかった楽天モバイルですが、2021年秋に発売される新型iPhoneでは、他のキャリアと同様に楽天モバイルからも発売されるかもしれませんね。

中古ショップのiPhone価格

中古相場の参考として、イオシスでは記事作成時点でiPhone 11以降の機種が以下の価格で販売されています。

機種容量価格
iPhone 12 Pro Max128GB122,800円~
256GB129,800円~
512GB139,800円~
iPhone 12 Pro128GB114,800円~
256GB122,800円~
512GB134,800円~
iPhone 1264GB89,800円~
128GB94,800円~
256GB94,800円~
iPhone 12 mini64GB74,800円~
128GB84,800円~
256GB94,800円~
iPhone SE(第2世代)64GB37,800円~
128GB47,800円~
256GB52,800円~
iPhone 11 Pro Max64GB94,800円~
256GB99,800円~
512GB97,800円~
iPhone 11 Pro64GB64,800円~
256GB87,800円~
512GB87,800円~
iPhone 1164GB55,800円~
128GB60,800円~
256GB74,800円~
参考イオシス 公式サイトを見るイオシス

ただ中古品の価格は、その商品の状態にも寄るので、同じ場所・同じ機種でも、同じ価格で売られているとは限らないものです。

歴代iPhoneシリーズのサイズを比較

iphone一覧

サイズも気になりますよね。大きいとポケットに入れるのしんどいとか、小さいと動画に見ごたえないとか。

このあたりは100%好みの問題になります。

モデルサイズ
iPhone 12 Pro Max6.7インチ
iPhone 12 Pro6.1インチ
iPhone 12
iPhone 12 mini5.4インチ
iPhone SE(第2世代)4.7インチ
iPhone 11 Pro Max6.5インチ
iPhone 11 Pro5.8インチ
iPhone 116.1インチ
iPhone XS Max6.5インチ
iPhone XS5.8インチ
iPhone XR6.1インチ
iPhone X5.8インチ
iPhone 8 Plus5.5インチ
iPhone 84.7インチ
iPhone 7 Plus5.5インチ
iPhone 74.7インチ
iPhone SE4インチ
iPhone 6s Plus5.5インチ
iPhone 6s4.7インチ
iPhone 6 Plus5.5インチ
iPhone 64.7インチ
iPhone 5s4インチ
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4S3.5インチ
iPhone 4
iPhone 3GS
iPhone 3G

iPhone 6~iPhone 8の大きさは4.7インチ。そしてそれぞれのPlusシリーズも全部一緒で5.5インチ。

しばらく大きさに変化はなかったのですね。iPhone 4持ちの私がiPhone 6に変えたときはスタイリッシュになったな!って衝撃でした。

でもそれ以後、例えばiPhone 6→iPhone 8とかはデザイン的には大きな変わりはないから私ほどの感動はなかったのではないでしょうか。

現行モデルで一番大きなiPhoneはiPhone 12 Pro Maxです。

サイズはもちろん、カメラやバッテリー性能などを考えてもいま一番最強のiPhoneと言えるでしょう。

ホームボタンなしのデザインの台頭

2017年、黒船のごとくiPhone Xはやってきました。これまで絶対に付いてきたホームボタンがなくなったのです。

どうやってホームに戻るねん!と多くの方は思ったでしょうか。でも確かにホームボタンなくなるとその分をディスプレイに使える。

そんなわけでiPhone Xは端末自身の大きさはiPhone 8 Plusより小さく、画面の大きさはiPhone 8 Plusより大きいというミラクルを達成しました。

おそらくこのホームボタンがなくなったというのは、私のiPhone 4→iPhone 6と同じくらいの感動があったのではないでしょうか。

一方、ホームボタンと同時にTouch IDも消えて不便に感じる人もいたり、画面上部のノッチを「M字ハゲ」などと嫌ったりする人も出てきました。

そんな中、2020年4月24日、iPhone 8以来2年半ぶりとなるホームボタンありモデルが帰ってきました!

モデルホームボタン有無
iPhone 12 Pro Maxなし
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)あり!
iPhone 11 Pro Maxなし
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 Plusあり
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6

そういえば私iPhone 6→iPhone XSに変えたので大きな変化を2度体験できていた人間でした。

どっちが衝撃だったかといえばiPhone 4→iPhone 6です!随分ふっといて結論はこれです。

だって薄くて大きくなったんですよ!?めちゃエレガント★

歴代iPhoneシリーズのスペックを比較

iPhone

ではでは価格、サイズに続いてスペック一覧もいってみましょうか。

スペックは下記の6種類を比較してみました。

特に「気になる!」というトピックがあればボタンから飛べますよ!

歴代iPhoneの容量

パッと思い浮かぶのは64GB or 128GBではないでしょうか。本当は16GBだったけどなんか恥ずかしくて言えませんでした。

使用したiPhoneは全て1番容量が小さいモデルを選んでいます。だから512GBとか選ぶ人見ると”何につかうの?”といっつも疑問に思います。

あと16 32 64 128 256 512みたいな並びってなんて言うのかなーと思ったら2の冪(にのべき)ていうらしいです。

モデル/容量8GB16GB32GB64GB128GB256GB512GB
iPhone 12 Pro Max
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4S
iPhone 4
iPhone 3GS
iPhone 3G

iPhone 7から私の16GBは淘汰されていますね。悲しい。

おそらくアプリも成熟してきて容量を食うものが増えてきたため、16GBで対応することは難しくなってきたのでしょう。

8以降に関しては32GBまで切り捨て始めました。ぐぬぬ…そんなに使わないのに。

私のiPhone XSですがもちろん1番小さい64GBです。困ったこと1回もありません!写真とかね、友達いないからね、撮らないからね。

歴代iPhoneのチップ(CPU)

これは年々進化しています。進化するとどうなるか。処理が早くなります。

処理が早くなると、カメラ性能もゲーム性能も全部良くなります。

処理能力を決めるチップは、人間で言うと頭脳に当たる部分なので、スペックで一番大事な部分です。

モデルチップ(CPU)
iPhone 12 Pro MaxA14 Bionicチップ
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)Neural Engine搭載
A13 Bionicチップ
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max次世代のNeural Engineを
搭載したA12 Bionicチップ
iPhone XS
iPhone XR
iPhone XNeural Engineを搭載した
A11 Bionicチップ
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 PlusA10 Fusionチップ
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)A9チップ
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 PlusA8チップ
iPhone 6
iPhone 5sA7チップ
iPhone 5cA6チップ
iPhone 5A6チップ
iPhone 4SA5チップ
iPhone 4A4チップ
iPhone 3GSSamsung S5PC100
iPhone 3GSamsung 32-bit RISC ARM

とにかく「A」の隣にくる数字が大きいほどスペックが高いと覚えてください。Neural Engineがどうのとかは、一般ユーザーは別に気にしないで大丈夫です。

Appleが独自のチップ(CPU)を使い始めたのはiPhone 4からですね。それまではSamsung製のものを使用していました。

iPhoneはハード、OS、チップが全部自社製というところも強みがありそうですね。

歴代iPhoneの生体認証

いわゆるロック解除の方法です。パスコードポチポチ入れてなんてのはもう古い。

ほとんどの人は指紋か顔でやってますよね。でもね私ねパスコードも指紋も記憶ないんですよね。

なんせ隠し事のない人間だからロックとは無縁でした。

iPhone XSにしていっぱしに顔認証やってみたものの、解除できたりできなかったりで1日で止めました。ストレスレス!

モデルセキュア認証
iPhone 12 Pro MaxFace ID
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)Touch ID
(第2世代)
iPhone 11 Pro MaxFace ID
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 PlusTouch ID
第2世代
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)Touch ID
第1世代
iPhone 6s PlusTouch ID
第2世代
iPhone 6s
iPhone 6 PlusTouch ID
第1世代
iPhone 6
iPhone 5s
iPhone 5cパスコード
iPhone 5
iPhone 4S
iPhone 4
iPhone 3GS
iPhone 3G

iPhone 5sから指紋認証が出てきました。使うとわかるのですが便利です。

会社携帯はiPhone 8でしょうがなくロックをかけているのですが指紋認証は楽です。暗闇でも関係ないというアドバンテージがあります。

ちなみにTouch ID第1世代と第2世代の違いですが、第2世代のセンサーは最大2倍の速度で動作するそうです。

つまりロックを解除するスピードが上がったということです。この方がストレスないですね。

生体認証に対する提言

iPhoneに限らず生体認証をしているモノにいえることなんですが、セキュリティ強くなっていると思っていませんか?

これはbitWaveのtwitterにてコメントをもらった方から教えていただいたことで、広めていく約束をしたのでここに書きます。

結論:生体認証はロック解除に便利ではあっても、セキュリティが強くなっているわけではない。

生体認証なんだから自分以外だれもロック解除できないじゃないか!と思いますよね。それは事実です。

でも結局パスコードでも解除できますよね。ということはドアが2つあるわけです。

“パスコード”と”生体認証”。2つを突破しなければログインできないならば強くなったといえます。

しかしどちらか一方でも解除すればログインできるならばドアが1つ増えた分セキュリティ的には弱くなっているのです。

気をつけなはれや!ふー割と上手く説明できた。

歴代iPhoneのイヤホンジャック

いつからか無くなってましたよね、イヤホンジャック。音楽聴くなってことかいな、Appleさんよ。と思った方は多いでしょう。

でも流石Appleさん。ちゃんとライトニング端子に差し込めるようになる変換アダプタをデフォルトで梱包してくれてました。ありがとう。

冒頭の画像をここでも使いますね。

歴代のアイフォン

ほらiPhone 7から左下にあったイヤホンジャックが無くなってるでしょ。ちなみにiPhone 4のイヤホンジャックは上にあります。

モデルイヤホンジャック有無
iPhone 12 Pro Maxなし
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11 Pro Max
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XR
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)あり(下)
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4Sあり(上)
iPhone 4
iPhone 3GS
iPhone 3G

イヤホンジャックがあったのはiPhone SEまでです。iPhone 7以降はイヤホンジャックはありません。

私は去年からワイヤレスイヤホン「AirPods」を使っています。去年買った物の中で1番素敵アイテムでした。

iPhoneの音楽をAirPodsで聴いてMacbookいじってというスタバズブズブスタイルです!

歴代iPhoneの防水性能

iPhoneの防水性能は、2016年発売のiPhone 7から付きました。

モデル防水性能
iPhone 12 Pro MaxIPX8
iPhone 12 Pro
iPhone 12
iPhone 12 mini
iPhone SE(第2世代)IPX7
iPhone 11 Pro MaxIPX8
iPhone 11 Pro
iPhone 11
iPhone XS Max
iPhone XS
iPhone XRIPX7
iPhone X
iPhone 8 Plus
iPhone 8
iPhone 7 Plus
iPhone 7
iPhone SE(第1世代)なし
iPhone 6s Plus
iPhone 6s
iPhone 6 Plus
iPhone 6
iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4S
iPhone 4
iPhone 3GS
iPhone 3G

ただApple公式は防水ではなく「耐水」だとしています。

想定されているのは、一般的な水・ジュース・ビールなどをこぼしてしまった場合で、お風呂やプールでは使わないよう注意喚起されています。

また、水濡れによる故障は保障対象外です。

歴代iPhoneの発売日

最後に発売日を見てみましょう。

最近は9月2週に発表があって、その週の金曜から予約開始、1週間後の金曜に発売的な流れが出来上がってます。

昔はどうだったのでしょうか。日本の発売日です。

モデル発売日
iPhone 12 Pro Max2020年11月13日
iPhone 12 mini2020年11月13日
iPhone 12 Pro2020年10月23日
iPhone 122020年10月23日
iPhone SE(第2世代)2020年4月24日
iPhone 11 Pro Max2019年9月20日
iPhone 11 Pro2019年9月20日
iPhone 112019年9月20日
iPhone XS Max2018年9月21日
iPhone XS2018年9月21日
iPhone XR2018年10月26日
iPhone X2017年11月3日
iPhone 8 Plus2017年9月22日
iPhone 82017年9月22日
iPhone 7 Plus2016年9月16日
iPhone 72016年9月16日
iPhone SE(第1世代)2016年3月31日
iPhone 6s Plus2015年9月25日
iPhone 6s2015年9月25日
iPhone 6 Plus2014年9月19日
iPhone 62014年9月19日
iPhone 5s2013年9月20日
iPhone 5c2013年9月20日
iPhone 52012年9月21日
iPhone 4S2011年10月14日
iPhone 42010年6月24日
iPhone 3GS2009年6月19日
iPhone 3G2008年7月11日

iPhone 4までは初夏あたりに発売開始していますね。iPhone 4Sからは今と同じように秋に発売されるようになりました。

並ぶ人のことを考えれば初夏に発売してあげた方が優しいですね。秋だと結構寒いときあるもん。

iPhoneのおすすめ人気機種|スペック・価格で選ぶならどれが良い?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

結局どのiPhoneを選ぶべき?使い方別にぴったりなiPhoneはこれ!

続いて、利用シーン別にどのiPhoneがぴったりなのか見ていきましょう。

今回はシンプルにスペックやカメラ性能の高さなど、合計4つのシーンからオススメのiPhoneをご紹介します。

結論から言うと、iPhone 12 Pro/12 Pro MaxとiPhone SE(第2世代)が超万能です。

利用シーン別おすすめiPhoneまとめ
  • とにかく高性能なiPhoneが欲しい:
    iPhone12 Pro/12 Pro Max
  • カメラ性能が高いiPhoneが欲しい:
    iPhone12 Pro/12 Pro Max
  • ホームボタンが欲しい:
    iPhone SE(第2世代)
  • コスパのいいiPhoneが欲しい:
    iPhone SE(第2世代)

とにかく高性能なiPhoneが欲しい:iPhone 12 Pro/12 Pro Max

iPhone12

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

現在もっとも高性能なのはiPhone 12 Pro/12 Pro Maxです。

まずチップが最新のA14 Bionicなので、処理能力が高く、ゲーム性能もカメラ性能も抜群です。

また、ディスプレイが有機ELディスプレイなのも特徴の一つです。

有機ELディスプレイは、一般的に液晶ディスプレイよりも優れているとされています。より自然な色合いを表現でき、省電力で、ブルーライトも少ないからです。

カメラ性能が高いiPhoneが欲しい:iPhone 12 Pro/12 Pro Max

iPhone 12 Pro

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

カメラ性能も処理能力で9割方決まるので、やはりiPhone 12 Pro/12 Pro Maxが一番です。

同じシリーズのiPhone 12/12 miniと比べても、iPhone 12 Pro/12 Pro Maxはレンズの数で上回っています。

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxは広角+超広角+望遠のトリプルレンズ

一方のiPhone 12/12 miniは、広角+超広角のデュアルレンズです。

レンズが多ければ、遠くの被写体は望遠レンズで撮影するなど、状況に応じて使い分けることが可能です。

またiPhone 12 Pro/12 Pro Maxは、暗所でもきれいに撮影できるナイトモードポートレートも使えます

さらにAR体験ができるLiDARスキャナなど、注目の機能が盛りだくさんです。

スペックもそうですが、iPhone 12とiPhone 12 Proを比較した際にカメラ性能が大きな違いとなります。

ホームボタンが欲しい:iPhone SE(第2世代)

iPhone SEのホームボタン

画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

ホームボタンが欲しいなら、現状はiPhone SE(第2世代)一択です。

それ以外のホームボタン付きはApple Storeでも3キャリアのオンラインショップでもすでに取り扱っていません。

またiPhone SE(第2世代)にはiPhone 11シリーズと同じA13 Bionicが搭載されているので、スペック面の心配も不要です。

コスパのいいiPhoneが欲しい:iPhone SE(第2世代)

iPhoneSE2 外箱

コストパフォーマンスの面でもiPhone SE(第2世代)はおすすめです。

iPhone SE(第2世代)にも最新のA13 Bionicが搭載されているにもかかわらず、iPhone 11シリーズよりもうんと安い価格で販売されているからです。

iPhoneに限らず、スマホのスペックは9割方チップで決まるもの。iPhone SE(第2世代)とiPhone 11シリーズのスペックは、概ね等しいと判断して大丈夫です。

それでこの価格差ですから、iPhone SE(第2世代)のコスパはずば抜けています。

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxのスペックと特徴、価格をチェック

iPhone 12 Pro

最新のiPhone 12 Pro/12 Pro Maxについて見てみましょう!

モデルiPhone12 ProiPhone12 Pro Max
ディスプレイ6.1インチ6.7インチ
サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.4mm
重さ187 g226 g
アウトカメラ12MP
トリプルレンズカメラ
LiDARスキャナ
インカメラ12MP
ROM128GB/256GB/512GB
CPUA14 Bionicチップ
OSiOS 14
認証Face ID
カラーシルバー・グラファイト・ゴールド・パシフィックブルー
5G対応○/Sub 6GHz
詳細12 Proレビュー12 Pro Maxレビュー

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxで注目なのは、カメラ性能の高さです。

トリプルレンズに加えてナイトモードポートレートなど、様々なシーンでの撮影に対応しています。

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxの特徴
  • 5G対応の最新iPhone!
  • 12 Pro Maxは歴代イチの6.7インチディスプレイ
  • ナイトモードポートレート対応のトリプルレンズ搭載
  • Dolby Visionでビデオ撮影も綺麗に
【iPhone 12 Pro VS iPhone 12 Pro Max】徹底比較|どっちが買いか?その理由

iPhone 12/12 miniのスペックと特徴をチェック

iPhone 12

iPhone 12/12 miniのスペックは以下の通りです。

モデルiPhone12iPhone12 mini
ディスプレイ6.1インチ5.4インチ
サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
高さ:131.5mm
幅:64.2mm
厚さ:7.4mm
重さ162 g133 g
アウトカメラ12MP
デュアルレンズカメラ
インカメラ12MP
ROM64GB/128GB/256GB
CPUA14 Bionic
OSiOS 14
認証Face ID
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED・グリーン・ブルー
5G対応○/Sub 6GHz
詳細iPhone 12レビューiPhone 12 miniレビュー

iPhone 12/12 miniは、最新のA14 Bionicを搭載した5G対応の最新iPhoneです。

またカラーバリエーションも5色と豊富で、比較的価格が安いのも特徴となっています。

iPhone 12/12 miniの特徴
  • 5G対応の最新iPhone!
  • 新色のブルーなど5種のカラー展開
  • 12 miniは世界最小の5Gスマホ
  • ナイトモード対応のデュアルレンズ搭載
【iPhone 12 VS iPhone 12 mini】徹底比較|どっちが買いか?その理由

iPhone SE(第2世代)のスペックと特徴、価格をチェック

iPhone SE(第2世代)

ここからはiPhone SE(第2世代)にスポットライトを当てて見てみましょう。

iPhone SE(第2世代)
ディスプレイ4.7インチ
本体サイズ高さ:138.4 mm
幅:67.3 mm
厚さ:7.3 mm
重さ148 g
アウトカメラ広角:1,200万画素
インカメラ700万画素
バッテリーiPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
RAM3GB(非公式)
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA13 Bionicチップ
OSiOS13
認証指紋認証
カラーブラック・ホワイト・(PRODUCT)RED
詳細iPhone SE(第2世代)実機レビュー

iPhone SE(第2世代)は、2017年発売のiPhone 8の型をそのまま使いつつ、チップを最新のA13 Bionicに入れ替えたiPhoneです。

そのためiPhone 8のケース類を流用できます。

2018年以降では、唯一ホームボタン付きのiPhoneでもあります。

iPhone SE(第2世代)の特徴
  • AnTuTuスコアは約46万点
  • ディスプレイサイズが4.7インチの小型スマホ
  • ホームボタンと指紋認証が復活
  • シングルレンズだが処理能力が高いので撮影が綺麗

シングルカメラだがiPhone 8よりも綺麗

iPhone 8の型を使っているので、iPhone SE(第2世代)のカメラもシングルレンズです。

有効画素数もiPhone 8と同じ約1,200万画素となっています。

ただiPhone SE(第2世代)はA13 Bionicのおかげで処理能力が高いため、実際に撮影した時のキレイさは全然違います

ポートレートモードも使用可能です。

カメラ性能というと、ついレンズや有効画素数に目が行きがちですが、本当に重要なのはチップと、それに基づく処理能力なのです。

ちなみにiPhoneの有効画素数はiPhone 6s以降、ずっと約1,200万画素から変わっていません。

まさにこの事実こそが、「有効画素数なんて大事じゃないよ」と物語っていますね。

iPhone SEの価格

iPhone SE(第2世代)64GB128GB256GB
ドコモ通常57,024円62,568円75,240円
スマホおかえしプログラム38,016円41,712円50,160円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常55,270円61,250円75,215円
かえトクプログラム28,750円31,970円39,215円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常57,600円64,080円78,480円
トクするサポート+(特典A)28,800円32,040円39,240円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
Apple通常49,280円54,780円66,800円
詳細Apple 公式サイトを見るApple 公式サイト

3キャリアともApple Storeより高いものの、条件付きで返却すれば安くなるサービスを実施しています。

近年は、最新iPhoneといえば10万円を超えるのが当たり前でした。そんな強気の価格設定の影響もあってか、Appleに対するネガティブな報道は年々増えつつあります。

特にiPhone XSを発表した2018年秋から株価を大きく下げた「アップルショック」は、世界の株式市場にも影響を与えました。

iPhone SE(第2世代)がApple Storeで5万円未満から買えるのは、その時の反省を活かしてのことかもしれません。

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxのスペックと特徴、価格をチェック

iPhone 11 Pro Max

今度は2019年に発売されたiPhone11 ProとiPhone11 Pro Maxのスペックや当時の価格をチェックしましょう。

項目11 Pro11 Pro Max
搭載SocA13チップA13チップ
発売2019年9月20日2019年9月20日
ROM64GB、256GB、512GB64GB、256GB、512GB
RAM4GB4GB
OSiOS13iOS13
ディスプレイサイズ5.8インチ OLED
Super Retina XDR
6.5インチ OLED
Super Retina XDR
ディスプレイ解像度2,436 x 1,1252,688 x 1,242
アウトカメラ12MP(広角)
12MP(望遠)
12MP(超広角)
トリプルレンズ
12MP(広角)
12MP(望遠)
12MP(超広角)
トリプルレンズ
インカメラ12MP12MP
詳細Apple 公式サイト

iPhone11 Pro/11 Pro Maxのスペックで1番注目なのは、やはりカメラ性能でしょう。

トリプルカメラになって今まで以上に撮影の幅が広がっていますね!

iPhone 11 Pro/11 Pro Maxの特徴
  • AnTuTuスコアで50万点超え!
  • 有機ELディスプレイを搭載
  • 目に優しいダークモード追加
  • 防水性能がさらに強化

カメラ性能はiPhoneシリーズ最高レベル

iPhone11 Proの最大の特徴は、何と言ってもトリプルカメラですね!

超広角レンズによるダイナミックな写真や、暗い場所でもばっちり撮れるナイトモードなど、今までより撮影の幅が大きく向上しています。

また、メインカメラだけでなく、インカメラも大幅強化!

700万画素から1,200万画素になり、自撮りでも4K動画が撮影できます。

iPhoneで写真をたっぷり撮る方は、迷うことなくiPhone11 Proを選んでいいでしょう!

iPhone11 Pro/11 Pro Maxの価格

続いてiPhone11 ProとiPhone11 Pro Maxの値段をキャリア毎にチェックしましょう!

iPhone11 Proの値段

容量ドコモ
※1
au
※2
ソフトバンク
※3
SIMフリー
(Apple公式サイト)
64GB126,720円
(84,480円)
127,440円
(72,910円)
127,200円
(63,600円)
117,480円
256GB142,560円
(95,040円)
144,720円
(82,225円)
145,920円
(72,960円)
135,080円
512GB166,320円
(110,880円)
170,640円
(95,450円)
172,320円
(86,160円)
159,280円
購入ドコモ公式ショップau公式ショップソフトバンク公式ショップApple 公式サイト
※1:括弧内はスマホおかえしプログラムを利用して25ヶ月目に返却した場合
※2:括弧内はかえトクプログラムを利用して25ヶ月目に返却した場合
※3:括弧内はトクするサポートを利用して25ヶ月目に返却した場合

iPhone11 Pro Maxの値段

容量ドコモ※1au※2ソフトバンク※3SIMフリー
(Apple公式サイト)
64GB138,600円
(92,400円)
140,400円
(80,615円)
142,560円
(71,280円)
131,780円
256GB158,400円
(105,600円)
159,120円
(90,160円)
161,760円
(80,880円)
149,380円
512GB現在ドコモオンラインショップでは
取り扱いがありません
185,040円
(103,155円)
187,680円
(93,840円)
173,580円
購入ドコモ公式ショップau公式ショップソフトバンク公式ショップApple 公式サイト
※1:括弧内はスマホおかえしプログラムを利用して25ヶ月目に返却した場合
※2:括弧内はかえトクプログラムを利用して25ヶ月目に返却した場合
※3:括弧内はトクするサポートを利用して25ヶ月目に返却した場合

iPhone11 Pro/11 Pro Maxの値段は、当時最新・最高モデルだけあり高いですね。

ただ、キャリア各社の端末返却による支払い免除施策を利用すれば、返却するとは言え支払い総額はかなり安くなります。

iPhone11 Pro/11 Pro Maxを購入するなら、その後何年使うかで購入する場所を選んだ方がいいかもしれません。

iPhone 11のスペックと特徴、価格をチェック

iPhone 11

iPhone11は、iPhone XRの後継機です。

iPhone11 Proより少しスペックは少し落とし、価格は大幅に押さえています。

項目iPhone 11 Pro
搭載SocA13チップ
発売2019年9月20日
ストレージ(ROM)64GB、128GB、256GB
メモリ(RAM)4GB
OSiOS13
ディスプレイサイズ6.1インチ LCD
Liquid Retina HD
ディスプレイ解像度1,792 x 828
アウトカメラ12MP(広角)
12MP(超広角)
デュアルレンズ
インカメラ12MP
詳細Apple 公式サイト
iPhone 11の特徴
  • ベンチマークスコアはiPhone 11 Proとほぼ同等
  • デュアルレンズやナイトモードを搭載
  • 少し大きめのLCDディスプレイ搭載
  • カラーバリエーションが6色と豊富

デュアルレンズ搭載でカメラ性能は充分

iPhone11の画像

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

iPhone11では、広角+超広角のデュアルカメラを搭載しています。

望遠レンズはなくなりましたが超広角で写真が撮れるようになったので、背景をたっぷり取り込んだ写真が撮れますね!

また、iPhone11 Proと同じナイトモードを搭載し、暗い場所での撮影でもバッチリ撮れます。

インカメラもiPhone11 Proと同じスペックなので、カメラ性能としてはiPhone XS以上iPhone11 Pro以下の位置付けでしょう。

iPhone 11の価格(当時)

容量ドコモ
※1
au
※2
ソフト
バンク
※3
SIM
フリー
(Apple公式サイト)
64GB87,120円
(58,080円)
90,720円
(53,935円)
89,280円
(44,640円)
71,280円
128GB95,040円
(63,360円)
96,480円
(56,810円)
95,040円
(47,520円)
76,780円
256GB106,920円
(71,280円)
109,440円
(63,250円)
108,000円
(54,000円)
88,880円
購入ドコモ公式ショップau公式ショップソフトバンク公式ショップApple 公式サイト
※1:括弧内はスマホおかえしプログラムを利用して25ヶ月目に返却した場合
※2:括弧内はかえトクプログラムを利用して25ヶ月目に返却した場合
※3:括弧内はトクするサポートを利用して25ヶ月目に返却した場合

iPhone11の値段はiPhone11 Proより3〜4万円安くなっていますね!

さらに、キャリアで購入するなら25ヶ月目に端末返却をすることで、6万円弱でiPhone 11が手に入ります。

iPhone XRのスペックと特徴、価格をチェック

iPhone XR

最後にiPhone XRのスペックや価格をチェックします。

iPhone XRはiPhone XSの廉価版のような性能で、価格も少し押さえています。

項目スペック詳細
搭載SocA12チップ
発売2018年10月
ストレージ(ROM)64GB、128GB、256GB
メモリ(RAM)3GB(予想値)
OSiOS12
ディスプレイサイズ6.1インチ LCD
ディスプレイ解像度1,792 x 828
アウトカメラ12MP
インカメラ7MP
購入Apple 公式サイト
iPhone XRの特徴
  • iPhone XSと同様のA12 Bionicを搭載
  • 6.1インチの大きめなLCDディスプレイを搭載
  • シングルカメラだがポートレート機能付き
  • 6色とカラーバリエーションが豊富

シングルカメラながらボカシ機能も搭載

ドコモアイフォンテンアールイエロー

画像引用元:iPhone XR 64GB | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

iPhone XRはシングルカメラなので光学ズームなど一部の機能はiPhone XSに劣ってしまいます。

しかし、画像処理の演算が高性能化されたことで、ポートレートモードの背景ボカシはiPhone XRでも利用できます。

背景をボカすとプロっぽい写真になるので、自撮りが多い若い世代には嬉しい機能ですよね!

iPhone XRの価格

iPhone XRはすでに3キャリアのオンラインショップで取り扱っていないので、当時の価格として参考程度にご覧ください。

容量ドコモ※1au※2ソフトバンク※3SIMフリー
(Apple公式サイト)
64GB75,240円
(50,160円)
77,040円93,600円
(46,800円)
60,280円
128GB-100,080円
(66,720円)
100,320円
(50,160円)
65,780円
256GB118,800円
(79,200円)
112,319円
(74,891円)
112,320円
(56,160円)
-
購入ドコモ公式ショップau公式ショップソフトバンク公式ショップApple 公式サイト
※1:括弧内はスマホおかえしプログラムを利用して25ヶ月目に返却した場合
※2:括弧内はアップデートプログラムNXを利用して25ヶ月目に返却した場合
※3:括弧内はトクするサポートを利用して25ヶ月目に返却した場合

最新iPhoneモデルのスペック・価格比較まとめ

今回は2021年最新のiPhoneを比較し、利用シーン別のおすすめiPhoneを解説しました。

比較した最新iPhoneモデル
  • iPhone 12 Pro/12 Pro Max
  • iPhone 12/12 mini
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XR

ただ、すでにドコモオンラインショップではiPhone 12シリーズとiPhone SE(第2世代)しか取り扱われていないなど、旧い機種は次々に市場から姿を消していっています。

それも踏まえて、使い方ごとのおすすめiPhoneは次の通りです。

利用シーン別おすすめiPhoneまとめ
  • とにかく高性能なiPhoneが欲しい:
    iPhone 12 Pro/12 Pro Max
  • カメラ性能が高いiPhoneが欲しい:
    iPhone 12 Pro/12 Pro Max
  • ホームボタンが欲しい:
    iPhone SE(第2世代)
  • コスパのいいiPhoneが欲しい:
    iPhone SE(第2世代)

今回解説したものの中から、ぜひあなたにぴったりのiPhoneを見つけて、機種変更や乗り換えをしてくださいね!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。