iPhoneでデュアルSIMを設定!主回線と副回線を切り替える方法も

1年無料、現在は3ヵ月無料キャンペーンを開催している楽天モバイル。サブ回線やお試し利用として、iPhoneでデュアルSIM運用している方も多いです。楽天モバイルはデータ量によって料金が変わるため、回線の切り替えは必須ですよね。本記事はiPhoneで回線を切り替える手順を詳細に解説しました。
  • 2022年5月17日
  • by.annacom14

iPhone 13

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、iPhoneでデュアルSIMを設定する方法について解説しています。

デュアルSIMとは、1台のiPhoneで2つのSIMを利用できる機能のことです。

ビジネス用とプライベート用で分けたり、通話用とデータ通信用で分けたりできるメリットがあります。

デュアルSIMの主回線と副回線の切り替え方法についても詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

トップ画像引用元:Apple公式サイト

auでスマホを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,500円(税抜)以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

iPhoneでデュアルSIMを設定する方法

SIMカードとスマートフォン
iPhoneのデュアルSIMの設定方法は非常に簡単です。

今回は、以下の通信会社を契約した場合を参考に、デュアルSIMを設定する手順をご紹介します。

使用する端末と通信会社
  • 使用する端末:iPhone 12 Pro
  • nano-SIM:ドコモ
  • eSIM:楽天モバイル

デュアルSIMの設定方法は2つあります。

デュアルSIMの設定方法
  • アプリをダウンロードして設定
  • QRコードをスキャンして設定

それぞれの設定方法を見ていきましょう。

アプリをダウンロードして設定

アプリをダウンロードして設定する手順は以下の通りです。

今回は、楽天モバイルでeSIM契約を行った場合の設定手順を見ていきましょう。

この手順の画像引用元:楽天モバイル

  1. 「my 楽天モバイルアプリ」をインストール
  2. ログインを行う
  3. 画面右上のメニューをタップ
    楽天モバイル
  4. 「申し込み履歴」を選択
    楽天モバイル
  5. 「申込番号」をタップ
    楽天モバイル
  6. 「開通手続きをする」をタップし「モバイル通信プラン」のインストールを行う
  7. 「キャリア設定アップデート」をタップし、アップデートを行う

インストールや設定が完了したら、Wi-Fi接続がOFFの状態でホーム画面に2つのアンテナが表示されるか確認してください。

QRコードをスキャンして設定

QRコードをスキャンして設定する場合は、楽天モバイルから送付される「開通のお知らせ」に記載されているQRコードを利用します。

この手順の画像引用元:Apple

  1. 設定アプリを開く
  2. 「モバイル通信」をタップ
    デュアルSIM
  3. 「モバイル通信プランを追加」をタップ
    デュアルSIM
  4. QRコードをスキャン
  5. 画面の案内に従って設定を行う

以上でデュアルSIMの設定は完了です。

今回はeSIM申し込みしたことを想定して解説していますが、neno-SIMの申し込み方法でも流れは同じです。

契約完了後、iPhoneにSIMをセットしてモバイル通信プランを追加することで、デュアルSIMで使えるようになります。

デュアルSIMを設定するとアンテナが2つ表示される

デュアルSIM
デュアルSIMを設定すると、ホーム画面にアンテナが2つ表示されるようになります。

それぞれの電波状況が簡単にチェックできるので便利ですね。

接続している回線がどちらなのかは、アンテナの隣に表示されているアイコンで判断できます。

Wi-Fi接続を切った状態で、アンテナの横に「4G」や「LTE」と表示されている方が接続中の回線です。

デュアルSIMで利用するにはSIMロック解除が必要

異なる通信事業者のSIMを利用する場合、端末のSIMロック解除が必要です。

デュアルSIMの設定を行う前に、iPhoneにSIMロックがかかっていないか確認しましょう。

iPhoneにSIMロックがかかっているかは、端末で簡単に確認できます。

SIMロック確認手順
  1. 設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップ
  3. 「情報」をタップ
  4. 「SIMロック」が「SIMロックなし」になっていればOK

iPhoneにSIMロックがかかっている場合は、事前に解除手続きを行っておきましょう。

SIMロックがかかっていないことを確認したら、利用したい通信会社でSIM契約申込を行ってください。

iPhoneのデュアルSIMで主回線と副回線を切り替える方法

スマホを操作する男性
iPhoneのデュアルSIMは、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応しています。

DSDSとはデュアルSIMの種類の1つで、SIMを切り替なくても両回線の着信を受けることが可能です。

iPhoneのデュアルSIM
  • DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応
  • SIMを切り替えることなく両回線の着信が受けられる
  • 通話中にもう片方の回線で通信はできない
  • 必要に応じて主回線と副回線を切り替えて使用する

DSDSの場合、普段どちらの回線で通信を行うのかをあらかじめ設定して使用します。

普段使用する回線が主回線。切り替えて使用する回線が副回線です。

接続する回線は、必要に応じて主回線と副回線の設定を切り替えることができます。

ここからは、iPhoneのデュアルSIMで主回線と副回線を切り替える方法を見ていきましょう。

データ通信の切り替え方法

データ通信の切り替え方法は、以下の通りです。

この手順の画像引用元:Apple

  1. 設定アプリを開く
  2. 「モバイル通信」をタップ
    デュアルSIM
  3. 「モバイルデータ通信」をタップ
    デュアルSIM
  4. 主回線にする回線を選択
    デュアルSIM

音声回線を切り替える方法

音声回線を切り替える方法は、以下の通りです。

この手順の画像引用元:Apple

  1. 設定アプリを開く
  2. 「モバイル通信」をタップ
    デュアルSIM
  3. 「デフォルトの音声回線」をタップ
    デュアルSIM
  4. 設定したい回線を選択
    デュアルSIM

発信時に音声回線を切り替える方法

音声回線は、デフォルトの回線をいちいち回線を切り替えなくても、発信時に簡単に切り替えることもできます。

設定方法は以下の通りです。

  1. 電話アプリを開く
  2. ダイヤルキーの画面上にあるラベルをタップ
    デュアルSIM
  3. 使用する回線を選択
    デュアルSIM

電話をかける相手によって音声回線を設定する方法

電話をかける相手によって音声回線を指定したい場合は、優先回線の設定しておくのが便利です。

  1. 電話アプリを開き、連絡先から設定したい人を選択
  2. 「編集」をタップ
    iPhoneデュアルSIM
  3. 「優先する回線」をタップ
    iPhoneデュアルSIM
  4. 回線を選択する
    iPhoneデュアルSIM

何も設定していない相手には、前回使用した回線からの発信となります。

上記で解説した通り、発信する時に電話番号を選ぶ方法も有効です。

しかし、うっかり回線を切り替えずに発信してしまうという可能性もあります。

電話帳であらかじめ発信番号を設定しておけば、発信時にわざわざ切り替える必要がないので安心です。

メッセージ送信時に電話番号を切り替える方法

メッセージ(SMS)を送信する際も、回線を切り替えることができます。

設定方法は以下の通りです。

  1. メッセージアプリを開く
  2. 新規作成をタップ
  3. 宛先を選択
  4. 差出人に表示されている回線名をタップ
    iPhoneデュアルSIM
  5. 使用する回線を選択
    iPhoneデュアルSIM

iPhoneのデュアルSIMでよくある質問

よくある質問
最後に、iPhoneでデュアルSIMを利用する際によくある質問をまとめました。

はじめてデュアルSIMを利用する場合、使い方がいまいち分からないという人が多いでしょう。

事前にしっかり疑問点を解消して、快適に利用しましょう。

デュアルSIMに対応しているiPhoneは?

2022年5月現在、デュアルSIMに対応しているiPhoneは以下の通りです。

デュアルSIMに対応しているiPhone
  • iPhone SE(第2・第3世代)
  • iPhone 13
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XR
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max

2018年に発売されたiPhone XS以降のモデルは、すべてデュアルSIM対応です。

廉価版のiPhone SE(第2世代)・iPhone SE(第3世代)も対応しています。

ただし、機種によって対応SIMが異なるので注意してください。

機種名対応SIM
iPhone 13シリーズ
iPhone SE(第3世代)
eSIM×eSIM
eSIM×nano-SIM
iPhone 12シリーズ
iPhone SE(第2世代)
iPhone 11シリーズ
iPhone XSシリーズ
iPhone XR
eSIM×nano-SIM

iPhone 13シリーズとiPhone SE(第3世代)は、nano-SIM×eSIMとeSIM×eSIMの両方に対応しています。

それ以外の機種ではnano-SIM×eSIMのみ対応です。

片方の通信回線をnano-SIMで契約した場合、もう片方の回線はeSIMで契約する必要があります。

契約する際は、SIMの種類にも注意してください。

eSIMに対応している通信会社はどこ?

2022年5月現在、eSIMに対応している通信会社は以下の通りです。

eSIMに対応している通信会社
  • ドコモ
  • au
  • ソフトバンク
  • 楽天モバイル
  • ahamo
  • povo2.0
  • LINEMO
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • IIJmio※
  • BIC SIM※
  • LinksMate
  • 日本通信SIM

※データ通信のみ利用でき、音声通話・SMSは利用できません。

大手キャリアと呼ばれるMNO4社では、全社がeSIMに対応。

ドコモのahamo・auのpovo2.0・ソフトバンクのLINEMOでも対応しています。

格安SIMは6社で対応していました。

切り替えは自動で行われる?

デュアルSIMの切り替えは自動で行うことも可能です。

その場合は、設定でモバイルデータ通信を選択する際、「モバイルデータ通信の切り替えを許可」をONにしてください。

電波状況に応じて自動で回線が切り替わるようになります。

デュアルSIMの上手な活用方法は?

デュアルSIMには、さまざまな活用方法があります。

デュアルSIMの活用方法
  • プライベートとビジネス用で使い分ける
  • 海外旅行時に現地のSIMを追加する
  • 音声通話プランとデータプランを別々に使い分ける

音声SIMを2つ契約すれば、プライベート用とビジネス用の電話を1つのiPhoneで利用できます。

2台持つ必要がないので、持ち運びに便利ですね。

海外でスマホを利用する際にもデュアルSIMはおすすめです。

現地のSIMをデュアルSIMで追加すれば、いつも使っているiPhoneのまま海外で利用できます。

また、音声通話プランとデータプランを別々に契約する方法もあります。

音声プランが安いSIMとデータ通信が安い別のSIMを利用するなど、うまく使い分けることで通信費を節約できますよ。

ラベル名は変更できる?

デュアルSIMのラベル名は自由に変更可能です。

変更手順は以下の通り。

ラベル名の変更方法
  1. 設定アプリを開く
  2. 「モバイル通信」をタップ
  3. 「モバイル通信プラン」に表示されている回線をタップ
  4. 「モバイル通信プランの名称」をタップ
  5. 「カスタム名称」に好きな名称を入力する

どちらの回線に電話がかかってきているか見分ける方法は?

着信時にどちらの番号に電話がかかってきたかは、着信画面を見れば簡単に見分けることが可能です。

着信画面の電話番号の下に表示される回線名を確認してください。

デュアルSIMを利用するデメリットは?

デュアルSIMを利用すると、通常より電池の減りが早くなります。

これは、2回線の電波を常に探してしまうことが原因です。

電池持ちが心配な人は、モバイルバッテリーなどを持ち歩くことをおすすめします。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
宮城県出身の元キャリアショップ店員。ドコモ・au・ソフトバンクでの勤務経験があり、その知識を活かしウェブライターに転身。 契約中のキャリアはドコモ。スマホはiPhone、タブレットはiPadを使用。 漫画やアニメを観るのが毎日の楽しみ。ダイエッターでもあり、3ヶ月で10kgの減量に成功。美ボディを目指して奮闘中!