【2021年】iPhoneで使えるイヤホンおすすめランキング|相性のいいものは?

  • 2021年6月18日
  • by.annacom14

AirPods Pro接続方法

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、iPhoneで使えるワイヤレスイヤホンと有線イヤホンのおすすめをランキング形式で紹介しています。

外出先などで音楽や動画を視聴したりゲームをするとき、周囲に音を出さないためにイヤホンを利用する人が多いですよね。

iPhoneで使えるイヤホンは非常にたくさんあるので、どれを購入しようか迷っている人もいるのではないでしょうか?

また、iPhoneでイヤホンを使用するとき、変換アダプターが必要になることもあります。

iPhoneで使えるイヤホンの選び方についても詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

トップ画像引用元:AirPods(第2世代)- Apple(日本)

iPhoneで使えるイヤホンの選び方

Airpods

画像引用元:AirPods(第2世代)- Apple(日本)

まずは、iPhoneで使えるイヤホンの選び方について解説します。

iPhoneで使えるイヤホンは純正品だけでなく、他メーカーが販売するイヤホンも使用できるため、種類がたくさんあります。

自分にぴったりなイヤホンを選ぶには、種類や価格、性能、装着方法などをチェックすることが重要ですよ。

iPhoneで使えるイヤホンを選ぶときのポイント
  • ワイヤレスか有線かを見る
  • 価格を見る
  • 性能から選ぶ
  • 装着方法をチェック
  • 純正か他メーカーかを見る

各ポイントについて、詳しく見ていきましょう。

ワイヤレスか有線かを見る

iPhoneは、ワイヤレスイヤホンと有線イヤホンの両方が使えます。

ワイヤレスイヤホンは、Bluetooth接続で使用するイヤホン。

iPhoneとイヤホンをケーブルで接続しないため、取り回しがよい点が魅力です。

ケーブルが邪魔になることも、断線の心配もないので、外出時や運動時によく使う人に適しています。

また、Lightning端子を使用しないため、iPhoneの充電をしながらイヤホンが使えるのも利点です。

有線イヤホンは、対応する接続端子のものが使用できます。

100円で購入できる安価なものから高品質なものまで幅広いので、自分に合ったイヤホンを選べるのも特徴です。

また、ワイヤレスイヤホンよりも音の遅延がないのも魅力。

音質もよいので、高音質で音楽を楽しみたい人には有線イヤホンがおすすめですよ。

iPhoneで使えるイヤホンの種類
  • ワイヤレスイヤホン
  • Lightning接続端子の有線イヤホン
  • イヤホンジャック変換アダプターを使ってつなげる有線イヤホン

2015年発売のiPhone 6sまではイヤホンジャックが搭載されていました。

そのため3.5mmイヤホンジャック対応の有線イヤホンならそのまま接続できます。

イヤホンジャックのないiPhoneは変換すればOK!

2016年発売のiPhone 7以降は、イヤホンジャックが廃止されています。

イヤホンジャックがないiPhone
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone X/XR/XS/XS Max
  • iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone12/12 mini/12 Pro/12 Pro Max

これらの機種に有線イヤホンを接続したい場合、

  • Lightning接続端子のイヤホン
  • 3.5mmイヤホンジャックの端子をLightning端子に変換するアダプター

のどちらかを用意すれば、問題なく有線接続が可能です。

価格を見る

イヤホンを選ぶときは、価格を見ることも大切です。

イヤホンは、さまざまなメーカーが安価なものから高価なものまで幅広く販売しています。

基本的には、値段が高い方が性能や音質は良いとされています。

しかし、安くても高性能なものはありますし、必要な機能さえ搭載されていればよいという人は価格が安いものでも十分です。

イヤホン選びに迷ったときは、予算内のものから性能や機能を絞っていくと選びやすいですよ。

性能から選ぶ

イヤホンによって、音質や機能はさまざまです。

選ぶときは自分にはどんな機能が必要なのか、性能面もチェックしましょう。

イヤホンを選ぶ際にチェックしておきたい性能
  • ハイレゾ対応か
  • ワイヤレスイヤホンは対応コーデックもチェック
  • 防水対応か
  • 連続再生時間や充電時間
  • ノイズキャンセリング機能搭載か

例えば音質を重視する人なら、ハイレゾ対応のイヤホンがおすすめです。

ハイレゾとは、CDよりもたくさんの情報量を持つ高音質音源のこと。

圧縮された音源では表現できなかった空気感や臨場感を体感できます。

ライブ音楽や映画などを視聴するのに最適ですね。

ワイヤレスイヤホンの遅延が気になる人は、対応コーデックをチェックしてください。

コーデックとは、Bluetooth通信でiPhoneからイヤホンへ音を送る際にデータを圧縮し、通信可能な状態にする規格のことです。

iPhoneが対応しているコーデックの規格には、SBCとAACがあります。

AACの方が遅延が少なく、高音質な音楽が視聴できますよ。

防水対応もチェック

運動中に使用したい人や、屋外での使用が想定される人は、防水に対応しているかどうかも重要です。

防水に対応しているイヤホンなら、汗や雨で濡れても故障の心配がありません。

防水性能は、各商品に記載されているIP等級をチェックしてください。

最も防水性が高いのはIPX8です。IPX4以上あれば完全防水とはいかないものの、汗や軽い雨に濡れる程度なら問題なく使用できるでしょう。

この他にも、ワイヤレスイヤホンなら連続再生時間の長さやバッテリー容量の大きさをチェックしておくのも重要ですよ。

自分が使うシーンや用途を考えてみて、必要な機能をチェックしてみてくださいね。

装着方法をチェック

イヤホンの種類はさまざまで、使い心地が異なります。

使うシーンや好みに応じて選ぶようにしましょう。

イヤホンの種類
  • カナル型
    イヤホンの形で最も多いタイプ。イヤーピースと呼ばれる先端部分を耳に差し込んで装着する
    耳の穴にしっかりフィットすれば遮音性が高く、音漏れしにくい
  • インナー型
    イヤホンを軽く耳に挿入し、耳甲介と呼ばれる部分に乗せるタイプ
    カナル型と違って耳の穴をふさがないので、装着感が軽く、長時間の使用に使いやすい
  • 耳かけ型
    耳にひっかけて使うタイプ。耳にイヤホンを入れないので圧迫感がない
    耳穴のサイズを気にしなくていいのが利点

さらにワイヤレスイヤホンの場合は、左右独立タイプやネックバンド型など、形状にも種類があります。

ワイヤレスイヤホンの形状タイプ
  • 左右独立タイプ
    左右のイヤホンが独立しているタイプ。ケーブルが一切なく、イヤホンを耳の穴に入れるだけで使用できる
  • 片耳タイプ
    左右どちらかの耳に装着するタイプ。音楽を視聴するよりもハンズフリーの電話をするために使われることが多い
  • ネックバンド型
    左右のイヤホンがケーブルでつながっているタイプ。ケーブルは首にかけるようになっているので、イヤホンが耳から外れたときの落下防止効果がある

純正か他メーカーかを見る

iPhoneでは、純正のイヤホンはもちろん他メーカーのイヤホンも使用できます。

iPhoneの純正イヤホンは音質が良く、当然ながらiPhoneとの相性の良さも抜群です。

しかし、他メーカーのイヤホンにも高音質なものはたくさんありますし、独自機能を搭載しているものもあります。

他メーカーのイヤホンの場合、iPhoneの正規ライセンスである「MFi認証」を取得していれば、iPhoneのOSがアップデートされても使えるので安心です。

他メーカーのイヤホンから選ぶ場合は、MFi認証を取得しているかチェックしておくとよいでしょう。

純正の見分け方は?

Appleの純正イヤホンは、公式オンラインショップだけでなく、ECサイトでも販売されています。

しかし、中には偽物もあるため、購入するときは注意が必要です。

純正かどうか見分けるときは、以下のポイントをチェックしてみてください

純正の見分け方
  • 外箱にJANコードと技適マークが印字されているか
  • 説明書に日本語表記があるか
  • 充電ケースに印字されているシリアルナンバーがAppleで確認できるか
  • ケーブルに「Designed by Apple in California」という文字やシリアルナンバーが記載されているか

【純正】iPhoneで使えるワイヤレスイヤホンおすすめランキング

AirPods Pro

画像引用元:AirPods Pro – Apple(日本)

ここからは、iPhoneで使える純正ワイヤレスイヤホンのおすすめをランキング形式でご紹介します。

Apple純正のワイヤレスイヤホンは、非常に性能が高いです。

そのため、どのイヤホンを選べばいいのか迷ったときは、純正品を購入しておけば間違いありません。

iPhoneでおすすめの純正ワイヤレスイヤホン
  • 1位:Apple AirPods Pro
  • 2位:Apple AirPods

1位:Apple AirPods Pro

Airpods pro

画像引用元:air-pods-pro

Apple AirPods Proは、Apple純正のワイヤレスイヤホンの最新モデル。

iPhoneで音楽や動画を楽しみたい人にイチオシのイヤホンです。

項目スペック
音楽連続再生時間最大4.5時間
充電時間5分の充電で約1時間利用可能
重さ5.4g
BluetoothバージョンVersion 5.0
BluetoothコーデックAAC/SBC

AirPods Proは、シリーズ初のカナル型が採用されています。

カナル型になったことで、密閉性・遮音性がぐっと上がっているのが特徴です。

また、イヤーチップが3サイズ同梱されているので、自分の耳にベストなサイズ感で使用できますよ。

強力なノイズキャンセリング機能を搭載しているため、雑音をかき消し、周囲の音を気にせず動画や音楽が楽しめます。

加えて、外部音取り込みモードも搭載。

周囲の音を遮断せずに使用できるため、AirPods Proをつけたまま人と会話することも可能です。

ノイズキャンセリングと外音取り込みモードの切り替えは、1タップで簡単に操作できますよ。

AirPods Proの価格

販売店価格
Apple Store30,580円

2位:Apple AirPods

Airpods

画像引用元:air-pods2

Apple AirPodsは、前回のAirPodsと同様、インナー型を採用しました。

耳にひっかけて使用するため圧迫感がなく、手軽に利用できるのが魅力です。

AirPodsにはApple H1ヘッドフォンチップが搭載されています。

項目スペック
音楽連続再生時間最大5時間
充電時間15分の充電で最大3時間利用可能
重さ4g
BluetoothバージョンVersion 5.0
BluetoothコーデックAAC/SBC

そのため、Siriも使用可能となり、話しかけるだけで通話・音楽再生・音量調整・経路検索・バッテリー残量の確認などが行えますよ。

使用するデバイスとの接続も早くなったので、快適に使用することができるでしょう。

Apple AirPodsの価格

販売店価格
Apple Storewith Wireless Charging Case
25,080円
with Charging Case
19,580円

【ワイヤレス】iPhoneで使えるイヤホンおすすめランキング

ブルートゥースイヤホン
続いて、iPhoneで使える他メーカーのワイヤレスイヤホンをランキングでご紹介します。

先ほど解説した通り、他メーカーが販売するワイヤレスイヤホンもiPhoneで使用できます。

iPhoneで使えるおすすめのワイヤレスイヤホン
  • 1位:Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro
  • 2位:SONY WF-1000XM3
  • 3位:ag TWS08R
  • 4位:Noble Audio FALCON
  • 5位:SONY WI-1000XM2

1位:Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

Anker-Soundcore-Liberty-Air-2-Pro

画像引用元:Soundcore Liberty Air 2 Pro|Anker (アンカー) Japan公式サイト

AnkerのSoundcore Liberty Air 2 Proは、シリーズ最上位モデルです。

新たに、ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能を搭載しました。

ノイズキャンセリング機能は、屋内・屋外・交通機関の3つの消音モードがあり、場所や環境に適したノイズカットが可能です。

項目スペック
音楽連続再生時間最大7時間
充電時間15分の充電で約2時間使用可能
重さ約62g(充電ケース含む)
BluetoothバージョンVersion 5.0
BluetoothコーデックAAC/SBC

外音取り込み機能では、環境音がしっかり聞こえるので、イヤホンをつけたままでも普通の会話ができますよ。

ワイヤレス接続の安定性も高く、音飛びや音切れしにくいのも魅力のひとつ。

音質にこだわりたい人にもおすすめのイヤホンです。

音楽再生時間は通常モードで最大7時間。ケースを併用すれば最大26時間と長時間再生が可能です。

イヤホンの形状はカナル型を採用しています。

イヤーピースが9サイズも付属されているため、どんな耳穴サイズにもフィットして心地よく使えますよ。

IPX4の防水対応なので、ちょっとした汗や雨で濡れても安心なのもうれしいポイントですね。

販売店価格
公式ストア12,980円
Amazon12,980円

2位:SONY WF-1000XM3

SONY WF-1000XM3

画像引用元:WF-1000XM3 | ヘッドホン | ソニー

音質や遅延の少なさを重視する人には、SONYのWF-1000XM3がおすすめです。

左右イヤホンそれぞれが音を受信する左右同時伝送を実現しました。

左右イヤホン間の伝送がなくなったため、安定性が向上。音飛びや遅延を低減することができます。

動画再生などでイヤホンを使用する人も遅延が気にならず、快適に視聴できるでしょう。

項目スペック
音楽連続再生時間最大6時間
充電時間1.5時間
重さ8.5g
BluetoothバージョンVersion 5.0
BluetoothコーデックAAC/SBC

さらに、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載しています。

雑音を抑え、音がクリアに聞こえるので、高音質で音楽が楽しめますよ。

最大使用時間は最長6時間。ケースとの併用で最大24時間使用可能です。

ただし、防水性能はありませんので、水で濡らさないよう注意してください。

販売店価格
公式ストア27,500円
Amazon21,600円

3位:ag TWS08R

ag TWS08R

画像引用元:TWS08R 商品詳細|final DIRECT SHOP

ag TWS08Rは、カナル型のイヤホンです。

イヤーピースは4サイズ付属しているため、自分の耳穴にぴったりなサイズで装着できます。

また、傘が柔らかいため、フィットしやすいのも利点です。

項目スペック
音楽連続再生時間最大7時間
充電時間2時間
重さ42g(充電ケース含む)
BluetoothバージョンVersion 5.0
BluetoothコーデックAAC/SBC

再生時間は最大7時間。ケースと併用すれば最大28時間の再生が可能です。

かなりのロングバッテリーなので、外出先で使用する際にも安心して使えます。

IPX4の防水にも対応しているので、雨や汗をかいても安心して使えます。ジョギングなどで使用したい人にもぴったりです。

これだけ優れた性能ながら、1万円以下で購入できるのも魅力的です。

安くて性能がいいワイヤレスイヤホンをお探しの人は、ぜひチェックしてみてください。

販売店価格
公式ストア7,980円
Amazon7,980円

4位:Noble Audio FALCON2

Noble Audio FALCON2

画像引用元:高音質ワイヤレスイヤホン FALCON │ Noble Audio Japan

Noble AudioのFALCON2は、接続品質・切れにくさ・音質・安心をテーマに作られたワイヤレスイヤホンです。

優れた音質を実現するため、QUALCOMM製SoC「QCC3040」を採用しました。

iPhoneやAndroidスマホと接続し、高音質な音楽が楽しめますよ。

項目スペック
音楽連続再生時間最大5.5時間
充電時間1時間
重さ-
BluetoothバージョンVersion 5.2
BluetoothコーデックAAC/SBC

左右イヤホンそれぞれにデータを伝送するTrueWireless Stereo Plusにも対応。

スマホとの接続が安定するほか、音の遅延も軽減されるため、動画再生時の使用にも適しています。

連続再生時間は最長5.5時間。ケースを含めると最長10時間の再生が可能です。

イヤホンの形状は、耳への負担を少なくするために、人間工学デザインで最適化されています。

性能だけでなく、耳への負担も考えられているので、長時間装着することが多い人も安心して使えますよ。

防水等級はIPX7に対応しているので、水に濡れても安心です。

販売店価格
楽天市場16,990円
Yahoo!ショッピング16,990円

5位:SONY WI-1000XM2

SONY WI-1000XM2

画像引用元:WI-1000XM2 | ヘッドホン | ソニー

耳かけ型のワイヤレスイヤホンをお探しの人は、SONYのWI-1000XM2をチェックしてみてください。

シリコン製の柔らかいネックバンドを採用しているため、装着性が向上しています。

安定したつけ心地で、運動中に装着するのにもおすすめです。

項目スペック
音楽連続再生時間最大10時間
充電時間3.5時間
重さ44g
BluetoothバージョンVersion 5.0
BluetoothコーデックAAC/SBC/LDAC

業界最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載しており、飛行機のエンジン音や人の声まで、幅広い音域のノイズを低減できます。

さらに、ハイレゾ対応なので高音質な音が楽しめますよ。

また、DSEE HX搭載なので、CDやMP3などの圧縮音源も高音質で視聴可能です。

再生時間は最長10時間となっています。

販売店価格
公式ストア38,500円
Amazon33,987円

【有線】iPhoneで使えるイヤホンおすすめランキング

iPhoneでハイレゾ音源を聴く
最後に、iPhoneで使える有線イヤホンのおすすめをランキングでご紹介します。

高性能なワイヤレスイヤホンなら音の遅延などが気にならないものも多いですが、価格が高いのが難点です。

手ごろな価格で高品質の音を楽しみたいなら、有線イヤホンをチェックしてみましょう。

iPhoneで使えるおすすめの有線イヤホン
  • 1位:Apple EarPods with Lightning Connector
  • 2位:Pioneer RAYZ Plus SE-LTC5R
  • 3位:ELECOM EHP-LCH1010MGD
  • 4位:Owltech OWL-EPLT01
  • 5位:Beats by Dr. Dre urBeats3

1位:Apple EarPods with Lightning Connector

Apple EarPods with Lightning Connector

画像引用元:EarPods with Lightning Connectorを購入 – Apple(日本)

iPhoneで使える有線イヤホンなら、Apple純正のEarPods with Lightning Connectorは外せません。

耳の形状に基づいて設計されているため、快適に装着できるのが魅力です。

また音質も優れており、音割れなども気にならず高音質再生が可能ですよ。

項目スペック
ドライバーユニットダイナミック型
コード長118cm
・Y字根元まで:約80cm
・Y字からヘッド:約33.5cm

またケーブルにはリモコンが搭載されています。

音楽の再生や一時停止、電話の受話・終話などの操作が可能です。

販売店価格
Apple Store2,200円

2位:Pioneer RAYZ Plus SE-LTC5R

Pioneer RAYZ Plus SE-LTC5R

画像引用元:RAYZ Plus | RAYZ | Pioneer

PioneerのRAYZ Plus SE-LTC5Rも、Lightning接続端子の有線イヤホンです。

ケーブルに充電専用のLightningポートを搭載しているため、iPhoneを充電しながらイヤホンを使用することができます。

イヤホン使用時のデメリットを解決できるため、バッテリー残量が心配なときにも使えて便利ですよ。

項目スペック
ドライバーユニットダイナミック型
コード長120cm

さらに、ノイズキャンセリング機能も搭載。周囲の雑音を遮断し、音楽に集中できます。

外音を取り込むHearThruモードにも切り替え可能など、性能面が優れているのがポイントです。

販売店価格
公式ストア17,380円
Amazon16,800円

3位:ELECOM EHP-LCH1010MGD

ELECOM EHP-LCH1010MGD

画像引用元:MFi認証 EHP-LCH1010MGD

ELECOMのEHP-LCH1010MGDは、iPhoneの正規ライセンスMFi認証取得済みのイヤホンです。

ハイレゾ対応なので、高音質な音が楽しめます。

また、音質を高めるために、高剛性真鍮ハウジングを採用。大型前置ネオジムマグネットを採用するなど、さまざまな工夫がしてあるのも魅力。

項目スペック
ドライバーユニットダイナミック型
コード長120cm

力強い低音と伸びやかな中高音を再現してくれます。

Lightning端子対応なので、変換アダプターなしで使用可能です。

イヤーピースが3サイズ付属されているため、フィット感も選べますよ。

ケーブルには多機能リモコンマイクを搭載しています。

販売店価格
ヨドバシ.com6,360円

4位:Owltech OWL-EPLT01

Owltech OWL-EPLT01

画像引用元:Lightningコネクタから音楽を聴けるイヤホン | 株式会社オウルテック

OwltechのOWL-EPLT01は、低価格で購入できる有線イヤホンをお探しの人におすすめです。

リーズナブルな価格ですが、EDMやロックなどに最適化されたチューニングで、低音がダイナミックに楽しめます。

項目スペック
ドライバーユニット-
コード長90cm

iPhoneの正規ライセンスMFi認証取得済みだから、OSアップデート後も安心して使用できるのもうれしいポイント。

イヤーピースが3種類付属されているため、フィット感も調整可能です。

販売店価格
公式ストア3,938円
Amazon3,600円

5位:Beats by Dr. Dre urBeats3

Beats by Dr. Dre urBeats3

画像引用元:Amazon.co.jp: urBeats3 カナル型イヤホン 3.5mmプラグ

Beats by Dr. DreのurBeats3は、細かな音響設計が施されており、上質なサウンドが楽しめるイヤホンです。

Siriにも対応しているため、声で操作することもできますよ。

項目スペック
ドライバーユニット-
コード長350cm

イヤホン部分はマグネットになっているため、イヤホン同士をくっつけておくことができます。

イヤホンがバラバラにならないので、持ち運びに便利ですね。

また、からまりにくいフラット構造のケーブルを使用しているのもうれしいポイントです。

販売店価格
Amazon6,509円

iPhoneで使えるイヤホンの種類は豊富!必要な用途や機能から選ぼう

今回は、iPhoneで使えるおすすめのイヤホンを種類別に紹介してきました。

iPhoneでは、純正のイヤホンだけでなく他メーカーのイヤホンも使用できます。

メーカーによってさまざまな特徴があり、自分に合ったイヤホンを見つけることができますよ。

イヤホン選びに迷った時は、今回解説したイヤホン選びのポイントを参考にしてみてくださいね。

iPhoneで使えるイヤホンを選ぶときのポイント
  • ワイヤレスか有線かを見る
  • 価格を見る
  • 性能から選ぶ
  • 装着方法をチェック
  • 純正か他メーカーかを見る
完全ワイヤレスイヤホンおすすめ人気ランキング【iPhone/Android】

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
annacom14
宮城県出身の元キャリアショップ店員。ドコモ・au・ソフトバンクでの勤務経験があり、その知識を活かしウェブライターに転身。 契約中のキャリアはドコモ。スマホはiPhone、タブレットはiPadを使用。 漫画やアニメを観るのが毎日の楽しみ。ダイエッターでもあり、3ヶ月で10kgの減量に成功。美ボディを目指して奮闘中!