歴代iPhoneの付属イヤホン3種類まとめ|それぞれの特徴も解説

  • 2021年12月20日
  • by.araki

iPhone付属イヤホン

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

本記事では、iPhoneに付属してきた歴代のイヤホンについてまとめています。

現在は付属してこないイヤホンも、Apple Storeでは新品が販売中です。

それぞれの特徴を理解しておけば、これからApple Storeでイヤホンを購入する際の役に立つことでしょう。

【2021年】iPhoneで使えるイヤホンおすすめランキング|相性のいいものは?

歴代iPhoneの付属イヤホン3種類まとめ

iPhoneの付属イヤホンは、これまで大きく分けると3種類出ています。

歴代の付属イヤホン
  • Earbuds
  • EarPods(3.5mmプラグ)
  • EarPods(Lighting端子)

これらはどういったイヤホンなのか、どのiPhoneに付属してきたものなのか、順番に解説していきます。

1世代目:Earbuds

iPhone旧イヤホン

画像引用元: Apple Earbuds With Mic – Emerta

Earbudsは、インナーイヤー型のイヤホンです。

インナーイヤー型とは、耳介に引っ掛けるように装着するイヤホンのことで、空間表現力が高いことがよく特徴としてあげられます。

反面、耳から外れやすく、音漏れしやすいというデメリットがあります。

Earbudsは2回改良されてきましたが、現在はApple Storeでも取り扱われていません。

中古以外では入手不可です。

Earbudsが付属していたiPhone一覧

機種発売年
iPhone(初代)2007年
iPhone 3G2008年
iPhone 3GS2009年
iPhone 42010年
iPhone 4S2011年

2世代目:EarPods(3.5mmプラグ)

EarPods

画像引用元:EarPods with 3.5 mm Headphone Plug – Apple(日本)

EarPods(3.5mmプラグ)は、カナル型のイヤホンです。

カナル型とは、耳栓のように外耳道にイヤーピースを差し込むイヤホンのことで、遮音性が高く音漏れしにくいという特徴があります。

EarPods(3.5mmプラグ)は非常につけ心地が良いと評判で、現在もApple Storeで2,200円で販売されています。

筆者も有線イヤホンが必要な時はEarPods(3.5mmプラグ)を使っています。

もともと音にこだわっていない筆者からすれば、音質は十分だと感じていますし、なにより長時間つけていても耳が痛くならないのが嬉しいですね。

Appleが長年改良しないのもわかります。本当に傑作だと思います。

ちなみに、前のEarbudsが合計3種類出ていることから、EarPods(3.5mmプラグ)を4世代目として数えることもあるようです。

EarPods(3.5mmプラグ)が付属してきた歴代iPhone一覧

機種発売年
iPhone 52012年
iPhone 5c2013年
iPhone 5s
iPhone 62014年
iPhone 6 Plus
iPhone 6s2015年
iPhone 6s Plus
iPhone SE(第1世代)2016年

3世代目:EarPods(Lighting端子)

EarPods

画像引用元:EarPods with 3.5 mm Headphone Plug – Apple(日本)

EarPods(Lighting端子)は、3.5mmプラグではなくLightning端子になったEarPodsです。

2016年に発売されたiPhone 7から3.5mmイヤホンジャックが廃止されたことで登場しました。

それ以外はEarPods(3.5mmプラグ)と変わりません。

Apple Storeでの価格も2,200円と同じです。

EarPods(Lighting端子)が付属してきた歴代iPhone一覧

機種発売年
iPhone 72016年
iPhone 7 Plus
iPhone 82017年
iPhone 8 Plus
iPhone X
iPhone XS2018年
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone 112019年
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone SE(第2世代)2020年

現在:イヤホンの付属はなし

iPhone 12 Proの付属品

2020年にiPhone 12シリーズが発売されて以降、iPhoneにはイヤホンが付属してこなくなりました。

現在はiPhone 11以前のiPhoneにも付属してきません。

Appleはこれをエコのための判断だと説明していますが、もしかするとコスト削減や「別途購入してほしい」という意図があるのかもしれません。

EarPodsはApple Storeで販売中!

以上、iPhoneに付属してきた歴代のイヤホンについてでした。

歴代の付属イヤホン
  • Earbuds
  • EarPods(3.5mmプラグ)
  • EarPods(Lighting端子)

EarPods(3.5mmプラグ)とEarPods(Lighting端子)の違いは本当に端子だけなので、もっと大雑把に分けると2種類しか出ていないと考えることもできそうですね。

それだけEarPodsの出来が良く、早い段階で改良の必要がなくなったことを示しています。

しかし現在はもう付属していません。

EarPods(3.5mmプラグ)もEarPods(Lighting端子)もApple Storeで2,200円で販売中です。

ここからは余談ですが、実は「2020年のiPhoneにはワイヤレスイヤホンが付属してくる」という予想もありました。

その根拠は、「2020年のiPhoneから完全ポートレスになると思うから」というもの。

ところが、実際に発売されたiPhone 12シリーズには、イヤホンが付属していませんでした。

また、これまでと変わらずLightningコネクタを搭載していたのです。

2021年発売のiPhone 13シリーズでも状況は変わっていません。

ここまできたら、今後iPhoneにイヤホンが付属することはないかもしれませんね。

AirPods ProとAirPodsを比較|違いは何?おすすめはどっち?

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年。クラウドワークスでは「TOPプロクラウドワーカー」に認定される。 常に最新のAndroidとiOSを使うのがモットーで、5GやWi-Fi 6にもすぐ飛びついた新しいもの好き。iPadやApple Watchも愛用中。ただしパソコンはWindowsがメイン。 暇さえあればYouTubeを見ている。