iPhoneでハイレゾ音源を聴く方法|必要な3つのものと正式対応はいつなのか

  • 2021年2月22日
  • by.araki

音楽を聴く

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、iPhoneでハイレゾ音源を聞く方法を解説します。

実はiPhoneにハイレゾ音源を保存しただけでは、ハイレゾ音源は聴けません。配信サイトから音源を購入した場合も同様です。

iPhoneでハイレゾ音源を聴くためには、最低でも3つのアイテムが必要になります。

iPhoneでハイレゾ音源を聴く方法まとめ
  • iPhoneだけではハイレゾ音源を聴けない
  • まずはハイレゾ再生アプリが必要
  • ハイレゾ対応のアンプ+イヤホン/ヘッドホンも必須
  • iPhoneのハイレゾ対応は予定なし

トップ画像引用元:NePLAYER|高音質ハイレゾ再生アプリ

iPhoneでハイレゾ音源を聴く方法

iPhone 12 mini

まずiPhoneの標準アプリやスピーカーは、ハイレゾ音源に対応していません。

そのため、「mora」や「OTOTOY」「e-onkyo music」といったハイレゾ音源配信サイトで音源を購入したとしても、ハイレゾ音源は聴けないのです。

iPhoneでハイレゾ音源を聴くためには、ハイレゾ再生アプリが必要です。

また、ハイレゾ対応ヘッドホンアンプハイレゾ対応イヤホン/ヘッドホンも購入する必要があります。

ハイレゾ対応のヘッドホンアンプは安いものだと20,000円くらいから、ハイレゾ対応のイヤホン/ヘッドホンは3,000円くらいから購入可能です。

ハイレゾを聴くのに必要なもの
  • ハイレゾ再生アプリ
  • ハイレゾ対応ヘッドホンアンプ
  • ハイレゾ対応イヤホン/ヘッドホン

おすすめのヘッドホンアンプ

ヘッドホンアンプとは、iPhoneとイヤホン/ヘッドホンの間に挟む機器です。

iPhoneはハイレゾ音源の出力に対応していないので、ハイレゾ音源のままイヤホン/ヘッドホンに届けるには、ハイレゾ対応のヘッドホンアンプが必須となります。

ヘッドホンアンプについては、まったくわからない、自分では選びようがないという方が多いと思いますので、ド定番のものを紹介します。

radius AL-LCH81

iPhoneに使えるハイレゾ対応ヘッドホンアンプの定番商品です。手頃な価格で購入できることもあり、他のメディアでもよく紹介されています。

iPhoneを持ち歩きながら聴くことを考えると、他の選択肢はあまり考えられません。

» Amazonで「radius AL-LCH81」を見る

ハイレゾ再生対応のおすすめアプリ

ハイレゾ再生対応のおすすめアプリ

画像引用元:neplayer radius|ラディウス

ハイレゾ再生アプリでもっとも人気なのは「NePLAYER」です。

リリース後、App Storeのミュージックカテゴリーですぐに第1位を獲得し、今日までずっとハイレゾ再生アプリの代表として利用され続けています。

UIが直感的でわかりやすいことや、Apple MusicやSpotifyに対応していることが人気の理由です。

価格は1,840円の買い切りですが、「Lite」版なら360円の課金からハイレゾ再生できます。

NePLAYER

アップルストア

NePLAYER Lite

アップルストア

その他の有名アプリ

「NePLAYER」以外のハイレゾ再生アプリも紹介します。

ただ、これらは明確な優劣を付けられるものではありません。最終的には自分の好みで選ぶのが一番です。

よくわからないうちは、一番人気の「NePLAYER」が無難ですね。

iAudioGate

iAudioGate

画像引用元:iAudioGate for iPhone – HIGH RESOLUTION MUSIC PLAYER | KORG (Japan)

iAudioGateは1,800円の買い切り再生アプリです。

アップルストア

Onkyo HF Player

Onkyo HF Player

画像引用元:オーディオ&ビジュアル製品情報:Onkyo HF Player

Onkyo HF Playerは1,200円の有料版でハイレゾ再生できます。

アップルストア

ハイレゾが聴けるおすすめ音楽サブスク

Amazon Music HD 1

画像引用元:Amazon Music HD | 高音質ストリーミング配信

定額音楽配信サービス(サブスク)でハイレゾが聴けるのは「Amazon Music HD」です。

月額1,980円(プライム会員なら1,780円)で約7,000万曲が聴き放題!

今なら初回3ヶ月間は無料で試せます

ただしAmazon Music HDには、2種類の音質があります。

Amazon Music HDの音質
  • HD:最大850kbps
  • Ultra HD:最大3,730kbps

このうち「Ultra HD」のものがハイレゾに当たります。

「Ultra HD」で聴けるのは、Amazon曰く「500万曲以上」。

CD音質の非圧縮データのビットレートが1,411kbpsであることを考えると、Amazon Music HDの「Ultra HD」のすごさが想像しやすいのではないかと思います。

他のサブスクと比較

参考としてAmazon Music HDと他のサブスクを比較して見てみましょう。

サービス名月額曲数最大音質
Amazon Music HD1,980円※1約7,000万曲3,730kbps
Amazon Music
Unlimited
980円※2約7,000万曲256kbps
Spotify980円約5,000万曲320kbps
LINE MUSIC980円約6,600万曲320kbps
Apple Music980円約7,000万曲256kbps
YouTube Music980円非公開256kbps

※1 プライム会員なら1,780円
※2 プライム会員なら780円

Amazon Music HDは音質も価格も圧倒的に高いことがわかります。

外部機器や再生アプリもそうですが、やはりハイレゾを楽しむためにそれ相応の額を払わなくてはいけないのは、仕方のないことと言えるでしょう。

ハイレゾ対応のおすすめイヤホン/ヘッドホン

ここからは、ハイレゾに対応しているおすすめのイヤホン/ヘッドホンをなるべく幅広い価格帯で紹介します。

ハイレゾ対応のイヤホン/ヘッドホンは、数多く出回っている上にピンキリです。

今回は初心者の方でも安心して購入できるように、有名な国内メーカー製のものだけをピックアップしました。

紹介する順番は価格の安い順です。

SONY MDR-XB55

SONY製のハイレゾ対応イヤホンながら、非常にお手頃な価格で購入できます。

リモコン・マイクのついたバージョンも選べます。

「とりあえずハイレゾ対応なら良い」という方なら、十分に満足できるでしょう。

» Amazonで「SONY MDR-XB55」を見る

JVC HA-FX99X

こちらはJVCのハイレゾ対応イヤホンです。

「SONY MDR-XB55」より高価な分、重低音が心地よく響きます

» Amazonで「JVC HA-FX99X」を見る

Panasonic RP-HD10-K

Panasonicのハイレゾ対応のヘッドホンです。

イヤホンとは違った高い密封性が、ハイレゾの音質を引き立てます。

またオーバーヘッドホンとしては初の水平方向アジャスト機構を搭載しているため、ハウジングとヘッドバンドを、頭の形状にもっともフィットする位置に調整可能です。

価格に対する性能の高さが評判で、どんなジャンルの音楽でもオールマイティーに活躍します。

» Amazonで「Panasonic RP-HD10-K」を見る

SONY XBA-N1

SONYの高級イヤホンの部類に入るものです。

やはり低価格なものとは音質が根本的に違います。特に低音の響きに唸る購入者が多いのが特徴です。

ただ、この辺りのグレードだからこそ、格安イヤホンにはない製品ごとの個性も目立ちます。

こだわりの強い方だと「高音が物足りない」と感じることもあるようです。

もっとも、普通の人にとっては十分に良い音質なのですが。

» Amazonで「SONY XBA-N1」を見る

JVC HA-FW01

最初から最高のものを買いたい方には、JVCのこのイヤホンがおすすめです!

3万円以上と高額ながら、「むしろ安い」という意見が出るほどの高音質。

特に、高音から低音まで苦手のないバランスの良さが評判です。

臨場感や音の広がりも心地よく、長時間聴いていても不思議と疲れません。

決して安い買い物ではありませんが、それに見合った満足感を得られる可能性が非常に高いです。

» Amazonで「JVC HA-FW01」を見る

iPhoneでハイレゾ音源を聴く際の注意点

格安SIMの速度切替え機能を使う場合は帯域制限に注意の画像

ここまで解説してきたように、iPhoneでハイレゾ音源を聴くためには外部のアプリや機器を頼る必要があります

再生アプリとヘッドホンアンプ、イヤホン/ヘッドホンのうち、どれか1つでも欠けていたり、ハイレゾ非対応のものが混ざっていたりしたら、iPhoneでハイレゾ音源は聴けません。

そしてこれらを揃えるには、決して少なくないお金が必要です。

iPhoneの正式なハイレゾ対応はいつ?

iPhone 12 miniレビュー

それでは、外部アプリや機器に頼らず、iPhoneを買うだけでハイレゾ音源が聴けるようになる日はいつになるのでしょうか。

残念ながら、iPhoneだけでハイレゾ音源が聴けるようになるという話は今日まで一切出ていません

根拠のない噂を含めても聞いたことがないです。

それだけハイレゾ音源を聴くための技術的なハードルがまだまだ高いということでしょう。

ハイレゾ音源を聴くには出費も覚悟!

以上、ハイレゾ音源をiPhoneで聴く方法についてでした。

ハイレゾを聴くのに必要なもの
  • ハイレゾ再生アプリ
  • ハイレゾ対応ヘッドホンアンプ
  • ハイレゾ対応イヤホン/ヘッドホン

たとえハイレゾ音源を購入してiPhoneに保存しても、そのままではハイレゾ音源の再生はできません。別途、外部アプリや製品を用意する必要があります。

ハイレゾ対応イヤホン/ヘッドホンとは別に、2万円ほどの出費は覚悟してください。

高額な出費は痛いですが、逆に考えれば、必要なものさえ揃えればiPhoneでもハイレゾ音源が聴けるということです。

ぜひ今回ご紹介したアプリや機器を揃えて、iPhoneでハイレゾの世界を体験してみてくださいね。

【2021年】音楽アプリおすすめ人気ランキング|最新の無料/有料アプリを徹底比較

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

【2021年】スマホおすすめランキング