iPhoneのホーム画面をおしゃれにカスタマイズする方法【3分で整理】

iPhoneのホーム画面をおしゃれにカスタマイズする方法【3分で整理】

  • 更新日:2024年1月4日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024年1月4日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

この記事では、人気iPhoneのホーム画面をおしゃれにカスタマイズする方法を解説します。

iPhoneで一番目にする画面といえば、ホーム画面ですよね。

iOS 14以降からホーム画面のカスタマイズ関連機能が強化されたことにより、ついにiPhoneもホーム画面を自由にカスタマイズできるようになりました。

そこで本記事では、iPhoneのホーム画面をおしゃれにするためのコツ、カスタマイズする方法、ホーム画面の整理方法、テーマ別のデザイン例、おすすめのアプリなどを紹介します。

iPhoneのホーム画面をオシャレにする方法

iPhoneのホーム画面をおしゃれにカスタマイズする方法

ここではiPhoneのホーム画面をカスタマイズする方法を解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

iPhoneを買うならau Online Shopで!

  • auで販売している全てのiPhoneが対象!
  • 他社から乗り換えなら最大22,000円相当割引!
  • さらにiPhone15なら最大44,000円相当割引!
目次
この記事を書いた人
ライター歴11年目のフリーランスライター。パソコン・スマホ・格安SIM関連の書籍やWebメディアを多数執筆。iPhoneの可能性に惹かれてこの道に入った、スマホ大好き人間。

iPhoneのホーム画面をおしゃれにするためのコツ

iPhoneのホーム画面をおしゃれにするためのコツiPhoneのホーム画面を自由にカスタマイズできるようになったとはいえ、ただ適当に壁紙・ウィジェット・アプリのアイコンを変更するだけだと失敗してしまいます。

まずは、事前準備としてホーム画面をおしゃれにするための5つのコツをマスターしましょう。

それぞれのコツを見ていきましょう。

全体の色合いを合わせる

Adobe Color

画像引用元:カラーホイール、カラーパレットジェネレーター| Adobe Color

1つ目のコツが、全体の色合いを合わせることです。

iPhoneのホーム画面の色合いは、特に背景とアイコンの色合いの相性が重要です。

ホーム画面全体の色合いがバラバラだと統一感がなく、雑然とした印象になります。

そのため、同系色または補色の色合いを選択することで、デザインに統一感が生まれておしゃれな印象を与えることができます。

ちなみに補色とは、色相環が正反対にある色のことです。

例えば赤色と緑色、黄色と紫色などが補色関係にあります。

お互いの色を目立たせてくれるので、不思議と相性が良いですよ。

色の組み合わせに迷ったら、「Adobe Color」などの配色デザインサービスを利用してみるのもおすすめです。

▲章のはじめに戻る

フォントや絵柄が統一された素材を使う

2つ目のコツが、フォントや絵柄が統一された素材を使うことです。

iOS 14以降は、フォントアプリをインストールすることで、対応アプリ内でのフォントを好きなものに変更できるようになりました。

フォントは情報を伝えるだけでなく、エレガントであったりポップであったりと、それぞれ異なる雰囲気を持っています。

例えば明朝体であれば「真面目」「和風」「高級感」というイメージ、丸ゴシック体であれば「かわいい」「ポップ」「子どもっぽい」というイメージが一般的です。

壁紙やアイコンがかわいい絵柄のデザインなら、フォントは丸ゴシック体のような丸みを帯びたかわいらしいフォントといったように、デザインと相性の良いフォントとの組み合わせを考える必要があります。

もっとも、デザインの知識がない初心者にはこうした組み合わせまで考えるのは結構面倒です。

あらかじめフォント・絵柄が統一された素材を使うようにすれば、ホーム画面全体の見た目が整います。

▲章のはじめに戻る

大きいウィジェットは対角線に配置する

3つ目のコツが、大きいウィジェットは対角線に配置することです。

天気やニュースなどの情報量の多いウィジェットは、大きなサイズになりがちです。

こうした大きいウィジェットを、ほかのアプリと同じように適当に配置している人も多いのではないでしょうか。

デザインには、「対角線構図」という考え方があります。

対角線構図とは、画面内の要素を目線の動きに沿った対角線上に配置することで、画面にバランス感を生み出す構図のこと。

この構図は、iPhoneのホーム画面にも活かすことができます。

つまり、大きなウィジェットは、対角線に沿って配置すればOK。

ただし、ウィジェットはそれぞれ大きさが異なるため、すべてをきれいに対角線に配置できるわけではありません。

適切な大きさのウィジェットを選び、バランスを考慮しながら配置することが大切です。

▲章のはじめに戻る

シンメトリーを意識する

4つ目のコツが、シンメトリーを意識することです。

シンメトリーとは、左右対称または上下対称など、中心線を基準として対称的に配置することを意味します。

iPhoneのホーム画面では、同じ大きさのアイコンやウィジェットを左右対称・上下対称に配置することで、ホーム画面全体が整然としてバランスよく見えます。

ただし、ウィジェットは大きさがバラバラなことも多いため、全てをシンメトリーで揃えるのは難しいです。

前述した対角線の考えと同じく、適度にバランスを考慮しながら組み合わせることが大切です。

▲章のはじめに戻る

カラフルにするときは彩度を合わせる

5つ目のコツが、カラフルにするときは彩度を合わせることです。

彩度とは、色彩の明るさや鮮やかさのことです。

彩度が高いと鮮やかではっきりとした印象、彩度が低いと淡く繊細な印象を与えます。

「ビビッド(鮮やかな色調)」、「パステル(柔らかな色調)」、「ペール(彩度の低い色調)」など、彩度を表す名称も有名ですね。

彩度はデザインにおいて非常に重要で、見た目の印象を決定付ける要素の1つとなっています。

さて、iPhoneのホーム画面もたくさんの色を使ってカラフルにすると、それだけでもおしゃれに見えそうなもの。

しかし、彩度がバラバラだとちぐはぐな印象になってしまうので、素材の彩度はできるだけ合わせることが大切になってきます。

iPhoneのホーム画面をおしゃれにカスタマイズする方法

iPhoneのホーム画面をおしゃれにカスタマイズする方法
ここでは、iPhoneのホーム画面をカスタマイズする方法を解説します。

一部のカスタマイズ機能はiOS 14以降でないと利用できないため、あらかじめアップデートしておきましょう。

ウィジェット機能を使ってホーム画面をカスタマイズ

iPhone ウィジェット-BEFORE-AFTER

iPhoneのウィジェットとは、アプリを起動しなくても、ホーム画面上でアプリの情報を確認できる機能です。

ウィジェットには、天気、ニュース、バッテリー残量など、さまざまな種類が用意されています。

一目で情報を確認できるため、スマホの利便性を高める機能の一つとなっています。

なお、すべてのアプリがウィジェットに対応しているわけではないので、確認してみましょう。

ウィジェットの追加手順は次の通りです。

ホーム画面にウィジェットを追加する
  1. STEP.
    ホーム画面の背景を長押し
    ホーム画面のウィジェットを追加する-01
  2. STEP.
    「+」をタップ
    ホーム画面のウィジェットを追加する-02
  3. STEP.
    検索欄などで追加したいウィジェットを検索
    ホーム画面のウィジェットを追加する-03
  4. STEP.
    ウィジェットの詳細画面で、左右にスワイプしてウィジェットのレイアウトを選択。その後、「ウィジェットを追加」をタップ
    ホーム画面のウィジェットを追加する-04
  5. STEP.
    ウィジェットが追加されたら、「完了」をタップ
    ホーム画面のウィジェットを追加する-05
  6. 終了
ホーム画面のウィジェットを削除する
  1. STEP.
    ウィジェットを長押し
    ホーム画面のウィジェットを削除する-03
  2. STEP.
    「ウィジェットを削除」をタップ
    ホーム画面のウィジェットを削除する-02
  3. STEP.
    「削除」をタップ
    ホーム画面のウィジェットを削除する-03
  4. 終了

ウィジェットは、アプリと同じ手順で配置を変更できます。

対角線や対称を意識して配置を変更しましょう。

なお、一度設置したウィジェットは、後からサイズを変更することができません

サイズを変更したい場合は一旦ウィジェットを削除し、再度異なるサイズのウィジェットを追加してください。

▲章のはじめに戻る

ホーム画面のアプリアイコンをカスタマイズ

iPhoneのアプリデザインを変更する-BEFORE-AFTER

注意したいのが、ホーム画面に配置している元のアプリアイコンのデザインは変更できません。

ではどうするかというと、iPhoneの標準アプリ「ショートカット」を使います。

同アプリでは、アプリのショートカットを好きなデザインで作成し、ホーム画面に設置できます。

なお、アイコン素材はインターネットの素材配布サイトなどから入手できます。

事前にスマホへ保存しておきましょう。

  1. STEP.
    素材配布サイトで、iPhoneのアイコン素材を長押し
    アプリアイコンをカスタマイズ-01
  2. STEP.
    「”写真”に保存」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-02
  3. STEP.
    「ショートカット」アプリを起動し、「+」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-03
  4. STEP.
    画面下部の「Appおよびアクションを検索」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-04
  5. STEP.
    入力欄に「Appを開く」と入力し、検索結果から「Appを開く」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-05
  6. STEP.
    元の画面に戻ったら、「App」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-06
  7. STEP.
    入力欄に任意のアプリ名(※ここでは「LINE」)を入力し、検索結果から目的のアプリをタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-07
  8. STEP.
    「Appを開く」の右隣のアイコンをタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-08
  9. STEP.
    「名称変更」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-09
  10. STEP.
    入力欄にアプリ名など(※ここでは「LINE」)を入力し、キーボードの「完了」または「Done」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-10
  11. STEP.
    「完了」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-11
  12. STEP.
    作成したショートカットの「・・・」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-12
  13. STEP.
    名称変更したアプリ名の右隣のアイコンをタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-13
  14. STEP.
    「ホーム画面に追加」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-14
  15. STEP.
    「ホーム画面の名前とアイコン」のアプリのアイコンをタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-15
  16. STEP.
    「写真を選択」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-16
  17. STEP.
    適用したいアイコン素材をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-17
  18. STEP.
    プレビューを確認し、「選択」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-18
  19. STEP.
    「追加」をタップ
    アプリアイコンをカスタマイズ-19
  20. STEP.
    ホーム画面にアプリのショートカットが追加された
    アプリアイコンをカスタマイズ-20
  21. 終了

アプリのショートカットを追加しても、元のアプリのアイコンはホーム画面でそのまま表示されます。

見栄えもよくないため、元のアプリのアイコンをホーム画面から非表示にすると良いでしょう。

非表示にしても元のアプリは消えないので安心してください。

アイコンを非表示にする方法は、以下の「使用頻度が低いアプリをホーム画面から削除する」で解説しています。

▲章のはじめに戻る

ホーム画面の壁紙を変える

iPhoneのホーム画面を変える-BEFORE-AFTER

ホーム画面の壁紙は、「設定」アプリから変更できます。

ここでは、例としてスマホに保存した画像・写真を使って壁紙を設定する手順を解説します。

  1. STEP.
    「設定」アプリを起動し、「壁紙」をタップ
    iPhoneの壁紙を変更する-01
  2. STEP.
    「新しい壁紙を追加」をタップ
    iPhoneの壁紙を変更する-02
  3. STEP.
    「写真」をタップ
    iPhoneの壁紙を変更する-03
  4. STEP.
    一覧から設定したい画像をタップ
    iPhoneの壁紙を変更する-04
  5. STEP.
    ロック画面のプレビューが表示されるので、位置やサイズを調整して「追加」をタップ
    iPhoneの壁紙を変更する-05
  6. STEP.
    ホーム画面のプレビューも表示されるが、初期状態ではぼかしがかかっているので、「ホーム画面をカスタマイズ」をタップ
    iPhoneの壁紙を変更する-06
  7. STEP.
    「ぼかし」をタップしてぼかしを解除し、「完了」をタップ
    iPhoneの壁紙を変更する-07
  8. STEP.
    ホーム画面とロック画面の壁紙が変更された
  9. 終了

iPhoneのホーム画面を整理する方法

iPhoneのホーム画面を整理する方法iPhoneのホーム画面は、使うほど散らかっていきます。

ホーム画面が散らかっていると目的のアプリが見つけにくくなりますし、何よりも使いづらく、見た目も良くありません。

ここでは、iPhoneホーム画面を整理する7つのテクニックを解説します。

使用しないアプリをアンインストールする

使用頻度の低いアプリは、その都度アンインストール(削除)しましょう。

アンインストールするとアイコンがホーム画面から削除され、見た目もすっきりします。

また、ストレージ容量の節約にもなるので、定期的に削除することをおすすめします。

アプリのアンインストール手順は次の通りです。

  1. STEP.
    アンインストールしたいアプリを長押し
    iPhoneのアプリをアンインストール-01
  2. STEP.
    「Appを削除」をタップ
    iPhoneのアプリをアンインストール-02
  3. STEP.
    「Appを削除」をタップ
    iPhoneのアプリをアンインストール-03
  4. 終了

▲章のはじめに戻る

使用頻度が高いアプリを使いやすいところに配置する

使用頻度が高いアプリは、使いやすい位置に配置するのがおすすめです。

使いやすい位置は好みや使用方法によって異なりますが、一般的には目に付きやすい画面上部であるケースが多いようです。

使いやすい位置に配置することで、iPhoneでの作業効率や操作性がアップしますよ。

アプリを移動する方法は、次の通りです。

  1. STEP.
    移動したいアプリのアイコンを長押し
    iPhoneのアプリを移動-01
  2. STEP.
    「ホーム画面を編集」をタップ
    iPhoneのアプリを移動-02
  3. STEP.
    アイコンやウィジェットが震えだしたら、アプリのアイコンドラッグして移動する
    iPhoneのアプリを移動-03
  4. 終了

なお、アイコンを画面の左端または右端までドラッグすると、別の画面に移動させることも可能です。

▲章のはじめに戻る

最も使用頻度が高いアプリをDockにまとめる

iPhoneのドック

iPhoneの画面最下部には、Dock(ドック)と呼ばれる領域があります。

Dockは、ホーム画面を遷移しても常時固定表示されます。

使用頻度が高いアプリを配置しておくことで、スムーズにアクセスできるのがメリットです。

初期状態では「電話」「メッセージ」「Safari」「ミュージック」などのアプリが配置されていますが、実は好きなアプリに入れ替えることが可能です。

Dockには最大4つまでのアプリやフォルダを配置できます。

配置を変更する方法は、上記の「使用頻度が高いアプリを使いやすいところに配置する」を参照してください。

▲章のはじめに戻る

類似のアプリをフォルダにまとめる

iPhoneは、パソコンのように複数のアプリをフォルダにまとめて整理できる機能が用意されています。

類似するアプリをフォルダにまとめることで、ホーム画面でアプリを探しやすくなります。

アプリをフォルダにまとめる方法は次の通りです。

  1. STEP.
    ホーム画面の背景を長押し。アイコンが震えだしたらフォルダへまとめたいアプリ同士を重ねるようにしてドラッグ
    アプリアイコンをフォルダにまとめる-01
  2. STEP.
    自動作成されたフォルダ内のアプリが表示されたら、画面上部の入力欄をタップ
    アプリアイコンをフォルダにまとめる-02
  3. STEP.
    任意のフォルダ名を入力し、キーボードの「完了」または「Done」をタップ
    アプリアイコンをフォルダにまとめる-03
  4. STEP.
    フォルダ外のどこでも良いのでタップ
    アプリアイコンをフォルダにまとめる-04
  5. STEP.
    ホーム画面に戻ったら、「完了」をタップ
    アプリアイコンをフォルダにまとめる-05
  6. 終了

▲章のはじめに戻る

アプリインストール時にホーム画面に自動追加しないように設定する

iPadやMacなど、iPhone以外のiOS端末で新しいアプリをインストールすると、iPhoneのホーム画面にも自動的に追加されるようになっています。

しかし、iPhoneでは使用しないアプリが勝手に追加されると、画面がゴチャゴチャして邪魔ですし、後からアンインストールしたり非表示にしたりするのも面倒です。

このようなときは、あらかじめ「設定」アプリでホーム画面へ自動追加しないように変更しておきましょう。

  1. STEP.
    「設定」アプリを起動し、「App Store」をタップ
    アプリの自動追加オフ-01
  2. STEP.
    「自動ダウンロード」の「Appダウンロード」をタップしてオフにする
    アプリの自動追加オフ-02
  3. 終了

▲章のはじめに戻る

使用頻度が低いアプリをホーム画面から削除する

使用頻度が低いアプリがいつまでもホーム画面にあると、画面を圧迫してしまいます。

アンインストールするほどではないけれどあまり使わないアプリがあれば、非表示にするのがおすすめです。

非表示にしても元のアプリは消えません。

アプリを非表示にする手順は次の通りです。

  1. STEP.
    ホーム画面の空いている箇所を長押し。アイコンが震えだしたら、非表示にしたいアプリの左上にある「-」をタップ
    アプリを非表示にする-01
  2. STEP.
    アプリの「ホーム画面から取り除く」をタップ
    アプリを非表示にする-02
  3. STEP.
    アイコンが非表示になった
  4. 終了

▲章のはじめに戻る

ページを削除する

アプリやウィジェットが増えると、ホーム画面のページも増えていきます。

ページがたくさんあるとホーム画面の移動も面倒になるので、不要になったページは削除して整理しましょう。

ページを削除する手順は次の通りです。

  1. STEP.
    ホーム画面の背景を長押しし、アイコンが震え始めたら、Dockの上にある「○○○」をタップ
    ホーム画面のページ削除-01
  2. STEP.
    ページの編集画面が表示されたら、削除したいページのチェックを外す
    ホーム画面のページ削除-02
  3. STEP.
    削除したいページの「-」をタップ
    ホーム画面のページ削除-03
  4. STEP.
    「削除」をタップ
    ホーム画面のページ削除-04
  5. STEP.
    ページが削除されたら、「完了」をタップして元の画面に戻る
    ホーム画面のページ削除-05
  6. 終了

なお、一度削除したページは元に戻すことができなくなるので注意しましょう。

おしゃれなホーム画面カスタマイズのデザイン例をテーマ別に紹介

おしゃれなホーム画面カスタマイズのデザイン例をテーマ別に紹介

次に、Instagram・TwitterなどのSNSユーザーが投稿した、おしゃれなホーム画面カスタマイズのデザイン例を紹介します。

人気の「白系シンプル」「黒系シンプル」「韓国風」「レトロ風」「大人」「かわいい」の6つのテーマ別におしゃれなデザインを厳選しましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

6つのテーマ別!カスタマイズのデザイン例

白系シンプル

白系シンプルとは、白色を基調としたデザインのことです。

余白を活用し、余計な装飾を控えることで白色が引き立ちます。

アプリやフォルダ名などのテキストの配色も、自動的に見やすい黒色へ変更されるので、視認性も良好です。

高級感、清潔感、無垢なイメージを与えてくれる白系シンプルのデザインにチャレンジしたい方は、次の作例を参考にしてみてください。

▲章のはじめに戻る

黒系シンプル

黒系シンプルとは、黒色を基調としたデザインのことです。

黒色は余計な要素をそぎ落とし、明暗をはっきりさせてくれることから、画面内のコンテンツを際立たせる効果があります。

アイコンはグレー系もしくは白系の配色にすると見やすくなります。

ただし、黒色は多用しすぎると画面が見づらくなるので、バランスには注意しましょう。

シックでかっこいい大人な印象を与える黒系シンプルのデザインにチャレンジしたい方は、次の作例を参考にしてみてください。

▲章のはじめに戻る

韓国風

韓国風とは、K-POPなど韓国で流行している要素を取り入れたデザインのことです。

アイドルや雑貨など自分の好きな写真をアイコン画像にすることで、自分ならではの個性を演出しているのが特徴です。

主役がアイコン画像ということもあり、背景や色は控え目です。

韓国風のデザインにチャレンジしたい方は、次の作例を参考にしてみてください。

この投稿をInstagramで見る

Nomad iCon(@icon_nomad_inc)がシェアした投稿

▲章のはじめに戻る

レトロ風

レトロ風とは、クラシックなモチーフやペールトーンの色彩などを取り入れたデザインのことです。

ひとえにレトロ風といっても、大正レトロや海外のヴィンテージ風など幅広いジャンルがあります。

どこか懐かしいのに新しく、個性的で親しみやすいことから、どの世代にも人気のデザインですね。

レトロ風のデザインにチャレンジしたい方は、次の作例を参考にしてみてください。

▲章のはじめに戻る

大人

大人っぽいデザインは、上品で洗練された印象を与えてくれます。

青色、白色、黒色、茶色、ダークレッドをはじめとしたシンプルな配色、クラシックで洗練された明朝体系やメイリオ系のフォントなどがよく使われています。

根強い人気のある大人っぽいデザインにチャレンジしたい方は、次の作例を参考にしてみてください。

この投稿をInstagramで見る

memscape(@memscape)がシェアした投稿

▲章のはじめに戻る

かわいい

かわいいデザインは、子どもっぽく愛らしい印象を与えてくれる人気デザインです。

明るい色や柔らかい色、動物や花、キャラクターなどのかわいいモチーフがよく使われています。

かわいいデザインにチャレンジしたい方は、次の作例を参考にしてみてください。

この投稿をInstagramで見る

あこ(@acogram32)がシェアした投稿

ホーム画面をおしゃれにカスタマイズできるおすすめ無料アプリ5選

iPhoneのホーム画面は標準機能でも充分にカスタマイズできますが、意外と時間がかかります。

また、フォントやウィジェットのデザインも変更できないなど、細部まで自由にできるわけではありません。

もっと自由に、もっと簡単にカスタマイズしたい人は、ホーム画面カスタマイズアプリを使ってみましょう。

ここでは、おすすめのホーム画面カスタマイズアプリを5つ紹介します。

各アプリの特徴を見ていきましょう。

Widgetsmith

widgetsmith

画像引用元:App Store

Widgetsmithの特徴
  • ウィジェットを自由に作成できる
  • フォント・カラー・サイズなどカスタマイズの自由度が高い
  • 時間帯によってウィジェットに異なるコンテンツを表示できる
アプリダウンロードはこちら
アップルストア

Widgetsmithは、定番のホーム画面カスタマイズアプリです。

最大の特徴は、ウィジェットを自由に作成できる点です。

自分の好きな写真をウィジェットに表示したり、好きな機能を付与したり、好きなフォントや背景色を選択できたりなど、自分だけのオリジナルウィジェットを作成できます。

なんと、時間によって表示する項目まで変更できます。

一部有料のウィジェットもありますが、基本的な機能のウィジェットであれば、無料でも充分に利用できます。

使い方は簡単で、「SMALL」「MEDIUM」「LARGE」から好きな大きさを選択し、画像や機能を設定していくだけ

作成したウィジェットをホーム画面に設置すれば、時間帯によって異なる表情を見せてくれますよ。

飽きがこないホーム画面を作成したい人は、ぜひ利用してみてください。

▲章のはじめに戻る

フォトウィジェット (Photo Widget)

フォトウィジェット (Photo Widget)

画像引用元:「フォトウィジェット (Photo Widget)」をApp Storeで

フォトウィジェット (Photo Widget)の特徴
  • 数千種類以上の豊富なデザインを収録
  • ホーム画面のデザインを一括変更可能
  • カスタマイズ性も高い
アプリダウンロードはこちら
アップルストア

「フォトウィジェット (Photo Widget)」は、ホーム画面のウィジェットをおしゃれで可愛いデザインに着せ替えできるアプリです。

収録されているデザインの種類は豊富で、どちらかといえばかわいい系が中心。

無料でも12種類のウィジェットを利用できますが、有料のプレミアム月間プランに加入すると、数千種類以上のデザインを利用できます。

ホーム画面の壁紙・アプリ・ウィジェットを、簡単操作でまるごと着せ替えできるのでとても便利ですよ。

▲章のはじめに戻る

写真ウィジェット 時計カレンダー

写真ウィジェット 時計カレンダー

画像引用元:「写真ウィジェット 時計カレンダー – Widgets SD」をApp Storeで

写真ウィジェット 時計カレンダーの特徴
  • 編集機能が本格的
  • カウントダウン・カウントアップ機能が人気
  • 買い切りのpro版(700円)購入で、素材・機能が無制限に利用可能
アプリダウンロードはこちら
アップルストア

「写真ウィジェット 時計カレンダー」は、自由度の高いデザインに変更できるホーム画面カスタマイズアプリです。

かわいい系から大人系まで、幅広いジャンルの壁紙・ウィジェット・アイコン画像素材が豊富に用意されているのはポイントが高いですね。

イベントの日時に合わせて表示が切り替わる「カウントダウン」「カウントアップ」というユニークなウィジェット機能も、ホーム画面を楽しく彩ってくれます。

もちろん無料でも利用できるのですが、おすすめは有料のpro版です。

700円の買い切り方式となっており、一度購入すればアナログ秒時計デザインなどの高品質なデザインを好きなだけ利用可能。

さらに、編集機能もカテゴリー分けができるようになるなど、大幅に使い勝手が良くなります。

▲章のはじめに戻る

Themify

themify

画像引用元:Themify – Widget & Icon Themes on the App Store

Themifyの特徴
  • 1万種類以上のアイコンをはじめ、豊富な素材が魅力
  • ホーム画面のデザインを一括変更可能
  • 無料トライアルは3日間のみ。その後は有料に
アプリダウンロードはこちら
アップルストア

「Themify」は、おしゃれなデザイン素材を使ってホーム画面を簡単にカスタマイズできるアプリです。

ウィジェットの種類は、「時間」「時計」「カレンダー」「引用」「天気」「カウントダウン」など、日常生活に役立つものがたくさん用意されています。

さらに、1万種類以上のアイコンデザインや静止画・ライブ壁紙も配布されています。

素材は随時追加されているので、お気に入りのデザインもきっと見つかるはず。

最初の3日間は無料トライアルですが、その後はサブスクに切り替わるので注意が必要です。

▲章のはじめに戻る

A Widget

A Widget

画像引用元:「A Widget – 写真ウィジェット」をApp Storeで

A Widgetの特徴
  • 国産アプリなのですべて日本語で利用可能
  • 人気の「カウントダウン」「カウントアップ」ウィジェットに対応
  • 無料版でカスタマイズできるのは「背景写真」「日付」「名前」の3項目
アプリダウンロードはこちら
アップルストア

「A Widget」は、国産のホーム画面カスタマイズアプリです。

ホーム画面カスタマイズアプリを使ったことがある人なら感じたことがあるかもしれませんが、こうしたアプリは海外製のものが多いです。

インターフェースが日本語に対応していないため、思うようなカスタマイズができなくてアンインストールしてしまった経験がある人も多いようです。

その点、「A Widget」は国産アプリなので、すべて日本語で利用できます。

日時に合わせて表示が切り替わる人気の「カウントダウン」「カウントアップ」ウィジェットも搭載していますよ。

無料でも利用できますが、サブスクに加入すれば豊富な素材を好きなだけ利用できるようになりますよ。

iPhoneのホーム画面をおしゃれにカスタマイズする時のよくある質問

よくある質問

最後に、iPhoneのホーム画面をおしゃれにカスタマイズする時のよくある質問に回答していきます。

いずれもiPhoneのホーム画面をカスタマイズするときに悩みがちな疑問ばかりなので、ぜひ一読してみてください。

iPhoneのホーム画面を無料で簡単におしゃれにする方法はある?

iPhoneのホーム画面を簡単にカスタマイズできる、ホーム画面カスタマイズアプリを使ってみましょう。

好きなレイアウトや写真などを選択し、数回のタップ操作で、iPhoneの壁紙・アプリアイコン・ウィジェットをまとめて着せ替えできます。

テーマやレイアウトも統一されているので、素材選びやカスタマイズに時間をかけたくない人におすすめです。

おすすめのアプリは、「ホーム画面をおしゃれにカスタマイズできるおすすめ無料アプリ5選」で詳しく解説しています。

▲章のはじめに戻る

iPhoneのホーム画面をおしゃれにできる素材は?

iPhoneのホーム画面をおしゃれにするためには、次の素材を用意しておくことが大切です。

iPhoneのホーム画面をカスタマイズ前に用意しておく素材
  • 好きな写真
  • アイコン画像
  • 背景画像

韓国風デザインのように好きな写真をアイコンや背景に設定したい場合は、iPhone本体に写真を保存しておきましょう。

また、イラストを使いたいけれど自分で用意できない場合は、インターネットで配布されているiPhone用のカスタマイズ素材を探して、iPhone本体に保存しましょう。

「iPhone アイコン」「iPhone 背景」のように検索すれば、素材配布サイトがヒットします。

無料の素材も豊富にあるので、お気に入りのデザインの素材を探してみてください。

▲章のはじめに戻る

iPhoneのホーム画面をアプリなしでおしゃれにできる方法はある?

iPhone標準のウィジェット機能や「ショートカット」アプリなどを使えば、前述したようなホーム画面カスタマイズアプリを使わなくてもカスタマイズできます。

ただし、ホーム画面カスタマイズアプリよりもカスタマイズの自由度が少なく、個別に設定する必要があるため、慣れている人でもかなり時間がかかります

ホーム画面カスタマズアプリを使っておしゃれにカスタマイズしよう

ホーム画面カスタマズアプリを使っておしゃれにカスタマイズしよう
今回は、iPhoneのホーム画面をおしゃれにするためのコツ、カスタマイズする方法、ホーム画面の整理方法、テーマ別のデザイン例、おすすめのアプリなどを解説しました。

iPhoneのホーム画面をおしゃれにカスタマイズする方法まとめ
  • おしゃれにするための5つのコツを守る
  • ウィジェットやショートカットなどiPhoneの標準機能でカスタマイズ可能
  • ホーム画面カスタマイズアプリを使えばもっと簡単にカスタマイズ可能
  • デザインに迷ったらSNSでデザインを参考にしよう

iPhoneのホーム画面は毎日見るものですから、自分の好きなものを集めたホーム画面にカスタマイズすることで、モチベーションアップにも繋がります。

iPhoneの標準機能でもおしゃれにカスタマイズできますが、素材の準備に時間がかかりますし、設定にも手間がかかります。

ホーム画面カスタマズアプリを使えば、たった数回のタップ操作でおしゃれなホーム画面にまとめて設定してくれるので、ぜひ使ってみてくださいね。