iPhoneの基本ソフト(6S以降)に脆弱性|Appleが最新OSに更新呼びかけ

  • 2022年8月23日
  • by.Fenway2

Apple ロックダウンモード

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

米Appleは、iPhoneなどの基本ソフトに脆弱性を発見したと公表し、OSを最新の状態に更新するように呼びかけています。

今回脆弱性が発見されたのは、iPhone 6S以降のモデルやiPad第5世代以降のモデル、iPad Pro全モデルに使用されている基本ソフト(OS)です。

トップ画像引用元:Apple公式サイト

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

iPhoneなどの基本ソフトに脆弱性を発見

applecare

画像引用元:AppleCare製品 – Apple(日本)

Appleは、2022年8月20日までにiPhoneなどの基本ソフト(OS)に脆弱性を発見したと、セキュリティ報告書を公表しています。

脆弱性が見つかったモデルは、以下のとおりです。

脆弱性が見つかったモデル
  • iPhone 6S以降
  • iPad第5世代以降
  • iPad Pro全モデル

アメリカメディアによると、悪意をもって作成されたウェブコンテンツをとおして、ハッカーがデバイスに不正侵入する可能性があるそうです。

米サイバーセキュリティ当局は、ハッカーらに脆弱性を悪用され、デバイスを乗っ取られる恐れがあると指摘しています。
 
すでにハッカーらに脆弱性を活発に悪用されている可能性も示唆されており、AppleはOSを最新の状態に更新するよう呼びかけています。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。