iPhoneからiPhoneへ機種変更|バックアップを準備してデータ移行

  • 2018年8月11日
  • by 
iPhoneからiPhoneへ機種変更|バックアップを準備してデータ移行

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

3 iTunesを使ってiPhoneの同士のデータ移行をする方法

PCを持っている方は、iTunesを使うことで旧iPhoneのすべてのデータを新iPhoneに移行させることができます。

まずは旧iPhoneのデータをiTunesにバックアップしましょう。旧iPhoneのiOSとiTunesは共に最新版にしておいてください。

1旧iPhoneとiTunesを接続してください。iTunesを起動後、iPhoneとPCをLightningケーブルで繋ぐことで接続されます。

場合によっては「このコンピュータを信頼しますか?」などの質問が表示されますが、「信頼」を選択してください。

2画像の赤い四角で囲った、iPhoneマークをクリックしてください。デバイスの画面が表示されます。

3デバイスの画面が表示されたら、「このコンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックが入っていることを確認してください。初期設定なら入っているはず。

上の「iCloud」にチェックが入っている場合、バックアップがiCloudに保存されることになるのですが、無料プランの5GBだと容量不足が心配です。

本質的にはどちらでも構いませんので、空き容量と相談しながら、「iCloud」か「このコンピュータ」かは決めてください。

4「今すぐバックアップ」をクリックしてください。バックアップが始まります。

パスワードの設定を求められたら、設定してください。そしてパスワードは絶対に忘れないようにしてください。

5バックアップが完了したら、今度は新iPhoneとiTunesを接続してください。iTunesが認識すると、「新しいiPhoneへようこそ」と自動的に表示されます。

6「新しいiPhoneとして設定」と「このバックアップから復元」という選択肢も出てきます。「このバックアップから復元」にチェックを入れて、先ほど作ったバックアップデータを選択してください。

以前にもバックアップしたことがあるなど、複数のバックアップデータがある場合、好きなものを選択して構いません。

7設定したパスワードを入力すると新iPhoneにバックアップデータが移行されます。

8移行後は、従来どおりに初期設定して完了です。

3-1 iTunesなら丸々データ移行できる!

クイックスタートではiPhoneの設定しか引き継ぎできませんでしたが、iTunesなら旧iPhoneに入っている写真や動画などあらゆるコンテンツが丸々移行されます。

PCを使う分やや手間ですが、一度行なってしまえばそう何度も使うことはないでしょう。また、バックアップを作っておくことは機種変更時以外でも重要なことです。

キャリア毎のデータ移行方法→ドコモauソフトバンク

次のページでは、iCloudを使ってiPhoneの同士のデータ移行をする方法について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ