iPhoneからiPhoneへ機種変更|バックアップを準備してデータ移行

  • 2018年8月11日
  • by 
iPhoneからiPhoneへ機種変更|バックアップを準備してデータ移行

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

5 新iPhoneの容量 < 旧iPhoneの容量 になっていませんか?

これはいずれの方法にも共通する注意点となりますが、iPhone自体の容量にも気をつけてください。

例えば、旧iPhoneの容量が256GBで、新iPhoneは64GBだった場合、旧iPhoneでバックアップしたデータが新iPhoneにすべて入りきらない可能性があります。

完全なデータ移行を行いたいのであれば、新iPhoneの容量は旧iPhone以上にしておきましょう。

無論、旧iPhoneの容量が256GBあったとしても、そのうちの30GBしか使っていないというような場合は、何も問題ありません。

6 他社サービスのデータは移行対象外

ここまで、「写真や動画などあらゆるコンテンツが丸々新iPhoneに移行されます」などと記してきましたが、それはあくまでも「Appleが管理しているデータ」の話です。

Appleとは直接関係ない他社サービスのデータについては、移行されないこともあります。

特にLINEはその代表例のひとつです。

LINEのデータを移行させたい場合は、LINEのほうで設定しなければなりません。

6-1 LINEのデータを引き継ぐ方法


画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

せっかくなので、LINEのデータを移行する方法についても紹介します。

1LINEに登録しているメールアドレスとパスワードを確認してください。メールアドレスは「友だち」→「設定」→「アカウント」から確認できます。

2トーク履歴をバックアップしてください。「友だち」→「設定」→「トーク」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」で行えます。

3引き継ぎの許可を行なってください。「友だち」→「設定」→「アカウント引き継ぎ設定」で「アカウントを引き継ぐ」をオンにします。

この設定は、実際にデータ移行を行う直前に行なってください。

4新iPhoneへのデータ移行を行います。新iPhoneでもLINEアプリをダウンロードしてください。

起動時、「ログイン」と「新規登録」という選択肢が出てきますが、「ログイン」を選択してください。

5LINEに登録しているメールアドレスとパスワードを入力してください。

次に携帯電話番号の入力も求められますので、従ってください。SMSに4桁の暗証番号が送られてきますので、それをLINEに入力します。

6以上の手順が無事に終われば移行完了です。

スマホ機種変更でLINEのトークを引き継ぐ方法【iPhone/Android対応】

7 iPhoneからiPhoneへのデータ移行は全然難しくない!

こうして文字に起こすとずいぶん長い説明になってしまうのですが、データ移行は実際にやってみると面倒なことはほとんどありません。

やり方を完全に覚えてから実行するのもいいのですが、「とりあえずやってみて、わからないことがあったらその都度このページを参考にすればいい」というくらいの気持ちでも大丈夫だと思いますよ。

iPhone同士のデータ移行の易しさは、iPhoneにリピーターが多い大きな要因となっているほどです。

新iPhoneへの買い替えやデータ移行に戸惑っている方にとって、このページが少しでも参考になれば幸いです。

iPhoneからAndroidへデータ移行|乗り換え前にやるべきことと注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ