iPhoneでiTunes/AppStoreの購入履歴の確認する方法|保留ってなに?

  • 2019年10月24日
  • by.sekai

iTune

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iTunesやAppStoreは誰もが利用するもの。

便利なアプリケーションの購入や、お気に入りの音楽や映画の購入がその場で簡単にできるコンテンツ配信サービスです。

気になるのはどんなアプリや音楽をインストールしたかなどの購入履歴の把握

この記事では購入履歴の確認方法と「保留」という項目について紹介・解説していきます。

トップ画像引用元:iTunes を入手 – Microsoft Store ja-JP

iPhoneでiTunes/AppStoreの購入履歴の確認方法

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – 仕様 – Apple(日本)

では、早速 iPhoneでiTunesやAppStoreの購入履歴の確認方法を紹介していきます。

基本、購入履歴の確認はややこしく難しいものと思われがちですが、全くそんなことはありません!

iTunesやAppStoreは、Appleが運営しているコンテンツ配信サービスになりますので、それぞれのサイトで確認する必要ななくiPhoneの「設定」から確認することができます。

1iPhoneの「設定」をタップし、「ユーザ名(基本自分の名前で登録されています)」から「iTunes と App Store」を選択

2青文字で表示されている「Apple ID:〜」をタップして、「Apple ID を表示」をタップ
※場合によってApple IDでサインインを求められる時があります。その際はパスワードの入力が必要

3上にスワイプして「購入履歴」をタップ

iPhone 購入履歴

画像引用元:App Store や iTunes Store で購入履歴を確認する – Apple サポート

購入履歴は、基本90日間に購入したアイテムが表示されます。

表示期間の変更や過去の購入履歴は、「日付の範囲」をタップすれば現在使用しているデバイスの使用年数分の確認できます。

購入履歴の内容は以下のようになります。

確認できる購入履歴内容
  • ご注文番号
  • 書類番号
  • 購入日
  • 合計金額
  • 請求先(名前・住所・郵便番号)

Storeクレジットやキャリア決済など、様々な決済方法は存在する時代で請求先が簡単に確認できるのは嬉しいですね 。

改めて領収書メールを入手したい場合は、領収書メールが欲しいアイテムの請求詳細画面に行き、下部に表示されている「再送信」をタップすればメールで届きます。

iPad、iPod touchの場合でも、上記のiPhoneと同じ工程で確認することができます。

注意点!
ファミリー共有しているからといって、共有している家族の購入履歴を確認することはできません。確認する場合は、その方のApple IDを使用してサインインし上記の工程を行う必要があります。

履歴の上部に表示される「保留中」とは何か?

購入履歴を確認した際に、上部に「保留中」と表示されていることがあります。

この「保留中」というセクションにはまだ請求が発生していないもの・請求ができないものが表示されるのです。

過去に正常に請求されず、保留中に回されてしまうという事例が相次ぎ報告されていました。

そこで、保留になってしまう原因と保留されたアイテムを解消する対処法について解説していきます。

保留になってしまう原因と対処法

iTunes Card

画像引用元:ギフトカード – Apple(日本)

まず、保留になってしまう原因について解説していきましょう。

考えられる原因は以下の2つです。

保留になってしまう原因
  • Apple IDの残高が不足しているため
  • Apple IDに紐付けしているクレジットカードやデビットカードの決済処理ができていないため

この2つが主な原因と考えられるでしょう!

対処法としては、以下の通り。

  • コンビニ等で販売されているiTunes Cardで不足額をチャージする
  • 正常に決済が可能なクレジットカードまたはデビットカードに変更する

決済に多少の時間がかかってしまう可能性がありますが、保留されてしまったアイテムに関してはこれで解消できるでしょう!

また、登録できるクレジットカード・デビットカードの枚数は、1つのデバイス(機種)に対して最大8枚までになります。

今後の対策として、カードの使い分けを可能にしておくことも利巧な策になるでしょう。

もし、上記のような原因に当てはまらない場合や、対処法で解消しない場合はAppleサポートに問い合わせをしましょう。

それにより、改善されたという事例があります。

AndroidからiPhoneへ機種変更/乗り換え時のデータ移行と注意点まとめ

次の章では、購入履歴の他にできる機能について紹介・解説していきます。

購入履歴を確認する他にできること!

ここまで、購入履歴の確認方法と「保留中」と表示されてしまう理由について紹介・解説してきました。

ここからは、iTunesやAppStoreの購入履歴を確認する他に、同画面で行えることについて紹介していきます!

購入履歴画面でできること
  • 購入済みのコンテンツがアカウントに請求された日付を確認することができる
  • 領収書メールを再送することができる
  • 問題を報告する または、返金を申請することができる
  • 請求先の支払い方法を確認することができる

各項目の使用方法・手順を紹介していきます。

購入済みのコンテンツがアカウントに請求された日付を確認する手順

iPhone 購入履歴

画像引用元:App Store や iTunes Store で購入履歴を確認する – Apple サポート

1iPhoneの「設定」をタップし、「ユーザ名(基本自分の名前で登録されています)」から「iTunes と App Store」を選択

2青文字で表示されている「Apple ID:〜」をタップして、「Apple ID を表示」をタップ
※場合によってApple IDでサインインを求められる時があります。その際はパスワードの入力が必要

3上にスワイプして「購入履歴」をタップ

購入履歴画面を表示するまでの手順は、上記した通りになります。

確認したい購入済みのコンテンツアイテムをタップすることで、下図のような画面が表示されます。

iPhone 購入履歴

画像引用元:App Store や iTunes Store で購入履歴を確認する – Apple サポート

赤枠で囲まれている「日付」の項目がアカウントに請求された日付になります。

アイテムを購入した日(購入日)を確認したい場合は、上図の状態で確認したいアイテムをタップし、薄い文字で表示されている「購入日」の欄を確認してください。

領収書メールを再送する手順

iPhone 購入履歴

画像引用元:App Store や iTunes Store で購入履歴を確認する – Apple サポート

次に、領収書メールを再送・入手する手順について紹介していきます。

1iPhoneで購入履歴確認画面を表示

2購入済みであるアイテムの中から、領収書メールが欲しいアイテムをタップ
※領収書メールになりますので、請求金額が1円以上のアイテムに限ります。

3上図の下部に表示されている「再送信」をタップすることで、新たな領収書メールを入手

誤って領収書メールを削除してしまったなど、改めて必要となった時に発行できるので便利ですね!

また、郵送ではなく領収書メールとして送信されるので、必要な時すぐに入手することができます。

問題を報告する または、返金を申請する手順

iPhone 購入履歴

画像引用元:App Store や iTunes Store で購入履歴を確認する – Apple サポート

購入したばかりのアイテムコンテンツが想定通りに動かない場合や使えない場合があります。

また購入した覚えのないコンテンツアイテムが表示されている場合などの不具合や悪用による対処は、以下のような手順になります。

1iPhoneで購入履歴確認画面を表示

2購入済みであるアイテムの中から、 見覚えのないアイテムをタップ

iPhone 購入履歴

画像引用元:App Store や iTunes Store で購入履歴を確認する – Apple サポート

3そのアイテムの詳細画面が表示されます。下部に青文字で表示されている「問題を報告する」をタップ

iPhone 購入履歴

画像引用元:App Store や iTunes Store で購入履歴を確認する – Apple サポート

4すると、返金を申請することができるWebサイトが開く

5問題となる理由を選択と問題の説明を書いた上で、「送信」をタップ

購入したばかりのアイテムコンテンツが想定通り動かない場合は、返金できる可能性があります。

返金の条件は、Appleサポートへ問い合わせすることで確認できますので、詳細は問い合わせをしましょう!

請求先の支払い方法を調べる手順

iPhone 購入履歴

画像引用元:App Store や iTunes Store で購入履歴を確認する – Apple サポート

1iPhoneで購入履歴確認画面を表示

2購入済みであるアイテムの中から、 請求先を確認したいアイテムコンテンツをタップ

iPhone 購入履歴

画像引用元:App Store や iTunes Store で購入履歴を確認する – Apple サポート

3注文詳細履歴の中に赤枠で囲われた請求先を確認できる

購入したアプリケーションやコンテンツの使用は、請求先が決まらなくては使用することはできません!

また、アップデートもできませんので支払いがしっかりと行われなければ最新版を保つこともできません。

App StoreやiTunes Storeで未払いの残高がある場合は、以下のようなメッセージが表示されます。

  • 「前回の購入について請求に関する問題が発生しました。支払い情報を編集して問題を修正してください」
  • 「前回の購入について請求に関する問題が発生しました。『購入履歴』をクリックして問題を確認、修正してください。キャンセルすると、請求に関するこの問題が解決されるまで購入できなくなります」

支払い方法を変更する場合は、購入履歴画面からではなく「設定」画面から変更することになります。

アプリ内課金する時の支払い方法の設定手順【iPhone/Android】

購入履歴は頻繁に確認するようにしよう!

Apple Music

画像引用元:Apple Music – Apple(日本)

改めて、購入履歴の確認方法手順を確認していきましょう!

購入履歴の確認方法

1iPhoneの「設定」をタップし、「ユーザ名(基本自分の名前で登録されています)」から「iTunes と App Store」を選択

2青文字で表示されている「Apple ID:〜」をタップして、「Apple ID を表示」をタップ
※場合によってApple IDでサインインを求められる時があります。その際はパスワードの入力が必要

3上にスワイプして「購入履歴」をタップ

「保留中」という表示は、まだ請求が発生していないもの・請求ができないアイテム・コンテンツです。

保留と表示されてしまっている場合は、上記で紹介した支払い方法の変更Appleサポートへの問い合わせをして解消しましょう!

今後さらにiPhoneのスペック向上していくことでデバイス1つで何事も解決できるようになっていくことでしょう。

その中で必要な要素になるのが、アプリケーションやコンテンツです。

アプリケーションやコンテンツは無料で購入・インストールできるものもありますが、有料でサブスクリプションのようなものが基本です。

そうなった場合、購入履歴の確認はもちろん請求先や金額、領収書の入手方法も知っておくべきでしょう。

購入履歴画面を表示する方法は誰でも簡単にできますし、確認項目も細かく見やすいので是非利用してください。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ