iPhoneのメモアプリで書類をスキャンして保存・添付する方法

  • 2019年7月10日
  • by 
iPhoneのメモアプリで書類をスキャンして保存・添付する方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone標準のメモアプリで書類をスキャンできることをご存知ですか?

紙書類や手書きメモ、レシートなどの紙媒体をiPhoneのカメラでスキャンし保管しておけます。

今回は、このiPhoneのメモアプリで書類をスキャンし注釈をつける方法とメール添付、ファイル保存する方法について解説します。

トップ画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch でメモを使う-Apple

iPhoneのメモアプリで書類をスキャンする方法

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch でメモを使う-Apple

iPhoneのメモアプリで書類をスキャンする手順は次のとおりです。

  1. メモアプリを起動する
  2. キーボード上部の+ボタンをタップして「書類をスキャン」を選択する
  3.  書類を撮影して保存する
  4.  書類の名前を変更する

一つずつ詳しい手順を見てみましょう。

メモアプリを起動する

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch でメモを使う-Apple

まず、メモアプリを起動します。メモアプリで書類をスキャンできるのは、iOS11以降のiPhoneです。

最新のiOSにしていない方は、先にバージョンアップを済ませましょう。

書類をスキャンする

キーボード上部にある「+」をタップしましょう。そして「書類をスキャン」を選択します。

「+」ボタンが見当たらないときの対処法

「そもそもメモアプリに+ボタンが表示されていないんだけど・・・」
そういった方は、以下の手順を試してみてください。

  •  iPhoneの「設定」>「メモ」と進み、iPhoneアカウントをオンにする
  •  iPhoneの「設定」>(自分の名前)>「iCloud」と進み、メモの項目をオンにする

メモアプリでスキャンするには、iOS11にアップデートする以外に、メモの保存場所をiCloudに変更する必要があるようです。

ホーム画面から書類のスキャン画面を出す方法

ホーム画面から直接書類を撮影する画面を出す方法を解説します。

これは、iPhone6s以降に搭載されている3D Touchという機能で、ホーム画面上に表示されているメモアプリのアイコンを強く押し込むものです。強く画面を押すことで、普通にタップするのとは異なるメニューが表示されます。

メモアプリを強く押し込むことで表示されるメニューは、

  • 書類をスキャン
  • 新規写真
  • 新規チェックリスト
  • 新規メモ

です。

この中から「書類をスキャン」を選択し、書類を撮影しましょう。

書類を撮影して保存する

カメラが立ち上がりますので、画面内に書類が収まるように調整しましょう。カメラが書類の四隅を検知し、ボタンを押さなくても自動的にシャッターが切られます。そして「保存」ボタンを押すと、書類がメモ内に保存されます。

もちろん、自分でボタンを押して撮影することも可能。その場合は、書類の四隅を指で指定できます。

書類の名前を変更する

画面上部に表示されている「スキャンした書類」という文字をタップし、書類の名前を変更しましょう。

メモアプリでスキャンした書類は、すべて「スキャンした書類」という名前になってしまうため、区別するために名前を変更しておくほうがベターです。

スキャンした書類にフィルタをかける方法

スキャンした書類にフィルタをかける手順を解説します。

スキャンした書類にかけられるフィルタは、次の4種類です。

  • カラー
  • グレイスケール
  • 白黒
  • 写真

標準では「カラー」で書類が取り込まれますが、書類を白黒で取り込みたいときは「グレイスケール」や「白黒」のフィルタに変更しましょう。

写真がメインの原稿の場合は「写真」に変更すると良いでしょう。

フィルタをかける手順

書類にフィルタをかける手順は次の通りです。

  1. メモアプリ内のスキャンした書類をタップする
  2.  左から3つ目のアイコン(丸が3つ重なったもの)をタップする
  3. フィルタを選択する

フィルタを選択したら、「完了」をタップしましょう。

次のページでは、書類に注釈をつける方法について解説します。

iPhoneコントロールセンターの出し方|カスタマイズして追加・削除

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
iton
iton
大学1年生で初めて携帯をもつ。白黒液晶の子機タイプから始まり、J-SH02⇒NOKIA6630⇒iPhone3G⇒iPhone6s⇒iPhone7と今に至る。IT系の法人営業を12年努めたあと、ライターに。関心事は5Gと自動運転、ブロックチェーン。夫にはスマホ依存症と言われる。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ