iPhone「おやすみモード」を設定・解除|勝手にオンになる原因と対策

  • 2021年3月26日
  • by.araki

iPhone「おやすみモード」

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、iPhoneのおやすみモードが勝手にオンになってしまう問題について解説します。

おやすみモードが勝手にオンになっていたせいで、大事な着信を取れずに逃してしまった、なんて経験のある方は、是非とも参考にしてみてください。

またそれ以外に、おやすみモードの基本的な使い方についても解説しています。

iPhoneの「おやすみモード」が勝手にオンの原因
  • 時間指定している
  • アクティベートが自動になっている
  • iPhoneの故障の可能性もある
  • まずは設定を見直そう

iPhoneの「おやすみモード」とは

おやすみモード01

おやすみモードとは、iPhoneに電話の着信や通知が来ても、反応しないようにする機能です。

普通、iPhoneに電話の着信や通知が来たら、着信音がなったり振動したり、画面が点いたりしますよね。

おやすみモードをオンにするだけで、それらが一切なくなります。

おやすみモードは就寝時の他、映画館のような静かにすべき場所や場面で便利です。

おやすみモードは、iPhoneのコントロールセンターを開いて三日月マークをタップするだけで、簡単にオン・オフを切り替えられます。

おやすみモード02

おやすみモードがオンだと月のマークが表示

おやすみモードがオンになっている場合、iPhoneのステータスバーに三日月のマークが表示されます。

これによっておやすみモードのオン・オフ状態は簡単にわかります。

見えづらいかもしれませんが……。

おやすみモード03

アラームと緊急速報は鳴る

おやすみモードが音であっても、アラームと緊急速報は鳴ります

そのため、寝る前におやすみモードをオンにしても、目覚まし時計にはなります。

緊急地震速報なども問題ないので安心してください。

着信や通知はiPhoneに届いている

おやすみモードをオンにしていても、着信や通知を拒否しているわけではありません。

着信履歴はiPhoneに残りますし、メールやLINEも受け取ります。

おやすみモードはあくまで「音を鳴らさない」「画面を点けない」「振動させない」ことで、iPhoneがうるさくなるのを防ぐだけです。

おやすみモード中でも着信を許可できる

電話の着信に限っては、おやすみモード中でも例外で音や振動をオンにできます

そうしておけば大事な着信をスルーしてしまう心配がなくなります。

必要ならiPhoneの「設定」>「おやすみモード」>「着信を許可」で設定しましょう。

これに関しては詳細を後述します。

アプリごとの除外設定はできない

アプリごとにおやすみモードのオン・オフを設定することはできません。

ただし、アプリごとに通知のオン・オフを設定することは、別の機能として可能です。

必要ならiPhoneの「設定」>「通知」から、アプリごとの「通知スタイル」を設定しましょう。

おやすみモード04

オフにしても「勝手にオン」になる原因と対策

おやすみモードは、意図していないのに「勝手にオン」になってしまうこともあります。

それだと着信や通知がきても気が付くことができないので不便ですよね。

とは言っても、本当の意味で勝手にオンになることは、故障やバグ以外では考えれません

設定上考えられる主な原因は2つです。

勝手にオンの原因?
  • 「時間指定」している
  • 「アクティベート」が自動になっている

特に「時間指定」してしまっていることが多いような気がします。

時間指定とは、一定の時間になると自動でおやすみモードになる機能です。

または「アクティベート」が自動になっているのかもしれません。

どちらでもないなら、残念ながらiPhoneが故障している可能性もあります。

Apple サポートに相談しましょう。

「時間指定」しているか確認する

自分が時間指定しているかは、iPhoneの「設定」>「おやすみモード」から確認できます。

「時間指定」がオンになっていたら、設定した時間の間は自動でおやすみモードになります。

おやすみモード05

「時間指定」をオフにすれば、自動でおやすみモードがオンになることはなくなります。

おやすみモード06

「アクティベート」が自動か確認する

アクティベートとは、自動車の運転中に自動でおやすみモードをオンにする機能です。

時間指定ではなく、こちらが「勝手にオン」の原因のこともあります。

iPhoneの「設定」>「おやすみモード」の「アクティベート」を「手動」にしておけば、勝手にオンになることはありません。

おやすみモード07

iPhone操作中はおやすみモードを解除する方法

おやすみモードをオンにしていても、自分がiPhoneを操作している間だけ自動で解除する方法があります。

iPhone操作中は着信や通知に通常通り気がつけるので、非常に便利ですよ。

必要ならiPhoneの「設定」>「おやすみモード」と進み、「通知」の「iPhoneのロック中は知らせない」をタップしましょう。

おやすみモード08

繰り返しくる着信は知らせる方法

おやすみモードをオンにしていても、本当に大事な着信にはちゃんと気が付きたいですよね。

例えば緊急の用件で、こちらが出るまで繰り返し何度も電話がかかってくるようなこともあるでしょう。

そういった着信を取りたい時は「繰り返しの着信」をオンにしましょう。

iPhoneの「設定>「おやすみモード」で「繰り返しの着信」をオンにできます。

おやすみモード09

オンにしておくと、3分以内に2度目の着信があった時は鳴るようになります。

おやすみモードでも着信を鳴らす方法

おやすみモード中も電話の着信なら鳴らす方法を解説します。

iPhoneの「設定」>「おやすみモード」>「着信を許可」から設定可能です。

おやすみモード10

おやすみモード11

「誰も許可しない」は、通常のおやすみモード状態です。

「全員」を選択すれば、おやすみモードでも着信があれば鳴ります。

「よく使う項目」を選択すれば、「電話」アプリで「よく使う項目に追加」した人物からの着信の時鳴ります。

「すべての連絡先」を選択すれば、「連絡先」アプリに登録している人物からの着信の時鳴ります。

「よく使う項目」を追加・削除する方法

上で出てきた「よく使う項目」について解説します。

よく使う項目とは、電話やメッセージのやり取りが多い相手を登録しておく、ブラウザの「お気に入り」のような機能です。

登録した相手をすぐ選択できたりまとめたりできるのが便利です。

登録はiPhoneの「電話」>「よく使う項目」>「+」から行えます。

おやすみモード12

「+」をタップすると連絡先一覧が出てくるので、任意の相手を選択して登録しましょう。

削除したい時は「電話」>「よく使う項目」で削除したい相手を左にスワイプして「削除」をタップです。

おやすみモード13

運転中に自動でおやすみモードをオンにする方法

自動車の運転中に自動でおやすみモードがオンになる機能もあります。

オンにしておけば、運転中に着信や通知で気が散ることがなくなるのでおすすめです。

運転を自動検知させる手順

iPhoneの「設定」>「おやすみモード」と進み、「アクティベート」をタップしましょう。

おやすみモード07

すると「自動」「車載Bluetoothに接続時」「手動」「CarPlayで有効にする」の選択肢が出てきます。

おやすみモード14

「自動」を選択すると、利用者の移動する速度を検知してiPhoneが運転中だと判断した時におやすみモードがオンになります。

「車載Bluetoothに接続時」は、自動車に車載Bluetoothがある場合に使えます。これによって車のエンジンが掛かった時に自動でおやすみモードがオンになります。

「CarPlayで有効にする」をオンにしておくと、CarPlay使用中におやすみモードが自動でオンになります。

CarPlayとは、自動車に搭載されているiOS対応ディスプレイをiPhoneと接続して、カーナビなどのアプリを利用する機能です。

この設定をしていることを忘れると「勝手にオン」と勘違いしてしまうので注意しましょう。

おやすみモードのおすすめの使い方

iPhone 12 miniレビュー

最後におまけとして、おやすみモードのおすすめの使い方を紹介します。

あくまで筆者個人の場合であって、本当に有用な使い方は各人の状況によります。

おやすみモードのおすすめの使い方
  • 時間指定して夜中にオン
  • 必要な時に手動でオン
  • アクティベートは「車載Bluetoothに接続時」

時間指定して夜中にオン

おやすみモードの「時間指定」を使い、夜中は自動でオンにするようにしておけば、毎晩着信や通知に起こされることがなくなります。

いちいち自分でオンにする必要がないため、忘れることもありません。

必要な時に手動でオン

おやすみモードは、いつでも手動でオン・オフを切り替えられます。

必要な場面になったら、その都度オンにしておきしょう。

例えば映画の上映中はオンにして、終わったらオフにするという使い方です。

手動でオン・オフしても「時間指定」などの設定は消えません。

アクティベートは「車載Bluetoothに接続時」

運転中におやすみモードをオフにしたい時は「車載Bluetoothに接続時」を選択していると確実です。

「自動」だと、自分が運転していない時でもオンになってしまうことがあります。

「CarPlayで有効にする」でも可

CarPlayが使えるiOS対応ディスプレイが車に搭載されているなら、「CarPlayで有効にする」でおやすみモードをオンにしても大丈夫です。

ただし、iPhoneをiOS対応ディスプレイと接続してCarPlayを利用している状態でないとオンにならない点には注意しましょう。

おやすみモード「勝手にオン」は設定のせい

以上、iPhoneのおやすみモードが勝手にオンになってしまう問題についてでした。

勝手にオンの原因
  • 時間指定している
  • アクティベートが自動になっている
  • iPhoneの故障の可能性もある
  • まずは設定を見直そう

勝手にオンの主な原因は、「時間指定」と「アクティベート」です。

前に設定していたのを忘れているのかもしれませんので、まずはおやすみモードの設定を見直してみましょう。

もし設定は問題ないのに勝手にオンになる現象が続くのであれば、iPhoneが故障している可能性があります。

その場合Appleサポートに相談し、必要なら修理や買い替えをしましょう。

iPhoneホーム画面の整理術|おしゃれと実用性を考えた配置のコツ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。