iPhoneを再起動・強制終了する方法|できない時の原因と対策

  • 2019年1月20日
  • by 
iPhoneを再起動・強制終了する方法|できない時の原因と対策

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneを使用していると稀に動きが鈍くなる、または画面が固まってしまうことがあります。

このような状態を「フリーズ」と言い、基本的な解消法は「再起動」「強制終了」の2択が一般的になります。

これらを行うにあたって、1つ複雑な点があります。

それは、機種によって「再起動」「強制終了」の方法が異なるという点です!

そこで、この記事では各機種それぞれの「再起動」「強制終了」の方法を紹介していきます。

正しい解消法を理解することで、iPhoneのデータを損傷せずに守ることができます!
フリーズの原因と対策も加え、解説していきますので参考にしてみてください。

今回の流れ

  • 各機種それぞれの「再起動」する方法を徹底解説!
  • 各機種それぞれの「強制終了」する方法を徹底解説!
  • 「再起動」「強制終了」もできない場合の原因と対策について

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

1 各機種それぞれの「再起動」する方法を徹底解説!

「フリーズ」の原因は、iOSやバッテリーなど様々なことが考えられます。

所持している機種の確認をし、慌てずに以下の手順を行なってください。

まず、解消法として「再起動(電源のオン・オフ)」を行なってください!

後に解説しますが、最初から「強制終了」を行うことはオススメしません。

2種類の「再起動(電源のオン・オフ)」方法がありますので、自分の機種にあった手順を確認してください。

1-1 「iPhone X」「iPhone XS / XS Max」「iPhone XR」を再起動する方法

画像引用元:iPhone XR – Apple(日本)

  1. サイドボタン(電源ボタン)と音量ボタン(上側または下側)を同時にスライダが表示されるまで押し続ける
  2. スライダをドラッグして「iPhone X」の電源を完全に切る
  3. サイドボタン(電源ボタン)をアップルのロゴが表示されるまで押し続ける

上記の手順でも改善されない場合は、次のページに記載している「強制終了」手順を試してみましょう!

1-2 「iPhone 8・8 Plus」以前のiPhoneを再起動する方法

画像引用元:iPhone 8またはiPhone 8 Plusを購入する – Apple(日本)

  1. サイドボタン(電源ボタン)をスライダが表示されるまで押し続ける
  2. スライダをドラッグして「iPhone 6s / 6s Plus / SE」の電源を完全に切る
  3. サイドボタン(電源ボタン)を長押し、アップルのロゴが表示されるまで押し続ける

上記の手順でも改善されない場合は、次のページに記載している「強制終了」手順を試してみましょう!

次のページでは、各機種それぞれの「強制終了」する方法を徹底解説していきます!

iPhoneが突然落ちて勝手に再起動を繰り返し始めた…原因と対処法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ