iPhoneの画面録画をイチから解説|撮影方法から困った時の対処法まで

iPhoneの画面録画をイチから解説|撮影方法から困った時の対処法まで

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneのiOS 11以降から搭載された機能に、画面録画というものがあるのはご存知ですか。

画面録画とは、名前の通りiPhoneの画面を録画することができるという機能です。

この機能を使うことにより、ゲームのプレイ動画やスマホの操作方法を動画で伝えるなど、たくさんのことができるようになります。

iPhoneの画面録画のポイント
  • iOS 11以降のiPhoneで使うことができる
  • コントロールパネルに追加しないといけない
  • 外部の音声を入れたり無音状態で録画することも可能
  • 録画した動画はiPhoneの写真で確認することができる

iOS 11以降に対応しているiPhoneであればどれでも使うことが可能です。

ただし、iPhoneの画面録画を使うためには準備と、ある程度の操作の仕方を知っておくことが必要です。

今回は、そんなiPhoneの画面録画の手順や困った時の対処法などを細かく解説していくので、是非参考にしてください。

iPhoneの画面録画をするために必要なこと

iPhoneの画面録画を使えるようにするためには、まず下記の内容が必要不可欠となります。

  • iPhoneのバージョンをiOS 11以降に引き上げる
  • コントロールパネルに画面録画を追加する

上記の2つをやらなければ画面録画を使うことができません。実際、筆者はこの記事を書くまで画面録画の存在を一切知りませんでした。

そのため今回は、筆者も実際に自分のiPhoneで操作をしながら設定から録画までしてみました。

どのような手順になるのか細かく画像でも解説するので、是非チェックしてください。

バージョンをiOS 11以上に

まず、iPhoneのバージョンをiOS 11以上にする必要があります。

バージョンアップの仕方は下記の通りです。

  1. 設定画面を開く
  2. 一般をタップ
  3. ソフトウェア・アップデートをタップ
  4. アップデートできるバージョンがあればアップデート

アップデートをする際の注意としては、データ通信量がかなりかかってしまうので、Wi-Fi環境のある場所でのアップデートをおすすめします

ちなみに、アップデート中に電源を切ったり、ネットワークの状態が不安定だとフリーズしてしまったり故障の原因となります。注意しましょう。

まず、iPhoneの設定画面を開いてください。

画面中部ほどにある「一般」をタップします。

一般をタップすると2番目に「ソフトウェア・アップデート」と表記されているので、そこをタップしてください。

ソフトウェア・アップデートをタップすると、上記のような画面になります。

筆者は自動アップデートを設定しており、現在は最新のバージョンなので何も表記されていません。

しかし、アップデートしていない場合は、アップデート対象のバージョンがここに表記されます。

表記されているバージョンをタップしてアップデートを行いましょう。

アップデートが完了したら、次にコントロールパネルに画面録画を追加します。

コントロールパネルに追加する

コントロールパネルに画面録画を追加する手順は下記の通りです。

  1. 設定を開く
  2. 一般の下にある「コントロールセンター」をタップ
  3. 「コントロールをカスタマイズ」をタップ
  4. 追加できる機能の一覧が出てくるので画面録画の左側にある「+」マークをタップ
  5. 追加完了

まず、設定画面を開きます。

画面中部、一般の下にある「コントロールセンター」を開いてください。

コントロールセンターを開くと、「コントロールをカスタマイズ」と表記が出るのでタップします。

すると、下記のような画面が表示されます。ここで画面録画を選び、左側にある「+」のマークをタップしてください。

「+」のマークを押せばすぐに追加完了します。

「含める」の一覧に画面録画があるかどうか確認しましょう。

追加が完了したら、画面を下から上にスクロールしてみてください。コントロールパネルが表示されます。

コントロールパネルの中に、「◎」のようなマークがQRコード読み取りの隣に追加されています。これが画面録画のマークになります。これで画面録画の準備は完了です。

アイフォンコントロールセンター

iPhoneの画面録画の撮影方法

次に、iPhoneの画面録画の撮影方法について解説します。

これまでアップデートの方法とコントロールパネルへ画面録画を追加する方法について解説してきました。

いよいよ次は実際にiPhoneの画面を録画してみましょう。

画面録画の操作はとても簡単です。1回操作をすればすぐに覚えることができるので、是非ゲーム実況やプレイ動画、アプリレビューなどに使ってみてください。

iPhoneの画面録画の撮影方法は下記の通りです。

  1. コントロールパネルを開く
  2. 画面録画のマークをタップして3秒以内に撮影したいアプリや画面を開く
  3. 3秒後に自動的に録画が開始される
  4. 画面上部の赤いラインをタップすれば録画を停止することができる
  5. 録画した動画は「写真」に保存される

コントロールパネルを開く

まず、画面を下から上にスクロールしてコントロールパネルを開きます。

前章で解説した画面録画のマークをタップすると、3秒後に自動的に動画の撮影が開始されます。

3秒以内に自分の撮影したいアプリや画面に移動しましょう。コントロールパネルを閉じればそのまま操作が可能です。

動画の中に自分のホーム画面やその他のアプリが見えても問題ないということであれば、急いで移動する必要はありません。

実況プレイ動画をSNSやYouTubeなどにアップしたい場合は、編集で余計な部分をトリミングすると良いでしょう。

赤いラインをタップして録画を止める

こちらは録画中の筆者のiPhoneのホーム画面です。このように、画面上部に赤いラインが出ているのがわかります。

録画を停止したい時は、再びコントロールパネルを開く必要はありません。赤いラインをタップするだけで、録画を停止させることができます。

赤いラインをタップすると上記のような画面が表示されます。このまま停止をタップすれば録画は終了します。

ゲームアプリを開いている状態だと画面上部に赤いラインが表示されないことがほとんどです。

そのため、録画を停止させる場合はホーム画面に戻って赤いラインをタップするか、コントロールパネルを開くかのどちらかになります。

録画された動画は「写真」に保存される

録画された動画は、iPhoneの「写真」アプリに自動保存されます。

録画した内容を確認したい場合は、「写真」を開いて確認してみてください。

尚、画面録画で録画された動画は、通常の動画のように編集が可能です。

動画編集アプリを使ってトリミングしたり、BGMをつけることもできるので、必要に応じて編集してみてください。

iPhoneの画面録画の使い方

  • iPhoneをiOS 11以上にアップデートする
  • iPhoneのコントロールパネルに画面録画を追加しないと使えない
  • コントロールパネルで画面録画を選択するだけで簡単に録画できる
  • 録画した動画の確認は写真で行う

次の章では、iPhoneの画面録画で困った時の対処法と、画面録画ができない時に考えられる原因について解説します。

iPhone(iOS12)のFor Youの使い方|写真アプリで「共有の提案」

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ