iPhoneスクリーンショットのまとめ|無音・片手で簡単に撮る方法とは

  • 2019年3月8日
  • by 
iPhoneスクリーンショットのまとめ|無音・片手で簡単に撮る方法とは

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhoneを所持している方は、「スクリーンショット」を多く使用しているのではないでしょうか?

「スクリーンショット」は、iPhoneの画面を画像として保存することができ、「メモ」「気に入った画像を保存する」といったことに使われています。

ですが、電車などの公共の場で「スクリーンショット」を行うと、シャッター音が鳴ってしまうので安易に使用することができない場合があります。

そこで、あまり知られていない「スクリーンショット」の際に用いられる技術を紹介します!

紹介する技術は、日常的に使用することができますので知っておいて損は決してありません。

iPhoneのスクリーンショット
  • 基本的な「スクリーンショット」の方法について
  • 便利に使用できる「スクリーンショット」の方法 3選
  • 「スクリーンショット」が役立つ場面
  • 「スクリーンショット」についてのまとめ

トップ画像引用元:Apple(日本)

1 基本的な「スクリーンショット」の方法について

iPhone女性

画像引用元:Apple(日本)

まず、基本的な「スクリーンショット」の方法について紹介・解説していきます。

iPhoneシリーズと言っても、機種によって「スクリーンショット」の方法が異なり、違った方法を行うと「再起動」させてしまうこともありますので注意が必要です。

「iPhone 8」が登場する以前の機種は、「ホームボタン」が搭載されています。
ですが、「iPhone X」以降の機種には「ホームボタン」がありません。

ホームボタンを排除したのはディスプレイを拡大するために、ベゼルレス化を行なったことが1番の理由になります。

「ホームボタン」の有無、それぞれの「スクリーンショット」方法をみていきましょう!

1-1 「ホームボタン」が搭載されているiPhoneでの「スクリーンショット」方法

iPhone6s

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

「ホームボタン」が搭載されているiPhone機種は、以下のようになります。

  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6
  • iPhone SE

これらの機種での「スクリーンショット」方法は、以下の手順で行なってください。

ホームボタンが搭載されている機種の「スクリーンショット」方法の手順

  1. 保存したい画面を表示しておく
  2. サイドボタン(電源ボタン)ホームボタンを同時に押す
  3. スクリーンショットされた写真は、画面の左下に表示され「サムネール」として絵や文字、テキストを追加することができる

手順3は最新版にアップデートされていれば適応されます。

サムネールとは?
  • 画像ファイルの中身を、小さく表示したものを指す。実際に写真を開かなくても、どんな画像かがわかって便利なもの

1-2 「ホームボタン」が搭載されていないiPhoneでの「スクリーンショット」方法

iPhoneXR

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

「ホームボタン」が搭載されていないiPhone機種は、以下のようになります。

  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone XR
  • iPhone X

これらの機種での「スクリーンショット」方法は、以下の手順で行なってください。

ホームボタンが搭載されていない機種の「スクリーンショット」方法の手順

iPhone スクリーンショット

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

  1. iPhone の右側にあるサイドボタン(電源ボタン)を長押し
  2. すぐに左側にある音量を上げるボタンをクリックして、両方のボタンから指を放す
  3. スクリーンショットされた写真は、画面の左下に表示され「サムネール」として絵や文字、テキストを追加することができる

「サムネール」の表示に関しては、どの機種も共通して同じです。

「サムネール」が表示されることで、瞬時にその写真の編集を行うことができますので、とても便利にアップデートされました。

表示が邪魔であれば、左にスワイプすれば消えます。この機能もどの機種も同様になっています。

次の章では、意外と知られていない「スクリーンショット」の方法について紹介しています。

また以下の記事は、「【2018夏モデル】最新Androidスマホのスクリーンショットの撮り方」について紹介・解説していますので、参考にしてみてはどうでしょうか?

【2018夏モデル】最新Androidスマホのスクリーンショットの撮り方

2 知っておくと便利!意外と知られていない「スクリーンショット」の方法について

便利なスクリーンショット

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

次に、意外と知られていない「スクリーンショット」の方法について紹介・解説していきます。

これから紹介する方法を知っておくだけで、より快適に「スクリーンショット」を活用することができるでしょう。

紹介・解説する内容は、以下の3つになります。

意外と知られていないスクショの方法

  • 片手で「スクリーンショット」を撮影する方法
  • 無音で「スクリーンショット」撮影をする方法
  • アップデートにより、動画版の「スクリーンショット」も可能に

前述しましたが、「スクリーンショット」の難点は、場所を選ばなくてはいけないという点です。

ですが、そんなことも気にせずに使用することができますので知っておいて損はありません。

2-1 片手で「スクリーンショット」を撮影する方法

片手でスクリーンショット

iPhoneシリーズは、最新機種になればなるほどディスプレイサイズが大きくなり、また薄くなる傾向にあります。

使用面では軽量化もされており、スタイリッシュで使いやすいですが、片手の操作が難しくなりました。

そこで、片手のみで「スクリーンショット」を行う術を紹介していきます。
手順は以下のようになります。

片手で「スクリーンショット」を可能にする設定手順

1iPhoneの「設定」
アイフォン設定

2「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」という順でタップ
一般

アクセシビリティ

アシスティブタッチ

3「AssistiveTouch」という項目を右にスライドして、[オン(緑色に変化)]にする
オン

4「最上位メニューをカスタマイズ…」をタップ
最上位メニューのカスタマイズ

5自分の必要とするアイコン(ここではスクリーンショット)を設定
「デバイス」を「スクリーンショット」に変更し、「完了」をタップ

デバイス

※例として「デバイス」を選択しましたが、自分が不必要なアイコンを選択しましょう

6設定が完了するとホーム画面に「仮想ボタン」が表示
仮想ボタン

7それをタップし「スクリーンショット」アイコンをタップすれば撮影が可能
片手スクリーンショット

要約すると画面上に「スクリーンショット」のアイコンを表示することで、片手で撮影を可能にするというものです。

「スクリーンショット」を多用する方には、かなり便利な機能になっていますでオススメです。

「AssistiveTouch」のメリット
  • サイドボタン(電源ボタン)やホームボタン(搭載の場合)が故障していても、「AssistiveTouch」を利用すれば「スクリーンショット」ができます

2-2 無音で「スクリーンショット」撮影をする方法

無音でスクリーンショット

「スクリーンショット」を使用する際に、気をつけなければいけないのが「カシャ」というシャッター音です。

このシャッター音が出てしまうという不満の声は多く、Appleも気にかけたのでしょう。

iOS 10.2以降であれば、マナーモード(本体横のサウンドスイッチを[オフ])設定にすることにより、無音で「スクリーンショット」を行うことができるようになりました。

注意しなくてはいけなのが、カメラアプリを起動した状態ですと、シャッター音はなってしまいます。

2-3 アップデートにより、動画版の「スクリーンショット」も可能に

iPhone通知

画像引用元:iPhone – Apple(日本)

アップデートにより、動画版の「スクリーンショット(画面収録)」も可能になりました。

そこで、「画面収録」をするための設定方法を紹介しましょう。

「画面収録」をするための設定手順

1「設定」をタップ
アイフォン設定

2「コントロールセンター」をタップ
コントロールセンターをタップ

3「コントロールをカスタマイズ」をタップ
コントロールをカスタマイズ

4「画面収録」左の「+」をタップ
画面収録プラス

5「コントロールセンター」に「画面収録」アイコンボタンが追加される
コントロールセンター画面収録

「画面収録」の撮影方法は「スクリーンショット」と同様な方法でできます。

6撮影を開始したい画面を表示し「コントロールセンター」から「画面収録」をタップし、3秒間のカウントダウン後録画開始
画面収録中

※↑は録画中

7終了する場合は、開始した時と同じような手順で「画面収録」アイコンをタップすると「停止」
画面収録終了

停止すると上からメッセージが出てきて保存されます。

「画面収録」機能でゲームの実況やアプリの使い方を教えたりすることが一段と簡単になりました。

3 「スクリーンショット」はこんな時に便利!

意外と多くの方が使用している「スクリーンショット」機能。
どのような場面で「スクリーンショット」を使用しているのか気になりますよね。

そこで「スクリーンショット」は、どのような場面で活躍するのかみていきましょう。

  • 忘れてはいけない事を記憶しておきたい時
  • お気に入りの画像を保存したい時
  • アプリやスマホの使い方を教えたい時
  • 友達との会話の内容を保存しておきたい時

多くの方の使用用途は「メモ」として、画面ごと保存するようです。
表示されている画面ごと後々確認できるので、かなり便利と言えるでしょう!

他は、お気に入りの画像を保存しておく時や、アプリ等の使い方説明・SNSやコミュニケーションアプリでの会話内容を保存しておくときに活用しているようです。

iPhoneスクリーンショットのまとめ|無音・片手で簡単に撮る方法とはのまとめ

iPhone操作

いかがだったでしょうか?
今回の記事をまとめると以下のようになります。

「スクリーンショット」機能のまとめ
  • 機種によって「スクリーンショット」の方法が異なる(ホームボタンの有無)
  • 片手で撮影する方法や、無音で撮影する方法は意外と簡単
  • 「画面収録」機能(動画)が可能になり、使用用途の幅が広がった
  • 「メモ」として「スクリーンショット」を使用している方が多い

「スクリーンショット」機能は、その人の使い様によってはとても便利な機能として重宝できます。

「メモ」としての活用方法は一般的になってきているので、今後どのように「スクリーンショット」機能が使用されていくのか気になるところです。

またApple製品の強みの1つである、アップデートによる進化する点においては期待が膨らむばかりです。

iOS13のジェスチャーを解説|最新iPhoneも採用している便利機能とは

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ