iPhone SE Plus「Touch ID内蔵電源ボタン」搭載?

  • 2021年7月19日
  • by.sekai

iPhoneを比べてみる

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

Apple関連の情報を発信するYouTubeチャンネル「EverythingApplePro E A P」は、iPhone SE PlusにはTouch ID内蔵電源ボタンが搭載される可能性があると発言しています。

この予想が実現した場合、Touch ID内蔵電源ボタンはiPhoneでは初の試みとなります。

人気記事

Appleは2021年9月15日に新製品発表イベントを開催し、iPhone13(読み方:アイフォン サーティーン)を発表しました。 シネマティックモードに対応し、バッテリー時間もiPhone12より2.5時間持ちがよくなりました。 […]

iPhone13

トップ画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

iPhone SE PlusにTouch ID内蔵電源ボタン搭載か

TouchIDのマーク

画像引用元:iPhone SE – Apple(日本)

EverythingApplePro E A Pは、安価モデルの新機種を「iPhone SE Plus」と表現しています。

EverythingApplePro E A Pによると、iPhone SE PlusにはTouch ID内蔵電源ボタンが搭載される可能性があるとのことです。

ソース:EverythingApplePro E A P – YouTube

Appleが取得した特許が根拠か

Touch ID

画像引用元:Apple’s Methodology of integrating Touch ID into the iPad Air’s Power Button may be Extended to future iPhones – Patently Apple

EverythingApplePro E A Pの予測は、Appleが2021年7月1日に米国特許商標庁(USPTO)で取得した特許を根拠にしています。

USPTOが2021年7月1日に公開した特許内(上記画像)には、生体認証センサーを搭載したサイドボタンを持つ端末が載っています。

EverythingApplePro E A Pの予測には確かな根拠があり、ある程度の信憑性のある予測といえます。

ソース:Apple’s Methodology of integrating Touch ID into the iPad Air’s Power Button may be Extended to future iPhones – Patently Apple

過去にはiPad Airに搭載

iPad Air

画像引用元:iPad Air – Apple(日本)

iPhoneやiPadにおいて、真ん中下部にあるホームボタンはベゼル(額縁部分)の縮小に伴いなくなりました。(iPhone SE 第2世代にはあり)

以降はFace IDに移行したため、iPhoneではそれ以降Touch IDが搭載されることはありませんでした。

しかし2020年10月23日に発売されたiPad Air(第4世代)で初めてiPadのトップボタンにTouch ID機能が搭載されました。

このことを考えると、iPhone SE PlusにTouch ID内蔵電源ボタンが搭載される可能性は十分にあります。

iPhone SE(第3世代)は2022年発売か

中国メディアのGizchinaは、iPhone SE PlusはiPhone11の筐体を活用して登場する可能性があると予測しています。

iPhone SE(第2世代)がiPhone8の筐体を活用して登場したことから、この予測の実現可能性は高いでしょう。

5Gに対応しないことでコストカットを実現し、販売価格は500ドル(約52,800円)になると予想しています。

ソース:iPhone SE Plus will copy the design of the iPhone 11 – Gizchina.com

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
大分県大分市出身の1998年生まれ。早稲田大学出身。学生時代はフェンシング部に所属。スマホはiPhone、ソフトバンクを約10年利用中。MacBook Proを使用し、動画編集とともにガジェット系ライターとして活動中。ゲーム実況配信を見る毎日。