iPhone SE3の最新情報|待つべき?発売日・価格・スペックの噂まとめ

コスパが良く依然として人気があるiPhone SE(第2世代)の新型「新型iPhone SE 3」の噂がどんどん出ています!あくまでも噂でありリーク情報ですが、信憑性が高い情報も多いです。本記事は新型iPhone SE 3に関する噂や予想をわかりやすくまとめました。
  • 2021年12月17日
  • by.affiprecious

新型iPhone SEの噂

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2021年9月にiPhone 13が発売されてからまだ数ヶ月しか経っていませんが、すでに「新型iPhone SE3」の発売が噂されています。

今はまだ名称すらはっきりしていません。そのため、一部では「iPhone SE(第3世代)」や「iPhone SE Plus」などとも呼ばれています。

そんな新型iPhone SE3にまつわる噂には、有名なリーカーが予想したものもあれば、出処がいまいち分からないような怪しいものも。まさに種々雑多です。

そこで本記事では新型iPhone SE3について、しっかりとしたソースのある情報だけを厳選してお伝えします。

コスパに優れた新型iPhone SE3に興味がある方はぜひご覧ください。

新型iPhone SE3の最新情報まとめ【2021年12月更新】

iPhone13レビュー

2021年12月時点で出ている新型iPhone SE3のリーク情報は下記のとおりです。

では、それぞれの情報について詳しく見ていきましょう。

新型iPhone SE3の発売日・予約日

アイフォン画像

iPhoneリークの著名なリーカーであるミンチー・クオ氏によれば、新型iPhone SE3は2022年上半期に発売されるだろうとのことです。

同氏は2020年11月に発表したレポートで、「2021年後半に発売される」と予想していました。しかし、2021年3月のレポートで発売時期を修正したようです。

iPhone SE(第2世代)は2020年4月に発売されたため、新型iPhone SE3も春に発売されるのかもしれませんね。

ソース:AppleInsider

2022年4月末発売という具体的な情報も

Apple製品ニュースサイト「iDROPNEWS」は、新型iPhone SE3が2022年4月末に発売されると予想しています。

同記事によると、新型iPhone SE3に採用されるSoCは、2021年現在最新モデルのiPhone 13シリーズと同じ「A15」チップになるとのこと。

また、5Gにも対応するなど、仕様に関しても具体的に予想しています。

ソース:iDROPNEWS

「新型iPhone SE3は発売される」という予想は他にも多数ある

台湾のマスコミであるDigitimesや米国の証券会社JPモルガンのアナリストも、iPhone SE3は2022年上半期に発売されると予想しています。

少し前までは発売を疑う声も多かったのですが、現在では発売されるだろうという声が多数です。

とはいえ、イギリスの証券会社バークレイズのアナリストは、Apple社が新型iPhone SE3を発売することは当分ないと予想しており、まだ正確な部分はわからないままとなっています。

ソース:MacRumors

新型iPhone SE3の端末価格

リーカーのMauri QHD氏によれば、Apple社は本体価格が200~300ドル程度のiPhoneを開発中とのことです。

低価格iPhoneといえばiPhone SEシリーズですよね。そのため、これが新型iPhone SE3の価格ではないかと噂されています。

現行モデルのiPhone SE(第2世代)の本体価格は399ドル。新型では最大約2万円ほど安くなるようです。

新型iPhone SE3は逆に高くなるとの予想も

リーカーのAnthony氏によれば、新型iPhone SE3の本体価格は499ドル~になるようです。

iPhone SE(第2世代)と比べると、ちょうど100ドルの値上げですね。

また、新型iPhone SE3のライバルは「Galaxy A52 5G」や「Galaxy A72 5G」になると予想。

Galaxy A52 5Gはすでに発売されており、本体価格は500ドルと新型iPhone SE3の予想価格とほぼ同じです。

Galaxy A72 5Gは新型iPhone SE3が発売される頃にライバル候補として引き合いに出されているのでしょう。

Galaxy Aシリーズはコスパに優れたスマホです。新型iPhone SE3との対決にも注目したいですね。

2021年12月時点の最新価格予想

Macworldによれば、新型iPhone SE3の本体価格は449ドルまたは499ドルと予想しています。

その根拠は5Gです。

新型iPhone SE3には、5Gが搭載されると予想されていますよね。どうやら、この5Gに関連するライセンス費用などを加算すると、上記の価格になるとのことなのです。

iPhone SE(第2世代)の発売価格は399ドルでした。上の予想価格とほぼ同じで、やはり新型iPhone SE3は50ドル~100ドルの値上げになるということですね。

なお、日本では当初、iPhone SE(第2世代)は税込49,280円で発売されました。

同様に計算すれば、新型iPhone SE3は54,780円または60,280円であると予想できます。

ソース:Macworld

新型iPhone SE3のデザイン・カラー

TechTipster氏は、自身のツイッターで新型iPhone SE3のリーク情報を元に、予想デザインを公開しています。

iPhone SE(第2世代)に比べると、ディスプレイ上のノッチやベゼルが非常に細くなっており、ホームボタンもありません。

カラーは定番のホワイト、ブラックに加えてPRODUCT(RED)の3色になると予想。

背面は光沢ガラス、側面はアルミニウムフレームになるとのことです。

新型iPhone SE3の予想CG動画が公開

YouTubeチャンネル「4RMD」が、新型iPhone SE3の予想CG動画を公開しました。

その動画では、新型iPhone SE3のカラーラインナップはPRODUCT(RED)、ゴールド、ホワイト、ブラックと予想されています。

ソース:YouTube

6色展開との予想も

YouTubeチャンネルのConceptsiPhoneは、iPhone SE3のカラーを以下の6色と予想しています。

iPhone SE3のカラー※ConceptsiPhone予想
  • グリーン
  • サーモンピンク
  • ラベンダー
  • クリーム
  • ライトブルー
  • アルティメットブラック

カラーリングの予想は当たりにくいですが、カラフルなカラー展開を予想するのは楽しいですね。

ソース:Introducing iPhone SE3 — Apple 2022 – YouTube

新型iPhone SE3のスペック・CPU

YouTubeチャンネル「Science and Knowledge」では、これまでのリーク情報を元にしたスペック情報を公開しています。

新型iPhone SE3スペック情報
  • CPU:A14 Bionic
  • 防水・防塵:IP68
  • ディスプレイ:5.5インチ有機ELディスプレイ
  • 解像度:1,440×720
  • メモリ:3GB・4GB
  • ストレージ:64GB・128GB・256GB
  • メインカメラ:デュアルカメラ(メインカメラは1,600万画素)
  • インカメラ:シングルカメラ(1,300万画素)
  • インターフェース:USB3.0
  • 認証:顔認証
  • 充電:25W急速充電対応
  • バッテリー容量:2,850mAh

注目すべきはCPUです。

同チャンネルでは、iPhone 12シリーズに搭載された最新チップ「A14 Bionic」が搭載されると予想しています。

これについては、他のiPhoneリーカーたちも同意見の様子。

iPhone SE(第2世代)が大きな話題になったのは、4万円台でありながら10万円を優に超えるiPhone 11 Proと同じCPUが搭載されていたためです。

新型iPhone SE3がiPhone SE(第2世代)の後継機にあたるのであれば、CPUにはiPhone 12と同じものが搭載されると考えるのが自然でしょう。

あくまでリーク情報ではあるのですが、CPUには期待したいですね。

ソース:YouTube

A15 Bionicが採用されるとの噂も

新型iPhone SE3について、A15 Bionicが採用されるとの噂もあります。

最新のCPUが搭載されるとなればユーザーにとって嬉しいですが、A15 Bionicには機能面にバージョンが存在するため、どうなるかは発売までわかりません。

ソース:More evidence surfaces of 5G ‘iPhone SE 3’ coming in spring 2022 | AppleInsider

新型iPhone SE3のカメラ

iPhone SEのカメラ

YouTubeチャンネル「Science and Knowledge」によれば、新型iPhone SE3はデュアルカメラになるとのことです。

レンズの種類は明らかになっていませんが、メインカメラの解像度は1,600万画素と予想されています。

ソース:YouTube

リアカメラのデザインが刷新?

iPhone SE3のコンセプト画像がapple lab氏(@aaple_lab)のTwitterに投稿されました。

リアカメラのデザインが刷新されているのがわかります。

インカメラにはパンチホールカメラ採用か

YouTubeチャンネルのConceptsiPhoneが公開したiPhone SE3のイメージ動画では、インカメラにパンチホールカメラが採用されています。

これによりノッチがなくなり、画面占有率が増加しています。

ソース:Introducing iPhone SE 3 — Apple 2022 – YouTube

新型iPhone SE3のディスプレイ

YouTubeチャンネル「Science and Knowledge」によれば、ディスプレイの性能は下記のとおりです。

新たに有機ELディスプレイが採用されると見られています。

新型iPhone SE3ディスプレイ情報
  • ディスプレイサイズ:5.5インチ
  • ディスプレイの種類:有機ELディスプレイ
  • 解像度:1,440×720

iPhone SE(第2世代)は液晶ディスプレイでした。新型iPhone SE3に有機ELディスプレイが搭載された場合、コントラスト比が大幅に改善されることでしょう。

有機ELディスプレイでは、黒色がより引き締まった色合いになります。映画をはじめとした黒色が多い映像を従来以上に美しく表現してくれるのではないでしょうか。

ソース:YouTube

2通りのディスプレイサイズが発売されるとの予想も?

iPhoneの著名なリーカーであるロス・ヤング氏は、新型iPhone SE3のディスプレイサイズは下記2種類になると予想しています。

新型iPhone SE3のディスプレイサイズ
  • 4.7インチ(現行どおり)
  • 6.1インチ(これまでのiPhone SEシリーズにはないサイズ)

4.7インチサイズが発売されることについては、著名リーカーであるミンチー・クオ氏も同意見のようです。

しかし、ロス・ヤング氏は6.1インチサイズのモデルも登場すると見ています。

まるでかつてのiPhone 8とiPhone 8 Plusのような、大型サイズのiPhoneが登場すると考えているのです。

ただし、この6.1インチサイズの新型iPhone SE3は、2023年に発売されるとも予想しています。

新型iPhone SE3の予想CG動画が公開

YouTubeチャンネル「4RMD」では、新型iPhone SE3の予想CG動画を公開しています。

その動画によると、ディスプレイサイズは5.3インチで、種類は液晶とのこと。

また、画面占有率はiPhone SE(第2世代)よりは大きいものの、昨今のスマホと比べると、ベゼルは太めになるかもしれません。

なお、ディスプレイ下部にはiPhone SEシリーズお馴染みのTouch IDが搭載されています。

ソース:YouTube

新型iPhone SE3の生体認証

iPhoneSE2 フロント

YouTubeチャンネル「Science and Knowledge」は、新型iPhone SE3には認証機能として顔認証が搭載されると予想しています。

マスク姿が当たり前になった2021年現在、これはちょっと残念な仕様ですね。

しかし、iPhoneリーカーのミンチー・クオ氏は、iPhone SE3ではホームボタンが搭載され、従来どおりの指紋認証になると予想。

逆に、中国サイト「MyDrivers」は、iPhone SE3ではホームボタンが撤廃され、サイドボタンによる指紋認証になると見ています。

少し前まではホームボタン撤廃説が濃厚だったのですが、最近ではホームボタンが搭載される可能性も出てきました。

認証方法については、まだまだ不明な点が多いといえます。

ソース:YouTubeMacRumors

新型iPhone SE3のストレージ・容量

YouTubeチャンネル「Science and Knowledge」は、新型iPhone SE3のメモリは3GBまたは4GBになると予想しています。

また、ストレージはiPhone SE(第2世代)と同じく、64GB・128GB・256GBになるとのことです。

ソース:YouTube

新型iPhone SE3のバッテリー

iPhoneSE2ワイヤレス充電

YouTubeチャンネル「Science and Knowledge」は、新型iPhone SE3のバッテリー容量を2,850mAhと予想

現行のiPhone SE(第2世代)のバッテリー容量は1,821mAhですから、大幅に進化することになります。

また、25Wの急速充電にも対応するとのこと。充電まわりの使い勝手は非常に快適になることでしょう。

ソース:YouTube

充電ポートはLightningからUSB-Cへ?

YouTubeチャンネルのConceptsiPhoneが公開したイメージ動画では、新型iPhone SE3の充電ポートが従来のLightningからUSB-Cへ変更されています。

Apple製品にUSB-Cの導入を求める声が大きいため、ConceptsiPhoneのイメージが実現する可能性はあります。

ソース:Introducing iPhone SE 3 — Apple 2022 – YouTube

新型iPhone SE3のネットワーク

リーカーのミンチー・クオ氏によれば、新型iPhone SE3は5Gに対応するとのことです。

新型iPhone SE3のCPUにはA14 Bionicが搭載されると予想されているため、5Gにも対応するのは自然な流れといえますね。

なお、Wi-Fiに関するリーク情報は今のところありません。

ソース:MacRumors

新型iPhone SE3は待つべき?

2021年12月現在のリーク情報を元に、まずは新型iPhone SE3を待つべき人について解説します。

iPhone SE3のポイント
  • 2022年春までに機種変更が不要な人
  • ホームボタン・指紋認証を搭載したiPhoneが欲しい人

iPhoneのナンバリング機種とは違い、iPhone SEシリーズは毎年発売されるとは限りません。

たくさんのリーク情報が出ていたにもかかわらず、結局発売されなかったシリーズ機種は過去にいくつもあります。

よって、年内に機種変更の必要がなく気長に待てる方には、新型iPhone SE3は向いているといえるでしょう。

また、ホームボタン・指紋認証など、iPhone SEシリーズならではの機能が欲しい方もまた、新型iPhone SE3が向いていますね。

新型iPhone SE3を待つべきでない人

新型iPhone SE3を待つべきでない人は、年内に機種変更をする必要がある方です。

上述したとおり、新型iPhone SE3が2022年に発売されるかどうかは、今のところ誰にもわかりません。

発売されるかもわからない機種に期待をかけるよりは、最新モデルのiPhone 13シリーズを購入すべきでしょう。

発売を疑う意見は少なくなりましたが、無いわけではありません。

近いうちに機種変更が必要な方には、新型iPhone SE3は向いてないといえますね。

新型iPhone SE3は続報を期待!

本記事では、新型iPhone SE3のリーク情報について解説しました。

新型iPhone SE3に関するリーク情報が徐々に集まってきました。

発売時期は2022年以降になるでしょう。最も多い意見は2022年春頃です。

リーク情報はこれからも続々と出てきそうですね。

iPhone比較|値段/サイズ/スペックで歴代モデルを比べてみた【2022年】

新型iPhone SE3に最適なスマホの補償は「モバイル保険」【PR】

モバイル保険

画像引用元:モバイル保険

新型iPhone SE3の購入と併せて考えたいのが端末補償です。

Appleが提供している「AppleCare+」はメーカーの補償として手厚いサポートを受けることが可能ですが、利用料金も高く補償内容をフル活用できないことも。

ただせっかくの新しいスマホですので、壊した際の修理費用が心配ですよね。

そんな方に手頃な内容で安価に利用できる「モバイル保険」がオススメです。

モバイル保険の特徴
  • 月額700円で3端末まで補償※
  • 事故時の修理費用負担0円
  • 機種変更・プラン変更しても利用可能
  • オンラインで全て完結

モバイル保険はモバイル通信機器に幅広く対応しており、1契約で3端末まで保証対象として登録できます

そのため、タブレットやスマートウォッチ・ワイヤレスイヤホン・ゲーム機といった身の回りのスマホ以外の機器も、まとめて補償に入れることが可能です。

補償金額内であれば、事故時の修理費用はありません。モバイル保険にさえ入っていれば、安心して大切なスマホを利用することができます。

※補償条件は、下記のどちらかに当てはまる場合のみ。
①新規取得した日から1年未満の状態
②(新規取得した日から1年以上の場合)メーカーまたは通信キャリアが提供する有償の補償サービスに加入しており、かつ当該サービスにより補償が受けられる状態

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
ライター歴3年の青森県出身。趣味で始めたFXが軌道に乗ったのを機に退職し、いろんなことにチャレンジ中。 最近では趣味のガンプラも仕事の1つに加えてやりたい放題の人生を満喫している。トレーダー兼モデラー兼ライターという日本に3人くらいしかいない肩書の人間。 iPhoneよりiPadが好き。