iPhone「探す」アプリがiOS13で登場|設定方法や便利な使い方を解説

iPhone「探す」アプリがiOS13で登場|設定方法や便利な使い方を解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

友達や家族との待ち合わせに便利なiPhoneの「友達を探す」アプリ。

しかし、iOS13からは、「友達を探す」機能が「探す」アプリに統合されたため、設定方法も若干変更されました。

よって、今回はこの「探す」アプリの設定方法と使い方について解説します。

また、「探す」アプリのもう1つの機能である「iPhoneを探す」機能や、iPhoneを紛失した場合の手順についても説明していきます。

トップ画像引用元:iCloud – 探す – Apple(日本)

iOS13の「探す」アプリでできること

ドコモのiPhone 11

画像引用元:iPhone 11 | iPhone | NTTドコモ

iOS12以前は、

  • 知り合いの位置情報を確認できる「友達を探す」機能
  • 紛失したiPhoneを探せる「iPhoneを探す」機能

が別個のアプリとして存在していました。

しかし、iOS13以降はこれらが統合され、「探す」アプリに集約されています。

「探す」アプリの利用シーン
  • 子供の居場所を把握しておきたい
  • 待ち合わせで効率的に合流したい
  • 混雑する場所で家族の位置をわかるようにしておきたい
  • 家族を迎えにいくときに、待っている人がどこにいるか知りたい
  • 紛失してしまったiPhoneがどこにあるのか知りたい

このように、「探す」アプリは「人やiPhoneが今どこにいるのか知りたい」というときに活躍してくれます。

iPhoneで友達を探すには

友達や家族を探すときの設定方法を確認しておきましょう。

【事前設定】必要な位置情報設定

「探す」アプリでは、いくつかの位置情報を利用します。

この位置情報が双方の端末で設定されていないと、相手の位置情報を確認することができません。

「探す」アプリを利用する前に、この設定を行っておきましょう。

1ホーム画面から「設定」アプリを起動

2「プライバシー」をタップ

3「位置情報サービス」をタップ

「位置情報サービス」が有効になってない場合は有効に切り替える

4アプリ一覧が表示されたら、「探す」アプリをタップ

5「このAppの使用中のみ許可」を選択

6「設定」のトップ画面に移動し、赤枠の部分をタップ

7「探す」をタップ

8「位置情報を共有」を有効にして、青枠の「iPhoneを探す」をタップ

93つの設定すべてをオンにする

これで、位置情報の設定は終了です。

友達・家族と位置情報を共有する方法

1「探す」アプリを起動

位置情報の共有を申請する側の操作

2「位置情報の共有を開始」をタップ

3共有したい相手のメールアドレスを入力して、「送信」をタップ

【入力するメールアドレス】
相手の端末に設定されているものであれば、メールの種類は問いません。

共有を申請された側の端末の画面

4メールを受信すると下のようなポップアップが表示されるので、位置情報を共有する時間を選択する

これで位置情報の共有がスタート。

位置情報の共有を申請する側の画面

5ポップアップの通知が表示されたら、「OK」をタップ

共有後の画面

  • 相手がいる場所
  • 位置情報が表示された時間
  • 相手がいる場所までの距離

が表示されます。

位置情報は随時更新されていくので、相手がいる場所をリアルタイムで知ることが可能です。

iOS13リリース!アップデート後の新機能と対応機種・iOS12との違い

次のページでも引き続き、「探す」アプリの操作方法について解説していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ