iPhoneの本体だけを購入する方法

iPhoneの本体だけを購入する方法|Apple Store/キャリア/中古どれがおすすめ?

  • 更新日:2024年3月11日
  • 本記事には広告が表示されます
  • ※本記事は2024年3月11日に作成された記事です。最新情報は公式ページをご確認ください。

この記事では、通信契約なしでiPhoneを本体だけ購入する方法を紹介します。

これまで日本では、iPhoneを含めて端末は通信会社から買うものという独自の文化がありました。

通信料金と端末代金をごちゃ混ぜにして販売する「一体型プラン」が主流だったからです。

しかし一体型プランには、ユーザーからすると自分が何にいくら払うのかわかりにくいという問題があり、それが元となるトラブルも少なくありませんでした。

そこで2019年に「完全分離プラン」を義務付けた改正電気通信事業法が施行され、現在は通信契約と端末は別々にして販売しなくてはいけなくなっています。

吹き出しアイコン

今使っている回線のままiPhoneだけ購入したい人は、本記事の方法を参考にしてください。

iPhoneの本体だけを購入する方法まとめ

iPhoneの本体だけを購入する方法は大きく分けて5種類

iPhone15比較

画像引用元:Apple(日本)

通信契約なしでiPhone本体だけを購入する主な方法は、以下の5つです。

iPhoneを一括払いで購入するなら、Apple Storeか家電量販店での購入がおすすめです。

一方で、分割払いで購入するなら、各キャリアの1年・2年返却がお得です。

方法1:Apple Storeで購入する

iPhone 15シリーズ

画像引用元:iPhone 15 – Apple

iPhoneを製造しているApple直営のApple Storeはkドコモ・au・ソフトバンクより安い販売価格が最大の特徴です。

一例として、iPhone15やiPhone14の販売価格をみてみましょう。

iPhone 15の販売価格

iPhone 15の価格128GB256GB512GB
ドコモ通常149,490円172,040円212,300円
いつでもカエドキプログラム75,570円86,240円106,700円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常145,640円166,780円206,930円
スマホトクするプログラム(※1)32,740円76,630円96,985円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常142,920円166,320円206,640円
新トクするサポート(※2)21,996円44,820円55,620円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常131,800円153,800円187,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
65,880円76,896円93,888円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常124,800円139,800円169,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 13ヶ月目に端末返却した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhone 14の販売価格

iPhone 14128GB256GB512GB
ドコモ通常124,465円161,480円201,740円
いつでもカエドキプログラム22,033円81,680円102,140円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常127,900円販売終了販売終了
スマホトクするプログラム38,547円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常127,440円販売終了販売終了
新トクするサポート22,008円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常120,800円135,900円165,900円
アップグレードプログラム60,384円67,944円82,944円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常112,800円127,800円157,800円
詳細Apple公式サイトを見る

Apple Storeの販売価格は、各キャリアより2万円ほど安くなっています。

以前は楽天モバイルがApple直販より安くすることもありましたが、2024年現在は他キャリア同様にApple直販が最安値です。

また、Appleはキャリア同様にiPhoneの下取りができます。

下取り価格は全体的に高く、キャリアの下取りプログラムよりお得になることも。

以上のことから、iPhoneを一括払いで購入するなら、Apple Storeで購入するのがおすすめです。

吹き出しアイコン

なお、Apple Storeへ直接出向かなくても、オンラインで購入することも可能です。

Apple Storeで購入するポイント
  • キャリアで買うより安い
  • 下取り価格が高い
  • デメリットが特にない
  • 一括払いならApple Storeで購入しよう。

方法2:キャリア・格安SIMなどの通信会社で購入する

ドコモショップ実店舗
通信会社からiPhoneを購入するのは、日本では多くの人とって一番慣れている方法ではないでしょうか。

格安SIM(MVNO)では、今も端末は通信契約者にのみ販売していますが、4キャリアでは通信契約者以外にも単体販売しています。

通信契約なしでの端末販売の対応状況

キャリア一括購入分割購入購入プログラム利用
ドコモ対応
au対応
ソフトバンク対応
楽天モバイル対応対応※

※楽天カードで48回払いの場合のみ。

表中の「端末購入サポート」とは、各キャリアで実施している下記の割引のことを指します。

各キャリアの端末購入サポート
  • ドコモ:
    いつでもカエドキプログラム
    いつでもカエドキプログラム+
  • au:スマホトクするプログラム
  • ソフトバンク:新トクするサポート
  • 楽天モバイル:買い替え超トクプログラム

表を見ても分かるとおり、2024年現在は全キャリアが端末のみ購入できます。

加えて、端末のみ購入する場合でも、各キャリアが提供する1年・2年返却の購入プログラムが利用できます。

上手に活用することで、Apple Storeから購入するよりも安い実質価格でiPhoneをゲットできるでしょう。

吹き出しアイコン

2年後の返却OKなら、キャリアから買うのが1番コスパのいい運用になります。

各キャリアの購入プログラムの内容をもう少し詳しくみていきましょう。

ドコモ:いつでもカエドキプログラム

ドコモのいつでもカエドキプログラムでは、対象のスマホを24回払いで購入し、23回目の支払いが終わった時点でスマホをドコモに返却することで、24回目の支払いが免除されます。

下の画像は、105,500円のスマホをいつでもカエドキプログラムで購入した場合の支払いイメージです。

いつでもカエドキプログラム

画像引用元:いつでもカエドキプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

24回目の支払い額は、本体価格のおよそ4~5割程度になります。例えば上のケースでは、24回目の支払い額が48,000円に設定されていますよね。

残りの57,500円分は23回に分けて毎月支払っていくことになります。そのため、月の支払い額は2,500円です。

そして、23回目の支払い終了後、スマホをドコモへ返却すれば、24回目の48,000円の支払いが免除されます。

これにより、105,500円のスマホが48,000円値引きされることになるため、トータルの支払い額は57,500円に。

割引率に換算すれば、およそ4~5割引です。かなりお得な割引と言えますね。

本プログラムの条件は下記のとおりです。

いつでもカエドキプログラムの条件
  • 対象のスマホを24回払いで購入すること
  • ドコモにスマホを返却すること

どちらも非常に簡単な条件で、普通に端末を購入するだけでも条件を満たせてしまいます。

この条件の軽さと割引効果の高さが、いつでもカエドキプログラムの魅力と言えるでしょう。

いつでもカエドキプログラムの特徴
  • 端末が実質4~5割引になる
  • 購入から約2年後にスマホの返却が必要
  • 条件は実質なし

au:スマホトクするプログラム

スマホトクするプログラムの内容は、ドコモのいつでもカエドキプログラムとよく似ています。

下の図は、96,600円のスマホに本プログラムを適用した場合の支払いイメージです。

スマホトクするプログラム

画像引用元:スマホトクするプログラム/スマホトクするボーナス | スマートフォン・携帯電話 | au

本プログラムを利用すると、機種代金の支払いが24回払いになります。24回目の支払い額の目安は、本体価格の4~5割ほどです。

23回目の支払いが終了した後にスマホを返却すれば、24回目の支払いは免除されます。

そのため、スマホトクするプログラムもいつでもカエドキプログラムと同じく、結果的にスマホの本体価格が実質4~5割引に。

本プログラムの条件は下記のとおりです。

スマホトクするプログラムの条件
  • 本プログラムで購入した機種を12ヶ月以上利用した後、auが回収すること

プログラムを普通に使っていれば、問題なく満たせる条件ですね。

スマホトクするプログラムの特徴
  • 端末が実質4~5割引になる
  • 購入から約2年後にスマホの返却が必要
  • 条件は実質なし

このように、スマホトクするプログラムは内容・条件ともに、ドコモのいつでもカエドキプログラムとほぼ同じと言えます。

ソフトバンク:新トクするサポート

ソフトバンクの新トクするサポートは、ドコモとauとは少し異なるプログラムになっています。

新トクするサポート

画像引用元:新トクするサポート | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

新トクするサポートには、「新トクするサポート(スタンダード)」と「新トクするサポート(バリュー)」の2種類が提供されています。

どちらも端末を48回払いで購入しますが、新トクするサポート(スタンダード)は24回目、新トクするサポート(バリュー)は12回目の支払い後に返却することで、残りの支払いが免除されます。

新トクするサポートの条件
  • 端末を48回払いで購入すること
  • ソフトバンクに端末を返却すること
  • スタンダード:24回目の支払い後
  • バリュー:12回目の支払い後

スタンダードならドコモやauと同じく約半額で、バリュー対象機種ならソフトバンクが1番お得になります。

ただ、スタンダードとバリューのどちらが適用されるかは、機種毎に異なります。

ユーザーが選べるわけではないので、欲しい機種が1年返却・2年返却のどちらになるかしっかりチェックしましょう。

新トクするサポートの特徴
  • 2年返却なら実質4〜5割引になる
  • 1年返却なら最安値になる
  • 機種によって1年・2年が決まっている

楽天モバイル:買い替え超トクプログラム

楽天モバイルの買い替え超トクプログラムは、ソフトバンクの新トクするサポート(スタンダード)と同じ考え方の割引です。

買い替え超トクプログラム

画像引用元:楽天モバイル

端末を48回払いで購入し、24回目の支払いが終わった時点でiPhoneを楽天モバイルへ返却すれば、以後の支払いが免除されます。

48回払いのうち25回目以降の支払いが免除されるため、本体価格は実質半額に。

ここまでは、ソフトバンクの新トクするサポート(スタンダード)と同じです。

しかし、本プログラムは対象機種がiPhone限定であり、楽天モバイルオリジナル機種やAndroidスマホには利用できません。

買い替え超トクプログラムの条件
  • 端末を48回払いで購入すること
  • 購入から約2年後に端末返却
  • 支払い方法は楽天カードのみ有効

機種変更は不要で、端末返却だけでOKです。

ただし、楽天モバイルの48回払いは楽天カード限定のため注意しましょう。

買い替え超トクプログラムの特徴
  • 端末が実質5割引になる
  • 対象機種はiPhoneのみ
  • 購入から約2年後に楽天モバイルに返却
  • 支払い方法は楽天カードのみ有効

本当に店舗で単体販売しているの?

ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルの各店舗では、端末のみの販売を行っています。

ただし、端末のみ販売していることは大々的に告知していないお店ばかりです。

口頭でスタッフに端末のみ購入したいことを伝えれば、問題なく購入できます。

ただ、3キャリアは店頭では端末のみ購入にも3,850円の事務手数料が発生します。

吹き出しアイコン

iPhoneのみをお得に買うなら、キャリアのオンラインショップを利用しましょう。

方法3:家電量販店で購入する

ビックカメラのiPhone15

画像引用元:ビックカメラ.com

ヨドバシカメラやビックカメラといった家電量販店でも、iPhoneが単体で販売されています。しかもこれらのショップで購入すれば、ヨドバシポイントやビックポイントも付いてきます(記事作成時点では1%)。

また、ヨドバシカメラとビックカメラの販売価格は、Apple Storeと同額です。ということはポイントが付く分、ヨドバシカメラやビックカメラで購入したほうがお得ですね!

ヨドバシカメラとビックカメラにはオンラインショップもあります。

量販店で購入するポイント
  • キャリアで買うより安い
  • SIMフリー
  • 量販店のポイントも付く
  • デメリットが特にない

方法4:Amazonなどのネットショップで購入する

AmazonのiPhone

画像引用元:Amazon.co.jp : iPhone

Amazonや楽天市場などのネットショップでも、iPhoneが販売されています。

Amazonには、Apple公式が出品しているストアもありますが、Appleとは関係ない事業者や個人が出品しているiPhoneも販売されています。

楽天市場では、楽天モバイル公式とその他の事業者が出品しているiPhoneがあります。

Apple公式のショップ以外は、整備済み品や中古、海外版のiPhoneも含まれ、価格や保証の内容も販売者によって異なります。

吹き出しアイコン

Amazonや楽天市場などネットショップを利用する際は、販売元とiPhoneの状態をしっかりチェックしましょう。/p>

ネットショップで購入するポイント
  • AmazonにはApple公式も出品
  • 価格は販売店により異なる
  • 中古や海外版も販売されている
  • お得な場合もあるが購入前にどんなiPhoneか要確認

方法5:中古で購入する

ReYuuストア

画像引用元:ReYuuストア(リユーストア)|中古スマホ・タブレット・パソコンの専門通販サイト

iPhoneの端末のみを安く手に入れるなら、ReYuuストアなど品質の高い中古iPhoneが買える中古ショップを利用しましょう。

ここ1〜2年はスマホ価格の高騰を受けて、これまで以上に中古iPhoneの需要が高まっています。

iPhoneは1台が長く使えることから、特に品質・状態の良い中古iPhoneが人気です。

おすすめのReYuuストアは以前から品質重視で、中古でもボロボロのiPhoneを避けたい人におすすめです。

ReYuuストアの中古iPhone価格抜粋(2024年3月5日時点)

機種名容量グレード一括価格
iPhone12128GBCランク46,800円〜
iPhone12 min---
iPhone12 Pro128GBBランク64,800円〜
iPhone12 Pro Max128GBCランク86,800円〜
iPhone13128BCランク71,800円〜
iPhone13 mini128GBCランク61,800円〜
iPhone13 Pro128GBCランク89,800円〜
iPhone13 Pro Max128GBBランク114,800円〜
iPhone SE3 64GBCランク39,800円〜
iPhone14128GBBランク92,800円〜
iPhone14 Plus128GBCランク82,800円〜
iPhone14 Pro128GB未使用203,800円〜
iPhone14 Pro Max512GBAランク190,000円〜

ReYuuストアは初期不良に対する保証やネットワーク利用制限(赤ロム)の保証もあります。

さらに、購入前・購入後もサポートセンターに問い合わせできるので、中古iPhoneが初めての人も安心して購入できるでしょう。

安く中古iPhoneを手に入れるなら、ぜひ高品質なReYuuストアもチェックしてください。

iPhoneの本体だけ買う際によくある質問

よくある質問

最後に、iPhoneを単体購入する時のよくある質問をまとめました。

iPhoneは機種代金が高いため、よく吟味することが大事です。

気になる項目がある方はチェックしてみてください!

分割で購入はできる?

はい、どの販路を選んでも原則として分割払いが利用できます。

  • Apple Store:ペイディあと払い
  • 家電量販店:クレジットカードの分割払い
  • キャリア:最大48回払い

キャリアの分割払いは1年または2年の返却で、残りの分割払いが免除されます。

端末返却しなければ純粋な分割払いになりますが、総額はApple Storeより高いことに注意しましょう。

SIMフリーの方がいい?

2024年現在は、キャリアのiPhoneもSIMフリーになっています。

以前のようなSIMロックはなく、さらにiPhoneならどのキャリアでも利用可能です。

iPhone13以降のモデルを購入するなら、すべてSIMフリーなので気にせず購入できます。

どこで購入するのがおすすめ?

一括払いならApple Storeや家電量販店がおすすめです。

  • 下取り端末がある:Apple Store
  • ポイントを貯めたい・使いたい:家電量販店

下取りiPhoneがあるならApple Store、貯めてるポイントがあるなら家電量販店で購入しましょう。

一方で、2年後に買い替えて返却OKならキャリアでの購入がおすすめです。

乗り換えOKなら、iPhone15の実質価格がかなり安くなります。

iPhone 15の販売価格

iPhone 15の価格128GB256GB512GB
ドコモ通常149,490円172,040円212,300円
いつでもカエドキプログラム75,570円86,240円106,700円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常145,640円166,780円206,930円
スマホトクするプログラム(※1)32,740円76,630円96,985円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常142,920円166,320円206,640円
新トクするサポート(※2)21,996円44,820円55,620円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常131,800円153,800円187,800円
楽天モバイル買い替え
超トクプログラム(※3)
65,880円76,896円93,888円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常124,800円139,800円169,800円
詳細Apple公式サイトを見る
※1 au Online Shop お得割を利用した場合
※2 13ヶ月目に端末返却した場合
※3 最大12,000円相当のポイント還元を利用した場合

iPhoneを購入するのに通信契約は不要!

iPhone15 Pro Max ディスプレイ

以上、通信契約なしでiPhoneを本体だけ購入する方法についてでした。

iPhoneの本体だけを購入する方法まとめ
  • Apple Storeは一括払いが最安
  • 一部の家電量販店でもAppleと同じ価格で購入可能
  • キャリアは2年後の返却がお得
  • 乗り換えOKならiPhone15が実質3万円台〜

2024年現在、iPhoneはどの販路でも端末のみ購入できます。

キャリアでは回線契約が必須と思っている人が多いようですが、実際はiPhone本体のみ購入OKです。

もちろん、分割払いや端末返却での残債免除も利用できます。

iPhoneの本体のみ購入したい人は、今回の解説を参考にあなたが1番お得に買えるお店を選んでください。

この記事を書いた人
ドコモ905iシリーズの頃からモバイル販売を中心に仕事してきた経験を活かし、わかりやすさを心がけて書いてます。 最近はAIに興味津々で、執筆の合間にChatGPTなど各種AIで遊んでいます。