iPhoneカメラのタイムラプスの使い方|動画撮影の新機能が凄い!

  • 2019年10月28日
  • by 
iPhoneカメラのタイムラプスの使い方|動画撮影の新機能が凄い!

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

新型iPhoneであるiPhone11で特に気になるのが、カメラ性能。

iPhone11 Proには、今までのiPhoneシリーズにはなかったトリプルカメラが搭載されており、新機能が目白押しです。

画質や機能の向上により、既存機能であるタイムラプス撮影が美しく進化し、また動画撮影での新機能も追加されました!

一眼レフにも劣らないiPhoneのカメラのタイムラプスの使い方や新機能を徹底解説します。

新型iPhoneのカメラ性能を徹底解説
  • iPhoneのタイムラプス撮影を徹底解説
  • iPhoneでタイムラプス撮影をする方法と使い方
  • 動画撮影の新機能を紹介
  • 充実した性能と機能が詰まっているiPhone 11シリーズ

トップ画像引用元:iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max | iPhone | NTTドコモ

一眼レフ顔負け! iPhoneのタイムラプス撮影を徹底解説!

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

カメラ機能の向上により、写真だけではなく動画撮影でもより鮮やかで綺麗な撮影が可能となりました。

以前、発売されたiPhone XS・iPhone XR では「ポートレートモード」が注目されましたが、今回発売されたiPhone 11シリーズは動画撮影の向上が注目されています。

改めて注目されている機能は「タイムラプス撮影」。

タイムラプスとは、本来の動画撮影速度を速くし、かつコマ送りのような表現方法を実現することで「時間の経過」を表現する撮影技法になります。

タイムラプス

上図は静止画になりますが、星空や太陽の動きや、街中の人々をタイムラプス撮影しているのをよく目にしますね。

ミュージックビデオやプロモーションビデオでもよく使われている撮影技法、タイムラプス撮影がiPhoneで簡単に使用できるのはとても驚きです!

iPhoneでタイムラプス撮影をする方法と使い方

タイムラプス

ここからはタイムラプス撮影をiPhoneで行う方法(使い方)を紹介していきます。

また、このセクションの最後にはズームの方法・自動低照度FPをオンにする方法も解説していますので、最後までご覧ください!

タイムラプス撮影を行う方法(使い方)

1iPhoneでカメラを起動

タイムラプス

2下部の「写真」と表示されている部分を左にスワイプ

タイムラプス

33回ほど左にスワイプするとタイムラプス の表示がありますのでタイムラプスに切り替え
※ビデオ・スロー・タイムラプスは動画撮影の機能になります。

タイムラプス

とても簡単に切り替えることができるので、誰でもタイムラプス撮影が可能と言えるでしょう!

新型iPhone11シリーズ・前作iPhone XS・XRシリーズの場合、手ぶれ補正機能が搭載されているため、今まで以上に綺麗なタイムラプス撮影が可能となりました。

この手ぶれ補正機能は、映画レベルの補正力が実現できるビデオ手ぶれ補正(4K、1080p、720p)。

また前述しましたが、新型iPhone11シリーズはトリプルカメラへと進化しました。

従来のiPhoneシリーズの、

  • 広角レンズ(26mm F1.8)
  • 望遠レンズ(52mm F2.0)

2レンズに加えて、

  • 超広角レンズ(13mm F2.4)

を搭載しております。

そのことにより、今まで実現することがなかった理想の画角を作り出すことが可能となりました。

もちろん、タイムラプス撮影にも活用することができます!

ですので、街の風景や星空などといった広く撮影したい画を見たままの画角で捉えることができます。

グレードアップしたタイムラプス撮影を実感してみてはどうでしょうか!

タイムラプス撮影をする際のコツ
  • タイムラプス撮影を綺麗の撮影するコツは、iPhoneを三脚やスタンドなどで固定することです。手に持って撮影するのも良いのですが、多少の手ぶれによってプロのような仕上がりにはなりません。

デュアルカメラ・トリプルカメラシステムを搭載しているデバイス(機種)では、1×アイコン2×アイコンを切り替えてズームインすることができます。

また、新型iPhone11シリーズでは、×0.5アイコンでズームアウトすることができます。

デュアルカメラ・トリプルカメラシステムを搭載しているデバイス(機種)一覧
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone X
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7 Plus

デバイスが自動的にフレームレートを調節し、ビデオの質を向上させる自動低照度FPSという機能があります。

簡単にいってしまうと、暗い場所でのタイムラプス撮影でも自動的にデバイスが認識し綺麗な撮影を行えるというものです!

具体的な数値で言うと、暗い場所で1080p/30fpsのタイムラプスビデオを撮影する場合、自動的にフレームレートを24fpsに落とし向上させます。

この自動低照度FPSの設定方法は以下のようになります。

自動低照度FPSの設定方法

1iPhoneの「設定」を開く

2設定一覧の中に「カメラ」がありますのでタップ

3カメラ設定の中にある「ビデオ撮影」を選択

4自動低照度FPSの表示がありますので、それをオン(緑色)

上記の方法を設定するだけで、その場所にあったフレームレートで綺麗に撮影することができます。

自動低照度FPSを搭載しているデバイス(機種)一覧
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
【iPhone11 Pro VS iPhone11】徹底比較|どっちが買いか?その理由

次のページでは、動画撮影の新機能について紹介・解説していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ