iPhoneからAndroidへデータ移行|乗り換え前にやるべきことと注意点

  • 2018年8月19日
  • by 
iPhoneからAndroidへデータ移行|乗り換え前にやるべきことと注意点

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

新しいスマホを手に入れたら、データの移行をしなければなりません。

そこで今回は、iPhoneからAndroidにデータを移行する方法についてご紹介します。

OSが違うことから、「何だか難しそう」という印象を持ってしまいがちですが、クラウドを使えば簡単にデータ移行することが可能です。

必要なデータを確実に移すことができるよう1つずつ手順を確認していきましょう。

1 Googleアカウントと同期してiPhoneからAndroidへデータ移行する方法

まず1つ目は、Googleアカウントにデータを同期させて移行する方法です。

恐らくスマホを使っているほとんどの方がGoogleのアカウントを持っているはずですから、比較的簡単に作業できるかと思います。

ただし、1つ注意していただきたいのは、LINEのトーク履歴や音楽などは移行できないという点です。LINEのデータの移行方法については、こちらの記事をチェックしてください。

スマホ機種変更でLINEのトークを引き継ぐ方法【iPhone/Android対応】

では、Googleのアカウントを使ってデータ移行する方法について見ていきましょう。

1-1 【iPhone】Googleアカウントと同期する

まずはiPhoneサイドの設定を済ませておきます。

1設定アイコンをタップします。

2アカウントとパスワードを選びます。

3アカウントを選びます。

同期する予定のGoogleアカウントが表示されている場合は、そのアカウントを選んでください。

もし表示されていない場合は、アカウントを追加から情報を入力しましょう。

4メールアドレスとパスワードを入力します。

5同期したいデータの内容を選びます。今回は連絡先とカレンダーを選択しました。

6これでデータ移行の準備は完了です。

1-2 【Android】Googleアカウントの設定をする

今度はAndroidの設定に移りましょう。

1「設定」アイコンから設定アプリを立ち上げます。

2次に「アカウント」を選びます。

3すでにGoogleのアカウントが登録されている場合はGoogleを選びましょう。

まだ登録していないのであれば、「アカウントの追加」から「Google」を選択し、アカウントの登録をしてください。

4アカウントに登録している電話番号かメールアドレスを入力してください。その後、パスワードも入力しましょう。

5同意するをタップして次に進みます。

6支払情報を設定する画面に移りますが、ここではスキップを選びます。次へをタップしましょう。

7Googleのアカウントをタップします。

8同期させたいデータをオンにして、データの同期を行います。今回は連絡先をオンにしました。

これでiPhoneの連絡先がAndroidスマホに移行されているはずです。連絡先アプリを開き、しっかり移行できていることを確認してみてください。

スマホ機種変更時のアプリのデータ移行・引継ぎ完全ガイド!バックアップの準備と復元方法

次のページでは、iCloudと同期してデータを移行する方法について解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ