ドコモでiPhoneからAndroidに機種変更しようと思うんだけど違い何?

  • 2019年11月21日
  • by.araki

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e-16

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

近年は「絶対にiPhoneの方が格上!」という風潮も薄れ、iPhoneからAndroidへの機種変更を検討している方が増えてきているようです。

しかし同時に、そもそもiPhoneとAndroidの違いがわからず困っている方も多いと聞きます。

そこで今回は、ドコモでiPhoneからAndroidに機種変更することを想定して、その違いや、Androidのおすすめ機種について紹介していきます。

トップ画像引用元:2019-20 docomo collection スマホ・ケータイの最新機種特集 | 製品 | NTTドコモ

iPhoneとAndroidの違いって何?

iPhoneとAndroid

画像引用元:製品 | NTTドコモ

iPhoneに「iPhone XS」や「iPhone 11」などがあるように、「iPhone」「Android」と一口に言っても、機種によってそれぞれ特徴が異なります。

そのため、「iPhoneは動作が軽い」だとか「Androidはカメラ性能が高い」などと、一括りに紹介するのは不適切ですし不可能です。

よく「Androidは重い・カクつく」なんて評判も聞きます。

しかし、Androidは価格の安い機種・高い機種が混在していますから、一概に評価するべきではないでしょう。

10万円もする新型iPhoneと3万円の格安Androidスマホを比較したら、iPhoneのほうがハイスペックであることは当たり前です。

しかし、同レベルの価格帯で比較した場合はどうでしょうか。

実際に見てみるとよく分かりますが、Androidスマホのほうが優れているケースも少なくありません。

iPhoneとAndroidの違い=OSの違い

iPhoneとAndroid

画像引用元:Android(TM) OS バージョンアップとは | お客様サポート | NTTドコモ

iPhoneとAndroidの決定的な違いは、OS(Operating System)です。

この違いこそが、2つの違いのすべてと言っても過言ではありません。

iPhoneには「iOS」という、Apple製のOSが搭載されており、「12」や「13」といったバージョンがあります。

一方、Androidで使われているOSは、「Android」というGoogle製のものです。こちらにも「9」や「10」といったバージョンが存在します。

OSが違うということは、中身がまったく違うということです。

そのため、どちらが優れているというわけではありません。

使いやすいかどうかも人それぞれですから、基本的には好みの方を選んでください。

ただ、一般的に「iOSのほうが直感的でわかりやすい」と言われています。

もっともこれは、「慣れ」の問題が大きいとは思いますが……。

iPhoneシェア率が異常!世界と逆をいく日本のスマホ市場【2020年9月】

MacユーザーならiPhoneを選ぼう!

iPhoneとAndroid

画像引用元:Mac – Apple(日本)

好みの方を選んで大丈夫と言ったばかりですが、Macのパソコンを使っている方には、絶対にiOS、つまりiPhoneがおすすめです。

Mac OSもiOSもAppleが作っているため、連携機能に優れています。

例えば、iPhoneで撮影した写真を自動的にMacに転送することが可能です。

一方、パソコンがWindowsの方は、iPhoneでもAndroidでも、あまり使い勝手に違いがありません。

iPhone 12の発売も噂されていますので、Mac利用者はiPhoneを選ぶと良いでしょう。

「やっぱりiPhone」となった方は、ついでにドコモでiPhone 12を予約する方法もぜひチェックしてみてください。

iPhoneからAndroidに変えると困ること

iPhoneとAndroid

画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

現在iPhoneを使っている方がAndroidに変えると、必ず困ることがあります。

それは、どうしてもデータ移行できないものがあることです。

特に多くの方に影響するのが、LINEのトーク履歴です。

LINEのアカウント自体は移行可能ですが、トーク履歴だけは引き継げません。

また、iPhoneでゲームをしている方は、そのデータが移行できるか事前に確認しておきましょう。

移行できないゲームも少なくありません。

意外と移行できるものも多い

一方で、問題なく移行できるものも多いです。

例えば、SNSなど外部サービスのアカウントは、基本的に問題なく移行できます。

また、今はほとんどのスマホユーザーがGoogleアカウントを所持していると思いますので、Googleドライブを使えば、iPhone内のほとんどのデータは簡単に移行可能です。

Googleドライブ

画像引用元:‎「Google ドライブ – 安全なオンライン ストレージ」をApp Storeで

アップルストア グーグルプレイ

iPhoneにアプリをダウンロードしたら、Googleアカウントでログインしてください。

そして、Androidに移行したいデータを、Googleドライブにアップロードしましょう。

Androidを買ったら、その機種でもGoogleドライブをダウンロードしてください。

iPhoneで作業したときと同じGoogleアカウントでログインすれば、データを共有することができます。

iPhoneからAndroidへデータ移行|乗り換え前にやるべきことと注意点

Androidの魅力はこれだ!

Androidの魅力

次に、Androidならではの魅力を紹介します。

使い勝手は人それぞれですが、それを踏まえたとしても、Androidにしかない魅力はたくさんあります。

たくさんの機種から選べる

iPhoneを製造しているのはアップル社だけなので、種類の選択肢が限られています。

毎年多くても3機種しか登場しませんし、姿形もほとんど変化がありません。

一方、AndroidスマホはGoogleやサムスン、ソニー、シャープ、ASUSなど、実に様々な企業が製造しています。

そのため、毎年多くの機種が発売され、デザインもスペックも多種多様です。

選択肢が多いということは、自分にぴったりの機種が存在する可能性も高いということ。

iPhoneにあまり満足していなかった方でも、もしかしたら納得の1台が見つかるかもしれません。

安い機種が多い

iPhoneは全部ハイエンドモデルなので、価格も高いです。

最新のiPhone 11は例年よりも安くなりましたが、それでも税込82,280円(Apple Store価格)から。

決して安くはありませんよね。

一方、Androidなら、税込3万円台の機種もたくさんあります

スマホのスペックが全体的に上がっている昨今、無理に高額なハイエンドモデルを買う必要はありません。

microSDカードを挿入できる機種が多い

microSDカード

iPhoneにはmicroSDカードが挿入できません。

そのため、大容量が必要であれば、より高いモデルを買うしかないのが現状です。

ちなみに、iPhone 11の64GBモデルは税込82,280円で、128GBなら87,780円、256GBなら99,880円となります。

一方、多くのAndroidスマホは、microSDカードを挿入することが可能です。

スマホ自体の容量は少なくても、あとから増量することができます。

また、microSDがあれば、パソコンとのデータのやり取りも可能ですし、機種変更時のデータ移行でも使えます。

おサイフケータイ対応の機種が多い

Androidスマホの多くはおサイフケータイに対応しています。

そのため、電子マネー決済などに困ることがほとんどありません。

iPhoneにもApple Payという類似の機能はありますが、対応している電子マネーはiD、QUIC Pay、モバイルSuicaの3種類のみです。

おサイフケータイに対応したAndroidであれば、nanacoやWAON、楽天Edyも使えます。

ホーム画面をアレンジできる

Androidスマホ

Androidではホーム画面に自由にアプリのアイコンを配置できます。

アイコンを一切表示させないことだって可能です。

iPhoneでは未だに左上から順番に並べることしかできません。

Androidに慣れると不自由さに苛立ちすら覚えてしまいます。

ホーム画面に限らず、Androidの自由度の高さはかねてより評判です。

次の章では、Androidの欠点について紹介します。

最新スマホ比較|サイズ・カメラ・スペック・価格あらゆる面から評価

Androidの欠点

Androidに乗り換えるなら、魅力だけではなく欠点も把握しておく必要があります。

多種多様なAndroidであるからこその欠点もあります。それを許容できるならiPhoneよりも良いかもしれません。

日本ではマイナー

日本ではiPhoneのほうが圧倒的に人気です。

特に中高生など若年層の間では、「iPhoneでないとダサい」という認識もあります。

「そんなのどうでもいい」と感じる方も多いでしょう。

しかし同時に、「みんなと同じ」という安心感を得たい方もたくさんいるのです。

また、周りに自分と同じ機種を使っている人がいれば、操作を教え合ったりすることもできます。

この点においては、Androidは「仲間はずれ」になりがちです。

ピンキリだから機種を選ぶのが難しい

Androidの機種の多さは魅力的ですが、それがかえって機種選びの難しさにもつながっています。

同じ価格帯のものでも、おサイフケータイに対応しているものや非対応のものがあったり、防水性能に違いがあったりと、実に個性豊かです。

よくわからないまま買ってしまうと失敗しやすいのは、iPhoneよりもAndroidと言えます。

最新機種同士だとiPhoneのほうが処理能力で勝っている

iPhone

スマホのスペックでもっとも重要な要素のひとつが処理能力です。

これが高ければ、あらゆる動作が軽くて快適になります。

iPhoneは毎年9月に新型を発売していますが、それから半年間は、その新型iPhoneがもっとも処理能力の高いスマホとなるのが例年の流れです。

その後は翌年の春以降に、新型iPhoneを超える処理能力のAndroidスマホが登場します。

RAM6GB以上の高性能Androidスマホおすすめランキング【2020年最新版】

ドコモのおすすめAndroidスマホ

ドコモのおすすめAndroidスマホ

画像引用元:製品 | NTTドコモ

ここからは、ドコモが発売しているおすすめのAndroidスマホを、なるべく幅広い価格帯から紹介していきます。

それぞれ個性に差があるので、ランキング形式ではありません。

ハイスペックスマホがほしいならGalaxy S10/S10+

ギャラクシーエステン

画像引用元:Galaxy S10+ SC-04L | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

高いお金を出してでもハイスペックにこだわりたいのなら、Galaxy S10/S10+がおすすめです。

価格は税込89,424円/101,088円。

Galaxy S10/S10+のスペック

機種名Galaxy S10Galaxy S10+
OSAndroid 9
SoCSnapdragon 855
サイズ高さ:約150mm
幅:70mm
厚さ:7.8mm
高さ:約158mm
幅:74mm
厚さ:7.8mm
ディスプレイ6.1インチ6.4インチ
メモリ(RAM)8GB
内蔵ストレージ
(ROM)
128GB
外部ストレージmicroSDXC対応
(最大512GB)
アウトカメラ広角:約1,200万画素
超広角:約1,600万画素
望遠:約1,200万画素
インカメラ標準:約1,000万画素
-RGB深度:
約800万画素
バッテリー容量3,300mAh4,000mAh
生体認証指紋認証
顔認証
防水・防塵IP68
おサイフケータイ対応
テレビワンセグ
フルセグ
ドコモ価格90,288円102,960円
ドコモ公式ショップ
au価格90,720円101,520円
au公式ショップ
楽天市場99,800円-

Snapdragon 855という高い処理能力を誇るSoC(≒CPU)を搭載しているため、重たいゲームなどもサクサクと動きます。

指紋認証にも顔認証にも対応しており、防水・防塵もIP68という最高保護等級、おサイフケータイにも対応と、欠点がありません。

他に好みの機種があるなら別ですが、「高スペックスマホが欲しいけどどれにしよう」と迷うくらいなら、絶対におすすめの機種と言えます。

ドコモのGalaxy S10/S10+に機種変更|お得に購入する完全ガイド

スペックにさほどこだわらないならAQUOS sense3がおすすめ!

アクオスセンススリー

画像引用元:AQUOS sense3 SH-02M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

「スペックにはこだわらない、だけど出費は抑えたい」という方には、AQUOS sense3がぴったりです。

価格は税込31,680円。

AQUOS sense3のスペック

AQUOS sense3スペック
OSAndroid 9
SoC(≒CPU)Snapdragon 630
本体サイズ約147mm×70mm×8.9mm
重量約167g
ディスプレイ5.5インチ
液晶
2,160×1,080
内蔵メモリ(RAM)4GB
内蔵ストレージ(ROM)64GB
外部ストレージmicroSDXC対応
(最大512GB)
アウトカメラ標準:約1,200万画素
F値2.0
広角:約1,200万画素
F値2.4
インカメラ約800万画素
F値2.2
スピーカーモノラル
バッテリー容量4,000mAh
生体認証顔認証
指紋認証
防水・防塵IP68
おサイフケータイ対応
ドコモ価格31,680円
ドコモオンラインショップ

処理能力は高くないので、ゲームや動画編集には向いていません

しかし、それ以外の欠点が特にない、非常に優秀な機種です。

おサイフケータイに対応していて、防塵防水も最高保護等級、指紋認証にも顔認証にも対応している点などは、Galaxy S10/S10+と共通しています。

普段使いならまったく不足ないでしょう。

ドコモでAQUOS sense3に機種変更|お得に購入する完全ガイド

安さにこだわるならGalaxy A20

ギャラクシーエーニジュウ

画像引用元:Galaxy A20 SC-02M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy A20はなんと税込21,384円!格安スマホ以上の安さです。

Galaxy A20のスペック

機種名Galaxy A20
OSAndroid 9
SoC(≒CPU)Exynos 7884B
本体サイズ約150×71×8.1mm
重量約151g
ディスプレイ約5.8インチ
液晶
1,560×720
アウトカメラ約800万画素
F値1.9
インカメラ約500万画素
F値2.0
メモリ(RAM)3GB
内蔵ストレージ(ROM)32GB
外部ストレージmicroSDXC対応
(最大512GB)
バッテリー容量3,000mAh
生体認証顔認証
防水・防塵IP68
おサイフケータイ対応
テレビ非対応
ドコモ価格21,384円
ドコモオンラインショップ
au価格22,000円
au公式サイト
UQモバイル価格11,800円
UQ モバイルオンラインショップ

処理性能は相当低いので、普段使いの範疇でも遅さやカクつきが気になるかもしれません。

しかし、おサイフケータイに対応しており、防水・防塵も最高保護等級です。

生体認証は顔認証に対応しています。

価格を考えたら破格のスペックです。

こういったスマホもあることが、まさにAndroidの魅力ですね。

ドコモでGalaxy A20に機種変更|お得に購入する完全ガイド

データ移行できないものには気をつけて!後は慣れの問題!

以上、iPhoneとAndroidの違いについてでした。

iPhoneからAndroidに機種変更するときの検討ポイント
  • iPhoneとAndroidの違いはOS
  • 慣れればどちらでも問題ない
  • ただしデータ移行できないものもある
  • Androidは機種の多さやおサイフケータイが魅力

OSが違うため、両者はまったく異なるスマホです。

どちらが優れていると断言できるものではありません。

とはいえ、やはり「どっちが使いやすいんだろう?」と検索したり、人に感想を聞きたくなってしまいますよね。

もちろんそれは悪いことではないのですが、そうして得られた回答は、あくまで一個人の感想に過ぎないということを忘れないでください。

最終的には、慣れればどちらでも問題ないはずです。

Androidには魅力的な機種がたくさんあります。

ただ、LINEのトーク履歴など、iPhoneからAndroidに移行できないデータもあるので、乗り換える際は十分に注意してくださいね。

iPhoneとAndroidどっち派?性能・機能・使い勝手の違いを比較してみた

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ドコモユーザー必須の
「dカード GOLD」
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモ利用料金の税抜1,000円につき10%還元
  • ケータイ補償で最大10万円サポート
  • 国外旅行の補償額が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
年会費
10,000円(税別)
ポイント還元率
1~10%
ポイント名
dポイント
保険
国内・海外あり
ETC年会費
無料
審査
最短5分で審査完了
スマホ決済
Apple Pay
おサイフケータイ
家族カード
1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ