iPhoneのWi-Fi接続マニュアル|話題のパスワード共有の方法もご紹介

  • 2019年3月25日
  • by.sekai

iPhone ボイスメモ

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

毎月の通信制限を抑えるために、多くの方が利用している「Wi-Fi」。

近年では、飲食店やネットカフェなどで無料で貸し出している「フリーWi-Fi」なども普及しており、「Wi-Fi」は生活に欠かせないものになっています。

そんな「Wi-Fi」を利用する機会が多くなった現代だからこそ、改めて「Wi-Fi」の接続方法から、話題になっているパスワードまで、「Wi-Fi」事情を理解しておきましょう。

トップ画像引用元:Apple(日本)

1 「Wi-Fi ネットワーク」を利用する際のパスワードを共有する方法

Wi-fi パスワード

「Wi-Fi」を利用する際に必要になるのが、ログインするための「パスワード」です。

1度ログインしてしまえば、次回からログイン無しで「Wi-Fi」を利用することは可能になります。

ですが、「iPhone」だけでなく「パソコン」で利用したい時や、友達に教える時などパスワードを覚えておかなければならない状況が稀にあります。

そんな時に便利な機能として多くの方が利用している「パスワード共有」をご存知でしょうか?

「Wi-Fi」を常に利用している方が増えてきている現代だからこそ、話題になっている機能になります。

そこで、まず最初に利用時に必要となる「パスワード」を取得する方法の1つ、「パスワード共有」の利用方法について紹介・解説していきます。

1-1 iPhoneでWi-Fiの「パスワード」を共有する前に確認すること

Wi-fiパスワード共有

画像引用元:Apple(日本)

iPhoneでWi-Fiの「パスワード」を共有するには、事前に設定確認をする必要があります。

これから紹介する設定が完了していなければ「パスワード共有」機能を行うことはできません。

設定確認は全部で以下の3つになります。

  • 「Wi-Fi」の「パスワード」を教える側・教えてもらう側の両端末で「Wi-Fi」と「Bluetooth」の設定を[オン]にする
  • 教えてもらう側の方は、教える側の「Apple ID」を登録する
  • 「Wi-Fi」と「Bluetooth」が利用できる距離感(近く)で行う

「パスワード共有」の特徴としては、相手の「Apple ID」を登録しなくてはいけない点です。

「Apple ID」はApple製品を利用している上で最も重要な役割をします。
ですので、「Wi-Fi」の「パスワード共有」は見ず知らずの方と行うことはオススメしません。

「Apple ID」の取り扱いには、十分に気をつけましょう!

次の項目では、「パスワード共有」を行うための手順を解説していきます。

「Apple ID」とは?
  • Appleが提供しているサービスを利用するための「アカウントID」
  • 「Apple ID」1つで様々なサービスを楽しむことができる

1-2 iPhoneでWi-Fiの「パスワード」を共有する方法の手順を解説

iPhone Wi-fiパスワード

iPhoneでWi-Fiの「パスワード」を共有する方法の手順を解説していきましょう。
難しく思われている方が多いと思いますが、全くそんなことありません!

以下の手順に従って行なってみましょう。

1自分のiPhone (パスワードを共有する側のiPhone) のロックが解除します。

Wi-fi パスワード共有

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi のパスワードを共有する – Apple サポート

この時、「Wi-Fiネットワーク」に接続されていることを確認しましょう。

2友達や家族のiPhone (接続したいiPhone) で同じ「Wi-Fiネットワーク」を選択します。

Wi-fi パスワード共有

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi のパスワードを共有する – Apple サポート

すると、上の写真のように教えた側のiPhoneに「パスワードの共有」が表示されます。

3自分のiPhoneで、「パスワードを共有」をタップし、「完了」をタップします。

Wi-fi パスワード共有

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi のパスワードを共有する – Apple サポート

これで、面倒なパスワード入力をせず簡単に「Wi-Fi」を共有することができました。

たった3つの手順だけで「パスワード」の共有が簡単に行えてしまうことから、話題になっているのでしょう。

ですが、とても便利な分「パスワード共有」の注意点を理解しておかなくてはいけません。前述した通り、「Apple ID」を使用して行います。

勝手に「Wi-Fi」を利用されてしまう以上に、「iTunes」「iCloud」など情報源となるコンテンツを悪質に利用されてしまう危険性があることを忘れないようにしましょう。

次の章ではiPhoneで基本的な「Wi-Fiネットワーク」に接続する方法を紹介・解説していきます。

2 iPhoneで「Wi-Fi ネットワーク」に接続する方法

Wi-fi接続方法

画像引用元:Apple(日本)

ここからは、iPhoneで「Wi-Fi」に接続する基本的な方法について紹介・解説していきます。

1ホーム画面から、「設定」→「Wi-Fi」の順に選択します。

Wi-fi接続

赤枠の部分をタップします。

2「Wi-Fi」を[オン]にします。接続利用が可能な「Wi-Fi ネットワーク」の検索を始めます。

上の写真のように、接続利用が可能な「Wi-Fiネットワーク」の一覧が表示されます。

3接続したい「Wi-Fiネットワーク」の名前をタップします。

接続が完了しますと「Wi-Fiネットワーク名」の左横に「青チェックマーク」が表示されます。

接続が完了後の通信回線は「Wi-Fi」になりますので、スマホ端末のデータ通信消費は無くなります。

ですので「Wi-Fi」を繋げる環境であれば、繋いでデータ通信量の軽減を心がけたほうが良いでしょう。

3 iPhoneで「セキュリティ保護された Wi-Fi ネットワーク」に接続する方法

セキュリティ

次に、 iPhoneで「セキュリティ保護された Wi-Fi ネットワーク」に接続する方法を紹介していきます。

通常の「Wi-Fi」接続と異なる点は、「パスワード」が必要になる点です。

セキュリティ保護された「Wi-Fi」の多くは所有者が存在し、キャリアで契約している「Wi-Fiネットワーク」回線です。

簡潔に言ってしまうと、他人に勝手に使われなようにセキュリティされている「Wi-Fi」を指します。

「セキュリティ保護された Wi-Fiネットワーク」に接続する手順は以下のようになります。

1「設定」→「Wi-Fi」の順にタップし、「Wi-Fi」が[オン]になっていることを確認します。

Wi-fi接続

赤枠に囲われている部分になります。

2接続先のセキュリティで保護された「Wi-Fi ネットワーク」の名前をタップします。

3セキュリティで保護された「Wi-Fi ネットワーク」の「パスワード」を入力して、「接続」をタップします。

Wi-fi接続

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi に接続する – Apple サポート

「接続」をタップできない場合、入力したパスワードが間違っている可能性がありまので、確認をしましょう。

セキュリティに保護された「Wi-Fi ネットワーク」はしっかり守られている分、安全性が高いです。

その反面、セキュリティ保護されていない「Wi-Fiネットワーク」は利用することをオススメしません。

また、セキュリティの保護がない「フリーWi-Fi」も同様にオススメできませんので極力避けるようにしましょう。

次の章では、iPhoneで非表示の「Wi-Fi ネットワーク」に接続する方法を紹介していきます。

【東京周辺】無料の公衆無線LANスポットでフリーWi-Fiを使う方法

4 iPhoneで非表示の「Wi-Fi ネットワーク」に接続する方法

iPhoneボイスメモ 復元

画像引用元:iOS 12 – Apple(日本)

次に、非表示となっている「Wi-Fi ネットワーク」に接続する方法を紹介・解説していきます。

こちらの「Wi-Fi」接続にも「パスワード」が必要になりますので、利用前に確認しておきましょう!

では早速、非表示となっている「Wi-Fi ネットワーク」に接続する手順をみていきましょう。

1「設定」→「Wi-Fi」の順にタップし、「Wi-Fi」が[オン]になっていることを確認します。次に「その他」をタップします。

Wi-fi接続

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi に接続する – Apple サポート

ここまでは紹介してきた「Wi-Fi」接続とあまり変わりません。

2利用する「Wi-Fiネットワーク」の正確な名前を入力して、「セキュリティ」をタップします。

Wi-fi接続

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi に接続する – Apple サポート

「Wi-Fiネットワーク」の名前を間違えてしまうと接続はできませんので、正確に入力しましょう。

3「セキュリティの種類」を選択します。非表示ネットワークによっては、セキュリティ保護されていないものもあります。不明な場合は、ネットワーク管理者に確認しましょう。

Wi-fi接続

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi に接続する – Apple サポート

セキュリティの種類を間違えても、「Wi-Fi」接続はできません。

忘れてしまった場合は、「ルーター型Wi-Fi」「ポケットWi-Fi」各それぞれの表示を見て確認しましょう。

4「その他」をタップして、前の画面に戻ります。

5「パスワード」を入力する画面になりましたら「ネットワークパスワード」を入力して、「接続」をタップします。

Wi-fi接続

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi に接続する – Apple サポート

接続が完了しますと、「青チェックマーク」が「Wi-Fiネットワーク」名の左に表示されますので、接続が不安でしたら確認してみましょう。

非表示になっている「Wi-fiネットワーク」名は、安全性を過敏して「ステルス機能」を利用している「Wi-Fi」です。

様々な接続情報が必要になりますが「Wi-Fi」の中でも最も安心して利用できます。

「ステルス機能」とは?
  • 無線親機からだしている「SSID(名前)」を隠すことを言います。
  • 勝手に利用されることはありませんので、安全性はかなり高いです。

5 iPhoneのWi-Fi接続マニュアル|話題のパスワード共有の方法もご紹介のまとめ

AirDrop 対応機器

画像引用元:iOS 12 – Apple(日本)

「iPhoneのWi-Fi接続マニュアル|話題のパスワード共有の方法もご紹介」と題して「Wi-Fi」接続の方法について紹介・解説してきました。

今回の記事をまとめたものが以下になります。

iPhoneのWi-Fi接続マニュアルのまとめ
  • 「Wi-Fi」で必要となる「パスワード」は共有することできる
  • 「パスワード共有」には「Apple ID」が必要になりますので、取り扱いには十分に注意する
  • セキュリティ保護されている「Wi-Fi」は比較的安全性が高い
  • 「ステルス機能」されている「Wi-Fi(非表示)」も比較的安全性が高い

iPhoneは様々な機能が充実しており、多くは生活を豊かにするものばかりです。
今回の内容では、「パスワード共有」機能にも同じことが言えます。

ですが、便利なものとして普及している分、利用する際は注意しなくてはいけません!
「Wi-Fi」の利用に関しての注意点は2つ。

「パスワード共有」で必要になる「Apple ID」と、しっかり管理されていない「Wi-Fi」の安易な利用です。

この2つによる「プライバシー侵害」「SNSの乗っ取り」などの被害は実際にあります。

「Wi-Fi」を利用する際は、注意点をしっかり把握した上で、利用していきましょう!

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ