【iPhone編】Wi-Fiに繋がらない時に試したい簡単にできる解決策とは

  • 2019年8月25日
  • by 
【iPhone編】Wi-Fiに繋がらない時に試したい簡単にできる解決策とは

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

今回はiPhoneがWi-Fiに繋がらない時の対処法を、簡単にできるものを中心に解説します。

iPhoneで動画やアプリのダウンロードなど、大きな通信を利用する時にWi-Fiに繋がらないとデータ量が不安ですよね。

また、ゲームのインストールやiOSの更新など、Wi-Fiがないとそもそも使えないこともあります。

iPhoneがWi-Fiに繋がらなくて困っている方は、ぜひここで解説する対処法を試してみてくださいね!

iPhoneが機内モードになっていないか?

iPhone機内モード

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch で機内モードを使う – Apple サポート

初歩的なところですが、iPhoneの設定を気づかずに変えていて、Wi-Fiに繋がらないのではないかチェックしましょう。

特に機内モードになっていると、Wi-Fiだけでなく4Gでも通信できません。

機内モードをOFFにすれば自動的にWi-FiはONになるので、まずは機内モードでないか確認してくださいね。

機内モードの確認手順

  1. 設定を開く
  2. 「機内モード」がOFFかチェック

機内モードはコントロールパネルからも設定からも簡単に確認できます。

コントロールパネルはお使いのiPhoneによって開き方が変わるので、分からない方は設定を開けばOKですね!

機内モードをOFFにすると、自動的にWi-FiとBluetoothがONになります。

Wi-Fiルーターを再起動してみる

WXR-1750DHP2

画像引用元:WXR-1750DHP2 : Wi-Fiルーター : AirStation | バッファロー

iPhoneが機内モードではなくWi-FiがONなのに繋がらないなら、お使いのWi-Fiルーターを再起動してみましょう。

Wi-Fiルーターの小さなシステムトラブルが原因でWi-Fiに繋がらない状態なら、電源を再起動することで大抵は解決します。

Wi-Fiルーターはほぼ全モデル電源ボタンがないので、電源ケーブルの抜き差しで再起動します。

なお、一部のWi-Fiルーターでは、電源を抜いてから数分待ってから再起動することで内部システムをリフレッシュしてくれます。

この機能が搭載されているか調べる方が時間がかかるので、Wi-Fiルーターの電源を抜いたら少し待ってから再起動した方がいいでしょう。

再起動で直らなかったらWi-Fiルーターをリセットしてみよう

iPhoneを再起動する

Wi-Fiルーターの再起動でも直らなければ、思い切ってリセット(初期化)するとWi-Fiが繋がるようになる可能性があります。

お使いのWi-Fiルーターによってリセットの操作方法は異なりますが、多くのモデルはリセットボタンがあり、再起動時に押したままにすることでリセットが実行されます。

なお、Wi-Fiルーターのリセットは次のことに注意しましょう。

Wi-Fiルーターリセットの注意点
  • PPPoE接続等の接続情報がなくなる
  • SSIDやパスワードが初期値に戻る

特にWi-Fiルーターにインターネットの接続情報を保存している場合、リセット後に再設定しないと全くネットに繋がらなくなります。

Wi-Fiルーターをリセットする前に、接続情報は確実にわかる状態で進めた方がいいですね。

逆に、Wi-Fi接続のためだけにWi-Fiルーターを利用している方は気軽にリセットしてしまって問題ありません。

iPhoneのWi-Fi設定を見直してみる

Wi-Fiルーターの再起動やリセットをしても解決しない場合は、iPhoneのWi-Fi設定を見直していきましょう。

Wi-Fiの接続設定を削除して再接続してみる

Wi-Fi ネットワークに接続できない場合 - Apple サポート

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi ネットワークに接続できない場合 – Apple サポート

iPhoneが接続しているWi-Fi設定を削除し、もう1度再接続すると問題なく繋がる可能性があります。

Wi-Fi接続設定の削除・再接続手順

  1. 設定を開く
  2. 「Wi-Fi」をタップ
  3. 接続中のWi-Fi名の右にある「i」をタップ
  4. 「このネットワーク設定を削除」→「削除」をタップ
    これでWi-Fiの接続情報が削除できました。
    続けて同じWi-Fiに再接続してみましょう。
  5. 接続するWi-Fi名をタップ
  6. パスワードを入力して「接続」をタップ

これでWi-Fi接続設定の削除・再接続は完了です。
Wi-Fiアイコンが表示されたらブラウザ等で通信できるかチェックしてみましょう。

接続する周波数(バンド)を変えてみる

Wi-Fiルーターによっては、2.4GHzと5GHzの2種類の周波数でWi-Fiの電波を発信しています。

周波数による特性
  • 4GHz:よく利用される周波数で最高速度は遅め。壁や障害物に強い反面、他のWi-Fiルーターや家電等の電磁波からの電波干渉を受けやすい
  • 5GHz:最近普及が進んでいる周波数で最高速度が早い。電波干渉はほとんどない反面、壁や障害物で遮られやすい

この電波の種類によって特性が異なるため、接続する電波の周波数を変えることでWi-Fiが繋がるようになる可能性があります。

例えばBUFFALO製ルーターなら、2つのWi-Fiの電波は次のような表記がされます。

Wi-Fi名(SSID)の違い
  • 4GHz:Buffalo-G-XXXX
  • 5GHz:Buffalo-A-XXXX

XXXXには製品名が入りますが、iPhoneのWi-Fi接続画面で今繋いでいるのとは異なる周波数に繋ぎ直せば、もしかしたらWi-Fiが繋がるようになるかも知れませんね!

無料Wi-Fiは自動接続をOFFにする

自宅周辺にコンビニやキャリアショップ等の無料のWi-Fiスポットがある場合、自宅のWi-Fiではなく無料Wi-Fiに自動接続されている可能性があります。

iPhoneは複数のWi-Fiを検知した場合、接続可能かつはじめに認識したWi-Fiに接続します。

ただ、無料Wi-Fiはパスワード無しで接続できますが、利用にあたりログイン等が必要ですよね。

特にキャリアの無料Wi-Fiは、iPhoneにキャリアのSIMが入っていないと通信できません。

気づかずに無料Wi-Fiに繋がって使えない状態になっている可能性があるということですね。

自宅で接続したことのある無料Wi-Fiを拾ってしまう場合は、自動接続をOFFにしましょう。

Wi-Fiの自動接続をOFFにする手順

  1. 設定→「Wi-Fi」を開く
  2. 接続したくない無料Wi-Fiの右にある「i」をタップ
  3. 「自動接続」をOFFにする

iPhoneのネットワーク設定を初期化する

Wi-Fi ネットワークに接続できない場合 - Apple サポート

画像引用元:iPhone、iPad、iPod touch で Wi-Fi ネットワークに接続できない場合 – Apple サポート

Wi-Fiの再接続や周波数を変えてもWi-Fiに繋がらない場合は、iPhoneのネットワーク設定を初期化すると改善する可能性があります。

ネットワーク設定を初期化すると、Wi-Fiの接続情報の他にモバイルデータ通信の設定やAPN、VPNの設定もリセットされます。

キャリアのiPhoneならリセット後も4G通信なら設定無しで利用できますが、SIMフリーiPhoneや格安SIMを利用している場合は初期化後はモバイルデータ通信も再設定が必要なので注意して初期化しましょうね。

iPhoneのネットワーク設定初期化手順

  1. 設定を開く
  2. 「一般」→「リセット」をタップ
  3. 「ネットワーク設定をリセット」をタップ
  4. iPhoneのロック解除パスコードを入力
  5. 「ネットワーク設定をリセット」をタップ

これでネットワークの設定が初期化されました。

初期化後はWi-Fi設定をやり直して、iPhoneがWi-Fiで繋がるか試してみましょう。

新幹線で使えるWi-Fi「Shinkansen Free Wi-Fi」って?設定から使い方まで

次のページでは、ここまでの方法でWi-Fiが繋がるようにならなかった場合について解説していきます。

月に使えるデータが無制限使い放題のおすすめモバイルWi-Fiはこちら!

この記事を書いた人
nuko
nuko
ドコモ905iシリーズの頃から代理店でモバイルの販売中心の仕事をしてきました。 最終的には全キャリアを渡り歩いた経験を活かして、スマホ本体やプランなどわかりやすく解説したいと思います! ちなみに写真は庭先でまったりしている野良猫です(笑)

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ