iPhone X/ iPhone8の評判|乗り換える理由、買わない理由

iPhone X/ iPhone8の評判|乗り換える理由、買わない理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone8、iPhoneXが発売中ですが、購入しやすさには違いがあるようです。
比較的購入しやすい、iPhone8に対してiPhoneXは品薄が続いている模様。

やっぱりiPhoneXでしょ!iPhone8は古い!といった声から、
iPhoneXはいらない(買わない)、iPhone8で十分、というユーザーも少なくありません。購入派、否定派の意見を拾ってみました。

実際の売れ行きやiPhone X/ 8の性能の違いを徹底比較し、「乗り換える理由」と「買わない理由」を検証してみましたので、ご一読ください。

関連記事:
【アンケート結果】iPhoneX / 8|Softbank/au/ドコモの半額負担は成功するか?

iPhone 8は簡単に手に入る?予約と出荷状況。Xは絶望の争奪戦?

そもそもどっちが売れてるの?販売台数でみるiPhone X/ 8

iPhone8が発売されたとき、巷で囁かれてたいことがあります。

「あれ?いつもより盛り上がりに欠けてない?」

筆者もiPhone発売日にしては大人しい印象を受けました。
あの長い行列も表参道では控えめでした。
東京・表参道のアップル直営店の前には開店前、約60人の行列ができたようですが「7」には約100人の行列でしたので、やはり減少しています。

それもそのはずiPhoneXの発売がその後に控えていたからです。

実際にiPhoneXが発売され、予想通り品薄状態が続いています。
特に256GBの人気は顕著で、両カラーともに注文が殺到している現状です。

ではiPhone8は売れていないのか?
実はそんなことはなく、ある筋の情報では売上比は以下のようになっているとのこと。
※一部キャリアの比率です。

【9月から現在の累計売上】

X:8:8P = 30:50:20

【11月だけに限った累計売上】

X88P = 702010

この売上比率からわかることは、iPhone8は現時点では最も売れていることになります。
ただし、11月の発売で圧倒的にiPhoneXが売上を伸ばしていることから、

最終的には大差をつけて

X>8>8P

になるのではないでしょうか。

どうやらiPhoneXはiPhone8 Plusのシェアをかなり奪っていると推測されます。
それもそのはず、iPhoneXは5.8インチの大型ディスプレイですからPlusシリーズのメイン購買層と被っているのでしょう。

結論としては

iPhoneXの売れ行きは絶好調、iPhone8もかなり需要あり、iPhone8 Plusがやや鈍いといった感じでしょうか。

iPhoneXの評判と乗り換える理由

iPhoneXはそもそも乗り換えるだけの魅力がある端末でしょうか?

筆者ははっきりといえます。

iPhoneXは乗り換えるべき端末です。

余裕があれば前機種であるiPhone7からでも乗り換えるべきです(言い過ぎですが)

そのくらいにiPhoneXは魅力的なんですよね。
それを裏付けるように「iPhone X」が米TIME誌によって「2017年のベスト発明25選」に選ばれました。

iPhoneXの特徴はデザインをベゼルレスに変化させ、ディスプレイを有機ELに変更しました。
そしてホームボタンの廃止と顔認証システムであるFace IDを搭載したところにあります。

具体的な評判と、乗り換える理由をみていきましょう。

iPhoneXのスペックは過去最高

細かいスペック表は割愛して、iPhone8に比べて優れている点をあげます。

・望遠レンズがF2.4

細かい部分ですが、iPhone8 Plusの望遠レンズがF値2.8ですからiPhoneXの方がより明るい写真が撮影可能になります。
レンズが小さいスマホではF値によってかなり画質に違いが出ますので、こういった細かいスペックアップは大歓迎です。

望遠レンズはポートレートモードに影響しますので、暗いところでもより綺麗にポートレートが撮れます。

・前面カメラにポートレートモード搭載

これ、結構びっくりしました。
ポートレートモードはF値の小さい単焦点レンズのように、背景をぼかすことのできる機能です。
これが前面カメラにも搭載されています。
セルフィーで一眼レフカメラのような撮影が可能になっているんですね。

インスタなどでは大活躍しそうな機能です。

Face IDの評判と使い心地は?

iPhoneXで新しく追加されたのが、顔認証機能であるFace IDです。こちらが搭載されたことにより、従来の指紋認証は削除されました。
顔認証と指紋認証、両方とも優れた機能ですが実際に使いやすいのはどちらでしょうか?

・Face IDの使い方、使い心地は?

顔認証システムであるFace IDは本当に使いやす機能なのでしょうか?Androidにも虹彩認証という同様のロック解除機能がすでに存在します。
使い心地は上々でストレスを感じるようなものではありませんでした。

それらに比べ実際にFace IDは実用に耐えうるレベルものなのか。

答えは「実用に耐えうるが、特定な状況下では厳しい機能」といえるでしょう。

Face IDのロック解除の手順
iPhone Xを手に持つ→「Face ID」で自動的に施錠から開錠の状態に→上にスワイプでロック解除

Touch IDのロック解除の手順
iPhone 7 Plusを手に持つ→ホームボタンの「Touch ID」でロック解除

違いとしてFace IDは見るだけというところでしょうか。
速度的には大差ない印象です。どちらも早い!
Touch IDも精度が初期に比べて随分と向上したので、いい勝負といった感じ。

Touch IDの問題点は、汗ばんだ指では反応しないというところ。これ地味に残念なポイントです。
特に夏場は汗ばみますし、お風呂での操作はほぼ不可能です。

アップルが新搭載したFace IDは以下のような優れた点があります。

①メガネをかけていても関係ない!ヒゲもオッケー!
②暗くても問題ない!ただし鈍るという報告も
③解除する速度は一瞬、1秒かからない!

懸念点を挙げるとすれば、

①画面を見なければ解除されない
②マスクをしているとほぼ解除されない(目隠しもだめ)

画面を見ない状態での解除といえば、離れているiPhoneの通知をぽっちと押して確認する時ですよね。
結構使用しそうな操作ですが、画面を覗き込まなければ解除されませんので不便です。
次にマスクですが、仕事上マスクをしている方は死活問題ですね。

・巷の声は?

“思った以上にFace IDは優秀!! 簡単にロックが解除されてストレスなし”
“iPhone Xの顔認証が思ったよりも凄い。指紋と比べても今のところ悪くない”
“iPhone X使ってみて分かったこと 顔認証が死ぬほど便利!”

“テーブルの横に置いてると、ちょっと見たいときにイチイチ顔を画面のほうに持っていかなきゃいけないのが、じつに滑稽”
“ご飯をもぐもぐしているときも顔認証突破できません。枕に顔をべちゃーってしている時もだめです”
“メガネをかけた顔とかけていない顔を登録していますが、かけていないときのアンロック率が低すぎ(笑)”
“iPhone Xの顔認証、たばこ咥えてるとダメみたいね”
“iPhone Xに変えたけど寝起きと酒飲んだ後は顔認証しない”

肯定派、否定派とそれぞれ思うところはあるようです。ギャグな部分もあるでしょうが、今後の課題は多くありそうですね。

ただし、同様の機能を搭載したGalaxy Note8の虹彩認証と比べた場合、直射日光下で安定して動作するのは「iPhone Ⅹ」といった意見もちらほら。Galaxy Note8は日陰に入らないと虹彩認証を利用できないといったレビューもあります。

真夏の強烈な直射日光下ではFace IDが動作しにくくなる可能性もありますが、「iPhone Ⅹ」の顔認証は高度な技術を詰め込んでいるようですね。
Galaxy Note8の虹彩認証も評判はとても良いのですが…。

ホームボタンが廃止された!使い心地とは?

ここが最も重要なポイントです。重要なのでもう一回言いますね。iPhoneXにはホームボタンがありません。
不安ですよね。困ったらホームボタンを押してごまかしてきた筆者にはこのホームボタンの廃止は恐怖しかありませんでした。

・ホームボタンの使い心地は?

iPhoneXはホームボタンを排除したことで端末のサイズを大きくすることなく、ディスプレイサイズを大きくすることに成功しました。
トレードオフになったのがホームボタンで操作していた様々なアクション。ホームボタンの操作をスワイプ等に振り分けたことでかなり使い心地が変わりました。

某有名ユーチューバーなどは、この点を激しく批判しているようです。

筆者の感想としては、

「慣れればホームボタンは不要、むしろ必要性を感じない」

以上です。

要するに慣れればホームボタンがなくても困ることは一つもないんですよね。
フリック入力だって指紋認証だって慣れればなんてことなかった経験が皆さんにもあると思います。

例えば通知センターとコントロールセンターが画面上左・右それぞれからのスワイプに変更になりました。
なぜ今まで下からだったコントロールセンターが上になってるんだ!アップルがルールを変えるなんて!という声もありますが、

下から上からあっちこっちスワイプするなら全部上の方がわかりやすくないでしょうか?と思ってしまいます。
下からは全て今までのホームボタンが担っていた操作に振り分けられており、感覚的に操作できるのでかなり使いやすく、理にかなっている印象です。

ホームボタンダブルクリックなどの操作は、かなりの確率で誤操作してましたからね…急にSiriが発動したり笑。

ですから、この変化は「進化」だと感じています。
今後のiPhoneのフラグシップになるのがiPhoneXでしょうから、今のうちに慣れておいた方が無難かもしれません。

敢えてあまりスマホに詳しくない友人に「iPhoneXの使い心地はどう?」と聞いてみました。

皆口を揃えて「使いやすい!」と返ってきました。

もしかしたら、こだわりのないライトユーザーほどホームの排除に順応しているのかもしれません。

・ホームボタンの代わりの操作方法は?

基本的な操作をまとめてみました。
サイドボタンにApple PayやSiriが配置されています。
両方ともホームボタンでは煩わしい操作だったので、サイドボタンに移動になったのは嬉しいところ。
あと、スクショも片手で操作できそうです。

①電源をオン/オフ:サイドボタン長押し(つける)/サイドボタン+音量ボタン(切る)
②「ロック画面」の解除:ロック画面下部から上にスワイプ
③ホームに戻る:画面の1番下から上にスワイプ
④アプリの切り替え(マルチタスキング):画面下部から上にスワイプ→指を止めて選択
⑤コントロールセンター:画面右上隅から下にスワイプ
⑥通知センター:画面左上隅から下にスワイプ
⑦Siriを呼び出す:サイドボタン長押し
⑧Apple Pay:サイドボタンをダブルクリック
⑨スクリーンショットを撮影:サイドボタン+ボリュームアップボタン
⑩画面半分下にずらす:画面下端を下にフリック

・ホームボタンが恋しい人

ホームが恋しくて恋しくて震える方は…。

擬似的なホームボタンをディスプレイに表示することもできます。
AssistiveTouchを活用すると、iPhone Xでもスクリーンショットを簡単に撮影する、画面を極限まで暗くする方法を簡単に実行、などの操作ができるようになります。

AssistiveTouchは画面上のどこにでもホームボタンを配置できて、かつ操作する内容もカスタマイズできるのでオススメです。
筆者としては画面上に居座って画面を遮るAssistiveTouchはあまり好みではないので使用しませんが、
AssistiveTouchを使いこなし、自分色のiPhoneにカスタマイズしている上級者のiPhoneユーザーもいらっしゃいますので、

ホームボタンが恋しい方は試して見る価値ありです!

iPhoneXのホームボタンの代わりになる操作方法はこちらの記事で解説しておりますので参考にしてください。

関連記事:
刷新!iPhone X の操作方法の解説。ホームボタン機能を指先で

iPhoneXを買わない理由

ここまではiPhoneXのメリットを中心にみていきましたが、デメリットがないわけでは決してありません。
デメリットを理解して購入の判断材料にしてください。

ホームボタンがないデメリット

ホームボタンがなくなったことは、ユーザーの操作体験に大きな変化をもたらします。
ホームボタンのメリットは「押す」という安心感です。

これは前機種でもAndroidでも物理ボタンはなくとも「押す」という行為が存在しました。
人間は「押すと反応するという行為」に安心感を感じる生き物です。

困ったら押せばいい。
特に年配の方なんかには受け入れやすい操作だと思います。
それが全てスワイプに変化したとなると受け入れづらいのは仕方ありません。

Androidも物理ホームボタンはなくとも画面上にキックが返ってくるソフトホームボタンがありますからね。
そういった意味で、iPhoneXは新しいユーザー体験を提供した端末といえます。

どーしてもホームボタンがないと気分が悪くなる…。

そういった方は、迷わずにiPhone8を選んでいいと思います。
ただし、iPhoneが今後ホームを完全になくすのか、併売していくのかは不明です。

筆者としては、今後のiPhoneはホームを完全になくす方向へ行くのではないかと予想します。
根拠としてはiPhoneは新型が出るたびに少しずつホームを改良しているからです。

もしかしたら指紋認証の進化に行き詰まりを感じているのか、端末の大型化を止めたいのか、その辺が関わっているような気がします。

価格が高い

iPhoneXはとにかく高額です。

アップルストアでSIMフリーで買った場合の価格は、

64GB:¥112,800 (税別)
256GB:¥129,800 (税別)

この価格をどうみるかはそれぞれでしょうが、一般的にはスマホで最も高いと言えるでしょう。
MacBook Air買えちゃいますからね。

アップルストアでは最大12か月分割金利0%で購入することも可能ですが、

月々の料金はかなり割高になります。
1年で買い換えた場合、

64GB:¥9,400 (税別)
256GB:¥10,816 (税別)

これに通話料通信料が加算されますので、安くても維持費が格安SIMで契約したとしても12,000円〜13,000円ほどになります。

縛りを考慮すればキャリアでもう少し安くなりますが、2年・4年の縛りは今後新しい端末を購入するときの足枷になります。
個人的には一括、または金利ゼロで購入し、次の年に下取りに出して新機種を購入するというサイクルが最もお得かなぁとも思います。

スマホにそこまで拘りがなく、4年は使う!という方はキャリアの長期契約プランが最も購入しやすいかもしれませんね。

ただ高い!

バッテリー表示がなくなった!?

とっても地味な話をします。

iPhoneXはディスプレイ面のデザインも変わっています。

画面上部に黒いところありますよね。
これ、常に表示されてます。
あまり騒がれていませんが、デザイン的にオシャレですが邪魔じゃないですか?

まあそこは大目に見るとして、このデザインの変更である問題が起きています。

それはバッテリーの%表示がなくなったこと!

困ります。いや相当困ります。
性格の細かい人は特に。

これには解決法があって、コントロールセンターを引っ張り出せば残量が表示されます。
ほっとしましたが、地味に面倒です。

iPhone8の評判と乗り換える理由

iPhone8はiPhone7から画面サイズを維持し、CPUをA11チップへと進化させ、ワイヤレス充電を初搭載した端末です。
デザインも背面をガラスに変更しており高級感も増しました。

ホームボタンの安心感

iPhoneXの項で説明した通り、iPhone8にはホームボタンがあります。
このホームボタンも実はボタンではなく、ボタンのようなもの。
実際は押したような感覚が返ってくる「擬似ボタン」なんです。

ですからホームボタンにゴミが溜まることも、水が入り込んで故障することもありません。
ホームボタンの故障はiPhoneの故障原因の上位でしたから嬉しいところ。
※iPhone7からこのホームボタンを採用しています。

安定の順当進化

CPUは大幅に向上しています。
当然といえば当然ですが、ストレスのない操作感と最新OSに最適化されていますので不具合も少ないです。
デザインもガラスになってかっこいい!っていう意見の方が多いですね。

個人的にはiPhone5のデザインが最も好きですが…。

ワイヤレス充電にも対応しました。

価格が安い

安いといっても、iPhoneXに比べて安いです。
格安SIMではASUSなどの海外メーカーが3万円ほどの高性能スマホを発売する時代ですから
やはりiPhoneは高めに設定されています。

アップルストアでSIMフリーで買った場合の価格は、

64GB:¥78,800(税別)
256GB:¥95,800 (税別)

iPhoneXとの価格差は約30,000円くらいです。
結構差がありますね。

とにかく安いものをという方は64GBでもいいかもしれません。
筆者はiCloudを使っていることもありますが、使用容量が39GBでした笑。

ただし、世間で最も人気なのは256GBです。
後から追加できませんので、不安な方は容量が多い方がおすすめです。

iPhone8を買わない理由

ガラス背面を採用し、颯爽と登場したiPhone8。
買わない理由にはどういった点が挙げられるのでしょうか。

良くも悪くも新しさはない

iPhone8を買わない理由は一つしかありません。

「目新しくないこと」

これだけだと思っています。
iPhone7は使いやすい端末でした。
それを順当に進化させた端末がiPhone8です。

全く不安要素のない良端末であることは火を見るより明らか。
買って失敗することはまずありません。

ワイヤレス充電なんかもプラスされていますし、さらに死角のない最強のスマホです。

ただしiPhoneXが新しい試みを多く詰め込んだ端末なので、どうしても霞んでしまいます。

「別に新しいものなんていらない!私は堅実な人が好きなの!」

というならiPhone8はぴったりでしょう。

iPhoneX、品薄続いています

ドコモオンラインショップなどの公式オンラインショップでもiPhoneXは品薄状態のようです。

iPhoneXの予約は現在も入り続けているようで、待っているユーザーも多数発生しています。
比較的買いやすいものは、

64GBのシルバーです。

やはり256GBはたくさんの予約が入っているようですね。
ドコモオンラインショップなどでは随時予約を受け付けていて、

表示は「予約」となっていても実はすぐに買えることもあるので、試してみるといいかもしれません。

供給量としては、

定期的に数百台〜数千台入荷しているようなので、そのうち安定してくるかと思います。

あとがき

Face ID、カメラ機能、新しいデザイン、有機ELディスプレイと新しさが際立つiPhoneX。
一方、革新的な部分は少なめですが順当に進化したiPhone8。

どちらを買うかは性格も影響しそうです。

個人的な評価としては、

1年、または2年おきに端末を変えたいユーザーはiPhoneXを。
4年以上買えないというライトユーザーはiPhone8を。

というのが結論かもしれません。

iPhoneXは良くも悪くも実験的な端末になりますので、次でどう変化してくるのかで評価が大きく変わる可能性があります。
特にFace IDはまだまだ改良の余地がありそうですから、4年使うとなると残念になってしまう可能性があります。

一方、iPhone8は完成形ともいえるので、この先も長く使えるでしょう。

最後は好み!といってしまえば身も蓋もないですが、筆者はiPhoneXにゾッコンです笑。

今 iPhone 8 へ乗り換え・機種変更すると2年後一番得してる契約方法は?

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ