iPhoneXRレビュー|コスパ最強!?廉価版とは言わせない本当の実力

  • 2018年11月4日
  • by 
iPhoneXRレビュー|コスパ最強!?廉価版とは言わせない本当の実力

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

発売以降、新型iPhoneの話題の中心に躍り出た「iPhoneXR」
実機が手に入ったので、細かな点をレビューしてみます。

iPhoneXRはiPhoneXSの廉価版なんて言われていますが、実際のところどうなのでしょうか?

iPhoneXRのデザインやスペック・性能の進化点など出来る限り解説します!
この記事を読めば、あなたもiPhoneXRの本当の実力がみえてきます。

結論として、iPhoneXRはかなり素晴らしい端末に仕上がっています!

iPhoneXR 開封の儀!大人気のイエローの中身とは?

今回入手したiPhoneXRのカラーはイエローです。
イエローは人気のカラーで品薄状態の店舗もあります。

iPhoneXRのボックスのデザインは端末のカラーごとに違います。
それぞれボックスカラーが違うだけで、なんだかワクワクしてしまうのがアップル製品の凄いところです。

iPhoneXRの中身をチェック!

iPhone XRの中身はiPhoneXSなどと同様です。

  • イヤフォン
  • 説明書
  • 電源アダプタとコード
  • 本体

電源コードはいつも通りLightningケーブルです。
新型iPadがUSB-typeCへ変更になり、今後のiPhoneがそちらに移行したら少し面倒ですね。

もしかしたらLightning搭載の最後のiPhoneになるかもしれません…。

話は逸れましたが、ここからは細かくiPhoneXRの注目ポイントをみていきます。
8つのチェックポイントからiPhoneXRの魅力を紐解いていきましょう。

iPhoneXRの価格

上段: 64GB
中段: 128GB
下段: 256GB
ドコモソフトバンクauApple Store
一括価格93,312円
99,792円
111,456円
106,560円
112,800円
124,800円
98,400円
104,880円
116,640円
84,800円
90,800円
101,800円
機種変更実質価格34,344円
40,824円
52,488円
※1
-
新規実質価格25,920円
32,400円
44,064円
※2
53,280円
56,400円
62,400円
※3
49,200円
52,440円
58,320円
※4
-
MNP実質価格-
購入ドコモ公式ショップソフトバンク公式ショップau公式ショップApple Store

※1 月々サポート・オンラインショップ10周年特典適用時
※2 端末購入サポート・iPhoneデビュー割・オンラインショップ10周年特典適用時
※3 半額サポート for iPhone適用時
※4  アップグレードプログラムEX適用時

(価格は全て税抜き)

iPhoneXRチェックポイント1:美しい端末デザインとカラー

iPhoneXRの最大のウリはカラバリの多さと、その色味の美しさであるといえます。

正直、このカラーに惚れてしまったらおしまいです。
それだけで買う理由として成立してしまうほど、全てのカラーが絶妙な加減で色付けされています。

iPhoneXRのカラーが放つ発色の美しさ

今回入手したイエローは巷でも評判の人気色。
実際に手にとってみてチープさは微塵も感じず、高級感すら漂います。

写真ではわかりにくいのですが、原色に近い黄色というよりは少し淡いイエロー
例えるならばコーンポタージュのような優しい色味です。

原色だとケバケバしくなりがちですが、iPhoneXRのイエローは飽きのこない上品な色味。
どのカラーにも言えるのですが、少し発色を抑えた控えめで美しいカラーリングがiPhoneXRの特徴と言えるでしょう。

正直、カラーを選ぶだけで3日間は悩めます。
これは確実にデメリットですね!

背面に指紋がつきにくい?

背面がガラス素材になっているiPhoneXR。
指紋が付きやすいかどうかは気になるところです。

特にiPhoneXRは端末カラーを強調したい人も多でしょうし、ケースを付けずに使う可能性も高いです。
カラーによるのかもしれませんが、イエローではまったく指紋は気になりません。

iPhoneXSでもそうでしが、iPhoneのガラス素材は指紋が付きにくい仕様です。

iPhoneXRチェックポイント2:絶妙な端末サイズは手に馴染む

iPhoneXRはディスプレイサイズが6.1インチと今までのiPhoneにはないサイズです。
実際にiPhoneXRがどの程度のサイズなのかを確認してみましょう。

上の画像は左からiPhoneXS Max、iPhone7 Plus、iPhoneXR、iPhoneXS、iPhone8。

  • iPhoneXS:5.8インチ
  • iPhoneXS Max:6.5インチ
  • iPhoneXR:6.1インチ

iPhoneXRのサイズは個人的には絶妙だと感じます。
グリップした際にiPhoneXS Maxでは大きすぎるのですが、iPhoneXRならばしっかりとホールドできます。

iPhoneXRの方が厚みもあるので、なおさら持ちやすい印象。
iPhoneXSよりもインチ数も大きいので、映像をみるのにも迫力があります。

現在iPhone7 Plusを所有しているのなら、端末サイズを小さくでき、かつ大画面を体験できます。
そういう意味でも、iPhoneXRのサイズ感は「大きすぎず、小さすぎず、絶妙」な端末サイズと感じました。

iPhoneXRチェックポイント3:あらゆる角度からみてみる

iPhoneXRを様々な角度からチェックしてみましょう。
正面からみると、端末カラーであるイエローがチラリとみえているのが分かります。

iPhone XSの右サイドをチェック

右サイドには電源ボタンがあります。
画面を消灯させたり、シャットダウンに使うボタンです。

ボタンの大きさはiPhoneXSと同等で、下部にはSIMカードが入るスロットがあります。
細かい点ですが、iPhoneXSではスロットが中央でした。

iPhoneXRの左サイドをチェック

iPhoneXRの左サイドはサイレント(バイブ)に切り替えるスイッチと音量ボタンがあります。
この辺りもiPhoneXSと同様ですね。

iPhoneXRの下側は?

iPhoneXRの下部は、Lightningの差込口とスピーカーがあります。
iPhoneXSではスピーカー穴の数が左右で違いましたが、iPhoneXRではまったく同じ数が配置されいます。

側面の素材はアルミ素材でカラーによって異なる色をしています。
イエローではゴールドのような色味でイカしてます。

ちなみにiPhoneXSはアルミではなくステンレスを採用していました。
アルミは擦り傷に強いという特徴がありますが、この辺は好みといったところでしょう。

マッドな質感のアルミは個人的に大好きです。

次のページでは「iPhoneXRチェックポイント4:スペックはiPhoneXSに引けを取らない」を解説します。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ

iPhone XSレビュー|最強スペックの最先端機種はデザインも最高... 遂に発売された新型iPhoneである「iPhone XS」! 実機を入手できたので、細かな点をレビューしていきます。 iPhone史上最強であるiPhone XSのデザインやスペック・性能の進化点や、ちょっと気になるところを解説...
iPhoneXRを予約なしで発売日に買える確率をiPhone XSを基に考察... 毎年恒例の新型iPhoneですが、2018年は「iPhoneXS」、「iPhoneXS Max」、「iPhoneXR」の3種類がリリースされます。 iPhoneXSとiPhoneXRが発売されていますが、iPhoneXRは10月26日...
2018年新型iPhoneの魅力|今年絶対に買い替えたい理由... iPhoneの魅力|五感を意識した操作のしやすさレスポンスの良さ 22歳 男性 会社員 最近ではAndroidの性能が上がっています。特にHUAWEIは50~75%位の値段なのにiPhoneと同じぐらいのスペッ...
2018年発売の新型iPhoneは買う?噂情報から購入に意欲的な人のレビュー... 2018年版新型iPhoneの噂情報|背面素材がガラスからアルミになれば購入したい 29歳 男性 会社員 まだ噂レベルの情報しか出回っていない状況ですが、情報の大半が事実であれば新型iPhoneに乗り換えるつも...