新型iPhoneで審査落ちした時の原因と対処方法|分割と一括購入の違い

  • 2018年10月20日
  • by 
新型iPhoneで審査落ちした時の原因と対処方法|分割と一括購入の違い

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

昨年のiPhone X発売以降、iPhoneは10万円を超えるのが当たり前の高級路線に本格的に入りました。それだけ高いテクノロジーを有しているということで、これは仕方のないことかもしれません。

しかしその弊害として、「新型iPhoneの審査に落ちた」方々の存在が一部で取り上げられています。

「正社員じゃないと売ってもらえない」「貧乏だと売ってもらえない」などの噂が流れていますが、それは果たして本当でしょうか。

このページでは、iPhone XS、iPhone XS Maxなど新型iPhoneの審査に落ちてしまう原因と、その対処法について紹介していきます。

1 審査に落ちた人たちはみんな「分割払い」で申し込みしている

はじめに、新型iPhoneの審査に落ちてしまった人たちには、決定的な共通点があります。それは社会的・経済的地位が低いから、ではありません。

新型iPhoneの支払い方法として、分割払いを選択していることです。分割払いとは、「24回払い」や「48回払い」のことです。

分割払いを選択することは、ドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアのユーザーであれば珍しいことではありません。なにせキャリア側が積極的に「月々○○円でiPhoneが買える」などと推奨していますからね。

それで何の疑いもなく分割払いで購入を申し込んだ結果、審査に落とされてしまったというのが、今回の問題のポイントです。

1-1 審査が厳しくなったのは事実

iPhone 7や8と比べて、iPhone X以降の新型iPhoneの審査が厳しくなっているのは事実です。これは割賦販売法に基づいています。

割賦販売法では、本体価格が10万円を超えた場合、カードローンと同様の与信審査を要求します。

これにより、次のような方たちは審査に落とされる可能性が高っているのです。

  • 過去に料金滞納や金融事故の履歴がある方
  • そもそもクレジットヒストリーがない(クレジットカードを使った履歴がない)方

1-2 機種がiPhoneであることは関係ない!

審査に落ちる原因として、機種がiPhoneであることはまったく関係ありません。iPhone XSやXS Maxの本体価格が10万円を超えるから審査が厳しくなっているだけです。

iPhone以外でも、本体価格が10万円を超えるスマホであれば審査は厳しくなります。ただ、Androidでそこまで高額な機種は珍しいため、これまであまり問題にあがらなかっただけでしょう。

ネット上では「貧乏人はiPhone XSを持つな!」などというメッセージを発信したり、今回の問題をそのように受け止めたりする方もいますが、そんなつもりはAppleにもキャリアにもないはずです。

裏を返せば、審査落ちの問題はAndroidでも起こり得ます。

「iPhoneの審査に落ちたからAndroidを選ぼう」という考えでは、根本的な原因が解決できていないため、また審査で落とされてしまうかもしれません。

ドコモオンラインショップで審査落ちしたときの原因と対処法
新型iPhoneの審査、なぜ落ちた?
  • 審査に落ちた人は分割払いを選択している
  • 10万円を超えるスマホは審査が厳しくなる
  • 審査の厳しさはiPhoneに限った話ではない
  • Androidでも10万円を超えた場合は同じ審査が行われる

次の章では、審査に落ちてしまった方が新型iPhoneを購入する方法を解説します。

2 10万円を越える場合は「一括払い」を選択すれば万事解決!

分割払いの審査に落とされてしまった方は、iPhone XSやXS Maxの購入を諦めるしかないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。

実は、審査に落とされた方でも今すぐに買える方法があります。それは、機種代金を一括払いすることです。

一括払いはその名のとおり、機種代金を分割ではなく一回の支払いで済ませる方法です。普段の買い物は大体一括払いですよね。

一括払いなら審査はありません。また、一括払いだからといって本体価格が高くなるということもありません(むしろ分割払いのほうが手数料で損するのが普通です)。

すぐにお金を用意できる方は、分割払いではなく一括払いを選択して、念願の新型iPhoneを購入しましょう。これが一番てっとり早く、金銭的にも損しない最高の購入方法です。

3 どうしても分割払いがしたい場合

一括払いが最高の購入方法なのは間違いありませんが、「そもそもそれができないから分割払いに頼りたいんだ!」という方も少なくないと思います。

例えば、iPhone XS Maxの512GBモデルは、10万円どころか20万円に迫りますからね。一括で払えない、払いたくないというのはとてもよく理解できます。

そこで、審査に落ちてしまった原因別に今後の対処法を紹介していきます。

3-1 携帯料金の滞納が原因の場合

携帯料金を滞納している状態では、審査に落ちる可能性が非常に高くなります。現在滞納している方は、速やかに支払いましょう。

ただし、過去の滞納履歴についても見られてしまうため、支払ったからすぐに大丈夫ということではありません。

しかし、その後も滞納なく支払いを続けていれば、いずれは「この人なら問題なし」と判断されることでしょう。

3-2 金融事故を起こしたのが原因の場合

ローンの滞納や自己破産など、金融事故を起こした履歴のある方は、審査で落ちる可能性が非常に高くなります。

金融事故を整理し、その後は事故を起こさない生活を続けていれば、いずれ問題なしと判断されるでしょう。ただ、金融事故のほとぼりが冷めるまでには長い期間を要します。

通常は5年、自己破産の場合は10年というのが目安です。すぐに解決…、というわけにはどうしてもいきません。

3-3 別のローンが残っているのが原因の場合

料金を滞納していなくても、別のローンが残っている場合は、審査に通らない可能性が出てきます。複数のローンを抱えているというのは、それだけ未払いのリスクが高いとみなされるからです。

これが原因で落とされてしまった方は、残っているローンを完済してから再審査を受けましょう。他に問題がなければ、審査に通る可能性が高まります。

3-4 クレジットヒストリーがないのが原因の場合

クレジットヒストリーとは、カードやローンを使った履歴のことです。審査時には、この履歴が個人的信用として参考にされます。

しかし、カードもローンを使ったことがない、すなわちクレジットヒストリーがない方は、信用がないものとみなされ、審査に落とされてしまうことがあるのです。

これが原因の方は、どこでもいいのでクレジットカードを作ってカード払いをしたり、別のところでローンを組んだりしてクレジットヒストリーを作っておきましょう。

その後、他に問題がなければ審査に通るはずです。

3-5 どの方法も即効性はない

対処法は落とされた原因にもよりますが、基本的にはどれも即効性があるものではありません。それなりに長い期間や手間を要するものばかりです。

分割払いの審査に落とされた時点で信用がないとみなされてしまったわけですから、その信用を取り戻すのは簡単にはいかないということです。

そういった意味でも、やはり一番は一括払いを選択することとなります。前もって機種変更のための貯蓄をしておくなど、ちょっとしたことから始めてみるのもいいかもしれませんね。

dカード GOLDの審査結果遅いんだけど落ちてる?審査期間と受かるコツを解説
新型iPhoneの審査に落ちてしまったときの対処法
  • 審査落ちには様々な原因が考えられる
  • それぞれに合った対処法を取ろう
  • それでも解決まで時間がかかる
  • 一括払いが一番オススメ

次の章では、10万円越えのスマホを買うときに、審査を上手く回避するための方法を解説します。

4 新型iPhoneの本体価格そのものを下げる方法も

iPhone XSやXS Maxの審査が厳しいのは、本体価格が10万円を超えるからです。逆に言えば、本体価格を10万円以下にできれば、審査基準をゆるくすることができます。

その方法として、ドコモならdポイント、auならWALLET ポイント、ソフトバンクならTポイントを支払いに使うことがあげられます。

例えば、auオンラインショップでiPhone XS(64GB)の本体価格が128,640円だった場合、このうち28,640円分をWALLET ポイントで支払えば10万円以下になるので、審査は厳しくなりません。

4-1 ドコモとauでは旧機種を下取りに出すと多額のポイントがもらえる

ドコモとauでは、下取りプログラムとして、ユーザーが使っていたiPhoneなどを差し出すとポイントがもらえるサービスを実施しています。

例えば、ドコモではiPhone 7 Plusを下取りに出すと、最大33,000円分のポイントが進呈されます。

そのポイントを即座にiPhone XSの購入にあてれば、本体価格10万円以下も見えてきます。

新型iPhoneが出たら旧モデルの下取り価格はどうなる、Apple Storeでも下取りあるって知ってた?

ソフトバンクの下取りはポイント進呈ではない

ドコモ、auではそれぞれ支払いに使えるポイントが進呈されますが、ソフトバンクの下取りプログラム(機種変更)はポイント進呈ではありません。

「通信料金から割引(24回の分割割引)」なのでご注意ください。

本体価格が直接安くなるわけではないため、審査がゆるくなることはありません。

4-2 その他のキャンペーンにも目を光らせたいが

本体価格を下げる方法は、下取りプログラムやポイント使用以外だけに限りません。今後のキャンペーンも含めて日頃から意識しておくといいでしょう。

ただ、そうは言っても、本体価格を下げられる機会はポイント利用以外では少ないのが現実ではあります。

よーく見ると、本体価格は安くなっていない!?

よくキャリアでは「実質負担額」という言葉を使い、機種代金が安くなるかのように宣伝していますよね。

しかし、ほとんどの場合、値下げするのはの通信料の方であって、本体価格ではないのです。

よって当然ながら、審査基準は厳しいまま。

また、「現金キャッシュバック」のキャンペーンも、本体価格を下げるわけではないので審査基準には影響しません。

ですから、今後も含めた様々なキャンペーンに目を光らせつつも、心の片隅では過度な期待はしないというのが、心持ちとしてはちょうどいいと思います。

審査基準をゆるくするためにできること
  • 各社のポイントを使って本体価格を10万円以下にする手がある
  • 10万円以下にできたら審査基準がゆるくなる
  • ドコモかauなら下取りプログラムがオススメ
  • 他に本体価格を値引きする方法はほとんどない

5 iPhoneが買えなくなった、わけじゃない!

今回は新型iPhoneの審査に落ちてしまった原因と、その対処法について解説しました。

重要ポイントとしては、審査に落ちた方は分割払いの審査に落ちたのであって、iPhoneを所持する審査に落ちたわけではないということです。

既に審査に落ちてしまった方も、一括払いであれば問題なく購入できることでしょう。

また裏を返せば、この審査落ちの問題はAndroidでも起こり得ます。本体価格が10万円を超える場合はご注意ください。

分割払いの審査に落ちた方が再チャレンジで通るための対処法もいくつかありますが、いずれも即効性はなく、数年という期間を要する場合も珍しくありません。

すぐに購入したい場合は、やはり一括払いか、ポイントなどを使って本体価格を下げる方法をオススメします。本体価格を10万円以下にできれば審査基準をゆるくすることが可能です。

審査に落ちてしまったからといって必要以上に落ち込んだり卑下したりせず、原因を正しく把握して、各々に合った対処法を試してみてください。

iPhoneXRの予約・購入方法|発売日・在庫状況と確保後の流れを確認

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ