iPhone XS Maxの評価 | 魅力的なポイントと高スペック

  • 2018年10月30日
  • by 
iPhone XS Maxの評価 | 魅力的なポイントと高スペック

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

9月21日に発売されたiPhone XSシリーズは、多くの方が手にとって快適なスマホライフを送っているのではないでしょうか。

iPhone XSからは今まで大画面モデルとして知られていたiPhone Plusシリーズから名称を変えました。

その名もiPhone XS Maxと呼ばれるiPhoneシリーズ最大のディスプレイを誇るモデルです。

そこで今回は、新型iPhoneであるiPhone XS Maxについてのスペックと、前モデルであるiPhone Xとの比較を行いたいと思います。

iPhone XSとiPhone XS Maxでまだ迷っている人もこちらの記事を参考にしてくださいね。

画像引用元:iPhone XS Max 64GB ゴールド – Apple(日本)

1 新型iPhone「iPhone XS Max」の価格やデザイン

画像引用元: iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

まず、iPhone XS Maxに関するスペック表を簡単に作ってみました。

モデルiPhone XS Max
価格(税別)124,800円(64GB)
141,800円(128GB)
164,800円(256GB)
画面サイズ6.5インチ
本体サイズ157.5 x 77.4 x 7.7 mm
重量208g
CPUヘキサコア
A12 bionicチップ
RAM/ROM約4GB/64GB・256GB・512GB
アスペクト比19:5:9
解像度2,688×1,242ピクセル
コントラスト比1,000,000:1
耐水防塵IP68等級
広角カメラ1,200万画素
望遠カメラ1,200万画素
インカメラ700万画素
Face ID

前モデルのiPhone Xと比べても大きくパワーアップしました。

容量も512GBという大容量モデルもでき、ますますiPhoneの活躍できる幅が広がったといえます。

そこで、主な特徴を1つずつ解説していくので是非参考にしてください。

1-1 評価ポイント① iPhone XS Maxの画面サイズはなんと6.5インチ

画像引用元:iPhone XS – 仕様 – Apple(日本)

画面のサイズはなんと6.5インチとiPhone史上1番大きなディスプレイといえるでしょう。

その分、サイズ感も重さも今までのiPhoneと比べてダントツで大きいです。

iPhone Plusのサイズ感はほぼ1万円札がすっぽり入る程度ですが、iPhone XS Maxはそれを簡単に超えるサイズだと思ってください。

筆者もまだ実物に触ったことがないので具体的なサイズ感はわかりませんが、恐らく片手での操作は厳しいと思って良いでしょう。

操作中に落としたりしないように、あらかじめスマホリングを背面につけることをおすすめします。

ちなみにコンパクトサイズとして発売されるiPhone XSに関してはiPhone Xとほぼ同じサイズ感です。

つまり、iPhone XSはコンパクトサイズでiPhone Plusと同じサイズ感だということになります

1-2 評価ポイント② A12 Bionicチップを搭載

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

iPhone XS MaxにはA12 bionicチップが搭載されています。

前モデルiPhone Xに搭載されていたチップはA11 bionicチップなので、iPhone XSは最新のチップが搭載されているということがわかります。

A12 bionicチップは、A11 bionicチップと比べて性能が15%アップしているといわれています。

そのため、処理速度がより改善され、快適にiPhoneを操作することが可能になりました。

さらに、省電力は50%アップしているそうなので、より省エネを意識して使うことができるようになりました。充電の消耗も抑えられるでしょう。

画面のサイズなど見た目の変化も大きいですが、しっかりと内部の性能も向上しています。

1-3 評価ポイント③ IP68等級の防水防塵に対応

iPhone XS MaxはIP68等級の防水防塵に対応しています。

具体的に言うとIP68等級は、粉塵が一切内部に侵入しない、持続的に水中に入れていても浸水しない程度の耐防水防塵です。

Appleからは、水中2メートルに30分浸水させた状態で問題なかったと発表されています。

水中2メートル程度なので、恐らくお風呂に沈めてしまった、水溜りに落としてしまった程度であれば問題はないでしょう。

生活する上で濡れてしまうことに対してはある程度対応できると思います。

iPhoneは今までIP67等級までの耐防水防塵に対応していたため、ここまで高い耐性を持つiPhoneは初めてです。

今までiPhoneを水没させてしまうことが多かった方ほど安心できるのではないでしょうか。

1-4 評価ポイント④ デュアルSIMに対応可能

画像引用元:iPhone XS – 仕様 – Apple(日本)

また、iPhone XS MaxはiPhoneで初めてデュアルSIMに対応しています。

デュアルSIMとは、一度に2枚のSIMを入れることができるというものです。

  • 通話用SIMを2枚入れて仕事とプライベートで分ける
  • データ通信SIMと通話専用SIMを入れて利用シーンに応じて使い分ける

というようなこともできます。

特に、最近では格安SIMの普及も高まっているので、格安SIMのSIMと大手キャリアのSIMの両方を入れて使い分けるのも良いかもしれません。

デュアルSIMなら、電話番号を使い分けたい時にもスマホを2台用意する必要が無いのでとても便利です。

今のところ、このiPhone XSシリーズのデュアルSIMについては日本国内では未対応なので対応を待ちましょう。

1-5 評価ポイント⑤ カメラが進化してポートレートモードがさらに性能アップ

画像引用元:iPhone XS – Apple(日本)

iPhone XS Maxで忘れてはいけないのがカメラです。

今回、カメラも新たな技術が加えられ、さらに性能がアップしました。背面カメラは特に高精度となっており、髪の毛1本までしっかりと鮮やかに撮影することができます

また、iPhoneで人気の機能であるポートレートモードもさらに性能がアップしました。

以前までのポートレートモードは、ただ背景をぼかすだけのものでしたが、iPhone XS Maxからは背景のぼかし具合を調整することができます。

より自分好みの写真を撮影することができるのはもちろんですし、新たなイメージセンサーの搭載によって大抵の写真撮影はiPhoneで済んでしまうくらい高性能になっています。

スマホの機能でカメラを重視する方も是非iPhone XS Maxをチェックしてみてください。

【iPhone XS Max VS iPhone 8 Plus】徹底比較|どっちが買いか?その理由

iPhone XS Maxの評価ポイント
  • 6.5インチを誇る画面サイズ
  • 性能と省電力がアップしたA12 Bionicチップを搭載
  • 防水防塵対応
  • 進化したカメラ機能とポートレート機能

次のページでは、前モデルであるiPhone XとiPhone XS Maxを比較してみます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ