iPhone 11シリーズにナイトモード搭載|暗い所でも明るい写真が撮れる新機能

iPhone 11シリーズにナイトモード搭載|暗い所でも明るい写真が撮れる新機能

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 11シリーズ発売からおよそ1ヶ月が経ちましたが、特にカメラ機能が多くのユーザーから絶賛されているようです。

何しろ現在発売されているスマホの中でも最高峰の機能を誇るカメラですから、評価が高いのも頷けますね。

本記事では、そんなカメラ機能の目玉ともいうべき「ナイトモード」の威力について解説します。

トップ画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhone 11に搭載されたナイトモードとは?

画像引用元:iPhone 11 や iPhone 11 Pro のカメラ機能 – Apple サポート

「ナイトモード」はiPhone 11シリーズに新搭載された、最も魅力的なカメラ機能の1つです。

このモードをオンにすれば、夜間の屋外や暗めの部屋といった撮影に不利な環境下でも、フラッシュなしできれいな写真を撮ることができます。

以下の写真は、筆者がiPhone6で撮影したものです。

何を撮影しているかまったくわかりませんね。

これでも電灯の光が当たっている部分を撮影したのですが……。

そして、次の画像がiPhone 11 Pro Maxのナイトモードで撮影したものです。

当然ながら同じ場所で、フラッシュなしで撮影しています。差は歴然ですね。

このように、従来のカメラでは難しかった夜間の撮影でも、ナイトモードなら非常にキレイな1枚に仕上げられるのです。

ナイトモードでの撮影

ナイトモードは、暗めの場所でカメラを起動すると自動でオンになります。

ナイトモード起動中は、下の画像のようにアイコン(画像左下)が黄色に変化するのでわかりやすいです。

また、撮影に必要な時間も記載されています(上の画像の場合は3秒)。

アイコンをタップすれば、撮影時間を手動で調節することも可能です。

下の画像の赤枠部分をスライドさせることで、撮影時間を調節できます。

撮影時間が長くなるほどにシャッターを開いている時間も長くなるため、暗い場所でもよりキレイな写真を撮ることが可能です。

しかし、その反面、手ブレが起こりやすくなるので注意してください。

なかなか上手く撮れない場合は三脚などを使って、端末を固定した状態で撮影しましょう。

通常時は撮影時間をオートに任せておくのがおすすめです。

実際に使ってわかったiPhone 11 Pro Maxのメリット6つとデメリット4つ

次のページでは、iPhone 11でさらに進化したカメラ機能について解説してます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ