iPhone 11シリーズにナイトモード搭載|暗い所でも明るい写真が撮れる新機能

iPhone 11シリーズにナイトモード搭載|暗い所でも明るい写真が撮れる新機能

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 11でさらに進化したカメラ

iPhone11

画像引用元:iPhone 11 – 仕様 – Apple(日本)

iPhone 11シリーズは、カメラが飛躍的に進化したiPhoneです。

では、その進化ポイントを具体的に見ていきましょう!

iPhone 11ではフレームの外側も撮影できる!

例えば、16:9の画面比で撮影したかった動画を、誤って4:3の画面比で撮影してしまったとしましょう。

本来であれば撮り直しが必要ですよね。

また、もし撮り直しができないのであれば、画面比を16:9に修正しなければなりません。

そうなると、動画の上下を泣く泣く切り取るしかないわけです。

しかし、iPhone 11シリーズなら、このようなミスを犯しても簡単に修正できます。

下の画像は4:3で撮影した動画の編集画面です。

赤枠の部分をいじれば、撮影後の画面比を自由に設定できます。

では試しに、4:3の動画を16:9に変更してみましょう。

上の画像とよーく見くらべてみてください。

4:3の動画にはなかった横の部分が追加されています。

実は、iPhone 11では動画を広角カメラで撮影する際に、画面に表示されているフレーム外の部分も同時に撮影しているのです。

つまり、iPhone 11のカメラでは、フレーム外を含めた以下のような動画が撮影されていることになります。

明るい部分がフレーム内に収まっていたエリアで、外側の赤枠部分はAIが超広角カメラで撮影したエリアです。

通常、超広角カメラで撮影したものは丸みを帯びた画像になってしまいますが、iPhone 11のAIが上手い具合に補正してくれるので、広角カメラの映像と合成しても違和感がありません。

この機能があるおかげで、撮影後の画面比の変更は自由自在です。

超広角カメラで撮影した部分をフレーム内にすべて入れてしまうこともできます。

画面比のミスはカメラ初心者にありがちなトラブルですが、このような厄介な修正を特殊なアプリなしでサクサクとできてしまうのが、iPhone 11の魅力です。

フレーム外撮影の設定方法

設定方法は簡単です。

  1. iPhone 11の設定から「カメラ」をタップ
  2. 「構図」の「ビデオのフレームの外側を含めて撮影」をオンにする

ちなみに、この「フレーム外撮影」は、動画だけでなく写真でも利用できます。

写真撮影時に使いたい場合は、「構図」の「写真のフレームの外側を含めて撮影」をオンにしてください。

なお、デフォルトでは写真はオフ、動画はオンとなっています。

撮影中に画面比の変更も可能

画面比の変更は撮影中でも可能です。

画像の赤枠部分を左にスワイプするだけでOK。

画面比が表示されたら、好みのものをタップして変更しましょう。

写真撮影中、動画に瞬時に移行

写真を撮影しているときに、「動画にも残しておきたい」と思ったら、iPhone 11の新機能「QuickTake」を使いましょう。

使い方は非常に簡単です。シャッターボタンを長押しするだけで、動画撮影がスタートします。

そして、そのまま上にスワイプすれば、指を離しても動画撮影を続行。

写真⇔動画の通常の切り替え方法よりも、より簡単でスピーディーに移行できるので、非常に便利な機能です。

ポートレートモードがかなり自由に

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone 11 Pro – Apple(日本)

iPhone XSシリーズには広角レンズと望遠レンズが搭載されていますが、ポートレートモードではこれらを選ぶことができません。

撮影時も被写体から若干離れて撮影する必要があるため、構図も限られてしまいます。

一方、iPhone 11 proシリーズでは、広角レンズと望遠レンズがポートレートモードに対応しています。

そのため、ポートレートモードでどちらのレンズを主に使用するかを選ぶことも可能です。

また、インカメラでもポートレートモードは使用できるので、撮影の自由度がかなり高くなったと言えるでしょう。

手ブレ補正が秀逸!

iPhone 11は従来のiPhoneシリーズに比べて、手ブレ補正が飛躍的に進化しました。

例えば、iPhone XSシリーズで歩きながら撮影した動画を見てみると、撮影者が徒歩中に撮影した動画であることがすぐにわかります。

なぜなら、動画の画面が激しく上下するからです。

一方、同じようにiPhone 11で撮影すると、動画の画面がほとんど上下しません。

まるで撮影者が乗り物に乗っているかのように滑らかに動きます。

画面が激しく上下していると、素人丸出しの動画になってしまいますが、iPhone 11の手ブレ補正機能があれば、まるでプロが撮影したかのような作品に仕上がりますよ。

iPhone 11のカメラはスマホ最高峰!

今回は、iPhone 11シリーズのナイトモードと、進化したカメラ機能について解説しました。

iPhone 11シリーズのカメラ機能
  • ナイトモードでは、フラッシュを使わなくても被写体を鮮明に撮影できる。
  • ナイトモードには自動的に移行する。操作方法も非常に簡単。
  • iPhone 11シリーズのカメラでは、フレーム内に収めている被写体だけでなく、フレーム外の部分も超広角カメラで自動的に撮影している。そのため、撮影後の修正や構図の変更も非常に簡単。
  • iPhone 11のポートレートモードでは、広角レンズと望遠レンズを選択することが可能になった。遠くにある被写体でも、望遠レンズのポートレートモードで撮影が可能。
  • 撮影中でも画面比の変更のほか、タップ1つで写真⇔動画を切り替えられるなど、インターフェースが非常に洗練されている。
  • iPhone 11シリーズの手ブレ補正は非常に優秀。歩きながら撮影しても上下のブレを吸収してくれるほどの効果を持つ。

カメラ機能については、iPhone 11とiPhone 11 Proの差は望遠レンズの有無です。

今回紹介した機能も、望遠レンズが絡むもの以外はすべて利用することができます。

本記事でカメラ機能に興味が湧いた方は、ぜひiPhone 11をゲットして、スマホ最高峰のカメラで撮影を楽しんでくださいね。

ドコモでiPhone11を予約・購入して受け取る手順と予約状況の確認方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ