【iPhone 11 Pro VS iPhone 11】徹底比較|どっちが買いか?その理由

  • 2019年9月12日
  • by 
【iPhone 11 Pro VS iPhone 11】徹底比較|どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ついに発表された2019年新型iPhone。

予約受付開始日は9月13日21時(オンラインショップの場合)、発売日は9月20日です。

今年はiPhone 11 Proという、iPhoneとしては初めて「Pro」の名を冠した機種が登場します。

「Pro」が付かないiPhone 11との違いは何なのか、とても気になるところですよね。

そこで今回は、iPhone 11とiPhone 11 Proを比較し、どっちが買いなのか、その理由と共に考察していきます。

トップ画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone 11とiPhone 11 Pro 両スマホのコンセプトは?

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

はじめに、両スマホのコンセプトを捉えましょう。

去年は「XS」と「XR」に分かれていましたが、それらの名称はいずれも使われなくなりました。

しかし、実はXSとXRの流れは、今年の両スマホにも受け継がれています。

iPhone 11はiPhone XRの後継機

iPhone11

画像引用元:iPhone 11を購入 – Apple(日本)

iPhone 11は、iPhone XRの後継機にあたります。iPhone 11 Proと比較すると「価格を抑え、スペックも落とした」モデルです。

iPhone 11のスペック

iPhone 11内容
SoC(≒CPU)A13 Bionic
本体サイズ150.9×75.7×8.3mm
重量194g
ディスプレイ6.1インチ
液晶
1,792×828ピクセル
(326ppi)
アウトカメラ広角:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
インカメラ約1,200万画素
ストレージ容量(ROM)64GB
128GB
256GB
メモリ容量(RAM)4GB
生体認証顔認証
防水防塵IP68
(水深2メートルで最大30分間保護)
バッテリー容量3,110mAh
ボディ素材アルミニウムとガラス
カラーバリエーションホワイト
ブラック
グリーン
イエロー
パープル
レッド
Apple Store価格(税別)64GB:74,800円
128GB:79,800円
256GB:90,800円

外観やディスプレイサイズはiPhone XRと非常に似ていますね。

カメラ性能

iPhone 11ではカメラがデュアルレンズになりました。

約1,200万画素の広角レンズに加え、超広角レンズでの撮影も行えます。

これにより、より広範囲の撮影が可能となりました。

また、「ナイトモード」も登場。暗い場所でもフラッシュなしでキレイに撮影できるようになりました。

ポートレート(背景ぼかし)の精度も上がっています。

防水性能

防水性能もXRよりパワーアップ。XRの保護等級はIP67でしたが、iPhone 11はiPhone XSと同等のIP68に進化しています。

これは「水深2メートルで最大30分間保護」できるレベルです。

処理性能

SoC(≒CPU)がA12からA13になりました。

処理能力がよりパワフルになったので、何をするにしてもサクサク快適に動作してくれることでしょう。

カラバリ

カラーバリエーションはホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、パープル、レッドの6色。

どれもポップな印象です。

iPhone 11 ProはXSの後継機

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone 11 Proは、iPhone XSの後継機にあたります。

iPhone 11と比較すると「性能が上で、より高額」なモデルです。

iPhone 11 Pro のスペック

iPhone 11 Pro内容
SoC(≒CPU)A13 Bionic
本体サイズ144.0×71.4×8.1mm
重量188g
ディスプレイ5.8インチ
有機EL
2,436×1,125ピクセル
(458ppi)
アウトカメラ広角:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万
インカメラ約1,200万画素
メモリ容量(RAM)4GB
ストレージ容量(ROM)64 or 256
or 512GB
生体認証顔認証
防水防塵IP68
(水深4メートルで最大30分間保護)
バッテリー容量3,046mAh
ボディ素材ステンレススチールとガラス
カラーバリエーションスペースグレイ
シルバー
ミッドナイトグリーン
ゴールド
Apple Store価格(税別)64GB:106,800円
256GB:122,800円
512GB:144,800円

SoC(≒CPU)はiPhone 11と同じA13 Bionicです。

つまり、基本的な処理能力はiPhone 11もiPhone 11 Proも変わらないと見ることができます。

これについてはAppleも、「(iPhone 11について)Proと同じ」と表現しています。

これは少しProの面目が潰れているような気が……。

iPhone 11 Proの方がiPhone 11より優れている点

処理性能以外のスペックは、ほぼProのほうが優れています。

ディスプレイ

iPhone 11 Proは液晶ディスプレイではなく有機ELディスプレイです。

より鮮やかな色合いを表現でき、かつ省電力に優れています。

カメラ

iPhone 11は広角+超広角のデュアルレンズですが、iPhone 11 Proは望遠レンズも付いたトリプルレンズを搭載。

この望遠レンズにより、2倍の光学ズームと最大10倍のデジタルズームが可能です。

一方、iPhone 11は最大5倍のデジタルズームに留まります。

防水防塵性能

防水防塵は同じIP68かと思いきや、実際はそうではないようです。

iPhone 11 Proの防水性能は「水深4メートルで最大30分間保護」と記載されています。

対するiPhone 11は、「水深2メートルで最大30分間保護」です。

外観

ボディ素材にはステンレススチールが加わり、高級感あふれる仕上げとなっています。

ただし高い!

iPhone 11 Proの価格は、一番安い64GBモデルでも106,800円(税別)一番高い516GBモデルだと144,800円もします。

スペックだけで言えば、iPhone 11よりiPhone 11 Proのほうが欲しいところですが、この価格を見るとちょっと躊躇してしまいますよね。

iPhone11を予約・購入して受け取るまでの手順と予約状況の確認方法

次のページでは、iPhone 11とiPhone 11 Proの差額に注目し、もう一度スペックの違いを整理して、その差額に見合っているのかという観点から検証していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ