【iPhone11 Pro VS iPhone11】徹底比較|どっちが買いか?その理由

最新iPhoneのiPhone 11とiPhone 11 Proを比較します。価格が高いiPhone 11 Proの方がスペックは高いに決まっていますが、価格差ほど違いはあるか、これが焦点でしょう。価格差ほど違いがないと購入者が感じるならば、安いiPhone 11を購入する方が賢い選択と言えますね。

  • 2019年9月12日
  • by 
【iPhone11 Pro VS iPhone11】徹底比較|どっちが買いか?その理由

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ついに発表された2019年新型iPhone。

予約受付開始日は9月13日21時(オンラインショップの場合)、発売日は9月20日です。

今年はiPhone11 Proという、iPhoneとしては初めて「Pro」の名を冠した機種が登場します。

「Pro」が付かないiPhone11との違いは何なのか、とても気になるところですよね。

そこで今回は、iPhone11とiPhone11 Proを比較し、どっちが買いなのか、その理由と共に考察していきます。

文字読むの面倒だなーという方は動画でどうぞ!

トップ画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone11とiPhone11 Pro 両スマホのコンセプトは?

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

はじめに、両スマホのコンセプトを捉えましょう。

去年は「XS」と「XR」に分かれていましたが、それらの名称はいずれも使われなくなりました。

しかし、実はXSとXRの流れは、今年の両スマホにも受け継がれています。

iPhone11はiPhone XRの後継機

iPhone11

画像引用元:iPhone11を購入 – Apple(日本)

iPhone11は、iPhone XRの後継機にあたります。iPhone11 Proと比較すると「価格を抑え、スペックも落とした」モデルです。

端末名iPhone 11
OSiOS 13
SoC(≒CPU)A13 Bionic
本体サイズ約150.9×75.7×8.3mm
重量約194g
ディスプレイ
(液晶)
約6.1インチ
1,792×828ピクセル
アウトカメラ広角:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
インカメラ約1,200万画素
RAM4GB
ROM64GB or
128GB or
256GB
外部ストレージ非対応
バッテリー容量3,110mAh
生体認証顔認証
防水・防塵IP68
(水深2メートルで最大30分間保護)
FeliCa対応
テレビ-
ボディ素材アルミニウムとガラス
カラーホワイト
ブラック
グリーン
イエロー
パープル
レッド
Apple公式サイト
価格(税別)
64GB:74,800円
128GB:79,800円
256GB:90,800円
購入Apple 公式サイト

外観やディスプレイサイズはiPhone XRと非常に似ていますね。

カメラ性能

iPhone11ではカメラがデュアルレンズになりました。

約1,200万画素の広角レンズに加え、超広角レンズでの撮影も行えます。

これにより、より広範囲の撮影が可能となりました。

また、「ナイトモード」も登場。暗い場所でもフラッシュなしでキレイに撮影できるようになりました。

ポートレート(背景ぼかし)の精度も上がっています。

防水性能

防水性能もXRよりパワーアップ。XRの保護等級はIP67でしたが、iPhone11はiPhone XSと同等のIP68に進化しています。

これは「水深2メートルで最大30分間保護」できるレベルです。

処理性能

SoC(≒CPU)がA12からA13になりました。

処理能力がよりパワフルになったので、何をするにしてもサクサク快適に動作してくれることでしょう。

カラバリ

カラーバリエーションはホワイト、ブラック、グリーン、イエロー、パープル、レッドの6色。

どれもポップな印象です。

iPhone11 ProはXSの後継機

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone11 Proは、iPhone XSの後継機にあたります。

iPhone11と比較すると「性能が上で、より高額」なモデルです。

iPhone11 Pro内容
SoC(≒CPU)A13 Bionic
本体サイズ144.0×71.4×8.1mm
重量188g
ディスプレイ5.8インチ
有機EL
2,436×1,125ピクセル
(458ppi)
アウトカメラ広角:約1,200万画素
F値1.8
超広角:約1,200万画素
F値2.4
望遠:約1,200万
F値2.0
インカメラ約1,200万画素
F値2.2
メモリ容量(RAM)4GB
ストレージ容量(ROM)64 or 256
or 512GB
生体認証顔認証
防水防塵IP68
(水深4メートルで最大30分間保護)
バッテリー容量3,046mAh
ボディ素材ステンレススチールとガラス
カラーバリエーションスペースグレイ
シルバー
ミッドナイトグリーン
ゴールド
Apple公式サイト
価格(税別)
64GB:106,800円
256GB:122,800円
512GB:144,800円
購入Apple 公式サイト

SoC(≒CPU)はiPhone11と同じA13 Bionicです。

つまり、基本的な処理能力はiPhone11もiPhone11 Proも変わらないと見ることができます。

これについてはAppleも、「(iPhone11について)Proと同じ」と表現しています。

これは少しProの面目が潰れているような気が……。

iPhone11 Proの方がiPhone11より優れている点

処理性能以外のスペックは、ほぼProのほうが優れています。

ディスプレイ

iPhone11 Proは液晶ディスプレイではなく有機ELディスプレイです。

より鮮やかな色合いを表現でき、かつ省電力に優れています。

カメラ

iPhone11は広角+超広角のデュアルレンズですが、iPhone11 Proは望遠レンズも付いたトリプルレンズを搭載。

この望遠レンズにより、2倍の光学ズームと最大10倍のデジタルズームが可能です。

一方、iPhone11は最大5倍のデジタルズームに留まります。

防水防塵性能

防水防塵は同じIP68かと思いきや、実際はそうではないようです。

iPhone11 Proの防水性能は「水深4メートルで最大30分間保護」と記載されています。

対するiPhone11は、「水深2メートルで最大30分間保護」です。

外観

ボディ素材にはステンレススチールが加わり、高級感あふれる仕上げとなっています。

ただし高い!

iPhone11 Proの価格は、一番安い64GBモデルでも106,800円(税別)一番高い516GBモデルだと144,800円もします。

スペックだけで言えば、iPhone11よりiPhone11 Proのほうが欲しいところですが、この価格を見るとちょっと躊躇してしまいますよね。

次の章では、iPhone11とiPhone11 Proの差額に注目し、もう一度スペックの違いを整理して、その差額に見合っているのかという観点から検証していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone11とiPhone11 Proの差を価格から考える

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone11 Pro – Apple(日本)

両スマホの価格を並べてみましょう。表記は税抜です。

機種64GB128GB256GB516GB
iPhone 1174,800円79,800円90,800円なし
iPhone 11 Pro106,800円なし122,800円144,800円
購入Apple 公式サイト

64GB同士でも32,000円の差額があります。256GBモデル同士でも同様です。

iPhone11 Proのほうが高スペックなのは明らかですが、そこに32,000円分の差があるのでしょうか。

まずはそこに注目してみましょう。

有機ELディスプレイにこだわりたいか?

iPhone11シリーズ

画像引用元:Apple(日本)

iPhone11が6.1インチの液晶ディスプレイなのに対して、iPhone11 Proは5.8インチの有機ELディスプレイです。

一般的に有機ELディスプレイのほうが優れています。バックライトを必要としない分、より自然な色合いを表現でき、省電力でもあるからです。

ですが、「有機ELディスプレイでないと嫌」というユーザーは実際どれほどいるのでしょうか。液晶ディスプレイでも構わないという方も多いはずです。

違いが気になる方は、ショップの店頭などでiPhone XS(有機EL)とXR(液晶)を見比べてみてください。

その結果、「ディスプレイはどちらでもいいな」と感じた場合は、ディスプレイ性能はあまり重視しなくても良いでしょう。

ズーム撮影にこだわりたいか?

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone11 Pro – Apple(日本)

iPhone11のカメラがデュアルレンズなのに対し、iPhone11 Proはトリプルレンズです。

よって、カメラ性能は、iPhone11 Proのほうが優れています。

ただ、レンズの数が違う理由は、「ズーム撮影で使用する望遠レンズが付いているか否か」です。

そのため、ズーム撮影をしないか、それほどズーム性能にこだわらない方にとっては、トリプルレンズが無用の長物になってしまう可能性も。

とはいえ、カメラの性能自体はとても優れているので、ズーム撮影をよく行なう方には、iPhone11 Proを強くおすすめします。

「高級感」にこだわりたいか?

iPhone11Pro

画像引用元:iPhone11 Pro – Apple(日本)

iPhone11はポップでかわいい印象を受けますが、iPhone11 Proはステンレススチールによる高級感があり、一言でいえば「格好いい」です。

しかし、高級感は実用性とはあまり関係ありませんよね。また、カバーをつけてしまったら、本体のカラーはもう見えなくなってしまいます。

もちろんカバーを付けずに使用する場合は、外観にこだわるのもアリなのですが……。

32,000円の差額を受け入れる決定的な要素に欠ける気が

確かにiPhone11 Proは高スペックで格好いいです。しかし、32,000円の差額を考えたら、iPhone11でいい気がしてしまいます。

実用的なところでは、ズーム撮影を行なうか否かが選択の分かれ目になりそうです。

iPhone XRの評判は悪かったけどiPhone11は大丈夫なの?

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

iPhone11はiPhone XRの後継機にあたります。そこで気になるのが、iPhone XRの評判の悪さでしょう。

発売後、すぐに増産中止がかかり、「iPhone XRが売れなかった影響で、主要サプライヤーに大打撃を与えている」という報道も出ました。

日本では「一括0円」のような投げ売りもされたものです。

そんな過程を見てきた人が、「iPhone11もXRの二の舞を演じることになるのではないか」と心配になるのは自然なことでしょう。

しかし、今回のiPhone11は、iPhone XRのようにはなりにくいと考えられます。

iPhone XRが売れなかったのは、価格に見合っていなかったから

iPhone XRも、実はそれ自体は「ダメなスマホ」ではありません。ただ、価格に見合っていませんでした

もともとiPhone XRは廉価版として期待されていた機種です。

ところが蓋を開けてみれば、一番安い64GBモデルでも84,800円(税抜)という高価格。

その割には、液晶ディスプレイにシングルレンズカメラ、防水性能もIP67と微妙な性能で、価格だけが悪い意味で目立ってしまっていました。

廉価版と言いながら高額で、どの層に向けた製品なのかわかりにくかったのも敗因の1つでしょう。

iPhone11では割高感は解消されている

iPhone11は、一番安い64GBモデルが74,800円(税抜)です。iPhone XRの84,800円より10,000円も安くなっています。

これはiPhone XRの失敗から反省したのでしょう。

そして、カメラはデュアルレンズに、防水性能もIP68と最高保護等級になりました。

ディスプレイは相変わらず液晶ですが、74,800円なら妥当でしょう。

Androidスマホでも、有機ELディスプレイを搭載しているハイエンドモデルなら90,000円はします。

シンプルになった名称もグッド

「iPhone XRⅡ」などではなく、iPhone11と名称がシンプルになったのも大きいです。

これで「こだわりの薄い層」を取り込みやすくなりました。

また、去年はiPhone XSをベースに、その下にXRがあるという形でしたが、今年はiPhone11をベースに、その上にProがあるという関係性になります。

「新しいiPhoneが欲しいけど、Proほどの性能はいらない」というような人たちは、自然とiPhone11を手に取るでしょう。

このような理由から、iPhone XRの悪評を引きずる心配はほとんどないと言えます。

具体的なこだわりがないならiPhone11でOK

画像引用元:iPhone11 – Apple(日本)

以上、iPhone11とiPhone11 Proの比較でした。

iPhone11 VS iPhone11 Proのポイント
  • 差額は32,000円
  • どちらもA13 Bionic
  • iPhone11 Proは有機ELディスプレイ
  • iPhone11 Proには望遠レンズがついている
  • iPhone11 Proはステンレススチールの高級感がある
  • 決め手は「差額分の価値を見出だせるか」

iPhone11はiPhone XRの後継機、iPhone11 ProはiPhone XSの後継機にあたります。

iPhone11とiPhone11 Proは、どちらもSoC(≒CPU)にA13 Bionicを搭載しており、基本的な処理能力は同等です。

iPhone11 ProがiPhone11よりも優れている主なポイントは以下3点。

iPhone11 ProがiPhone11よりも優れている主なポイント
  • 有機ELディスプレイであること
  • 望遠レンズがついていること
  • ステンレススチールによる高級感

これらの点にこだわりたい方には、iPhone11 Proを強くおすすめします。

しかし、それほどこだわりがない場合は、iPhone11でも十分でしょう。

液晶ディスプレイには、やや時代遅れ感が否めませんが、74,800円(税抜)という価格を考えると、妥当なスペックと言えます。

iPhone XRのような割高感はありません。

iPhone 11 Proを予約|発売日に受け取るならオンラインショップが最善

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ