実際に使ってわかったiPhone 11 Pro Maxのメリット6つとデメリット4つ

実際に使ってわかったiPhone 11 Pro Maxのメリット6つとデメリット4つ

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2019年9月20日に発売されたiPhone 11シリーズ。

本記事では、その中でも最も高価な機種である「iPhone 11 Pro Max」をレビューします。

実際に2週間以上利用してみたところ、購入当初はまったく予期していなかったようなメリット・デメリットが見えてきました。

iPhone 11 Pro Maxの6つのメリット

画像引用元: iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxを購入 – Apple(日本)

今回は、筆者がiPhone 11 Pro Maxを約2週間使い倒してみてわかった、6つのメリットと4つのデメリットについて解説していきます。

まずはメリットです。

iPhone 11シリーズは初発表時のプレゼンの際、約6割の時間がカメラ機能のアピールに割かれていました。

私が感じた6つのメリットのうち、4つはそのカメラ機能に関するものです。

やはりカメラ機能こそ、iPhone 11シリーズの真骨頂と言えますね。

超広角レンズで写真の楽しさが広がる!

iPhone 11シリーズには、通常のレンズよりも広い画角で写真を撮影できる、13mmの「超広角レンズ」が搭載されています。

超広角レンズが一体何者なのかは、実際に撮影した写真を見ていただいた方が早いでしょう。

試しに標準レンズと超広角レンズを使って、iPhone 11 Pro Maxの箱を撮影してみました。

標準レンズで撮影

超広角レンズで撮影

いずれも同じ位置から撮影しています。

このように、超広角レンズはかなり引いた位置からの撮影が可能で、画角が非常に広がるという特長を持っているのです。

同じ被写体でもレンズを変えるだけで違う表情になるため、写真を撮影する楽しさがかなり増しました。

また、被写体との距離が取りづらい狭い場所での撮影でも、超広角レンズが良い働きを見せてくれます。

通常レンズではなかなか出せない、遠近が強調された1枚は、スマホで撮ったとは思えない出来栄えです。

さらに、風景写真を撮影する際も、超広角レンズを使うことで奥行き感のある写真に仕上がります。

カメラ機能が簡単で面白い!

「3つのレンズを使って撮影する」と言われると、操作が難しい印象を受けますよね。

しかし、実際はかなり簡単です。

写真の赤枠部分には「0.5」「1」「2」と表示されており、これらがそれぞれ「超広角レンズ」「標準レンズ」「望遠レンズ」に対応しています。

そして、撮影中でもこの部分をタップするだけで、他のレンズに瞬時に切り替えることができるのです。

また、撮影ボタンの長押しで、そのまま動画撮影に移行し、さらに右にスワイプすれば、指を離しても動画撮影を継続することができます。

もちろん、動画撮影中に3つのレンズを切り替えることも可能です。

このように、本格的な3眼カメラながら操作が簡単で、写真や動画を撮影するのが楽しくなりました。

ナイトモードで夜の写真がキレイに撮れる

iPhone 11 Pro Maxは、夜間撮影に最適な「ナイトモード」を搭載しています。

実際に、夜に写真を撮影してみました。

iPhone 6 Plusで撮影

私がこれまで使用していたiPhone 6 Plusで撮影した写真です。

電柱の電灯が直接当たっている花壇を撮影してみたのですが、何を撮ったのかすらわかりませんよね。

iPhone 11 Pro Maxで撮影

全体的に暗い夜間でも、iPhone 11 Pro Maxならこのような明るい写真が撮影できます。

暗い空間での撮影はとにかく黒色が多くなってしまいがちですが、ナイトモードならしっかりとした映像を残せるのです。

なお、ナイトモードは暗い場所での撮影時に自動で起動してくれます。ユーザーが設定をいじる必要はありません。

iPhone 11 Pro Maxは手ブレ補正が秀逸!

スマホで歩きながら動画を撮影する場合、何の工夫もしていないと動画が上下にブレてしまいます。

どれだけ慎重に歩いたとしても、でき上がる動画はひどいものです。

私は以前、iPhone XSで歩きながら自撮りをしたことがあるのですが、撮影した動画があまりにも上下に動いていたため、見ていて画面酔いになってしまいました。

しかし、iPhone 11 Pro Maxなら、そんなことにはなりません。

動画撮影時の手ブレ補正が非常に優秀だからです。

iPhone XSで歩きながら撮影した動画を見ると、撮影者が歩いていることがすぐに分かります。

一方、iPhone 11 Pro Maxで撮ったものは、まるで乗り物に乗って撮影していたかのように、画面が揺れることなく滑らかに動いていました。

歩きながら撮影してもほぼブレなく撮影できるため、まるでプロが撮ったかのような動画を作ることが可能です。

iPhone 11 Pro Maxは、写真のクオリティーばかりが注目されていますが、それに引けを取らないくらい手ブレ補正機能も優秀だと思います。

ドコモ「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」オンライン入荷予定を公開中

次のページでも引き続き、iPhone 11 Pro Maxのメリットについて解説していきます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
affiprecious
affiprecious
青森県出身。大学卒業後は普通に就職するものの、趣味で始めたFXにドハマりし、軌道に乗ったのを機にアッサリ退職。せっかくの自由だからといろんなことにチャレンジした結果、トレーダー兼ライターという変な位置に落ち着く。iPhoneよりiPadが好き。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ