iPhone 12・Proの機種変更ガイド|お得なキャンペーンとデータ移行方法

iPhone 12への機種変更で絶対に失敗しない!機種変更の前に知っておくべき注意点を詳しく解説します。ドコモ・au・ソフトバンクの機種変更手順も説明しますので、iPhone 12への機種変更を検討している人は要チェックです!

  • 2020年11月4日
  • by.araki

iphone12-blue

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、iPhone 12/12 Proへの機種変更がより楽になるためのポイントを紹介します。

iPhone 12/12 Proの購入からデータ移行に至るまで網羅的に解説していますので、特にこれからiPhone 12/12 Proを購入する予定の方は是非参考にしてみてください。

機種変更で大事なポイント
  • キャリアのオンラインショップを活用
  • 5Gプランへの変更が必要なことを理解
  • クイックスタートを利用
  • LINEは個別にデータ移行

iPhone 12・Proの機種変更を「簡単」にするコツ

ドコモオンラインショップ

画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

はじめに、機種変更の流れをシンプルで簡単にするためのコツを紹介します。

機種変更を簡単にするコツ
  • オンラインショップを活用する
  • データ移行方法を事前に確認

オンラインショップを活用する

ドコモ・au・ソフトバンクのユーザーなら、iPhone 12/12 Proは各社のオンラインショップで購入するのがおすすめです。

オンラインショップなら機種変更時にかかる2,000~3,000円の事務手数料が無料になるからです。

また、ドコモ・au・ソフトバンクでは、5GプランでないとiPhone 12/12 Proの動作保証がされません。

そのため必ず5Gプランに変更する必要があると公式に案内されています。

それに関する手続きも、各社のオンラインショップならiPhone 12/12 Pro購入手続きと同時に行えるので、後で困ることがありません。

Apple Storeで買うと面倒?

Apple Storeで購入する場合、5Gプランへの契約変更は別途ドコモ・au・ソフトバンクで手続きしなくてはいけません。

場合によってはSIMカードの再発行が必要になることもあります。

Apple Storeともキャリアとも手続きするよりは、キャリアとだけ手続きすれば良いキャリアのオンラインショップのほうが楽なのは間違いないでしょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

データ移行方法を事前に確認

データをどうやって移行するかも、事前に決めておいたほうが作業はスムーズになります。

この記事ではパソコンもバックアップもいらない「クイックスタート」の方法を後で紹介します。

必要なものは、今使っている古いiPhoneと、新しく買ったiPhone 12/12 Proです。

なおデータの移行は、実はユーザーの任意なので、必ずしも必要な作業ではありません。

データ移行しないまっさらな状態で新しいiPhoneを使う方もいます(これが究極的な「簡単」です)。

データ移行に必要なもの
  • 古いiPhone
  • 新しいiPhone
別に必要ではないもの
  • パソコン
  • バックアップ(LINEのトーク履歴は例外)
  • ケーブルなどアクセサリー

▲目次に戻る

iPhone12・Proの機種変更の手順

iPhone12 Pro

次に、ドコモ・au・ソフトバンクのオンラインショップでiPhone 12/12 Proを購入&機種変更するための手順を紹介します。

と言っても全体の流れは、オンラインショップの販売ページにアクセスし、手続きページまで進んで案内に従っていくだけです。

オンラインショップのアクセスすべきページと、手続きページに進むまでの手順を細かく解説します。

\それぞれの機種変更の手順にジャンプ!/

ドコモオンラインショップの機種変更手順

  1. ドコモドコモオンラインショップにアクセス
    ドコモオンラインショップでiPhone 12購入1
  2. 「商品をさがす」から「iPhone」をタップ
    ドコモオンラインショップでiPhone 12購入2
  3. 任意の製品を選択
    ドコモオンラインショップでiPhone 12購入3
  4. カラー・容量・購入方法・支払回数を選択
    ドコモオンラインショップでiPhone 12購入4
  5. 「予約する」をタップ
    ドコモオンラインショップでiPhone 12購入5
  6. 「この機種を予約する」をタップ
    ドコモオンラインショップでiPhone 12購入6

後は画面の案内に従って進めます!

auオンラインショップの機種変更手順

  1. auオンラインショップにアクセス
    auオンラインショップでiPhone 12購入1
  2. 「カテゴリを探す」から「iPhone」を選択
    auオンラインショップでiPhone 12購入2
  3. 希望の機種を選択
    auオンラインショップでiPhone 12購入3
  4. 任意の機種を選択
    auオンラインショップでiPhone 12購入4
  5. 容量・カラー・契約種別・支払方法を選択
    auオンラインショップでiPhone 12購5
  6. 「予約する」をタップ
    auオンラインショップでiPhone 12購入6

後は画面の案内に従って進めます!

ソフトバンクオンラインショップの機種変更手順

  1. ソフトバンクオンラインショップにアクセス
    ソフトバンクオンラインショップでiPhone 12購入1
  2. 「おススメ商品」で「iPhone」をタップ
    ソフトバンクオンラインショップでiPhone 12購入2
  3. 任意の機種を「購入する」または「予約する」
    ソフトバンクオンラインショップでiPhone 12購入3
  4. 手続き方法を選択
    ソフトバンクオンラインショップでiPhone 12購入4
  5. 「年齢」と「受け取り方法」を選択
    ソフトバンクオンラインショップでiPhone 12購入5
  6. 「機種選択に進む」をタップ
    ソフトバンクオンラインショップでiPhone 12購入6
  7. カラー・容量・支払い回数を選択
    ソフトバンクオンラインショップでiPhone 12購入7
  8. 「予約情報を入力する」をタップ
    ソフトバンクオンラインショップでiPhone 12購入8

後は画面の案内に従って進めます!

▲目次に戻る

iPhone12・Proのデータ移行|クイックスタートを活用

iPhone12 ProとiPhone11 Pro

iPhoneでは、iOS 12.4以降を搭載した機種であれば、クイックスタートというデフォルトの機能を使えます。

iOS 12.4は2013年に発売されたiPhone 5s以降の機種に対応しているため、現在ではiPhoneユーザーのほとんど全員が利用できる機能です。

クイックスタートで引き継げる情報
  • Apple IDの情報
  • iPhoneの設定
  • 純正アプリのデータ
  • ダウンロードしていたアプリ

画面や音量のような基本的な設定や、Apple純正アプリの情報は、そのまま新しいiPhoneに引き継がれます。

Wi-Fiのパスワードも引き継がれるので、すぐにインターネット接続することも可能です。

しかし他社アプリのデータは基本的に引き継がれません

例えばLINEなどはApple純正アプリではありませんので、アプリの運営の案内に従ってデータ移行する必要があります。

なお、これはクイックスタートに限った話ではありません。

LINEのデータ移行の方法は後述します。

クイックスタートを行う前に必要な準備

クイックスタートは、新しいiPhoneが初期状態の時にしか使えません。

すでに初期設定を済ませてしまっている場合、すべてリセットして購入時の状態に戻してください。

以下、リセットの方法です。

  1. 「設定」アプリを開く
    iPhone初期化1
  2. 「一般」をタップ
    iPhone初期化2
  3. 「リセット」をタップ
    iPhone初期化3
  4. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ
    iPhone初期化4
  5. 「バックアップしてから消去」か「今すぐ消去」をタップ
    iPhone初期化5

どちらを選んでもクイックスタートには影響ありません。今回は「今すぐ消去」を選びました。

バックアップは必要ではない

メディアによっては、「クイックスタートを使うにはバックアップが必要」と解説しているところもありますが、そんなことはありません。

古いiPhoneでペアリングしているApple WatchやAir Podsなどもそのままで大丈夫です。

なぜなら、クイックスタートを使っても古いiPhoneからデータが消えたり、古いiPhoneが使えなくなったりするわけではないからです。

クイックスタートを実際に使ってみよう

現在使っているiPhoneと、初期状態の新しいiPhoneを用意したら、いつでもクイックスタートが行えます。

クイックスタート中は、必ずiPhone同士を近くに置いたままにしてください。

以下、言語と国または地域は日本という前提で進めます。

  1. 新しいiPhoneの電源を入れる
    クイックスタート手順1
  2. 言語を選択
    クイックスタート手順2
  3. 国または地域を選択
    クイックスタート手順3
  4. クイックスタートの案内が自動で表示される。「手動で設定」はタップしないこと。
    クイックスタート手順4
  5. 古いiPhoneにもクイックスタートの案内が自動で表示されるので「続ける」をタップ
    クイックスタート手順5
  6. 古いiPhoneのカメラが自動で起動し、「新しいiPhoneをカメラに向けてください 円の中にパターンを配置します」と表示される
    クイックスタート手順6
  7. 新しいiPhoneには「ほかのiPhoneを待機中…」と表示される
    クイックスタート手順7
  8. 古いiPhoneの円の中に、新しいiPhoneに表示されている青いモヤモヤが収まるように重ねる
  9. 青いモヤモヤを円に収めたら、新しいiPhoneでパスコードを求められるので入力する
    クイックスタート手順8
  10. Touch ID・Face IDなどの案内が出てくるので任意の選択をする。(今回はまずクイックスタートを優先して進めたいので、「あとで設定」を選択)
    クイックスタート手順9
  11. 「データを転送」で任意の選択をする。(今回は「iPhoneから転送」を選択。これを選ぶと、古いiPhoneにダウンロードしているアプリが新しいiPhoneにもダウンロードされる。)
    クイックスタート手順10
  12. 利用規約に「同意する」をタップ
    クイックスタート手順11
  13. 両iPhoneを近くに置いたままデータの転送が完了するまで待機
    クイックスタート手順12

クイックスタート手順13

Apple IDへのログイン等を求められたら、その都度画面の案内を優先して従ってください。

これでクイックスタートは終わりです。新しいiPhoneが使える状態になりました。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

▲目次に戻る

ドコモのiPhone12の機種変更で使えるキャンペーン

スマホおかえしプログラム

画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

iPhone12に使えるドコモのキャンペーンについてです。

ドコモで購入するなら「スマホおかえしプログラム」を利用することで、iPhone 12/12 Proに支払う額を軽減することができます。

スマホおかえしプログラムでの割引額

機種名容量割引額※
iPhone1264GB33,792円
128GB36,432円
256GB41,184円
iPhone12
Pro
128GB43,032円
256GB47,520円
512GB56,496円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る
※24ヶ月目までに正常な状態でスマホを返却した場合

定価と割引後の価格

機種名容量機種代金(税込)割引適用後※
iPhone 12 mini64GB87,912円
(2,442円×36回)
58,608円
128GB95,832円
(2,662円×36回)
63,888円
256GB110,088円
(3,058円×36回)
73,392円
iPhone1264GB101,376円
(2,816円×36回)
67,584円
128GB109,296円
(3,036円×36回)
72,864円
256GB123,552円
(3,432円×36回)
82,368円
iPhone12
Pro
128GB129,096円
(3,586円×36回)
86,064円
256GB142,560円
(3,960円×36回)
95,040円
512GB169,488円
(4,708円×36回)
112,992円
iPhone 12 Pro
Max
128GB142,560円
(3,960円×36回)
95,040円
256GB156,024円
(4,334円×36回)
104,016円
512GB182,952円
(5,082円×36回)
121,968円
詳細ドコモドコモオンラインショップを見る
※スマホおかえしプログラム適用時(24ヶ月目までに正常な状態でスマホを返却した場合)

対象のiPhone購入&下取りプログラム申込みでdポイント3,000ポイント進呈!

「購入対象のiPhone」を購入しつつ、「下取り対象のiPhone」を下取りプログラムに出せば、dポイント3,000ポイントが進呈されるキャンペーンも実施中です。

購入対象のiPhone
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro Max
下取り対象のiPhone
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus

5G WELCOME割は適用できず

ドコモでは「5G WELCOME割」というキャンペーンもありますが、iPhone 12/12 Proへの機種変更では残念ながら現在適用されません。

MNPの場合に限り、22,000円割引が適用されます。

ドコモで使えるキャンペーン
  • スマホおかえしプログラム
  • 対象のiPhone購入&下取りプログラム申込み

▲目次に戻る

auのiPhone12の機種変更で使えるキャンペーン

かえトクプログラム

画像引用元:かえトクプログラム | スマートフォン・携帯電話 | au

続いてauのキャンペーン・割引についてです。

auで購入するなら「かえトクプログラム」を利用することで、iPhone 12/12 Proへの支払い額を軽減することができます。

かえトクプログラムでの割引額

機種名容量割引額※
iPhone1264GB48,000円
128GB50,760円
256GB57,000円
iPhone12
Pro
128GB59,760円
256GB66,000円
512GB78,240円
詳細au公式ショップ
※25ヶ月目までにスマホを返却&新たに買い替えした場合

定価と割引後の価格

機種名容量機種代金(税込)割引適用後※
iPhone1264GB103,430円55,430円
128GB108,260円57,500円
256GB122,435円65,435円
iPhone12
Pro
128GB127,495円67,735円
256GB140,750円74,750円
512GB168,170円89,930円
詳細au公式ショップ
※かえトクプログラム適用時(25ヶ月目までにスマホを返却&新たに買い替えした場合)

5G秋トクキャンペーンも実施中

2020年11月30日まで実施している「5G秋トクキャンペーン」もおすすめです。

これはiPhone 12の機種代金を直接割引するものではありませんが、適用すればau PAYに5,500円相当のポイントが進呈されます。

auで使えるキャンペーン
  • かえトクプログラム
  • 5G秋トクキャンペーン

▲目次に戻る

ソフトバンクのiPhone12の機種変更で使えるキャンペーン

ソフトバンクトクするサポート+

画像引用元:ソフトバンク公式サイト|トクするサポート+

最後にソフトバンクのキャンペーン・割引についてです。

ソフトバンクで購入するなら「トクするサポート+」を利用することで、iPhone 12/12 Proへの支払い額を軽減することができます。

トクするサポート+での割引額

機種名容量割引額※
iPhone1264GB55,440円
128GB58,320円
256GB65,520円
iPhone12
Pro
128GB68,760円
256GB75,960円
512GB90,000円
詳細ソフトバンクオンラインショップへ
※25ヶ月目までにスマホを返却&新たに買い替えした場合

定価と割引後の価格

機種名容量機種代金(税込)割引適用後※
iPhone1264GB110,880円
(2,310円×48回)
55,440円
(2,310円×24回)
128GB116,640円
(2,430円×48回)
58,320円
(2,430円×24回)
256GB131,040円
(2,730円×48回)
65,520円
(2,730円×24回)
iPhone12
Pro
128GB137,520円
(2,865円×48回)
68,760円
(2,865円×24回)
256GB151,920円
(3,165円×48回)
75,960円
(3,165円×24回)
512GB180,000円
(3,750円×48回)
90,000円
(3,750円×24回)
詳細ソフトバンクオンラインショップへ
※トクするサポート+適用時(25ヶ月目までにスマホを返却&新たに買い替えした場合)

ソフトバンクで使えるキャンペーン
  • トクするサポート+

▲目次に戻る

メール・LINEの引き継ぎ手順

LINE 引き継ぎ ホームページ

画像引用元:LINEあんぜん引き継ぎガイド|LINE

新しいiPhoneにメールとLINEを引き継ぎする方法を紹介します。

特にLINEは、片方のiPhoneでしか使えない仕様なので、要チェックです。

メールの引き継ぎ手順

iPhoneでは主要なメールアカウントに対応しているメールアプリがプリインストールされています。

メールを利用している方は、メールアプリの設定方法も再確認しておきましょう。

ここではGmailとプロバイダメールを例に設定手順を解説します。

Gmailのメール設定手順

  1. 設定を開いて「パスワードとアカウント」に進む
    設定を開いて「パスワードとアカウント」に進む
  2. 「アカウントを追加」をタップ
    「アカウントを追加」をタップ
  3. 「Google」→「続ける」をタップ
    「Google」→「続ける」をタップ
  4. Googleアカウントを入力して「次へ」をタップ
    Googleアカウントを入力して「次へ」をタップ
  5. パスワードを入力して「次へ」をタップ
    パスワードを入力して「次へ」をタップ
  6. メールや連絡先など利用する項目をONにして「保存」をタップ
    メールや連絡先など利用する項目をONにして「保存」をタップ

これでiPhoneのメールアプリにGmailが設定できました。

他にもYahoo!メールやAolなど利用している人の多いフリーメールは同様の手順で設定できます。

プロバイダメールの設定手順

  1. 設定を開いて「パスワードとアカウント」に進む
    設定を開いて「パスワードとアカウント」に進む
  2. 「アカウントを追加」をタップ
    「アカウントを追加」をタップ
  3. 「その他」をタップ
    「その他」をタップ
  4. 「メールアカウントを追加」をタップ
    「メールアカウントを追加」をタップ
  5. メールアドレスやメールパスワードを入力して「次へ」をタップ
    メールアドレスやメールパスワードを入力して「次へ」をタップ
  6. 送受信サーバーの情報を入力して「次へ」をタップ
    送受信サーバーの情報を入力して「次へ」をタップ
  7. メールをONにして「保存」をタップ
    メールをONにして「保存」をタップ

プロバイダメールの設定手順は以上です。

なお、送受信サーバーの設定値は利用するプロバイダによって異なります。

設定情報が分からない場合には、プロバイダのマイページや開通時の案内を確認しましょう。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

LINEの引き継ぎ手順

LINE

画像引用元:コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

LINEアカウントは利用中のスマホで引き継ぎ設定をしないと、新しいスマホにデータの引き継ぎができません。

特に下取りプログラム等でキャリアに端末を引き渡す場合、手元に旧端末が残りませんよね。

iPhone 12に機種変更をする前に、LINEの引き継ぎ方法と引継ぎ可能な状態かしっかりチェックしましょう!

LINEのアカウント引き継ぎ準備

LINEアカウントの引き継ぎができるように、利用中のLINEで以下の設定を行います。

LINE引継ぎ準備
  1. メールアドレス・パスワードを設定
  2. トークのバックアップをとる
  3. アカウント引き継ぎ設定を有効化する

1LINEのメールアドレス、パスワードを設定する
メールアドレスとパスワードを設定

画像引用元:LINEあんぜん引き継ぎガイド|LINE

「ホーム」→「設定」→「アカウント」と進み、メールアドレスとパスワードを設定しましょう。

なお、設定済みのメールアドレスが古い場合やパスワードを忘れた場合には、各項目をタップすることで再設定できます。

2トークのバックアップをとる
トークのバックアップをとる

画像引用元:LINEあんぜん引き継ぎガイド|LINE

LINEのトークは同じOS間の機種変更なら、トーク履歴のバックアップ・復元ができます。

「ホーム」→「設定」→「トーク」→「トークのバックアップ」→「今すぐバックアップ」とタップしてトークのバックアップを作成しましょう。

3 アカウント引き継ぎ設定を有効にする(電話番号が変わる場合のみ)
アカウントの引き継ぎ設定

画像引用元:LINEあんぜん引き継ぎガイド|LINE

機種変更の際に電話番号が変更になる場合には、アカウントの引き継ぎ設定を有効にしましょう。

LINEのアカウント引き継ぎ設定手順

iPhone 12をゲットしたら、LINEの初期設定を行います。

画像引用元:LINEあんぜん引き継ぎガイド|LINE

  1. LINEを起動して「はじめる」をタップ
    LINEを起動して「はじめる」をタップ
  2. 電話番号を入力して「→」をタップ
    電話番号を入力して「→」をタップ
  3. SMSで届く6桁の認証番号を入力
    SMSで届く6桁の認証番号を入力
  4. 表示されるアカウントを確認して「はい、私のアカウントです」をタップ
    表示されるアカウントを確認して「はい、私のアカウントです」をタップ
  5. LINEのパスワードを入力
    LINEのパスワードを入力
  6. 友だち追加設定を確認して「→」をタップ
    友だち追加設定を確認して「→」をタップ
  7. 必要に応じて年齢認証を行う
    必要に応じて年齢認証を行う
  8. 必要に応じてトーク履歴の復元を行う
    必要に応じてトーク履歴の復元を行う

これでLINEのアカウント引き継ぎは完了です。

なお、トーク履歴の引き継ぎができない場合、iCloud Driveがオンになっているかチェックしましょう。

iCloud Driveの設定
  1. 「設定」→画面上部のApple IDをタップ
  2. 「iCloud」をタップ
  3. 「iCloud Drive」をオンにする

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

▲目次に戻る

iPhone12・Proの基本情報

iPhone 12/12 Proの背面

iPhone 12/12 Proは、2020年10月23日に発売しました。

iPhone 12のスペック

iPhone 12
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ162 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM64GB・128GB・256GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーホワイト・ブラック・
(PURODUCT RED)・
グリーン・ブルー
詳細iPhone 12評価レビュー

iPhone 12 Proのスペック

iPhone 12 Pro
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ187 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーシルバー・ゴールド・
グラファイト・
パシフィックブルー
詳細iPhone 12 Pro評価レビュー
どちらも最新のA14 Bionicを搭載し、iPhone史上最速の処理能力を有しています。

AnTuTuベンチマークスコアでは約57万点を記録。Androidスマホの最新ハイエンドモデルとも同等の超ハイスペックとなりました。

なお、いずれも5Gに対応していますが、日本で発売しているものはSub6のみの対応で、ミリ波には非対応です。

そんなiPhone 12とiPhone 12 Proのスペックの違いは、重量とカメラにあります。

iPhone 12/12 Proの重量
  • iPhone 12:162g
  • iPhone 12 Pro:187g

iPhone 12 Proのカメラのほうが高性能

項目カメラ構成備考
iPhone 12広角:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
最大5倍のデジタルズーム
iPhone 12
Pro
広角:約1,200万画素
超広角:約1,200万画素
望遠:約1,200万画素
LiDARスキャナー搭載
最大2倍の光学ズーム
最大10倍のデジタルズーム

iPhone 12 Proには望遠カメラがあるので、より遠くまでズームできます。

またLiDARスキャナーにより、暗所でのポートレート撮影も可能になりました。

LiDARスキャナーは今後ARでも活躍する予定とのことです。

カメラにこだわらないならiPhone 12でOK

iPhone 12とiPhone 12 Proのスペックの違いは、裏を返せば重量とカメラくらいです。

重量に至ってはiPhone 12のほうが軽くて優れています。

前年のiPhone 11シリーズでは、iPhone 11はProと違って液晶ディスプレイで、デザインもベゼルの大きい古臭いデザインをしていました。

しかし今回のiPhone 12シリーズでは、全モデル有機ELディスプレイを搭載し、基本デザインも統一されています。

いい意味でiPhone 12とiPhone 12 Proの差はそこまで大きくないので、カメラにこだわらないなら無理にProを買わなくて良いでしょう。

▲目次に戻る

オンラインショップで買うのが一番簡単

以上、iPhone 12/12 Proへの機種変更がより楽になるためのポイントについてでした。

特に大事なポイント
  • キャリアのオンラインショップを活用
  • 5Gプランへの変更が必要なことを理解
  • クイックスタートを利用
  • LINEは個別にデータ移行

iPhone 12/12 Proをキャリアで使うには、5Gプランへの変更が必要です。

キャリアのオンラインショップで購入すれば、プラン変更の手続きも同時に行うことができます。

iPhone同士のデータ移行にはクイックスタートを使いましょう。パソコンもバックアップも不要で、iPhoneだけで完結します。

ただしLINEなどの他社製アプリのデータは、各会社が案内する手順で移行する必要があるので注意してください。

スマホ機種変更時のアプリのデータ移行・引継ぎ完全ガイド!バックアップの準備と復元方法

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ