iPhone 12 Pro Maxを選んだ人だけが体験できるメリット5つ

  • 2020年11月4日
  • by.araki

iPhone 12 Pro

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事では、iPhone 12 Proにはない、Maxだけの魅力をコンパクトにまとめています。

去年のiPhone 11 Pro Maxは、iPhone 11 Proとサイズ以外は変わりませんでしたが、今回はスペック面でも明確な差があります。

iPhone 12 Pro Maxの発売日は11月13日です。

予約受付は11月6日22時から。

予約前にiPhone 12 Pro Maxのメリット・デメリットを確認しましょう!

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

iPhone 12 Pro Maxを選んだ人だけが体験するメリット5つ

iPhone 12 Pro

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

iPhone 12 Pro Max
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.4mm
重さ226 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーシルバー・ゴールド・
グラファイト・
パシフィックブルー
詳細iPhone 12 Pro Max評価レビュー

iPhone 12 ProにはないiPhone 12 Pro Maxだけの魅力は、主に以下の5つです。

iPhone 12 Pro Maxの魅力
  • 大画面でコンテンツを楽しめる
  • シリーズ最長のバッテリー持ち
  • センサーシフト式の光学手ぶれ補正
  • 広角カメラのセンサーが47%大きい
  • ズーム倍率2.5倍の望遠レンズ

大画面でコンテンツを楽しめる

iPhone 12 Pro Maxは、iPhone史上最大の6.7インチディスプレイです。

去年のiPhone 11 Proでも6.5インチでした。

シリーズ最長のバッテリー持ち

iPhone 12 Pro Maxは本体が大きい分、バッテリーも大きくて長持ちします。

iPhone 12 Proよりビデオ再生が3時間、ストリーミングが1時間、オーディオ再生は15時間も長く再生できます。

iPhone 12 Pro Maxのバッテリー持ち
  • ビデオ再生:最大20時間
  • ストリーミング:最大12時間
  • オーディオ再生:最大80時間

センサーシフト式の光学手ぶれ補正

iPhone 12 Pro Maxにのみ、センサーシフト式の光学手ぶれ補正が付いています。

これはiPhone史上でも初めてのことです。

特に動きながら動画を撮りたい方には影響が大きいでしょう。

広角カメラのセンサーが47%大きい

iPhone 12 Pro Maxは、標準の広角カメラのセンサーが12 Proより47%も大きいです。

その分多くの光量を取り込むことができるため、キレイに撮影することができます。

センサーサイズというのは、一眼カメラでは「フルサイズ」や「APS-C」、「マイクロフォーサーズ」などとはっきりジャンル分けされているくらい重要な要素です。

ズーム倍率2.5倍の望遠レンズ

iPhone 12 Pro Maxの望遠レンズは、最大2.5倍の光学ズームで撮影できます。

12 Proでは最大2倍までしか光学ズームできません。

デジタルズームも12 Proでは最大10倍なのに対して、12 Pro Maxでは最大12倍まで可能です。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 12 Pro Maxを選んだ人だけが体験するデメリット3つ

iPhone12 Pro
逆にiPhone 12 Pro Maxには、以下のような欠点もあります。

iPhone 12 Pro Maxの欠点
  • 片手で操作することができない
  • 端末の重量が重い
  • シリーズで最も高い端末価格

片手で操作することができない

iPhone 12 Proは本体サイズが非常に大きいため、片手での操作は困難でしょう。

少なくともハンガーリング等のサポートは必須だと思います。

iPhone 12 Pro Maxのサイズ
  • 高さ:160.8mm
  • 横幅:78.1mm
  • 厚さ:7.4mm

iPhone 12 Proなら片手操作が容易かと言うと、それはまた別の話ですけどね。

端末の重量が重い

iPhone 12 Proの重量は226gもあります。

iPhone 12 Proの187gでも重たいほうなのに、さらに39gも重たい……。

こういう細かいながらも日々実感することになる辛さから、端末そのものへの愛着を失ってしまう例は結構多いものです。

シリーズで最も高い端末価格

iPhone 12 Pro Maxは税込129,580円~とiPhone 12シリーズで最も高額です。

以下、Apple Storeでの税込価格です。

機種名容量機種代金(税込)
iPhone12 mini64GB82,280円
128GB87,780円
256GB99,880円
iPhone1264GB94,380円
128GB99,880円
256GB111,980円
iPhone12 Pro128GB117,480円
256GB129,580円
512GB153,780円
iPhone12 Pro Max128GB129,580円
256GB141,680円
512GB165,880円

iPhone 12 Proとの差額はどの容量でも12,100円となっています。

ただスペックの差を考えたら、差額自体は妥当なものかと思います。

iPhone 12 Pro/12 Pro Maxのカメラは何がすごい?Proシリーズだけの機能とは

最上位モデルはカメラ性能に明確な差!

iPhone 12 Pro Maxの魅力
  • 大画面でコンテンツを楽しめる
  • シリーズ最長のバッテリー持ち
  • センサーシフト式の光学手ぶれ補正
  • 広角カメラのセンサーが47%大きい
  • ズーム倍率2.5倍の望遠レンズ

以上、iPhone 12 Pro Maxだけの魅力についてでした。

今回はディスプレイの大きさだけでなく、カメラ性能にしっかり差を付けてきているのが特徴です。

カメラで妥協したくない方はiPhone 12 Pro Maxを選ぶべきだと言えます!

iPhone12 mini/Pro Maxの予約方法を解説|発売日に受け取るポイントや手順

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
araki
araki
東京都出身。AndroidとiOSの二刀流。パソコンはWindows。新しいモノ好きで飽きっぽい性格。色んなことに挑戦してはすぐ満足してやめるを繰り返してきた。最近は反省して継続する力を身につけたい。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ