iPhone 12の予約前に抑えるべき6つのコツ!Apple Storeでの激戦に備えよう

  • 2020年10月16日
  • by.u-yu

iPhone 12/12 Proの予約開始日

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

ついに今夜!2020年10月16日(金)21時より、iPhone 12の予約が開始されます。

発売日は一週間後の10月23日(金)とあり、例年通り予約開始時には激戦が予想されます。

発売日に手に入れたいそこのあなた。Apple StoreでiPhone 12を最速で予約するコツをこっそり教えちゃいます。

トップ画像引用元:Apple Event — October 13

iPhone 12の予約のカギは事前準備にあり

iPhone12Pro

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

Apple StoreでのiPhone 12の予約開始時は、とにかくスピードが命です。

予約が早ければ早いほど、iPhone 12の到着も早くなるからです。

ですがただ予約開始時間を待っているだけだと、購入手続きの過程で乗り遅れる可能性大です。

ズバリ!iPhone 12を最速で予約するコツは、事前準備にあります。

iPhone 12を最速で予約する6つのコツ
  1. Apple Storeのアプリを使う
  2. Appleのアカウント情報を確認しておく
  3. 予約するiPhone 12の容量やカラーを決めておく
  4. アプリでお気に入りに入れておく
  5. 旧iPhoneを下取りに出すなら準備をしておく
  6. 予約のシミュレーションをしておく

このチェックをするかしないかが、発売当日にiPhone 12をゲットできるかの命運を分けるといっても過言ではありません。

「自分は大丈夫」と思っている人も、念のため確認してみてください。意外と抜け漏れがあるかもしれません。

ちなみに、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアでiPhone 12を予約する方法はこちらにて。

その1:Apple Storeのアプリを使う

まず最初に把握しておくべきは「Apple Store」のアプリについてです。

あまり馴染みがないかもしれませんが、実はApple公式サイトよりも早く予約できるとのウワサも。

まずはこちらからダウンロードしてあるかを確認しておきましょう。

その2:Appleのアカウント情報を確認しておく

次にAppleのアカウント情報を確認して、最新かつ正確にしておきます。

特に注意して見てほしい点は

  • クレジットカード情報
  • 住所

の2つ!超重要!

クレジットカードは有効期限が切れていると支払いが処理されません。住所も打ち直すのに鬼時間がかかります。

ということで、レッツチェックです。もちろんアプリから!アプリ、推していきますよ。

  1. アプリを起動して右上をタップ
    アップルストアアプリのアカウント確認
  2. 「アカウント」欄の「お支払い方法」や「配送先住所」などをタップ
    アップルストアアプリのアカウント確認

ここで情報を確認して、変更が必要なら変更をしておきましょう。

その3:予約するiPhone 12の容量やカラーを決めておく

意外と忘れがちなのがここかもしれません。

iPhoneを予約する時って前のめりになりすぎて、いざ予約画面になるとテンパるんですよね…。

そこで冷静に選択するためにも、事前に欲しいiPhoneに狙いをつけておくことが重要です。

iPhone 12/12 Proの色はそれぞれ5色・4色での展開となっています。

ちなみに容量と価格は下記の通り。

容量iPhone 12iPhone 12 Pro
64GB94,380円---
128GB99,880円117,480円
256GB111,980円129,580円
512GB---153,780円

これだけあるとかなり迷いどころですね。しっかり決めておきましょう!

その4:アプリでお気に入りに入れておく

購入する機種を決めたら、アプリでお気に入りに入れておきます。

なんで?と思われるかもしれませんが、予約が始まってから選ぶよりも時間が短縮できるんです。

騙された気分でやってみてください。今夜が少しだけ楽チンになります。

  1. アプリトップ画面で欲しい機種の「価格を見る」をタップ
    iPhone12の事前準備
  2. 容量や色を選択したら右上のハートをタップ
    iPhone12の事前準備

この時点で、下取りに出すかやAppleCare+に加入するかも決めておきましょう。

下取りについては次の章にて。

その5:旧iPhoneを下取りに出すなら準備をしておく

手持ちのiPhoneを下取りに出す場合は「Apple Trade In」を使います。

下取りに出すと、支払い時に機種代金から下取り分が割引されます!

クレジットカード決済であれば、一度引き落とされた後に返金対応される形となります。

ちなみにアプリからだと、今使ってるデバイス情報を勝手に取得してくれるので超便利です(ステマ)。

操作する端末とは別のiPhoneを下取りに出す場合は、機種名やシリアル番号の入力が必要です。

Apple Trade Inの使い方も一緒に確認しつつ、事前にメモっておきましょう。

その6:予約のシミュレーションをしておく

最後は「予約のシミュレーション」をしておきましょう。

なんとなくでもいいので流れを頭に入れておけば、テンパる心配も少しは減ると思います。

ただこの手順もiPhone SE(第2世代)の時の予約を参考にしてるので、少し変更になるかも…。

そこまで大きくは変わらないことを祈っています。

  1. 予約が近付いたら下の「For You」をタップ
    iPhone12の事前準備
  2. 予約開始時間になったら下の「お気に入り」から端末をタップ
    iPhone12の事前準備
  3. 下取りに出すか否かを選択(出すなら入力が必要)
    Apple Storeアプリ
  4. AppleCare+を追加するかを選択
    Apple Storeアプリ
  5. 「バッグに追加」をタップ
    Apple Storeアプリ
  6. 右下の「バッグ」ボタンをタップ
    Apple Storeアプリ
  7. 「ご注文手続きへ」をタップ
    Apple Storeアプリ
  8. Apple IDでログイン
    Apple Storeアプリ
  9. 確認して「ご注文の確定」をタップ
    Apple Storeアプリ

これでオッケーです!

アプリはログインが指紋認証なので、手間が省けていい感じです。

Apple Storeアプリで予約戦争に勝ち抜こう

Appleで予約するには、なんといってもスピードが命です。

今回紹介したコツを抑えておけば、コンマ1秒くらいは有利に動けるでしょう。

ただこのコンマ1秒が、最速ゲットを左右するといえます。

しっかりと事前準備をして、今夜の予約に備えておきましょう!

iPhone 12を最速で予約する6つのコツ
  1. Apple Storeのアプリを使う
  2. Appleのアカウント情報を確認しておく
  3. 予約するiPhone 12の容量やカラーを決めておく
  4. アプリでお気に入りに入れておく
  5. 旧iPhoneを下取りに出すなら準備をしておく
  6. 予約のシミュレーションをしておく
iPhone 12シリーズ4機種を徹底比較|サイズ・価格・スペックの違いを解説

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
u-yu
u-yu
埼玉出身。常にMacと共にあった大学生活を無事に終え、22歳で就職。3歳の頃からインターネットでゲームをやり始め、今現在までネットに浸った人生を送る。趣味はiPhone 8でゲーム実況を見ること。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ