【予約開始直前】iPhone 12 Pro Maxの購入前にデメリット3つを最終確認

  • 2020年11月4日
  • by.a-sato

iPhone12Pro

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 12 Pro Maxの予約が11月6日(金)午後10時にスタートし、11月13日(金)に発売されます。

iPhone 12シリーズの機種の中でも1番高性能のiPhone 12 Pro Maxですが、本当に良い端末なのか気になりますよね。

そこで今回は、iPhone 12 Pro Maxのスペックや特徴を振り返りつつ、iPhone 12 Pro Maxのデメリットも詳しく解説します。

iPhone 12 Pro Maxの購入を検討している人は、是非チェックしてください。

iPhone 12 Pro Maxのデメリット
  • 価格が高すぎる
  • 画面が大きすぎる
  • かなり高性能なので人によっては持て余すかも

※本記事中の価格は全て税込み表示

トップ画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

iPhone 12 Pro Maxの予約開始は11月6日(金)

iPhone 12 Pro

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

まず、iPhone 12 Pro Maxのスペックを見ていきましょう。

iPhone 12 Pro Max
画面サイズ6.7インチ
本体サイズ高さ:160.8mm
幅:78.1mm
厚さ:7.4mm
重さ226 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角、望遠)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB・256GB・512GB
CPUA14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラーシルバー・ゴールド・
グラファイト・
パシフィックブルー
詳細iPhone 12 Pro Max実機レビュー

iPhone 12 Pro MaxがiPhone 12シリーズの中で1番性能が高いといわれる理由は大きく分けて3つあります。

iPhone 12 Pro Maxが1番高性能だと言われる理由
  • 6.7インチの大画面
  • 最大5倍の光学ズームレンジを備えたカメラ
  • どの機種よりも長いバッテリー持続時間

iPhone 12 Pro MaxとiPhone 12 Proの2機種がありますが、まず大きな違いとして挙げられるのは画面の大きさです。

iPhone 12 Proが6.1インチであることに対し、Pro Maxは6.7インチという大画面となっています。

そのため、動画の視聴やスマホゲームがより快適に楽しめます。

また、画質を変えずにズームできる光学ズームも、最大2.5倍の光学ズームイン、2倍のズームアウトの計5倍のズームレンジです。

iPhone 12 Proよりも高い倍率になりました。

さらに、画面が大きい分バッテリーの持ちが悪いのかと思われますが、バッテリーの持続時間はiPhone 12シリーズ中で1番長いです。

だからこそ、バッテリー容量を気にすることなく動画やゲームアプリを楽しめて、より高度なカメラ撮影ができる高性能iPhoneと言われているのです。

iPhone 12 Pro Maxの価格は高い!

iPhone 12 Pro Maxの価格は下記の通りです。

機種容量価格
iPhone 12 Pro Max128GB129,580円
256GB141,680円
512GB165,880円

※Apple Storeでの価格

前章で1番性能が高いと述べたように、価格もiPhone 12シリーズの中で1番高いです。

512GBモデルに至っては16万円を超える金額となっており、スマホにそこまでお金をかけられる人も少ないのではないでしょうか。

iPhone 12 Pro Maxはコストよりも性能や画面サイズの大きさを優先したい人に合った機種だといえます。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone 12 Pro Maxのデメリット

iPhone 12 Pro

画像引用元:iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max – Apple(日本)

次に、iPhone 12 Pro Maxのデメリットを解説します。

iPhone 12 Pro Maxには大きく分けて3つのデメリットがあります。

価格が高すぎる

512GBで16万円を超える高額な機種なので、スマホのためにそこまでお金をかけられるかと聞かれると頷く人は少ないでしょう。

また、Appleでの価格で最大約16万円なので、キャリア価格となると20万円を超える可能性も非常に高いです。

分割契約もできますし、キャリアであれば次回の機種変更時に機種代金の残りの支払いを免除できるサポートを利用することもできます。

とはいえ、そもそもの価格が高いので敷居が高いと感じる人も多いでしょう。

画面が大きすぎる

6.7インチと小型のタブレット並に大画面なので、動画が観やすい・ゲームがしやすいなどのメリットもあり、基本的に多くの人に喜ばれると思われます。

しかし、持ち運ぶ電話機という本来のスマホの用途を考えると、少々扱いに困るくらい大きなサイズだと思われます。

片手で気軽に使える・鞄がなくても安心して持ち運べるような、コンパクトなスマホを求めている人には不向きでしょう。

高性能すぎるのでライトユーザーは持て余してしまう

ただでさえ5Gに対応した高性能なiPhone 12シリーズの中で1番性能が高いため、スペック重視の人にはかなり喜ばれます。

ただし、あまりスマホを使わない・連絡手段として活用はするがネットはしないという人にとっては、高すぎる性能でもあります。

高性能に高額な機種代金なので、スマホをあまり使わないライトユーザーにはかなりコスパが悪い機種だといえます。

iPhone 12 Pro Maxはスペック重視&大画面スマホが欲しい人に!

iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro MaxとiPhone 11 Pro Max

画像引用元:iPhone – モデルを比較する – Apple(日本)

最後に、iPhone 12 Pro Maxのデメリットをまとめます。

iPhone 12 Pro Maxのデメリット
  • 価格が高すぎる
  • 画面が大きすぎる
  • かなり高性能なので人によっては持て余すかも

スマホを普段からそこまで使わない・性能に拘らない・コストを抑えたい方にはあまりおすすめできる機種だとはいえません。

一方でiPhone 12シリーズ1の高性能を誇る機種という点は大きな魅力です。

スペック重視の方は是非iPhone 12 Pro Maxの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ソフトバンク・au・ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

【週刊bitWave】(メルマガ)始めました!

登録はこちらからメールアドレスを入力してお申込みください。

ご登録いただいたメールアドレスは 【週刊bitWave】の更新情報の配信にのみ使用します。

個人情報の取扱いに関しては、「プライバシーポリシー」をご確認ください。解除はいつでもこちらから行うことが可能です。

あなたにおすすめ