画面が消えない!iPhone 13の常時点灯ディスプレイをイメージした動画が登場

iPhone 13は2021年秋に発売が予想されていますが、iPhone 13より常時点灯ディスプレイが搭載されるという噂が流れています。常時点灯ディスプレイが搭載されたiPhoneはどうなるのか、イメージ動画も作られています。本記事は噂をもとに、iPhone 13のディスプレイについて解説します。
  • 2021年8月15日
  • by.sekai

iPhone 13 常時点灯ディスプレイ

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2021年秋に発売が予想されるiPhone 13シリーズには、常時点灯ディスプレイが搭載されると噂されています。

リーク情報や噂のイメージ動画を作成するthe Hacker 34は、iPhone 13の常時点灯ディスプレイをイメージした動画をYouTubeに公開しました。

人気記事

Appleは新製品発表イベントを開催し、iPhone13を発表しました。 シネマティックモードに対応し、バッテリー時間もiPhone12より2.5時間持ちがよくなりました。 この記事では、iPhone13の発売日や予約開始日、ス[…]

iPhone13

トップ画像引用元:the Hacker 34

iPhone 13の常時点灯ディスプレイのイメージが公開

iPhone 13 常時点灯ディスプレイ

画像引用元:the Hacker 34

iPhone 13シリーズには常時点灯ディスプレイが搭載されるという噂は、少なからずありました。

the Hacker 34はiPhone 13の常時点灯ディスプレイをイメージした動画をYouTubeに公開しています。

ソース:the Hacker 34

常時点灯ディスプレイとは?

常時点灯ディスプレイは、ロック画面などでも消灯しなくなるディスプレイを指します。

これにより、ロック画面でも時間や天気、通知などの情報を確認できるようになります。

Appleの他製品ではApple Watch Series 5/6で既に採用されています。

低温多結晶酸化物有機ELディスプレイ採用か

常時点灯ディスプレイの搭載に向けて、iPhone 13シリーズには低温多結晶酸化物有機ELディスプレイが採用されるといわれています。

これにより可変リフレッシュレートに対応可能になり、消費電力を抑えることで常時点灯ディスプレイを実現できるとのことです。

低温多結晶酸化物有機ELディスプレイは、同じくApple Watch Series 5/6で既に採用されています。

iPhone 13のカメライメージも

iPhone 13 イメージ

画像引用元:the Hacker 34

the Hacker 34が公開した動画には、iPhone 13のカメラをイメージしたものも含まれています。

iPhone 13シリーズはカメラが改良され、センサーシフト光学式手ぶれ補正機構が搭載されるといわれています。

これらのイメージ動画や噂から、iPhone 13への期待がうかがえますね。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
sekai
大分県大分市出身の1998年生まれ。早稲田大学出身。学生時代はフェンシング部に所属。スマホはiPhone、ソフトバンクを約10年利用中。MacBook Proを使用し、動画編集とともにガジェット系ライターとして活動中。ゲーム実況配信を見る毎日。