iPhone13とiPhone12を比較|違いは何?どっちが買い?

iPhone 13とiPhone 12の違いを徹底比較!2機種を7つの点で比較しながら、それぞれの機種がどんな人におすすめなのかを解説しています。どちらの機種を買おうか迷っている人は必見です!
  • 2022年11月15日
  • by.sekai

iPhone13とiPhone12の比較

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

2021年9月15日、Appleの新製品発表会でiPhone13シリーズが発表されました。

最新機種であるiPhone13は魅力的ですが、コスパという武器を持ったiPhone12も捨てがたいもの。

そうなると、2機種の違いが気になる人も多いのではないでしょうか。

  • iPhone13とiPhone12の違いって結局なに?
  • iPhone13と12はどっちがおすすめ?
  • iPhone13と12どっちを買おうか迷う

そこで本記事ではiPhone13と12を徹底比較し、どのような方にこれらの機種が向いているのかを解説していきます。

Twitterでのユーザーの声も比較材料にしていますので、是非参考にしてみてください。

auでiPhoneを購入するならオンラインショップがおすすめ!

1頭金が0円!

22,750円以上で送料が無料

3自宅で受け取れる

iPhone13とiPhone12の違いは7つ!

iPhone 13のピンク
iPhone12からiPhone13への進化は、細かいところを含めると多くあります。

しかしながら「iPhone13」「iPhone12」どっちを買うか迷っている人にとっては、今から挙げる違いで判断すれば十分です。

iPhone13と12の主な違いは以下の7つ。

iPhone13とiPhone12を比較:価格

iPhone 13のピンク

iPhone13の価格

iPhone 13128GB256GB512GB
ドコモ通常138,380円158,180円199,430円
いつでもカエドキプログラム69,740円82,940円103,070円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常127,495円144,870円179,700円
スマホトクするプログラム64,975円73,830円92,460円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常138,240円155,520円190,800円
新トクするサポート(※)69,120円77,760円95,400円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常117,800円132,800円162,800円
アップグレードプログラム58,896円66,384円81,384円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常107,800円122,800円152,800円
詳細Apple公式サイトを見る

iPhone12の価格

iPhone 1264GB128GB256GB
ドコモ通常95,876円104,346円117,502円
いつでもカエドキプログラム49,676円52,866円59,422円
詳細ドコモ公式ショップを見る
au通常94,485円100,015円112,200円
かえトクプログラム51,405円53,935円60,720円
詳細au公式ショップを見る
ソフトバンク通常95,040円100,080円112,320円
新トクするサポート(※)47,520円50,040円56,160円
詳細ソフトバンク公式ショップを見る
楽天モバイル通常77,440円82,380円94,800円
アップグレードプログラム38,712円41,184円47,400円
詳細楽天モバイル公式サイトを見る
Apple通常102,800円109,800円124,800円
詳細Apple公式サイトを見る

(※)新トクするサポートについて
・最大24回分の機種の分割支払金・賦払金(頭金は対象外)のお支払いが不要となります。
・機種は、特典利用の申し込みの翌月末までに当社指定の条件に基づく回収・査定完了が必要です。
・回収する機種が破損などで査定条件を満たさない場合、機種の回収に加えて22,000円(不課税)のお支払いが必要です。
・回線契約がなくても、特典利用条件を満たせば、特典利用可能です

iPhone13の発表後、iPhone12/12 miniの値下げがされたため、iPhone13よりも購入しやすくなっています。

iPhone12の発売当初の価格は、iPhone13と同じでした。

これは、iPhone13 miniとiPhone12 miniでも同じ事が言えます。

なんにせよ、今はコスパ面だとiPhone12がおすすめです。


※2021年9月15日にAppleがiPhone13シリーズiPhone13 Proシリーズの価格を発表しました。
※2021年9月16日にソフトバンクがiPhone13シリーズiPhone13 Proシリーズの価格を発表しました。
※2021年9月16日にauがiPhone13シリーズの価格を発表しました。
※2021年9月17日にドコモがiPhone13シリーズの価格を発表しました。
※2021年9月17日に楽天モバイルはiPhone13シリーズの価格を発表しました。

追記:
ワイモバイルUQモバイルもiPhone12の値下げを発表しました!

iPhone13とiPhone12を比較:スペック

iPhone13

画像引用元:Apple

項目iPhone 13iPhone 12
画面サイズ6.1インチ
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ173 g162 g
アウトカメラ1,200万画素
(超広角、広角)
インカメラ1,200万画素
ROM128GB
256GB
512GB
64GB
128GB
256GB
CPUA15 Bionic
(GPUは4コア)
A14 Bionic
認証Face ID (顔認証)
防水IP68等級
5G対応○(Sub6波のみ)
カラー(PURODUCT RED)
スターライト
ミッドナイト
ブルー
ピンク
ホワイト
ブラック
(PURODUCT RED)
グリーン
ブルー
パープル

まずは気になるCPUですが、iPhone13は最新CPU「A15 Bionic」を搭載

iPhone12の「A14 Bionic」に比べて、最大演算処理回数は約44%増加しているほか、Neural Engineも高速になっています。

ストレージは最小容量が128GBにアップされ、ラインナップも128GB・256GB・512GBとワンランクアップ。

メモリは例年発表されないため、発売後の検証結果に期待したいところです。

なお、認証方式は切望されていた指紋認証は見送られ、Face IDによる認証のみとなっています。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

「スペックは変わらない」との声が大きい

iPhone13のスペックが高いのは確かですが、iPhone12とさほど変わらないという声も多いです。

シネマティックモードなどの新機能が必要ないなら、コスパを重視してiPhone12を選ぶのも賢い選択と言えます。

iPhone13とiPhone12を比較:カメラ性能

iPhone 13のピンク

項目iPhone 13iPhone 12
画素数広角:1,200万画素
超広角:1,200万画素
静止画撮影センサーシフト式
スマートHDR 4
スマートHDR 3
2倍光学ズームアウト
最大5倍デジタルズーム
光学式手ブレ補正(広角)
ナイトモード
ポートレートモード
動画撮影シネマティックモード
(1080p,30fps)
ドルビービジョンHDRビデオ撮影
(最大4K、60fps)
ドルビービジョンHDRビデオ撮影
(最大30fps)
4Kビデオ撮影(最大60fps)
1080p HDビデオ撮影(最大60fps)
720p HDビデオ撮影(30fps)
2倍の光学ズームアウト
最大3倍のデジタルズーム
1080pスローモーションビデオ
映画レベルのビデオ手ぶれ補正

まずはカメラ機能ですが、両者で目立つ違いといえば手ブレ補正とスマートHDRのバージョンの違いです。

iPhone13は手ブレ補正にセンサーシフト光学式を採用していますので、手ブレ補正がより強力になっています。

スマートHDRも、最大4人までの人物を認識し、一人ひとりの映像補正が自動で処理されるように進化しています。

逆に言えば、iPhone13のカメラは順当進化ではあるものの、そこまで目立った新機能はありません。

動画撮影機能について

両者の大きな違いは、iPhone13の目玉機能とも言える「シネマティックモード」でしょう。

本モードでは、撮影時にフォーカスされた人物が後ろを振り返ると、その先にいる被写体にフォーカスを自動で切り替えるといった表現が可能になります。

ただの動く映像としてではなく、フォーカスによる動きを加えていくことで、まるで映画のような映像に仕上がるのです。

そのほか、iPhone12では最大30fps止まりだったドルビージョンも、iPhone13では最大4K・60fpsで撮影可能に。

動画撮影機能については、iPhone13はiPhone12に比べて飛躍的に進化したと言えますね。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

iPhone13のカメラ性能に称賛の声

iPhone13シリーズのカメラ性能には、称賛の声がたくさん上がっています。

新機能も充実しているため、カメラ性能を重視するならiPhone13を選択するのがおすすめです。

iPhone13とiPhone12を比較:ディスプレイ

iPhone 13のピンク

項目iPhone 13iPhone 12
サイズ6.1インチ
リフレッシュレート60Hz
解像度2,532×1,170ピクセル
460ppi
種類Super Retina XDRディスプレイ
(有機EL)
コントラスト比2,000,000:1
最大輝度標準:800ニト
HDR:1,200ニト
標準:625ニト
HDR:1,200ニト

上表のとおり、ディスプレイ性能は両者共にほぼ同じ。

ただiPhone13は、標準時の最大輝度が進化しているため、日光が当たっている場所でもディスプレイが見やすくなっています。

ディスプレイの進化に感動の声

iPhone13のディスプレイの綺麗さにユーザーから感動の声が上がっています。

鮮やかなディスプレイを体感したい方はiPhone13がおすすめです。

iPhone13とiPhone12を比較:サイズ

iPhone13

画像引用元:Apple

項目iPhone 13iPhone 12
本体サイズ高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.65mm
高さ:146.7mm
幅:71.5mm
厚さ:7.4mm
重さ173g162g

iPhone13とiPhone12のサイズは、ほとんど同じです。

高さと幅は見事に同じですが、iPhone13はiPhone12よりも0.25mmだけ厚さが増しています

また、重さはiPhone13の方が約11g重くなっていますね。

しかし、特筆するほどの変化は見られないため、ほぼ同じと思って間違いないでしょう。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

重さが全然違うとユーザーの声

スペックの表記上ではiPhone13はiPhone12より11gだけ重いことになっていますが、実機を触ったユーザー目線では明らかにiPhone13の方が重たいようです。

重さが気になる方はiPhone12を選択するのも良いでしょう。

iPhone13とiPhone12を比較:カラー・デザイン

iPhone13のカラー

画像引用元:Apple Event — September 14 – YouTube

項目iPhone 13iPhone 12
カラーピンク
ブルー
ミッドナイト
スターライト
(PRODUCT)RED
グリーン
ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED
グリーン
ブルー
パープル
デザイン素材:アルミニウム
背面:ガラス
側面:マット仕上げ

iPhone13では、iPhone12に比べてカラーが大きく変化しました。

iPhone12で人気だったパープルは姿を消し、代わりにピンクが登場。

ピンクは淡いカラーリングとなっており、どこでも使える上品な仕上がりとなっています。

また、iPhone12で登場したブルーとグリーン、(PRODUCT)REDはiPhone13でも採用されました。

お馴染みのブラックやホワイトは、ミッドナイトとスターライトというカラーに変更されています。

このようにカラーには大きな変化が生まれましたが、筐体の素材や仕上げはほぼ同じです。

新たに登場したグリーンが好評

iPhone13では、iPhone12よりも濃いグリーンが新色として登場しています。

人気が高く、流行りに乗るならiPhone13のグリーンを購入するのもよいでしょう。

カラーバリエーションはどうしても異なってしまう

iPhone13とiPhone12ではカラーバリエーションが異なってしまうため、欲しい機種でも欲しい色がないということになる可能性があります。

とはいえカラーはスマホケースなどによってカバーできるので、あまり重視しなくてもよいでしょう。

iPhone13とiPhone12を比較:バッテリー持ち

iPhone13

画像引用元:Apple

iPhone13は、iPhone12に比べてバッテリーが進化しています。

バッテリー容量は発表されていないものの、iPhone13のバッテリー駆動時間はiPhone12よりも最大2.5時間長くなりました。

これはiPhone13シリーズ全機種共通の進化となっています。

iPhone13のバッテリー持ちに称賛の声

iPhone13のバッテリー持ちの良さに喜ぶユーザーは多いです。

バッテリー持ちのよい端末を選ぶならiPhone13を購入するべきでしょう。

バッテリー最大容量が減らないとの声も

iPhoneは使い続けるとバッテリー最大容量が減少し、フルに充電しても持ちが悪くなっていきます。

iPhone13はバッテリー最大容量が全く減らないというユーザーの声があります。

長く使えるという点でもiPhone13のスペックの高さがうかがえます。

【結論】iPhone13とiPhone12はどっちが買い?

iPhone13

画像引用元:Apple

iPhone13という最新機種が登場しましたが、iPhone12は例年どおりの値下げが実施されました。

そうなると、どちらの機種が良いか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで、ここからは後述する比較から導き出した、iPhone13とiPhone12がそれぞれおすすめな人をご紹介します。

ぜひiPhone選びの参考にしてください。

iPhone13がおすすめな人

iPhone 13のピンク

iPhone13がおすすめな人
  • 「シネマティックモード」に興味がある人
  • 動画撮影機能を重視する人
  • バッテリー持ちを重視する人
  • スペックを重視する人

iPhone13は、新機能である「シネマティックモード」に興味がある人におすすめの機種です。

素人ではとても真似できないような映画さながらの映像を、iPhone13であれば簡単に撮影することができます。

iPhone12で話題となったドルビービジョンの動画撮影も、iPhone13では最大4K・60fpsに対応しました。

また、バッテリーの駆動時間はiPhone12に比べて最大2.5時間もアップしています。

さらに、CPUは最新の「A15 Bionic」が搭載され、iPhone12に比べて処理性能は進化しました。

これらの内容に魅力を感じた方は、iPhone13がおすすめです。

iPhone12がおすすめな人

iPhone12のSIMトレイ

iPhone12がおすすめな人
  • コスパを重視する人
  • シネマティックモードが必要ないひと
  • バッテリー容量をあまり気にしない人

iPhone12がおすすめなのは、コスパに優れたスマホが欲しい人です。

iPhone13の進化は、良くも悪くも「シネマティックモード」を含めた動画撮影機能と、バッテリー機能に集中しています。

逆に言えば、これらの機能に興味がない方には、それほど嬉しいスマホではありません。

しかも、iPhone12は1万円ほど値下げされたため、コスパは以前よりも段違い。

元々高性能なiPhone12にはあらゆるアプリを処理できる能力があるため、iPhone13の新機能に興味がない方にはiPhone12がおすすめです。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

動画撮影とバッテリーが進化したiPhone13!

本記事では、iPhone13とiPhone12の徹底比較を行いました。

iPhone13とiPhone12の比較まとめ
  • iPhone13がおすすめな人
    新機能である「シネマティックモード」に興味がある人
  • iPhone12がおすすめな人
    コスパに優れた高性能スマホが欲しい人
  • iPhone13とiPhone12の大きな違い
    動画撮影機能とバッテリー機能
  • iPhone13はシネマティックモードが搭載されたほか、ドルビービジョンでの4K・60fps撮影が可能
  • iPhone13のバッテリー駆動時間は、iPhone12に比べて最大2.5時間伸びた
  • iPhone13はカラーラインナップも一新

iPhone13では、動画撮影機能とバッテリー機能が進化しました。

逆にいうと、大きな変化は上記の2点であるため、この点に興味がなければiPhone12がおすすめとなります。

本記事を参考にし、自分に合ったiPhoneをゲットしてください。

キャリアの方は、公式のオンラインショップを利用すれば事務手数料が不要で通常のショップよりお得に購入できます。

この記事を書いた人
大分県大分市出身の1998年生まれ。早稲田大学出身。学生時代はフェンシング部に所属。スマホはiPhone、ソフトバンクを約10年利用中。MacBook Proを使用し、動画編集とともにガジェット系ライターとして活動中。ゲーム実況配信を見る毎日。